FC2ブログ

どのような視点でとらえるのかという選択肢


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 関西圏以外にお住まいのKさんが事務所までお越しくださいました。

 私のことを知ってくださった経緯がかなり珍しいケースでして、振り返れば実はかなり以前に接点のあったKさん。距離問題があるにもかかわらず、本当に嬉しい依頼でした。

 個人年金保険と雑所得・一時所得→終身保険の考え方→医療保障と高額療養費・緊急予備資金→がん保障とがん保険→家計の資産表と生命保険の解約返戻金→火災保険と地震保険→公的年金保険と老齢給付の試算→退職金と企業型DC(確定拠出年金)といった流れのたっぷり3時間超の初回相談となりました。

 生命保険をどのような視点でとらえるのか、という選択肢を知っていただけたことが今回の最大のポイントだと思います。ここでいう選択肢とは、担当者がいなければうまく使えなかったり把握も難しいような使いこなし術ではなく、金融商品の1つとしていかにシンプルな存在にすることができるのかというお話しです。

 直近ではどんな流れでお手伝いさせていただことになるのか明確には答えは出ませんでしたけれど、長期的にお手伝いしていくことは間違いなさそうですので、私もがんばらねばです。

 Kさん、ありがとうございました!!ようこそお越しくださいました。
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 山科区にお住まいのTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 医療保障と高額療養費・緊急予備資金・傷病手当金・勤務先の福利厚生→死亡保障と遺族年金・団体信用生命保険・死亡退職金・弔慰金→相続と法定相続人・基礎控除→将来受け取る老齢年金と貯蓄の取り崩しの考え方→お金の置き場所としての資産運用といった流れのたっぷり3時間超の初回相談となりました。

 なんとなく感じておられたことを数字で明らかにすることができましたので、納得と同時にこれまでの情報は何だったのかと、インパクトを受けておられるようすがよくわかりました。不安をあおったり、意味なく極論を言うのは私のスタンスとは異なります。でも初めて聞いていただくケース(ほとんどがそうですけれど…)では、極論に聞こえてしまうのは当然のことで、もちろん折衷案も用意しています。

 でも、その折衷案は論理的に意味を成しておらず、感情的・心理的なものですよね?とつっこんでくださいまして、まさにその通りです。
 これまでとこれからは切り分けて、これからどうしていきたいのかを一緒に考えていくことが大事だと思っています。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 三連休、台風で天候がよくないですね。でも関西は雨がそこまで強くないような予報です。

 23(月・祝)個別相談2件お受けします。
 24(火)滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部【草津会場】にて、午前中はiDeCo(個人型確定拠出年金)・午後は公的年金保険の1日講座の講師対応です。



日々の生活で「その言葉聞いたことある!」という場面がたくさん出てくるようになります / 2020年1月検定向けFP3級資格取得講座スタート!


 20(火)京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催、2020年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第1回目の講師を務めました。

 今回で15シーズン目(計23回目)、金曜10時20分~12時20分の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

<第1回目の項目>
 はじめに
 ライフプランニングと資金計画①
 ・ファイナンシャル・プランニングの基礎、職業倫理、関連法規
 ・ライフプランの考え方
  ライフイベント表・キャッシュフロー表・バランスシート
 ・6つの係数
 ・住宅取得資金と返済方法・繰上返済


 FP3級を学ぶと、日々の生活で「その言葉聞いたことある!」という場面がたくさん出てくるようになります。お金まわりの情報に対するアンテナが高くなることは間違いありません。
 アンテナが高くなるからこそ情報を取捨選択するための知識や知恵を得ておくことが大事ですし、その情報を発信しているのはどんな立場の人なのかを考えてみることも大事です。

 2回目以降の多岐に渡る項目を学んでいくためにもファイナンシャルプランナー(FP)の本筋を知るのが第1回目の講座です。
 具体的に1つ挙げると、キャッシュフロー表(CF表)はこれからの学んでいく内容も踏まえるほうが作りやすくなるのは間違いありませんが、ライフイベント表とバランスシートは考え方さえ分かればいつでも作れますし、ぜひぜひ自分自身やご家族を当てはめて作ってみていただきたいです。今後の講座を受けていただくうえでも興味の範囲が広がります。

 <過去参照コラム>ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは


 資格取得講座ではありますが、日々の私の中心は相談を受けることですので検定とは関係のない脱線が定番です。相談での事例も含めて今回も初回からしっかり脱線しました。これこそが京都リビング新聞さんでのFP講座の特徴です。
 講座で使っている市販のテキストには書いていない、検定でも出題されない、でも実際の生活でたいせつとなる考え方は私からの配付資料で準備しています。

 今回受講くださる皆さま、長丁場です。14回よろしくお願いいたします。
 開講できなかった(最少開講人数を満たさなかった)夕方講座にお申し込みくださった皆さま、申し訳ありません。また別の機会でお会いできますよう強く願っております。


 初めてFP講座を受け持ったのは2011年1月向けですので早いもので9年たちます。今シーズンもスタートです!!

