FC2ブログ

レポート"「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方"読みました。


 2020年4月2日付のレポートを読みました。

 「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方
 ニッセイ基礎研究所

 6ページのレポートで字数も多くありませんから、たくさんの人に読んでもらいやすい内容だと思います。とっても真っ当です。

---

 大事な内容を引用します。

・コロナショックを踏まえても株式を増やしたことによる資産価値への弊害は認められない p4

・従来どおり日本国債中心の運用を続けていれば、そうした批判を受けずに済むかもしれない。しかし、今やマイナス金利の日本国債に資産の過半を投資し続けることが、国民の大事な財産である年金積立金を預かる者として本当に責任を全うしているといえるのか、大いに疑問だ p4

・こうした点に触れずに、年金積立金の運用で巨額損失が発生したことばかりを取り上げて世間の恐怖心を煽るのは無責任であると思われる p6

・年金運用については、断片的な情報を鵜呑みにすることなく、本質を見極める姿勢が重要だ p6


 特に3つめの引用が衝撃的でした。ここまで踏み込んだ表現を使われるケースは大学教授や一部の(一応私を含む)専門家くらいしかなかったと思います。大きな組織の構成員さんがここまで書かれてケースは多くないはずです。もちろん新聞・テレビ・雑誌などのメディアから発信されることはほぼありません。

 厳しいつっこみをさせていただくなら、ニッセイグループでおられますので生命保険を取り扱っている日本生命の営業職員さんの方々および日本生命の商品を扱う代理店の方々にもこの考え方は強く周知してもらいたいと願うばかりです。

---

 さらに細かいつっこみを2つほど。

・「老後2000万円問題」 p1

 勝手に”問題”にしたのは野党とメディアです。
 私としては「老後2000万円の話題」でお願いしたいです。


・「年金」という用語が35回出てきています。そのうち「公的年金」と書かれているのが1回です。

 35回すべてとは言いませんが、一度でも「公的年金保険」との表記があってほしかったです。公的年金保険は社会保険の1つで公的な保障の仕組みです。公的な保険なんです。「年金」とだけ記載される機会が減ってほしいと願っています。

<過去参照記事> 公的年金保険の呼び方・呼称

---

 繰り返しますが、つっこみを除外してもこのレポートは衝撃的な内容です。
 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジストの井出 真吾さん。これからも注目です。


 なお、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による公的年金保険の積立金運用の件、私からの情報発信は毎月開催している事務所ミニセミナーの1つ「リタイアまでにいくら準備すればいい?ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー」の前半で少しですが触れています。

<参照ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報

-----

 関連性の強い内容として別の団体からですが、こんなコラムも出ていました。

 過去最大級の損失が生じても、公的年金の未来を過度に悲観すべきではない
 大和総研グループ

 引用1文です。
 「若い世代ほど共働き世帯は増え、現在の30代では結婚や出産を経ても働き続ける女性の方が過半数となっている。若い世代ほど共働き世帯の割合が増えていることを踏まえれば、筆者は厳しい経済前提の下でも夫婦世帯の平均年金支給額は、将来になるほど増加していくと予想」

 ここでの「厳しい経済前提の下」について、いつもお伝えしたいのは、なぜ「厳しい経済前提の下」という条件で将来の公的年金保険の給付だけが心配されるのでしょうか。そもそもの生活や就業者の収入をもっと心配すべきです。


 皆さま、ぜひご理解のほど、よろしくお願いいたします。



大前提は資産全体の把握


 今月上旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 伏見区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 年に1回、家計の資産表(バランスシート)を更新し、預貯金の状況と運用の状況を確認するための面談です。この1年でイレギュラーがあり、昨年までの状況とは少し変わりましたけれど、それでも誤差の範囲と言えますので大きな不安にはつながらないと感じました。

