37~39℃


 京都市内の最高気温を整理します。
 観測点は中京区だそうです。

 14(土) 38.5
 15(日) 38.7
 16(月) 38.5(祝日)
 17(火) 37.6(祇園祭の前祭巡行)
 18(水) 39.1
 
 19(木)も39℃の予報で、20(金)から23(火)が37℃、24(水)以降も36℃です。
 今のところ夕立の気配もありません。

-----

 17日の37℃台の日、すこし雲が出ていました。それだけで「えげつない暑さ」ではなく「かなり暑い」と感じました。
 わずか約1℃のことなのにすごいですよね。単に感覚がおかしくなってしまっているだけかもしれませんけれど。


 ニュースで目にするのは室内でもエアコンを使わない高齢者、炎天下で畑仕事の高齢者や部活の大会・応援、校外活動の子どもたちです。

 室内でもエアコンをつけること、35℃前後を超えたら(もしくは陽の高い時間以降夕方までは)外で活動しないこと、このあたりで十分に危険性は下がります。体力的に強いとは言えない高齢者や子どもたちには特に影響が大きいです。

 <参照リンク> 熱中症予防のために 厚生労働省

-----

 最近よく耳にするようになった「経口補水液」
 だいたいこんな割合で家でも作れます。

 ・水  約1リットル
 ・塩  約1.5~2グラム
 ・砂糖 約20グラム

 塩分が多いので、エアコンの効いた部屋にいる人はあえて摂取する必要はないようです。大量に汗をかく、熱中症の症状が出ている、こんなシーンです。味はかなりシンプルなのでレモン汁などを入れると良いそうです。


 日本の気候はもう温暖湿潤ではなく亜熱帯に近しいのではないかと感じます。
 月並みではありますが、皆さまどうぞご自愛くださいませです。


発信されていることと実際の対応で見受けることの差が大きすぎて


 先週後半の相談対応などのまとめ(抜粋)です。


 市内在住のTさんが事務所へお越しくださいました。

 事業で加入、団体で加入、昔からの付き合いで加入、これらの整理を進めるうえで客観的な意見を聞いてみたいということで見つけてくださった経緯です。嬉しいです。

 事業や税の観点と個人の保障の観点は切り分けて考える必要があるものとそうでないものをまず切り分けないといけません(ややこしい表現ですよね…)
 1つひとつの加入内容をチェックしても答えは出にくいので、全体を整理して検討していく必要があります。

 納得されていれば勧められるがままに加入するのもすべてが良くないということでもないと考えます。結局は何を優先するのかに集約します。ここを明らかにしないと前には進みません。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 山科区のSさんのお宅を訪問。

 いわゆる後期高齢者の世代であるSさん、年に1回訪問し、資産の整理状況を一緒に把握させてもらっています。丸3年のお付き合いとなりました。

 これまでの対応で証券会社や銀行から提案のあるまま購入されていた投資性商品についてかなり整理が進んできました。その目的は相続です。投資性商品をゼロにされる予定はありませんが、シンプルにしておきたい意向です。

 そのあたりを金融機関の担当さんに、今持っている最低限のものも追加は買わない・提案もいらない・連絡もしてくれるなと伝えているのに某大手証券会社の営業担当さんは自宅や携帯に電話かけまくり+自宅訪問もしょっちゅうという…。

 最近は顧客本位の提案ということで「フィデューシャリー・デューティー」という何ともクチにしにくい考え方が金融機関からも発信されています。その証券会社の情報もサイトで見てみましたが、形式的な最低限とはいえ発信されていることと実際の対応で見受けることの差が大きすぎて何とも悩ましいところです。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 会計士さんと私が主催での月1回のランチ会の45回目。
 弁護士・司法書士・宅建士、計5名でした。

 大阪北部地震のこと、今回の西日本水害のことを中心に、京都市内中心部の不動産動向やスポーツのことまで幅広い情報交換となりました。

 火曜日限定で予約不要のランチをされているという割烹のお店(火曜は特別950円)で、写真を撮り忘れました…。おいしかったです。皆さま、ありがとうございました!!

