FC2ブログ

「働く人のダブルケア ~育児と介護の同時進行~」受講してきました


 先日シンポジウムを受講してきました。
 働く人のダブルケア ~育児と介護の同時進行~

 ダブルケアとは育児と介護の同時進行のことです。
 詳細はリンク先をご参照ください。


 講演は横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院 相馬直子教授による「ダブルケアの現状 ~企業における対応とその課題~」ということで、今後求められるダブルケアへの企業の対応についてお話しでした。
 運営者である女性活躍支援拠点 京都ウィメンズベースという団体に所属されている弁護士さんからお誘いがあり、受講したという経緯です。

 私の視点でポイントを箇条書きします。

-----

・講師は小学生のお子さんと認知症で重度の脳梗塞を発症した80代の父のダブルケアを経験

・働き手の目線でダブルケアをしながら働くことが当たり前な社会へ
・企業・世帯・地域コミュニティ・国/自治体の制度の連携

・100のダブルケア世帯があれば100通りのダブルケアの実態がある
・非同居の中距離とは往復3時間と定義

・地域・親族ネットワークの縮小、家族機能の変容
・男性の関わり、家庭内や社会の性別役割分業の見直し
・ダブルケアという問題の社会的認知を広める

・地域包括支援センターの包括的な相談支援システムのマニュアルにダブルケアも含まれるようになった
・2016年4月に内閣府から公表された実態調査で25万人

・複合的負担感(複数回答、回答数138)
 女性の1位は「精神的にしんどい」 73.1%
 男性の1位は「子どもの世話を十分にできない」 50.7%
 「経済的負担」は女性5位(44.8%)、男性2位(49.3%)。
 女性の2位は「体力的にしんどい」 65.7%

・ダブルケアに関わる理由(複数回答、回答数205)
 女性の1位は「自分以外に主にできる人がいない」 62.4%(男性は35.7%)
 男性の1位は「自分の希望で主に関わりたい」 60.7%(女性は43.0%)
 
・ダブルケアと仕事の両立のために職場で必要だと思うこと(複数回答、回答数436)
 男女ともに1位は「休暇を取りやすくする」(女性50.9%・男性46.9%)、2位は「柔軟な出社時間」(女性49.1%・男性36.7%)

・規範(義務感)・人的資源・公的および企業内の制度
・ダブルケアは人を引き寄せ、支え合いを作る「磁石」であり、いくつかの課題を引き寄せる「磁石」でもある

-----
<所感>

・女性側の視点を強く感じるシンポジウムでした。ダブルケアの事例紹介で、夫(男性)はそもそも存在しないのが当たり前の前提だったり、企業や社会に問題提起する前に身近なコミュニケーションが先ではないかと感じたりしました。もちろんシングルの存在を無視しているつもりはありませんし、夫の協力を得るためには企業や社会が変わらないといけないのはわかっているつもりです。でも、あまりにも女性が1人で乗り越えていくものというような流れを感じてしまって疑問でした。

・個人的に「女性のための」(※)や「イクメン」など、性でくくる言葉が苦手です。さまざまな問題を明らかにするために積極的に使っていかないといけない時代なのかもしれませんし、多くの苦しみや悲しみがあるからこそ出てきた表現だとわかっているつもりです。いつの日かこういった表現を使わなくても良い社会になることが理想なのだと常々感じます。

 ※ お金に関することで「女性のためのマネーセミナー」というような偏った広告が多いので余計に良い印象を持てないのかもしれません。「男性のためのマネーセミナー」では集客が難しそうですものね。

・ダブルケアに限定されることではありませんが、家庭の経済的負担を考えるうえで役立てるのはファイナンシャルプランナー(FP)に間違いありません。社労士さんの関わりが多い分野のようですが、FPも含まれて良いと感じました。

・日々私が相談を受けるなかではダブルケアに該当する家庭が顕著に出てきているわけではありません。でも予備軍と呼べるような家庭は確かに存在します。社会の有り様とともに、こうしてたくさんの方々が考えておられることにある意味で安心を得ることのできたシンポジウムでした。

-----

 開会あいさつで京都府の課長さんがお話をされるなど、開催にあたっては本当に大変な調整などがあったのだろうと、運営側の皆さまに敬意を表します。

 お誘いくださった弁護士のYさん、希少な機会をありがとうございました。


関係者の誰もが気軽に



 先週後半以降の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都市内のTさんの事務所を訪問。

 事業で活用されている生命保険・損害保険の意義や役割について、役員であるご家族にご説明する役目をいただきました。

 私を見つけてくださる前から活用されておられるもの、私に相談くださって整理したり役割が変わったもの、そこに至る経緯と今後の考え方について経営者Tさんからではなく私から説明させていただくことで、関係者の誰もが気軽に私へアクセスしてもらえる環境につながったと思います。