 そのイレギュラーがあったので日々のやりくりの中では大丈夫なのかと少し不安を感じておられたTさんでしたが、そのために家計の資産表があります。日々の支出をまとめることも良い方法だと思いますけれど、それが負担になるのは避けたいわけです。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
-----

 上京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 以前に生命保険についての相談をお受けしており、今回は火災保険の更新時期でのその内容の確認と、相続についての対応をご依頼くださいました。

 税の試算や遺言などの対応が必要であれば別の専門家への依頼も必要になってきます。ただし、その大前提は資産全体の把握です。保険商品・運用商品の資料の読み解きはファイナンシャルプランナー(FP)の専門分野ですし、公的年金保険の老齢給付を把握しているからこそ、これからの見通しにもつながっていきます。

 資産全体の把握も1回で完了できるケースのほうが少ないと思います。たたき台を作成し他の情報も確認するなかで、そういえばあれもこれも…と出てくるケースだってあるわけです。基本的に長期戦ですから今回はキックオフだったと言えます。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 相続・贈与
-----

 4月6日(月)付で京都市内の公立学校は4月10日(金)から5月6日(水)まで休校が決定しました。
 【緊急情報】新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえた一斉臨時休業(休校)の実施について 京都市教育委員会

 わが家の子どもたちも、6(月)新中3の長男が始業式、7(火)新中1の次男が入学式、8(水)新3年生の長女が始業式で、その後10(金)から休校です。小学校は週に1回の登校日があるようです。


 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課からこんなQ&Aも出ていました。
 新型コロナウイルス感染症に対応した小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における教育活動の再開等に関するQ&Aの送付について(4月6日時点)(PDFファイル注意)

 このような事態が誰もが初めての経験です。国だから自治体だからと過度に責任を求めるのは違うと感じる日々です。みんなで協力しあいましょう。


 8(水)・9(木)いずれも個別相談2件お受けします。


休講となりました / 2020年5月検定向けFP3級資格取得講座


 本年1月より開講してきました滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催2020年5月検定向け「FP3級資格取得講座」(草津会場)。

 3月24日の第10回目をもって休講が決定しました。決定日は4月5日(日)です。


 4月7日・14日・21日・28日の4回分は実施しません。残念ですが、こんなご時世ですので致し方ないかと思います。受講くださっていました皆さま、申し訳ありません。ご理解をお願いしたいです。

-----

 カルチャー倶楽部の担当さんとも相談した結果、次の通り検討しました。1~3で選んでいただくことになります。


1. 4回分を返金

2. 9月向け検定として、7月14日・21日・28日・8月4日の各火曜の同じ時間に残り4回分を開講(予定)、その4回に振り替える

3. 来年以降(未定)に草津会場さんで開講する講座の第11~14回目に振り替える


 おおまかにはこの通りですが、それぞれに事情がおありだと思いますし、カルチャー倶楽部さんも柔軟に対応くださるとお話しいただけていますので、不明点等はご遠慮なくおっしゃってください。(ただし、あくまでも滋賀リビング新聞社さんの講座ですので、ご意見やご事情はカルチャー倶楽部の担当さんにお願いします)

-----

 3月中旬ごろまでの状況では、この講座は私1人だけが一方的にお話しするものですし私に風邪の症状がなければ問題ないかと考えていましたが、京都から草津へ電車を使って移動すること、受講者の方々の距離はあけるように工夫していましたし会場は少し広めとはいえ窓のない教室ですので密室性は避けられないことなどからも、以降の開催は難しいという判断となりました。

 11回目の講座の2日前ギリギリで申し訳ありません。担当さんは日曜ですが、その日のうちに受講者の皆さん全員へ電話連絡してくださったようです。感謝しかありません。


 5月のFP検定について、実施団体である金融財政事情研究会(きんざい)のwebサイトにはトップページで「現時点では予定通り実施」と書かれていますが、3月12日が最新の更新です。検定日は5月24日とはいえ、検定会場は多くの人が1つの部屋に入ります。実施されない可能性も高くなっているようにも感じます。