-----

 超酷暑です。京都の最高気温は土曜38.5、日曜38.7、月曜38.5だったそうで、この暑さが今週続くということです。危険すぎます。

 何年か前まで時折耳にしていた節電のお願いのような情報は電力会社からは発信されていませんし、身を守るためには大事なことですからエアコンは(もちろん適温で)しっかりばっちり使いましょうね。


 17(火)打ち合わせ2件です。午前中は祇園祭の前祭の巡行と夕方は神輿も出ます。京都市内中心部の移動には十分のお気をつけください。
 18(水)終日事務所の予定です。



何よりも大事なのは社会の仕組みを知ること / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート吹田1回目


 14(土)、大阪府済生会吹田病院で毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、ピアサポート(13~16時)にアドバイザーとして参加してきました。

 180714_21

 私の参加は京都も合わせすと通算67回目ですが、大阪(吹田)は初めての参加です。


 京都はこれまで毎月(原則第2金曜)開催でしたが、今年度から3ヶ月に1回の開催となりました。
 前回、5月の開催の記録は↓こちら。
 「あいかわらず営業下手ですねー…」 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート66回目
 次回は8/10(金)の予定です。

 吹田(大阪)は毎月(原則第2土曜)開催されていましたが、私はこれまで京都に参加していたこと、土日は相談対応や家庭の事情などで調整が難しかったことから参加できていませんでした。
 今後、大阪も私は3ヶ月に1回のペースで参加していく予定です。

-----

 今回は4組10名の参加がありました。 

 ステージⅠでまさに睾丸を摘出されたところで今後の治療方針について情報収集されている方、ステージⅡで昨年治療が一旦完了された方、ステージⅢで年明けに最後の手術を受けられた方、5年前に治療を終えられた方など、さまざまなケースとはいえ10万人に1~2人といわれる精巣腫瘍ですので、治療中を含めて身近に同じ症状を持った人はおられないことがほとんどですので、気持ちを共有・共感できたり、出会ってすぐから仲間意識というのでしょうか、本当に大事な場だといつも感じます。


 私への質問としては高額療養費・健保組合による付加給付・限度額適用認定証、そして治療が落ち着いた後の住宅購入や子育てなど将来に渡るお金の考え方についてお受けしました。

 治療と向き合った後にお金にまつわる疑問や不安が出てくるという順のケースが多いです。そして、何よりも大事なのは社会の仕組みを知ることです。社会の仕組みとは社会保障(社会保険)です。ファイナンスは金融という言葉ですが、金融知識・情報が役立つのはその次です。

 180714_22

 早いものでピアサポートをお手伝いして6年たちました。患者会さんと出会ってからは8年です。

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと思っています。


 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回の京都は8/10(金)、大阪は9/8(土)の予定です。ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月開催されています。患者会さんのfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 ちなみに8/11(土)-12(日)は東京の国立がん研究センター築地キャンパスでジャパンキャンサーフォーラム2018が開催され、J-TAGもブース出展し、精巣腫瘍のセッションも予定されています。
 入場無料で事前登録も不要ということで、がんに関して知ってみたいという皆さま、各がん種について医師の話を聞ける場は多くありませんので、希少な機会だと思います。なお、今回私は参加しません。2014年に参加しました。


 代表の改發さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!



”極論で語る睡眠医学”読みました。


 ”極論で語る睡眠医学”(2016年9月30日 発行)を読みました。

 180714_01

 著者は米国スタンフォード大学 睡眠医学センター クリニカルインストラクターの河合 真 医師。ツイッターはこちら


 普通の人からすると私は早寝早起きです。なので睡眠には興味を持っていました。タイトルで気になっていたのですが購入したのは昨年末、読んだのはこの春です。

 そして、読み始めてから気がつきました。
 この本、一般向けではなく医療関係者向けだったんです(汗

 内容は医学用語の出てくるところも多く、一部は理解不能でした…ネットで購入するとこういうことが起こるんですよね。でも一般の人が読んでも大丈夫なところも多かったです。 


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。今回はファイナンシャルプランナー(FP)では専門外ですので引用が多いです。