 いわゆる中小企業の場合、経営者やその右腕とも呼べる方々が1人で多くを背負ってしまいがちです。良い意味での外注、大事だと思います。

 Tさん、皆さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 大阪在住のIさんの相談をお受けしました。

 いわゆる終活を考えていきたいというきっかけで、まず最初に保有されている金融商品の整理です。

 投資性商品、保険商品、そして預貯金。厳密な意識づけは必要ありませんが、今後のことを考えてどのように管理するのか、どのように収束させていくのか、何を優先するのか。このあたりの視点をたいせつにしたいです。

 IFAという存在についてどう思うか意見を求めてくださいました。
 私の考えるIFAとはこちらです → IFAとは証券会社の代理店さん
 良いとか悪いとかではなく、背景を知っていることが大事です。

 Iさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 京都の地下鉄でイベント時にラッピングを見る機会があります。

 180922_01

 人が多かったのでこんな写真しか撮れませんでしたけれど、話題のはたらく細胞です。


 三連休が2週連続で、1週あけてまた三連休があるんですね。こういう日程が続くと、家の大好きな子どもたちの平日ペースが乱れてしまってなかなか大変です(笑)

 通常の土日はどちらか1日お休みをいただくようにしていまして、三連休の場合はできるだけ1日半はお休みをと思っています。土日祝の相談は平日の相談に比べると早く日程が埋まりますので、早めに調整いただけるとありがたいです。

 一応のお伝えですが、何週間も先までずっと埋まってるということはめったにありません。ピンポイントであいていたりしますし、お子さんのおられるご家族の相談ではキャンセルなどもあって当然ですので、意外と直前にあいたりもします。

 繰り返しになりますが、早めにご連絡いただけるとありがたいです。


 22(土)個別相談2件お受けします。
 23(日)お休みをいただきます。


おだいりさまとおひなさま・家と車・将来の自分


 親バカシリーズ(?)、過去の作品編です。
 facebook投稿のまとめです。手抜きですみません。

-----

 おだいりさまとおひなさま

 当時幼稚園で5歳の隊長(今は6歳の長女)が幼稚園で作ったのを持って帰ってきました。

 180921_01

 おめめぱっちりまつげもあって、ハートにぼんぼりもシンプルでステキです^^

 ひな祭り前、幼稚園に送った日があって遊戯室にお友だちのも全部飾ってありました。隊長の作品はおだいりさまとおひなさまの顔が小さい(笑)

 女子ですねー
 あー、かわい^^

 ※ 季節感がなくてすみません。

-----

 家と車

 小学校区の文化祭(2017年)で展示のあった当時4年生の次男(今は5年生)の作品。
 タオルを使ったお題です。

 180921_02

 こっそりとミニカーが大好きな次男でして、家にもたくさんあります。
 車3台がいい感じで、次男画伯の作品は何というか父(私)のツボにはまります。

 次男は名前や数字も含めて字をいい加減に書くようになってきまして、字だけは丁寧に書いてほしいと思っていたところ作品名と名前はしっかり書いてあったので満足です^^

 ※ 教室から体育館まで運ぶのも大変だったようです。
 ※ 「もう見んでええわー」と言うようなお年頃になってきた次男です。

-----

 将来の自分

 当時6年生の長男(今は中学1年生)が作った作品です。
 学区内の文化祭(2017年)で展示されていました。(選ばれたのではなく全員展示です)

 180921_03

 パソコンに向かっているメガネの人…
 お父ちゃん(私)なのか本人なのか、たくさんの人につっこまれたそうです(笑)

 長男よ、そっくりすぎてすまん。
 あー、たのし^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 当然ながら私もおとん(私の父)にそっくりです。
 ※ 制作前に長男が「何も思いつかへんー」と嘆いていたので「考える人(ロダン)」にしたらと無責任な発言をするような父(私)です。

-----

 あっという間に朝晩は夏から秋に変わってしまいました。適温で過ごしやすいですが、体調管理気をつけねばです。

 小学校は運動会の練習、中学は中間テストが終わって文化祭と合唱コンクール(校内)の準備で忙しいようです。先生方も大変ですよね。イベントの苦手なわが子たちです。とにかく無事に乗り切ってくれることを願うばかりです


 21(金)個別相談2件お受けします。


その情報を発信しているのはどんな立場の人なのかを考えてみることも大事 / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座スタート!