-----
 
 21(土)個別相談2件お受けします。
 22(日)お休みをいただきます。

映画アンパンマン・夏休みの絵日記・消しゴムはんこ


 親バカシリーズ(?)、子どもたちの夏休みを振り返る編<その2>です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 アンパンマンと隊長(長女2年生)

 隊長はアンパンマン好きです。
 でも、もう2年生なのでアンパンマンが好きなことは学校で(恥ずかしくて)言えないんです。幼稚園のときにも同じ組の男の子にからかわれたことがありました。
 今年の映画アンパンマンは春休みではなく6月下旬に公開。その前後での会話。

 私 「土日か夏休みに行く?」
 隊長「うーん、どうしよっかなー」
 私 「たーちゃんが行きたいなら
    おとーしゃんは一緒に行きますよ」

 隊長「うーん…テレビでやらはる?」
 妻 「1年後くらいかなー
    アンパンマンの映画はテレビでも見れるで」
 隊長「ほないかへん」

 私 「えっ!?いいの?」
 隊長「うん、いかへん」
 私 「えーーーっ」
 妻 「一緒に見に行きたいのおとーさんやね」
 隊長「いかへん」

 これもお姉さんへの第一歩かー…
 あー、かわい^^

 ※ BS日テレで朝8時から9時まで平日毎日4本立てですが、小学生になってからは代休や長期休暇しか見れません。
 ※ アンパンマン好きな小学生女子、おとーしゃん(私)はありだと思っています。
 ※ 今シーズンは映画アンパンマンアイスの国のバニラ姫でした。
 ※ 隊長の呼び名を都合上たーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 隊長の夏休みの絵日記

 ようやく見せてもらえました。
 隊長はできあがったのを見せてくれなくて、2学期が始まって提出したのが返ってきてようやく見せてもらえました。

 190920_03

 確かにお父ちゃん(私)平泳ぎの手と足の動きを教えました!
 魚もいっぱいいました!水も温かかった!

 母(妻)・兄2人の身長差も絶妙なる描き方です。
 水に入っていてもメガネの私もその通り。
 太陽と雲もいい感じやなー。

 隊長、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 私の帽子が省略されていたり、ズボンや靴の色が違ったり、一応いろいろ聞いてみたところ「めんどくさかったのよん^^」と笑顔で答えてくれました。あちゃー。
 ※ 隊長自身の水着の色も違うし…(笑)
 ※ とりあえずメガネ男子3人(おっさん1名含む)は同じ顔ってことですよ。

-----

 消しゴムはんこ

 自宅から徒歩1分にある実家の町内での地蔵盆の話です。
 屋外ではなくお寺の建物内での地蔵盆なのでエアコンきいてて快適で、毎年いろんな大人向けのイベントがあります。今回は消しゴムはんこ制作。

 おばあちゃん(私の母)からのお誘いで隊長と妻が参加してきまして、写真は隊長の作った「ねこちゃん」。
 190920_02

 隊長は集中力なく、途中から「おかあしゃん、やってよー」状態だったそうです。
 悪い目の感じの「ねこちゃん」ですよね(笑)

 隊長いつも通りで最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 実家の町内には隊長の同級生が2人もいて久々の再会で楽しかったようです。
 ※ 同じ学年のいとこ(私の妹の子)も参加していて超集中して取り組んでいたようです。芸術肌でしてさすがです。
 ※ はんこ制作が終わってから女子4人で遊んだのも楽しかったようです。


 母(妻)の持ち帰ってきた材料を見た画伯次男(6年生)が興味を持ち、超集中して作ってできあがったのがこちら。

 190920_01

 次男の本気はすごいです。

-----

 昼間の陽射しはまだまだ真夏を感じますが、朝晩涼しくなりました。今朝の最低気温は15℃だったそうで、一気にこれでは体調崩してしまう人もおられそうですね…。この3連休は台風で大荒れ?と予報が出ています。皆さま、お気をつけて!

 20(金)午前中は2020年1月検定向けFP3級資格取得講座(全14回)の講師対応、第1回目です。午後は個別相談1件お受けします。


【次回は10/26(土)!】毎月開催!自主開催セミナー最新情報<2019年10月版>


 京極・出町FP相談の事務所で開催し、3ヶ月連続で同じ内容を取り上げるミニセミナーの最新情報です。

 2019年10月からは第13シーズンがスタート!

-----
<第13シーズン> 3回目!

