国民年金の将来受け取る額は10年分だと満額の 10/40 です。


 昨日9/26(月)の報道です。



 同様の記事はこちら。
 ・年金受給資格加入期間10年に短縮へ 閣議決定 NHK
 ・年金受給資格、10年に短縮 法改正案を閣議決定 日本経済新聞

 とりあえずYahoo!記事へのコメントが、・・・状態です。

 
 公的年金のうち国民年金部分は加入期間によって将来受け取る年金額は比例します。

 20歳から60歳まで40年丸々保険料を納めることで満額である年間780100円(2015-2016年度の場合)を65歳から受け取ることができます。月あたり約65000円です。

 将来の年金を受け取るためにはこれまで25年間の納付が最低限必要でした。
 40年ではなく25年分だけ納めたという場合には、780100円 × 25年/40年 ですので、年間で約487600円。
 同じく月あたりだと約40600円です。


 これが10年間でも2017年9月分から受け取ることができるように変わります。
 10年分ということは、780100円 × 10年/40年 ですので、年間で約195000円。
 同じく月あたりだと約16300円です。

 これらの知識があれば、コメント欄のようなことにはなりません。

-----

 これまで受け取れなかった方々が受け取れるようになる可能性があるわけです。



 対象者は約64万人、必要な財源は約650億円だそうです。


 約650億円が毎年必要ということになりますが、この年金額があることで生活保護を受け取る人が減れば、もしくは生活保護の受給額を年金分だけでも減額することができれば、政府にとっては大きなことです。

 生活保護は全額が税でなりたっています。
 それに対して国民年金は、2009年3月以前の加入期間は税1/3・保険料2/3、2009年4月以降の加入期間は税1/2・保険料1/2です。

 これは大きな違いです。毎年650億円の財源が必要でも、これらの対象となる方々に生活保護が必要となればそれ以上の財源が必要となるはずなのです。


 今回の変更は当初、消費税が10%になるのに合わせて変更される予定でした。
 当初の予定では2015年4月でした。それが2017年4月へ一旦延期され、さらに2019年10月への再延期の発表があったのが2016年5月末です。

 直近の財源の確保が問題であったというよりも、将来的に考えて今回の変更は長期的な財源で考えれば必要なものという位置づけなのだと思います。

 将来受け取る年金は国民年金部分だけではありません。厚生年金部分もあります。今回の変更で厚生年金部分も受け取ることができる人があれば、国としてはさらに負担が小さくなる可能性があるわけです。

-----

 10年程度の加入期間では将来受け取る年金額は多くありません。
 40年満額であってもそれだけで生活できるという額ではないでしょう。
 だからといって将来のことばかり不安で貯蓄に励みすぎるというのも楽しい人生ではありません。

 バランスはとても難しいとは思いますが、そのバランスを考えるうえで世の中の仕組みを知っておくことはたいせつなことです。
 知らないまま、わからない・不安だという気持ちが出てきてしまうことのほうが時間がもったいないことですし、さまざまに不安をあおる情報や商法に惑わされてしまう最大の要因となってしまいます。


 ぜひ知る努力を惜しまないでいただきたいですし、ご自身やご家族では不可能だと判断されるようでしたら、時間を買う・知識を買うという意味合いで、有料のファイナンシャルプランナー(FP)への相談を検討するのも1つの選択だという、私のいつものポジショントークを持ってこの記事のまとめとします。

 皆さま、いつもありがとうございます。


<過去参照コラム>
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。


本質をきちんと把握していただけたことの充実感


 24(土)午後、第2回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 リタイアまでにいくら準備すればいい? ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー

 内容は第1回目とまったく同じですので、前回の記録記事もご参照ください。
 知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / 第1回ミニセミナー


 おかげさまで今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。

 「(公的)年金は保障の仕組みという説明に納得しました!」という感想もいただき、本質をきちんと把握していただけたことの充実感は何事にも代えがたいです。

 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!