 18(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第1回目の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

<第1回目の項目>
 はじめに
 ライフプランニングと資金計画①
 ・ファイナンシャル・プランニングの基礎、職業倫理、関連法規
 ・ライフプランの考え方
  ライフイベント表・キャッシュフロー表・バランスシート
 ・6つの係数
 ・住宅取得資金と返済方法・繰上返済


 FP3級の取得をめざして講座を受けると、日々の生活で「その言葉聞いたことある!」という場面がたくさん出てくるようになります。
 実際の生活でのお金まわりの情報に対するアンテナが高くなることは間違いありません。アンテナが高くなるからこそ情報を取捨選択できる知識や知恵を得ていただくことが大事ですし、その情報を発信しているのはどんな立場の人なのかを考えてみることも大事です。


 2回目以降の多岐に渡る項目を学んでいくためにもファイナンシャルプランナー(FP)の本筋を知っていただく第1回目の講座といえます。
 具体的に1つ書くと、例えばキャッシュフロー表はこれからの学んでいく内容も踏まえるほうが作りやすくなると思いますが、ライフイベント表とバランスシートは考え方さえ分かればいつでも作れます。
 ぜひぜひ自分自身やご家族を当てはめて作ってみていただきたいです。今後の講座を受けていただくうえでも興味の範囲が広がると思います。


 資格取得講座ではありますが、私の普段の業務は相談を受けることですので検定とは関係のない脱線(?)が定番です。相談での事例も含めて今回も初回からしっかり脱線しました。
 講座で使っている市販のテキストには書いていない、検定でも出題されない、でも実際の生活でたいせつとなる考え方は私からの配付資料で準備しています。

 初めてFP講座を受け持ったのは2011年1月向けですので早いもので8年たちます。今シーズンもスタートです!!
 皆さま、長丁場です。よろしくお願いします!


 <過去参照コラム>ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

-----

 14週もの長丁場の講座ですので事前説明会の位置づけが本当に大事です。今回は台風の影響で当初の予定から変更となり、別の日で開催できましたが日程の都合上で説明会への参加者が半減してしまいました。

 記録をさかのぼってみると京都開催で1つの時間帯しか開催できないのは約3年ぶりで、その際も台風で同じ状況になっていました。この時期はどうしようもないですけれど、長期の講座なのでスケジュールにこれ以上余裕を持たせるのも難しく…。
 告知では13時~15時の昼講座と15時30分~17時30分の夕方講座を同時開講の予定でしたが、こういった背景もあって昼講座のみの開講となりました。

 今回受講くださる皆さま、本当にありがとうございます。開講できなかった(最少開講人数を満たさなかった)夕方講座にお申し込みくださった皆さま、申し訳ありません。また別の機会でお会いできますよう強く願っております。

-----
 
 20(木)個別相談2件お受けします。


「受け取り時のことまでは読んだことがなかったのでお聞きできてよかったです」 / 自分でつくる将来資金! iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座


 10(月)と15(土)、【2018年9月】滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部「”将来資金”のために知っておきたい年金の知識」の講師を務めました。

 180915_01
 ※ 午前中の公的年金講座と続けて午後のiDeCo(個人型確定拠出年金)講座も受講くださった方々の物が一部写り込んでいます。

 公的年金のまとめは前の記事をご参照ください。
 「お話を伺って「背景」の説明に50分取られた理由がわかりました。 How to におさまらないお話を伺えてとても勉強になりました」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座


 iDeCo講座で無記名式のアンケートに書いてくださったたくさんの感想から一部をご紹介します。受講者の皆さま、本当にありがとうございます。


-----

・税金対策になることが特によくわかりました。受け取り時のことまでは読んだことがなかったのでお聞きできてよかったです。

・イデコについてわからない状態だったので、とても勉強になりました。このように詳しく教えてもらえる機会がないのですごくよかったです。

・資産運用がよくわかってきました。

・難しかったですが、前向きに考えたいと思います。

・現在、第3号なので私自身にメリットはありませんが、子どもにぜひ伝えます!あっという間の4時間でした。面白かったです。(伊藤による追記:午前中の公的年金講座も合わせて聞いてくださった受講者さんです)

・主婦はiDeCoに適さないとわかった。運用における注意点も知れてためになった。主人とも共有して今後に活かそうと思う。

・iDeCoとつみたてNISAの違い・比較されることが多いので、その点も知りたい

-----


 資料タイトルなどはこれまでと変わらずほぼ同じですので、昨年の記事もぜひご参照ください。

 「ワークシート形式でとても分かりやすかった」 / 自分でつくる将来資金! iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座


 とても参考になった
 参考になった
 普通
 あまり参考にならなかった

 アンケートでは、この4区分で評価をお聞かせいただいています。3/4近くの方々が「とても参考になった」、残りの方々が「参考になった」を選んでくださっていました。

 そして、今回はなんと受講者皆さん全員が「印象に残った項目」(複数回答可)として「iDeCoの運用」に〇をつけてくださっていました。100%は初めてです。私としましても印象に残る講座となりました。


 受講くださった皆さま、滋賀リビング新聞社カルチャークラブの担当さん、本当にありがとうございました!!