FC2ブログ

社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【講演録1】成熟社会を理解する


 2018年4月に日本医師会から発表された医療政策会議報告書の平成28・29年度版「社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~」を読みました。

 前回、第7回目の記事はこちら。
 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【第6章】分配なくして成長なし


 本当は報告書を読んでいただくほうが良いのですが、よほどのもの好きでなければ(笑)読み込むのはしんどいと思います。私による勝手な引用だけでもぜひ参考になりましたら幸いです。

 今回から講演録です。1番手の小野教授の報告書はこちら。
 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【第5章】生活の質を豊かにする需要の創出

-----

■講演録1.成熟社会の経済と処方箋
 小野 善康 氏

・日本経済は90年代初頭に発展途上社会から成熟社会に転換(中略)1980年代までの日本は、発展途上社会でした。そこでは、欲しいのにまだ手に入っていない物がたくさんあった(中略)つまりお金はないけれども、欲しい物がたくさんあったという時代 p58
・現代の日本は(中略)物があふれています。そうなると、お金を稼ぐ目的が、物を買うことよりも金持ちになること、「お金を増やす」ということになってしまった。これこそが成熟社会への転換 p58
・面倒だから何もせず、お金を貯めておく。それで需要が伸びない。だからこそ、政策的な需要創出が必要 p58

・どうしたら人々が物を買うようになるか。そういうときに言われるのは、お金を渡せばいいということです。しかし、お金を渡しても貯めるばかりでお店に行かない。だからこそ不況が続いている。そのため、政府が直接国民にサービスを提供すればよい。たとえば、介護とか医療とか保育とかがいいということになる p60
・もっともっと豊か(金銭的な意味での豊かさではなくて、生活の意味での豊かさ)になるのに、物を買わずにお金ばかり貯めている(中略)金を握りしめながら、けちけちして貧乏に暮らしているわけです。私はそれをやめましょうと、それを言いたいわけです p61

・お金を増やしているのに物価もGDPも増えていかないのは日本だけかと思って調べたら、実は他の先進国もリーマンショック以降すごく似た経路になっている(中略)お金をまけば景気がよくなるというのが世界の常識であるかのように言われていますが、多くの先進国でも全然効いていない p61

・お金を配る政策で1つだけ良いものがあります。それは、富裕層から仕事のない貧困層への再分配です。富裕層はお金があるけど使わない。貧困層はお金がないので使わない。そういう人たちにお金を渡せば、それで何かを買います。このとき、ただお金を渡すのではなくて、仕事を作って、その人たちに働いてもらって、給与で渡すほうがよほどいいわけです p61
・失業者や低所得者には、何らかの形で社会保障費用がかかります。私はそれを社会保障費用ではなく、公共事業をして給料として払った方がいいと言っているのです p62

・お金を配ってもしょうがない。税金をきちんと集めて、その税金を使ってサービスを提供すればみんな幸せになって、雇用も生まれるし、生産効率も上がる。医療はそれを実現する手段として適切 p65
・それには費用がかかり、税収確保のために消費税を上げると、景気が悪くなると反論されます。しかし、何度も強調したように、景気は悪くなりません。日本は大金持ちです。それが長い間お金を貯め続けましたが、消費もGDPも全く増えなかった。そういう状態でさらに大金持ちになっても、消費は増えるはずがない。ということは、お金を少々税金で取ったって消費が変わるわけはないだろう。しかもその税収は、財政支出を通して、再び国民に給与などで支払われる。ですから、景気に悪影響などないのです p65-66

-----

 小野(先生)節にも慣れてきました。

 議論の中心は所得ではなく資産です。今の日本は所得の多い・少ないで負担が変わってきます。高所得者は高負担、低所得者は低負担、ある程度は理解できます。
 いつも書いていることですが、高所得でも低資産、低所得でも高資産、この場合でも負担は高所得の人にだけ求めるので良いでしょうか。
 では高資産の方々から負担してもらおうとしても、資産にはさまざまな形態が考えらえます。すべて現金・預金や金融商品であればわかりやすいかもしれません。でも、不動産ばかりだったら手放してでも負担してもらう?このあたりのルールはめちゃめちゃ悩ましいです。となれば、みんなが当たり前に日々購入するすべてのものに税がかかっていれば、みんなが等しく負担します。この視点で考えれば軽減税率なんて愚の骨頂です。
 消費税において消費者(負担者)側に節税や脱税はほぼ不可能でしょう。知っていないと損というようなへんてこコンサルビジネスも出てこない。大事だと思います。