 来月にも同じセミナーを開催します。
 詳細は、自主開催セミナー情報をご参照くださいませ。

 現状の申込みは2名です。ご興味おありの場合はぜひぜひです。

-----

 午前中、Kさんが事務所へお越しくださいました。

 ご両親の加入された貯蓄性のある生命保険商品の妥当性について意見を聞かせて欲しいというご依頼で、結論として金融機関の功罪としか思えない状況でした。


 満期になった定期預金、現在の預金額、これから満期を迎える生命保険。そのすべてを吸い上げる年払の大きな契約を後期高齢者に強いるわけです。

 「貯金の代わり」「上(上司)に怒られる」こんな営業トークで高齢者から契約を取る。しかも長い付き合いのある担当ではなく、周到に預金額と契約内容を把握したうえでの飛び込み営業です。保険会社ではなく、預金(貯金)額を把握できる銀行だからこその「えぐさ」だと感じます。


 実際の金額的な部分と気持ちの部分、そしてたいせつなその他の現状を確認させていただいたうえで、現実的な選択肢をアドバイスしました。
 今回の相談をきっかけにしてさまざまな情報を知ることのできたことが収穫だと思っていただければ嬉しいことです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 今後ともどうぞよろしくお願いします!!

-----

 26(月)終日外出の予定です。


物件決定前から多岐に渡って


 23(金)午前中、京都市内在住のHさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 火災保険の補償項目の考え方→住宅購入時の諸費用→住宅取得資金の贈与→譲渡所得の仕組み→贈与税と所得税の確定申告→各士業の専門性などの初回相談となりました。

 特に今回相談くださるきっかけとなった火災保険は直近における課題でしたので、かなり手厚く時間を使いました。火災保険だけでも少なくとも1時間は必要ですし、実際の商品選びの考え方まで含むともっとたくさんの時間が必要です。

 火災保険をきっかけにファイナンシャルプランナー(FP)の幅広い専門性を知っていただくことができ、私としてもとても嬉しい時間となりました。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、枚方市のIさんが事務所へお越しくださいました。

 購入物件を検討されていまして、こうして物件決定前から多岐に渡ってご相談くださっていますので私としても経過がわかってとてもサポートさせてもらいやすいです。

 予算帯が変わることで注意を払うべき項目や、改めて住宅ローン金利種類の選び方、長期に渡る返済計画の考え方などもお伝えし、理解を深めていただいたうえで次の段階へ進んでいただくことができます。

 あわせて、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する質問もいただき、継続的に対応させていただいているからこそ幅広くお答えできる状況はこちらとしても安心してサポートできます。

 Iさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 24(土)午前中に個別相談1件と、午後は先月から事務所にて開催していますミニセミナーの第2回目「リタイアまでにいくら準備すればいい? ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるセミナー」の2回目です。

 第3回目も同じ内容です。詳細な情報はぜひこちらもご参照ください。
 自主開催セミナー情報


 25(日)お休みをいただきます。 



5人の誕生日


 親バカシリーズ(?)の誕生日編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

----------

 6月、次男の9回目の誕生日がありました。

 160923_05

 毎日くたくたになるまで放課後に校庭を走り回ってくる次男、お寿司と餃子が大好物の次男、パンとか揚げ物を食べるとまわりにいっぱい粉を落としまくる次男、コーラが大好きなのに飲んだ後に調子が悪くなってしまったことがあってそれ以来クチにしようとしないかたくなな次男、集中力のものすごい次男、集中力がものすごい時は獣の目になっている次男、体育会系かと思いきやテストもコンスタントに良い点を取ってくる次男、兄(長男)のことが大好きすぎる次男、父(私)にいたずらするのが好きなくせにやり返されるとすぐに「ごめんなさいっ!」って笑いながら逃げる次男、嬉しいとほんまにわかりやすくニコニコする次男、ケーキにロウソクをニコニコしながら立てていた次男。

 うん、最高すぎます^^
 次男よ、9歳おめでとう!

 160923_04

 ※ ケーキを何よりも楽しみにしていたのは隊長(長女)です。
 ※ 長男も小さな声で「おめでと」って言ってました^^
 ※ ケーキは近所に住む伯母がいつも届けてくれます。感謝です。

-----

 7月、長男の11回目の誕生日がありました。

 160923_03

 誕生日の直前に4泊5日の宿泊学習で不在だった長男。不在の5日間の次男、隊長、そして嫁の落ち着きのなさ感は思い出すだけで笑ってしまいます。

 晩ごはんのとき、誰か1人が話し始めると重ねるように話し始める次男と隊長。長男不在の時は静かでしたが、帰ってきてからは絶好調。にぎやかなわが家に戻りました。

 安定の長男、最高です^^
 長男よ、11歳おめでとう!