■資産の大小は関係ありません
 知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識



37. 2019年10月26日(土)14時~16時
   2019年10月分の申込みページはこちら

38. 2019年11月23日(土・祝)14時~16時
   2019年11月分の申込みページはこちら

39. 2019年12月 7日(土)14時~16時
   2019年12月分の申込みページはこちら


 ※ 10月・11月・12月は同じ内容です。
 ※ 第8シーズンでの開催報告記事は↓こちら。
   2018年7月 相続の「全体像」「仕組み」「税の仕組み」を知る / ミニセミナー第8シーズンスタート!
   2018年8月 「今を把握することが大事と何度もお話しされていたのが印象に残りました」 / 通算5回目の「はじめての相続 たいせつな基礎知識」セミナーも無事に開催できました!
   2018年9月 「家系図を見ながら改めて考えてみます」

 ※ 参照ブログカテゴリ 相続・贈与
 ※ 京極・出町FP相談オフィシャルサイト 相続相談


-----
<第14シーズン> 4回目の開催!

■リタイアまでにいくら準備すればいい?
 ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるセミナー



40. 2020年1月18日(土)【予定】

41. 2020年2月 8日(土)【予定】

42. 2020年3月 7日(土)【予定】


 ※ 1月・2月・3月は同じ内容です。
 ※ 申込みサイトは12月上旬~中旬に公開の予定です。

 ※ 第11シーズンでの開催報告記事は↓こちら。
   2019年4月 知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / ミニセミナー第11シーズンスタート!
   2019年5月 これまで目にしてきた情報はいったい何だったんでしょう? / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナーの2回目を開催!
   2019年6月 「いかにメディアの情報を信じてしまっていたかということに気が付けてとても良かった」 / 第11シーズン ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー 終了!

 ※ 参照ブログカテゴリ ねんきん
 ※ 京極・出町FP相談オフィシャルサイト 公的年金・ねんきん定期便


-----
<第15シーズン> 鉄板ネタ!

■掛金全額所得控除のものすごさ
 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー



43. 2020年4月【予定】

44. 2020年5月【予定】

45. 2020年6月【予定】


 ※ 4月・5月・6月は同じ内容です。
 ※ 申込みサイトは2020年3月上旬~中旬に公開の予定です。

 ※ 第12シーズンでの開催報告記事は↓こちら。
   2019年7月 iDeCo(個人型確定拠出年金)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第12シーズンスタート!
   2019年8月 「金融機関比較で数年前との違いに驚きました」 / 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナーの2回目を開催!
   2019年9月 「5000円の講座、申し込んで来てみるまでは高いと思っていました」 / 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー終了!

 ※ 参照ブログカテゴリ iDeCo(個人型DC)加入者数推移
 ※ 京極・出町FP相談オフィシャルサイト 確定拠出年金(企業型・個人型)相談


-----

 いずれも講義は2時間弱。
 その後はお茶とお菓子を食べながらの質疑応答の時間です。

 170411_01

 形式上120分としていますが、少人数ですから多少の延長も問題ありません。
 ざっくばらんな時間にしたいと思っています。

 ご参考になりましたら幸いです。


外注くださったイメージ


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 大阪某所の企業経営者Mさんを訪問。

 ご紹介のご縁でして、現在提案を受けておられる損害保険全般について妥当性をアドバイスほしいということでお邪魔しました。

 これまでの加入内容を把握しておられませんでしたので、そこをある程度理解しておかないと新たな提案との違いを検討することはできません。
 こういったアドバイスは掛け替えを前提としていません。過不足を把握し、足りなければ追加検討する必要がありますし、重複や過剰があれば整理する必要があります。
 今回で言えば1つ漏れがあり、急いで対応いただくことになりました。細かな整理はこれから少しずつ進めていきます。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 大阪某所にお住まいのTさんが事務所へお越しくださいました。

 事務所セミナーに何度かご参加くださっているTさんでして、生命保険相談をご依頼くださいました。
 生命(死亡)保障と遺族年金、医療保障と高額療養費・傷病手当金、この2つを重点的にお話しし、足りないものは何なのか、必要と考えるものは夫婦で異なることなど、一緒に検討しました。

 ご自身でさまざまに調査・検討のうえで私に依頼されることなく進められるのだとセミナーを受講くださったときには感じていましたが、お子さんが誕生され、お仕事もお忙しくされておられるようで、完全に外注くださったイメージです。
 こういった使い方はどのようにでも対応している私だからこそだと思いますし、とても嬉しいです。

 必要最低限の項目を必要最低限の内容で進められることになりそうです。有料相談での特長だと思っています。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 税理士さんとの月1回のランチ会、今回で59回目でした。5名の参加がありました。
 190917_01
 それぞれ主たる活動エリアと不動産の動き、自営業と筋トレ、時間の使い方・有効活用の考え方など、今回も話題は多岐に渡りました。ほんまゆるい自由な会です。
 皆さま、ありがとうございました!


 17(火)セミナー関連の打ち合わせ1件と個別相談1件お受けします。
 18(水)経営者さんを訪問しての相談対応2件です。