 成熟社会においては、医療・介護・保育・教育など公的(に近い)サービスによる雇用の安定化・平均給与のアップ、それに伴う公務員定数を増やすなどが適しているのだと考えさせられます。文章にも書かれている通り「民間製品の代替品」はダメです。公共事業と書くと道路・ダムなどのインフラがイメージしやすいでしょう。維持が見込まれるといっても基本的に作り続ける必要のあるモノではなく、恒常的に必要であるサービスも公共事業として認識され、そのサービスにより雇用が生まれ所得を安定させる。本文を読む限り、良い社会だと私は思えました。

 報告書は5ページ、講演録は7ページで各種データ power point も掲載されています。一読の価値ありです。


 <次回> 講演録2.分断社会を終わらせる~「頼りあえる社会」のための財政改革~


iDeCo(個人型確定拠出年金)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第12シーズンスタート!


 20(土)午後、第12シーズン1回目(通算34回目)のミニセミナーを事務所にて開催することができました。

 190720_iDeCo

 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー

 配付資料のタイトルを大公開します。
 今回から「つみたてNISA(少額投資非課税制度)との違い」を後半に追加しました。

-----

■「制度」を知る
・iDeCo(個人型確定拠出年金)の目的
・公的年金制度から見た iDeCo の位置づけ
・iDeCo の加入者はこれまでなぜ少なかったのか
・iDeCo の「これまで」と「これから」
・自分自身の所得税率を知る ~ 所得税の速算表 ~
・掛金全額所得控除のものすごさ! ~ iDeCo の掛金と税効果 ~
・個人年金保険との違い ~ 将来資金の代名詞!? ~
・小規模企業共済との違い ~ 個人事業主または中小企業の経営者 ~
・口座管理の手数料を知る

■「運用」を知る
・iDeCoは つみたて投資
・資産を何に依存しているのか ~ iDeCo がすべてではない ~
・投資性商品を選ばないリスク ~ 資産を自分自身で管理する ~
・運用で得られた利益は税金の対象外 ~ iDeCo の非課税効果 ~
・投資信託のカテゴリー(投資対象)
・投資信託の手数料を知る
・インデックスとアクティブの違いを知る
・インデックスファンドのコスト比較 【iDeCo】
・iDeCo で購入する投資信託の比率を考える
・絶対に忘れてはいけないたいせつな調整 ~ スイッチング ~

■「活用」を知る
・出口戦略【1】 ~ 一時金受取時の税金の基礎 ~
・出口戦略【2】 ~ 分割受取時の税金の基礎 ~
・iDeCo の注意点と柔軟性
・第2号被保険者が職場で証明印を得る書類のポイント
・iDeCo を始めない選択肢
・つみたてNISA(少額投資非課税制度)との違い
・これから必ずしてもらいたいこと ~ 優先順位・選択肢を知る ~

-----

 iDeCo(イデコ)は通算5シーズン目の開催です。前回は2018年10~12月でしたので投資信託の情報は最新に更新し、以前よりご希望の多かった「つみたてNISA」につきまして2019年に入ってからも実際に相談いただくケースが多かったので新規追加しました。


 今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。

 「年末調整で戻ってくる税金の計算がわかりやすかった」

 「こんなに楽しく学べるとは思ってなかったです」

 「積み立てニーサのことも知りたかったので質問できて良かった。私はイデコを始めます」

 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!

-----

 iDeCoは8/10(土)と9/7(土)にも開催します。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。

 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


60歳時点や20年後の残高に比べて大きくないという意味合い


 今週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 左京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除・出口戦略→退職金とキャッシュフロー表→生命保険・個人年金保険と一時所得・雑所得→つみたて投資とつみたてNISA(少額投資非課税制度)→相続と相続税の基礎控除→国民年金保険料の猶予と納付の考え方→公的年金保険の的外れな報道とまっとうなデータ、といった流れの初回相談となりました。

 特にiDeCoとつみたてNISAを知りたいと思っておられたときに、とある専門家さんからのご紹介で私のことを知っていただき、オフィシャルサイトをご覧のうえご依頼くださったという経緯です。シンプルにオフィシャルサイトを紹介いただける流れが私にとってもありがたいです。

 iDeCoやつみたてNISAもとにかく始めれば良いというものではありません。もちろん何も始めていないよりも始めているほうが後から良かったと思える確率は高いと思います。でも、デメリットはあるわけですし、そもそもすべての人に運用が必要かと聞かれれば100%とは言えないのも各家庭によって本当にさまざまなんです。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 山科区のAさんが事務所へお越しくださいました。