 160923_06

 ※ 11年前は満月の低気圧で出産が集中し、助産師さん大忙しで分娩台も混み合っていて、強い陣痛が来た時もそらさざるを得ず、陣痛が始まって病院へ行ってから出産まで40時間かかりました。今となっては良い思い出です。
 ※ 11年前の奥さんありがとう!11年前の自分もお疲れさま!(笑)
 ※ ケーキは近所に住む伯母がいつも届けてくれます。感謝です。

-----

 9月上旬、奥さまの誕生日がありました。

 160923_02

 リクエストは最近お気に入りのケーキ屋さんのチョコレートケーキ。昨年は「3」の数字ロウソクと7本のロウソクを立てて祝いましたけれど、今年は諸々の事情で5本のロウソクを立てて子どもたちも一緒にハッピバースデーを歌いました。

 隊長は、
 「おかーしゃん、5歳ちゃうで、さんじゅう〇さいやで!」
 と言ってました。

 あー、かわい^^

 ※ 火を吹き消したのはもちろん隊長です。
 ※ ケーキ屋さんには子どもの誕生祝いであるかのように、ひらがなで名前を書いてもらったのですが、奥さまからは「こんな名前(〇〇子)最近つける人おらんやん」という冷静なつっこみをいただきました。

-----

 そして先日、隊長の5回目の誕生日がありました。

 160923_01

 恒例のアイスケーキでお祝いを。

 もう5歳なのでとってもしっかりしている隊長ですが、末っ子で女子でキラキラしてるのもあって、ついつい幼い言葉で話しかけてしまいます。

 「ごしゃい(5歳)のたーちゃん おめでとー」
 「ぷーしゃん(ぷーさん)かわいいなー」
 「おやついっぱいたべすぎて、ばんごはんたべられへんかったらしらんでー」

 あっ、最後のは普通に恐い父(私)でした。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ このあと数字の「5」のロウソクを立ててみんなでハッピバースデーを歌いました。
 ※ たーちゃん、5歳おめでとー!!!
 ※ 都合上たーちゃんとしていますが実際には異なります。
 ※ 長男(11歳)も次男(9歳)も嫁も、わが家はみんな最高です。

-----

 先陣を切って5月には私の誕生日がありました。
 無事に今年も5人全員の誕生日が終わりました。やれやれです。


 23(金)個別相談2件お受けします。



2017年1月検定向けFP3級資格取得講座スタート!


 20(水)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第1回目の講師を務めました。

 今回で11シーズン目(計18回目)、今回より全14回、火曜午前コース10時20分~12時10分、火曜午後コースは15時10分~17時10分の110分の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。


<第1回目の項目>
 はじめに
 ライフプランニングと資金計画①
 ・ファイナンシャル・プランニングの基礎、職業倫理、関連法規
 ・ライフプランの考え方
  ライフイベント表・キャッシュフロー表・バランスシート
 ・6つの係数
 ・住宅取得資金


 資格取得講座ではありますが、検定とは関係のない脱線が持ち味(?)ですので、初回からしっかりたっぷり脱線しました。
 講座で使っている市販のテキストには書いていない、検定でも出題されない、でも実際の生活でたいせつとなる基礎的な考え方は私からの配付資料で準備しています。

 2回目以降多岐に渡る項目を学んでいくためにもファイナンシャルプランナー(FP)の本筋を知っていただく第1回目の講座といえます。

 具体的に1つ書くと、例えばキャッシュフロー表はこれからの学んでいく内容も踏まえるほうが作りやすくなると思いますが、ライフイベント表とバランスシートは考え方さえ分かればいつでも作れます。
 ぜひぜひ自分自身やご家族を当てはめて作ってみていただきたいです。今後の講座を受けていただくうえでも興味の範囲が広がると思います。

 今シーズンもスタートです!!!
 皆さま、長丁場です。よろしくお願いします!


 <過去参照コラム>ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

-----

 前日から台風の進路情報を常に気にする必要のある一日となりました。

 京都リビング新聞社さんの講座は開講の2時間前の時点で暴風警報が出ていれば休講となります。今回の台風は京都から南にそれ、暴風警報は発令されませんでしたので午前コース・午後コースともに予定通り開講されました。

-----

 21(水)個別相談1件、基本的に事務所の予定です。