 仮に検定が実施され、受講者さんが受検されることになれば、私からメールで最低限の情報提供はできればと思っています。このあたりも臨機応変な対応を予定しています。

 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 

加入者150万人に到達!会社員の新規加入者27000人超は過去4番目の増え方! / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2020年2月末時点>


 確定拠出年金の施行状況等 厚生労働省web

 今回の記事で書き出す内容は2020年2月末時点のものです。

-----

■まず企業型

 2020年1月末の速報値で約723.7万人です。
 企業型DCの新規加入者は4万7687人、全体では6000人増ですので差の約4.2万人が脱退者・60歳到達者ということになるかと思います。


■次に個人型

 2020年2月末時点で153万0114人。ついに150万人を超えました!
 今月の新規加入者は41942人(2.8%増)、4万人超は6回目というすばらしい増え方です。年末年始に検討して申込書を提出した人が多かったのでしょうか。
 

 青色が3万人未満、赤色が4万人超です。
  2月 41,942
  1月 31,502
  12月 32,570
  11月 28,608
  10月 36,139
  9月 35,472
  8月 40,431
  7月 36,778
  6月 31,001
  5月 20,463
  4月 32,684
  3月 32,685
  2月 33,476
  1月 29,529
  12月 34,453
  11月 27,926
  10月 31,894
  9月 31,545
  8月 35,284
  7月 33,898
  6月 33,476
  5月 25,622
  4月 42,937
  3月 38,860
  2月 39,099
  1月 37,767
  12月 34,391
  11月 26,661
  10月 36,754
  9月 33,421
  8月 37,498
  7月 36,066
  6月 34,515
  5月 29,604
  4月 59,918
  3月 53,814
  2月 49,020
  1月 26,705
 
 なお、純増は37386人です。差の4556名は60歳到達者、企業型DCへの移管かと思います。


■新規加入者 の内訳です。

 ・第1号被保険者 3916人 2.3%増
 ・第2号被保険者 27231人 2.9%増(会社員)
 ・第2号被保険者 8977人 2.8%増(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 1818人 3.7%増

 会社員が27000人を超えたのは2018年4月以来で通算4回目です。希少です。
 そして、増え方として会社員が公務員・私学共済を上回るのは7回目です。これも珍しいパターンです。

 前回4万人超だったのは、メディアが勝手に問題にした「老後2000万円」報道の影響を受けた2019年8月です。このときは公務員・私学共済の増え方が11000人超だったんです。会社員さん、何があったのでしょうか。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 
 「平成30年度の国民年金の加入・保険料納付状況について」厚生年金(第2号被保険者)の被保険者数のみ暫定ですが、2018年3月末の数字よりも2019年3月末の数字を反映させたいと思いましたので、2019年5月末版よりこの人数を使っています。
 2019年4月末版までの平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況のデータはカッコ内です。

 ・第1号被保険者 約1452万人(約1505万人)
  ※ これまでは任意継続(約20万人)を含んでいましたが除外しました。
  ※ 免除・猶予者はiDeCoを使えませんが含めています。
 ・第2号被保険者 約3981万人(約3911万人)(会社員)
  ※ このうち企業型加入者が約723.7万人なので
    iDeCoを利用できるのは単純に約3257.3万人として計算しています。
 ・第2号被保険者 約 447万人(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 約 847万人(約870万人)


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者 0.045%
 ・第2号被保険者 0.084%(会社員)
 ・第2号被保険者 0.201%(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 0.021%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者 1.203%
  ※ 免除・猶予者を除外すると、1.990%
 ・第2号被保険者 2.982%(会社員)
 ・第2号被保険者 7.447%(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 0.606%