 前回でiDeCoが完了し、今回のメインはつみたてNISAでした。商品選定の考え方がiDeCoと少し違ってくることを中心に実際の設定や第1回目の購入までの流れを確認し、あわせてこれまでの書類の整理をお手伝いできました。

 とにかく最初が面倒です。これがハードルの高さです。ここさえクリアできれば基本的に日々ほったらかしです。1~3年に1回のリバランスは大事ですが、iDeCoやつみたてNISAは開始から数年だと残高も大きくないので、リバランスの効果がとてもわかりにくいです。ちなみにここで書く「資産が大きくない」というのは60歳時点や20年後の残高に比べて大きくないという意味合いです。月23000円や月33333円の積み重ねは年単位でも普段の生活で考えれば大きなお金です。このあたりの理解は家計全体の資産(家計の資産表)を1年単位で把握することが大事だと思っています。

 Aさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 梅雨っぽいです。湿度高いです。ジメジメです。寒くなりすぎず暑くもならず、湿気だけ劇的に吸収して湿度を快適に保ってくれる仕組みの開発を…ってニーズは少ないかもしれないですね。

 20(土)午前中は相談対応、午後は事務所ミニセミナー第12シーズンの第1回「掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー」です。
 21(日)お休みをいただきます。


社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【第6章】分配なくして成長なし


 2018年4月に日本医師会から発表された医療政策会議報告書の平成28・29年度版「社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~」を読みました。

 前回、第6回目の記事はこちら。
 社会保障と国民経済 ~医療・介護の静かなる革命~【第5章】生活の質を豊かにする需要の創出


 本当は報告書を読んでいただくほうが良いのですが、よほどのもの好きでなければ(笑)読み込むのはしんどいと思います。私による勝手な引用だけでもぜひ参考になりましたら幸いです。

-----

■第6章〔国民経済と経済学〕 医療と介護、民主主義、経済学
 権丈 善一(慶應義塾大学商学部教授)

・これまで幾度となく見てきたように、社会保障に関する政治的な公約は、国民経済との関係を抜きにすれば、なんとでも書くことができる。そしてなんとでも書かれた公約の実行可能性、持続可能性を見抜き、日本医師会自らが両可能性を備えたあるべき姿を描ききるためにも、国民経済、特に財政金融政策に対する正確な情報を押さえておくことは不可欠 p42

・世論7割の壁 p42
・今日の金融財政運営のあり様を普通の人が理解できず、ほとんどトンデモ論に値する論が跋扈する原因の源は、この問題を理解する上で必要となる最低限の知識の難易度が、かなり高いことにあるのではないかと考えられる p43
・必須の知識であっても難易度が高いと、その知識は普及しない。この問題が障害となると、民主主義は機能しなくなるおそれがある p43
・このような情報を、普通の投票者の耳目まで届け、理解してもらうのは、おそらく無理である p44

・圧倒的多数である普通の人たちに、そうした勘違いをされてしまう運命にあるのが、給付先行型福祉国家であるとも言える p45
・結果、「給付先行型福祉国家」というものは、必然的に世の中にヒステリーを引き起こし、財政を再建するための財源を得ることが永遠にできずに「給付だけをしてしまった福祉国家」のままであり続けるおそれはある p45

・成熟社会である現実(中略)左側の経済学は、投資は主に期待収益率の関数とみなして金利を下げても投資はあまり反応せず、社会サービスを充実させたり、所得再分配や賃金の引き上げで所得分配の平等化を図れば経済の活力は増すと考えることになる。つまり、左側の経済学に基づけば、「分配なくして成長なし」なとなる p52

-----

 真打登場です。

 権丈先生の文章を理解するうえでの前提は次の区分けです。

・右側の経済学
 国民のほとんどが生活をしていく上で必須となる必需品や利便品が不足している時代(p49)

・左側の経済学
 その時代時代の技術水準に依存して生産される財・サービスの需要が消費者の間で飽和に近づき、彼らの中では消費をするよりも貨幣を持つことから得られる効用の方が大きくなって貨幣を保蔵(中略)する成熟社会(p49-50)