-----
■監修者・まえがき
■著者・まえがき
■あとがき

<第1部>総論
■1章 睡眠医学を学ぶための「極論」の前の「総論」

・そう,人生の3分の1を過ごしている時間を忘れていないかって聞いているんだ! pⅲ
・睡眠医学の分野に関しては多くの医師が医学部で教育を受けていないので,共通にもつべき基礎知識が欠如しています p1
・本音のターゲット読者層=医療従事者全員 p220


 医師であっても全員が知っていないということなんです。もちろん専門科以外はわからないというのは致し方のないことかもしれませんが、そもそももっと基礎的な意味で医師もわかっていないケースの多い分野ということで間違いなさそうです。

 180714_02

-----
<第2部>外来で診る睡眠医学
■2章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 診断編
■3章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 治療編
■4章 パラソムニア 睡眠中の異常行動
■5章 ナルコレプシー
■6章 レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)もしくはWillis-Ekbon病

・睡眠は究極のプライバシー p10
・「重症患者」(中略)本来こんな人たちにスクリーニング検査をする必要はありません p34
・効果を増やし,副作用を下げて,差を最大にする p45
・原因がよくわからないのに治療していることを畏れよ p101


 医師向けの本ですから医学用語も出てきますし、確かに理解しようとすると難しいです。でも、難しく考える必要のない表現が出てきます。引用部はどんな分野でも当てはまりそうです。

 FP(ファイナンシャルプランナー)でも同じです。お金のことは総じて個人情報のかたまりです。
 全体を詳細に見るまでもなく、ある項目が明らかに全体にとってマイナスであったり、ここは部分的に見ればマイナスだけど全体のためには必要なマイナスだったり、全体を明らかにせず問題点がよくわからないまま部分的な最適解を進めようとするのは結局のところ全体最適にはつながらなかったり。
 同列にするつもりはありませんが、医学もお金も根本は同じだと感じました。


-----
<第3部>境界領域で診る睡眠医学
■7章 救急外来における睡眠医学
■8章 不眠

・救急外来の「眠れません」は「眠れない」ことが問題ではない p106
・交通事故に関わる睡眠関連の記載事項 p111
・不眠とは,覚醒と睡眠という2つのオペレーティングシステム(OS)の切り替えの故障と考えればいいのです p128


<第4部>入院で診る睡眠医学
■9章 入院病棟における睡眠医学
■10章 集中治療室における睡眠医学

・病院でふだんどおり眠れるほうが「異常」 p141
・「不眠を改善」=「睡眠薬を処方」という発想から脱却せよ p151


 睡眠に関することを医師に相談しようと思っている人はぜひこの本を手に取って、すべて読まなくとも自分自身に当てはまると思うページだけでも読んだうえで医療機関へ足を運んでもらいたいと感じました。


-----
<第5部>社会で診る睡眠医学
■11章 医師の睡眠不足
■12章 (小児科医以外のための)小児の睡眠医学
■13章 概日リズムと睡眠覚醒リズム障害

・「当直に匹敵する28時間の断眠でおよそ血中アルコール濃度0.05%に相当する」(中略)日本の酒気帯び運転の罰則が0.03%から適用されることを考えると,「いかに当直明けの医師が危険か…」がわかると思います p174
・睡眠不足を見つけたらやることは1つだけ(中略)「睡眠をとる」しかありません p180

・National Sleep Foundation(米国)が推奨する年齢別の睡眠時間 p191
・10代に「朝型」を強制するのは犯罪に近く,「睡眠時間の確保」は家庭,社会全体で考える p192


 子どもに関する章は特に興味深かったです。
 図はこれです。著者の河合先生のツイートです。


 河合先生のコメントが強烈で核心です。
 
 わが家の子どもたちに伝えている「子どもが大事にすること」は
 ・寝ること
 ・食べること
 ・体を動かして遊ぶこと
この3つです。成長期の子どもにとって寝ること以上に大事なことなんて存在しないと以前より信じていまして、この本で間違っていなかったと安心しました。


