「生命保険に加入する」とは「金融商品を契約する」こと / 2018年1月検定向けFP3級資格取得講座<第5回目>


 17(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第5回目の講師を務めました。

 今回で12シーズン目(計20回目)、火曜午前コース10時20分~12時10分、火曜夜コース18時30分~20時20分の110分の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第5回目の項目>
 リスク管理②
 ・生命保険の種類と商品
 ・第三分野の保険と商品
 ・生命保険の契約手続き
 ・保険料・保障内容の見直しの考え方


 生命保険の無料相談が華々しく宣伝され始めて何年くらい経ちましたでしょうか。

 生命(死亡)保障と医療(入院)保障の考え方は、大前提としての社会保障(社会保険)や勤務先の企業内保障(福利厚生)を知ることが第一歩です。
 それら土台ともいえる保障と貯蓄のバランスを考えたうえで、それでも足りない場合に金融商品である保険商品を使って最低限備えるという選択肢を(資格検定にはほぼ関係ないのですが)しっかりと知ってもらうのが私の講座の特徴です。

 「生命保険に加入する」とは「金融商品を契約する」です。
 契約ですから食料品や生活雑貨を購入するのとは意味合いが異なります。
 「よくわからんけど、お金たまってるんですよね?」
 「よくわからんけど、入院したらお金出るんですよね?」
 「よくわからんけど、死んだら家族に〇〇〇〇万円お金出るんですよね?」


 もちろん具体的な手続きは各社によって違ってきますが、例えば若い時よりも年齢を重ねてからのほうが医療保障が不安だからと、入院保険にいくつも(もしくは手厚く)加入しようとされた場合、不安に感じられるのは何歳くらいを想定されていますでしょうか。60歳でしょうか、80歳や90歳でしょうか。それは何年後でしょうか。

 <過去参照コラム>
 ・医療保険は本当に必要か。
 ・病気やケガで長期間働けなくなってしまったときに ~長期就業不能所得補償保険~

 3級のテキストに限りませんが、「契約手続き」は検定にも出てきますので詳しく書かれていても「(保険金の)請求手続き」については取り上げられていません。
 検定にも出てきませんし、講座の時間的にも手厚く解説は難しいのですが、その実際をいくつかお伝えしているのも特長です。入口だけでなく出口も含めての契約です。


 次回は損害保険を中心に保険契約と税金の話です。
 皆さま、今回もお疲れさまでした!次回もよろしくお願いします!

-----

 生命保険についてもこれまでもたくさん記事を書いています。
 <参照blogカテゴリ>生命保険
 ご参考になりましたら幸いです。


【40歳未満(39歳以下)限定企画!】10/22衆議院議員総選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。


 今回も企画しました。

 【40歳未満(39歳以下)限定企画!】衆議院議員総選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。

 今回は2017年10月22日(日)投開票の衆議院議員総選挙を対象にしています。

 思いは1つです。若い世代の投票率を上げたい。ただそれだけです。
 特定の候補者や政党を応援するものではありません。


 投票に行かないことや白票を投じることは「委任」とみなされます。
 委任とは議席を最も獲得した政党への信任とみなされるとも言えます。

 どの政党が第一党になるかどうかよりも大事にしたい考え方があります。
 若い世代の投票率が上の世代の投票率を大きく超えることになってくれば、もっともっと若い世代および子どもの世代への政策が活発になるはずなんです。

-----

 これまでは「45歳未満(44歳以下)」を対象にしていたのですが、私が40代に突入したこともあり今回から「40歳未満(39歳以下)」へと変更しました。


 特典は前回と同様に、2回目以降の相談報酬の発生する相談へ進まれた場合、相談報酬額から初回相談料相当の5,000円を割り引くというもので、20代の相談者さんには相談報酬の発生する相談へ進まれた場合に1年間のフォロー報酬(1万円相当分)も特典として提供します。

 詳細な案内は上のリンク先に掲載しています。
 何かのお役に立てましたら幸いです。


<過去参照blog>
・2015.04.07 【45歳未満(44歳以下)限定企画!】統一地方選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。


2時間があっという間でした / ミニセミナー第5シーズン終了!


 14(土)午後、第5シーズン3回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー

 内容はこれまでとまったく同じですので、前回の記録記事もご参照ください。
 「先生がおっしゃっていた通り、この内容は学校で学ぶ必要があると思いました」通算5回目の公的年金セミナーを開催!

-----

 おかげさまで今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。
 いただいた感想をご紹介します。

 「2時間があっという間でした。仕事柄 研修を受講する機会があるのですが、1時間でも苦痛の内容が多いです。とても勉強になりました。自分のことだけでなく伝えたい人がたくさんいます」

 嬉しい感想をありがとうございます。
 

 昨日報道に出ていた内容もトピック的に触れたりもしました。

 ご参加くださいました皆さま、本当にありがとうございました!!