 今は明らかに後者(=左側の経済学=成熟社会)です。
 成熟社会では引用の最後の文章にシフトしないといけないんです。


 まさにこの記事を公開した2日後が選挙です。
 政権党絶賛支持というわけではありませんが、公的年金保険をはじめとした社会保障と経済を考えたとき、政権党から出ているマニフェスト(公約)と各野党から出ているものは、比べることが不可能なほどに後者がひどすぎます。対案になっていません。(繰り返して書きますが、政権党絶賛支持というわけではありません)

 私たちが生きる現代社会は(戦後やバブル崩壊までに比べて)高度に進展した仕組みに到達しているようです。当たり前に全員が多くのモノを消費する時代ではないんです。成熟社会なんです。
 何かよくわからないけど勝手に国が進めているというのは良くないのだと思います。何かで歯止めが利かなくなればSFや映画の世界が現実になってしまうことだってあるのかもしれません。でも、もう一部の根幹においては、こういった政策会議などに委ねてしまうほうが良い社会になるのだろうと感じてしまいます。これは決して思考停止と呼ばれるものではなく、私を含めて一生活者が理解できる簡単な仕組みではないということなんです。わかりやすい簡単な仕組みでは成熟社会は安定的に維持・発展しにくいのだろうと読み取りました。


 「分配なくして成長なし」だけを読み取れば、もっと高所得者に負担を求める流れになってしまうかもしれません。高所得者の比率は極めて小さいんです。少ない人からたくさん集めても総額は小さいんです。みんなが少しずつ負担することで多くのお金が集まります。いつも書きますが、この負担で生活が困窮してしまう場合には支援(救貧)が必要です。お金で配るのかサービスで配るのかその比率は、についてはこれまでの章もぜひ参照してください。

 一連の報告書の序章である冒頭とまとめであるこの章に権丈先生が登場されているのは、この会議の副議長を務めておられるからかと思います。
 まっとうすぎる論のまとまっている今回の報告書、(とても軽い表現で申し訳ありませんが)すごいのひと言です。

 <次回> 講演録1.成熟社会の経済と処方箋



紹介者さんの強い推奨で話を聞いてみたいとの経緯


 先週後半以降の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 山科区のKさんが事務所へお越しくださいました。

 企業型DC(確定拠出年金)の考え方→マッチング拠出と所得控除→投資信託選びのポイント→つみたてNISA(少額投資非課税制度)との違い→医療保障と高額療養費・傷病手当金→給与所得と雑所得→貯蓄型の生命保険と生命保険料控除といった流れの初回相談となりました。

 とあるご紹介がご縁のKさん、現状で何か大きく困っておられたことはなかったのですが、紹介者さんの強い推奨で話を聞いてみたいとなられた経緯があります。金融商品提案が当たり前でないお金の相談、こうしたきっかけも嬉しいです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 京都市内在住のMさんが事務所へお越しくださいました。

 住宅取得資金計画の相談をご依頼くださることになりましたが、特殊な経緯での住み替えとなりますので一般的な流れとは異なります。建売やマンションなどで間におられる不動産業者さんのような人がいません。(仲介はおられますが契約のみで資金計画面は完全にノータッチ)

 全体像の整理→資金計画の考え方→住宅ローン審査も含めた段取りなどを確認し、自己資金の総額を一緒に整理しました。いくつも預金口座をお持ちの場合、それぞれに分散していて総額を把握しておられないケースがあります。頭金として出すのか手持ち資金として置いておくのか、そのバランスに答えは無いと思っています。とはいえたいせつな考え方は1つです。自由度の高いお金をどれだけ手元に確保できているか、これです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都の集まりが3年ぶりに開催され、烏丸丸太町にある京都新聞社でしたので足を運んできました。

 190718_京都新聞社

 久しぶりにweb検索の仕組みの話を聞く機会となり、比較的最新の動向も情報を得ました。だからと言って特別な対応は何もしないのですけれど…
 数年ぶりにお会いする方々・初めてお会いした方々、短い時間でしたけれど専門家の集まりなので興味深い話をいくつか聞けました。たまにはこういうのも良いですね。いわゆる一般的な異業種交流会は苦手なのでほぼ行くことはなくなりましたが、共通することのある集まりはまだ大丈夫でした(笑)


 18(木)・19(金)ともに打ち合わせ1件と個別相談1件お受けします。