-----

 最後の引用です。

 「治療する気がない患者を治療することほど難しいことはありません」p216

 まさに、です。


 報酬の発生する相談(有料相談)の押し売りは不可能です。相談者さんが自分自身で踏み込んできてもらう必要があります。

 ご家族の場合、1人は前向きでも、もう1人は後ろ向きだったりそもそもチラリとこちら(お金のこと)に目を向けようとしなかったり、そんなケースでは私もどうしようもありません(ある一定までは対応可能ですが深く踏み込めません)。大事なのは早い段階で(できれば第1回目の相談で)同席いただくことです。


 患者(相談者)と向き合うという意味合いにおいて所々で共通点を感じながら、睡眠を学ぶことができました。

 私自身は早寝早起きです。平均的には6~7時間なのですが、長い目で見て何とか7時間超にしたいと思っています(上図参照)。理想は8時間ですが、21時30分に寝ても5時半に起きないといけませんのでさすがに今の状況だと仕事がまわらないです。子どもたちが大きくなったら可能になるかなと思っています。

 

 8%の税込みで3996円です。購入する前に(価格で)医療者向けの本って気づけよ!って話ですよね…(苦笑)

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


使い分け・緑・雷


 親バカシリーズ(?)、梅雨も明けましたが、春の思い出編です。
 facebook投稿のまとめです。手抜きですみません。

-----

 散歩

 とある日の午後、隊長(長女1年生)と2人で京都御苑を散歩しました。

 お風呂・はみがき・就寝前・起床直後・たまのお昼寝、このあたりは「おとーしゃんは いや、おかーしゃんが いい」と言われてしまうようになったのですが、疲れてだっこしてほしいとき、遊びたいとき、外に出たいとき、このあたりはおとーしゃんは言うことを聞いてくれるとよくわかってるんです。

 うん、使い分け最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 「ようちえんのみんなできたとき この きぃのちかくであそんだのよん」ってお話ししながら、きれいな葉っぱを集めておられました。

 180713_02
 ※ 写真は御所ではなく加茂川です。適当な写真がなかったので…
 ※ 長男(中学1年)と次男(5年生)はこんな感じの散歩にはまずついてきてくれなくなりました。

-----

 グリーン(緑)

 先日のぬり絵をしていた隊長との会話

 隊長「おとーしゃん、なにいろがすき?」
 私 「そやなー、木の緑とか空の青が好きかなー」

 隊長「どのみどりがすき?」
 私 「えーっと、黄緑色かなー。明るい緑」

 隊長「たーちゃんね、えめらる・・・」
 私 「うんうん」

 隊長「えめらる ごりーんが きれいですき」
 私 「うっ、うんうん」

 エメラルゴリーンちごて、エメラルドグリーンやね。
 あー、かわい^^

 ※ 36色の色鉛筆が楽しくて仕方ないようです。
 180713_01
 ※ 雑然と使い込むのは私とは異なるところです。
 ※ 長男も36色、次男は24色の色鉛筆を持っています。
 ※ 都合上たーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 隊長は雷が超苦手

 雷がにぎやかな夜。

 遠くで小さくゴロゴロなってるとき
  「ちょっとこわいよー
   おとがこわいし まどしめてよー」

 だんだん近づいてゴロゴロが大きくなってきたとき
  黙ってTシャツをズボンの中に入れる
  (おへそを取られないように)

 しばらく静かだったのに、急に近くで大きめのゴロゴロが鳴る
  「こわいよー えーん」と号泣して父(私)に抱っこを要求

 いかん、かわいすぎます^^
 はい、親バカですよ。

 ※ なぜここまで苦手になったのかはいくら思い返してもきっかけがわかりません。
 ※ 春の状況なので梅雨時期には泣くまでにはなりませんでした。成長しました。
 ※ もちろん長男と次男は大丈夫なわけですが、かなり近い場所の場合は次男が落ち着きなくなります。

-----

 14(土)~16(月・祝)は三連休ですね。
 京都の最高気温予報が37・38・37℃となっていました。皆さま、本当にお気をつけくださいませです。

 13(金)朝から外出します。夕方以降は事務所の予定です。
 14(土)午後は済生会吹田病院で開催されます精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。