-----

 おかげさまで第5シーズンも無事に終えることができました。
 今シーズンもご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

 このblogでは「ねんきん」というカテゴリーを作っていますので、参考になりましたら幸いです。


 最近写真をさぼっていましたが、セミナー本編終了後の座談会(質疑応答)でお出ししています本日のお菓子。
 171014_01
 和菓子付きのセミナー、ぜひご堪能くださいませです。

 次回の第6シーズンは3度目の開催となるiDeCo(個人型確定拠出年金)、1回目は11/25(土)です。
 詳細は、自主開催セミナー情報をご参照くださいませ。ご興味おありの場合はぜひぜひです。



同窓会のようでもあるピアサポート / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート62回目


 13(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第69回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算62回目です。

 8月の記録はこちらです。(9月も参加できたのですが、別件対応があり開始直後だけの参加となってしましたので記録を残せていません。今回はいつも通りに最初から参加しました)


 今回は入院中や治療中の方々はおられず、経過観察(外来)の方々で8名の参加があり、2~4年ほど前の病棟の話題になりました。

 経過観察の頻度が毎月に1回から3ヶ月に1回、半年に1回と変わっておられるのも毎月ピアサポートを開催しているからこそ耳にしますので、仲間の状況を共有できると皆さん喜んでくださいます。

 当時、府立医大で治療を受けておられた方々の多くは、他の医療機関の治療では良好な結果や経過を得られず、または最初から紹介を受けてここにたどり着いたというケースが多かったように思います。睾丸の摘出や導入(初期)治療では治らなかった、進行した状況の方々ばかりでした。

 長期の入院とはいえ、入院期間がほぼ一致するケースだけでなく入院直後に退院された、退院直前に入院してきた、そんな仲間もあるわけです。
 残念ながら治療がうまくいかなかったケースもあるわけで、私でさえ密にお話した3名は特に印象に残っています。
 <過去参照記事> 病気に立ち向かう気持ち
 
 同窓会のようでもあるピアサポート。何事においても仲間の存在はかけがえのないものだと毎回感じます。

-----

 関東のピアサポートでピアサポーターを務めておられる方がたまに京都にも足を運んでくださいます。

 発祥の地、京都での普段のようすや関東でのピアサポートで話題にあがったことなど共有できる時間です。大事です。
 ピアサポートはすべてボランティアです。ピアサポーターの皆さんは他の患者さんに比べれば経験と実績が豊富というのは間違いありませんが、プロフェッショナル(専門家)ではありません。専門家ではないなかでも、寄り添えたり共感できたりする姿勢が参加者の方々には本当に心強いものだといつも感じます。本当に素晴らしい会です。
 

 これまで私がお受けした質問への回答は、すべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

----- 

 次回は11/10(金)です。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!


 古谷さんが登場された記事をご紹介します。
 人と違ってもいい、前向きになれなくてもいい がんになって得たものを大切に「できること」をやっていく

 私も連携の期間が長くなりました。コンビプレイ(?)も様になってきた気がします(笑)
 古谷さん、いつもありがとうございます!

----------

 14(土)午後は自主開催セミナーです。今月で第5シリーズも終了です。
 15(日)お休みをいただきます。



短期的というよりも中長期的な視点での対応


 今週の相談対応の記録(抜粋)です。


 大阪のHさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 継続的に対応させていただいていまして、今の優先事項は住宅ローンの借り換えです。私にとって非常に珍しいパターンの借り換えでして関係者の皆さんの協力も得ながら進めているのですが、住宅ローンに詳しい関係者の方々でもこれまでに対応の少ないパターンのようで密に連携を取って進めています。

 うまく進めばかなりの効果が見込めます。短期的というよりも中長期的な視点での対応です。現時点では順調といえそうです。お会いするのは半年以上前でしたので、直接に近況も伺えて良かったです。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 左京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅購入の資金計画相談をお受けしています。土地と建物の購入にあたって、より具体的に物件の形が見えてきていますので資金計画もより具体的な段階へ進んでいます。

 数字上は安心でも実際に長期においては先の見通せない不安は当然だと思います。
 ただ、その数字そのものにかなりマイナスを盛り込んでいるのが私の特徴です。収入は少なめに、支出は多めにです。

 実際にこの半年間では見込みより多くの貯蓄ができていることが今日はわかりました。単に現実に即していない資金計画(キャッシュフロー表)だと言われれば否定しませんが、その状況で問題ない見通しであればより安心の度合いを大きく感じてもらえるのではないかと思います。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週前半は夏に戻っていましたが、木曜を挟んで金曜からは秋の気温ですね。しかも雨続きのようで…。こういうときに体調を崩しやすいんだと思います。気をつけましょうね!

 13(金)午前中は訪問しての相談対応、午後は毎月恒例、第69回目の精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。私の参加は62回目です!