 来月で会社員は100人中3人(3%)に到達が見込まれます。ただ、厚生年金適用の会社員は増えているはずなので、被保険者数が最新になれば下がる可能性が高いと思っています。現状ではiDeCoは60歳未満しか加入できないので、厚生年金の被保険者も60歳未満だけの割合で計算しないといけないと認識しています。2018年度末(2019年3月)の詳細なデータが出てきましたら、情報を反映させようと思っています。
 あと、免除・猶予者を除いた第1号被保険者は来月で2%に到達しそうです。地味ですが1つの通過点、大事です。


■iDeCo加入者の総数、153万0114人の内訳

 ・第1号被保険者 174689人
 ・第2号被保険者 971218人(会社員)
 ・第2号被保険者 332875人(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 51333人

 会社員だけでの100万人超がいよいよ見えてきました。
 あと2ヶ月必要でしょうから4月末時点(6月上旬発表)かと思います。


-----

 国民年金基金連合会の業務状況
 (厚生労働省のページからもリンクが張られています)

運用指図者 62万6740人(前月より+3806人)
自動移換者 88万6413人(前月より+7294人)

 これまで気づけていなかったのですが、運用指図者には60歳到達者で受け取る手続きをしていない人も含まれているそうです。当然と言えば当然なのですが、60歳以上を除けば実際にはもう少し数のインパクトは小さくなりそうです。



■2018年から開始した年単位拠出
  2月20日時点 43264人
  1月20日時点 41147人
  12月20日時点 39284人
  11月20日時点 39217人
  10月20日時点 37796人
  9月20日時点 35942人
  8月20日時点 34002人
  7月20日時点 31819人
  6月20日時点 29940人
  5月20日時点 28351人
  4月20日時点 27239人
  3月20日時点 25581人
  2月20日時点 23482人
  1月20日時点 21143人
  12月20日時点 18968人
  11月20日時点 18057人
  10月20日時点 16406人
  9月20日時点 14563人
  8月20日時点 12810人
  7月20日時点 11035人
  6月20日時点 9195人
  5月20日時点 7244人
  4月20日時点 5726人
  3月20日時点 3549人
  2月20日時点 1421人
  1月22日時点  187人

 今月は+2117人です。全体では2.83%の人が選んでいます。
 内訳で特に高いのは公務員・私学共済の4.80%、次に高いのは企業年金ありの会社員で3.05%。「よくわからないけど定期預金を選んでも所得税・住民税は減るんでしょ?」という定期預金100%で年1回拠出のスタンスである所得帯の高い方々(特に公務員・私学共済)という傾向ではないことを願うばかりです。


「iDeCo+」イデコプラス(中小事業主掛金納付制度:従業員が加入するiDeCoに、企業が追加で掛金を拠出できる制度)

 2018年12月末から発表の始まっているデータです。
 2020年 2月 8522人 / 1240事業主 ≒ 6.5人
 2020年 1月 8132人 / 1240事業主 ≒ 6.6人
 2019年12月 7476人 / 1131事業主 ≒ 6.6人
 2019年11月 7038人 / 1049事業主 ≒ 6.7人
 2019年10月 6669人 / 967事業主 ≒ 6.9人
 2019年 9月 5748人 / 836事業主 ≒ 6.9人
 2019年 8月 4999人 / 730事業主 ≒ 6.9人
 2019年 7月 4527人 / 647事業主 ≒ 7.0人
 2019年 6月 3972人 / 567事業主 ≒ 7.0人
 2019年 5月 3516人 / 504事業主 ≒ 7.0人
 2019年 4月 3004人 / 415事業主 ≒ 7.2人
 2019年 3月 2038人 / 300事業主 ≒ 6.8人
 2019年 2月 1453人 / 232事業主 ≒ 6.3人
 2019年 1月 1287人 / 200事業主 ≒ 6.4人
 2018年12月 1077人 / 160事業主 ≒ 6.7人

 今回増加分での単純平均では1事業主あたり5.9人です。いつも書きますが、イデコプラスを積極的に提案しておられるのはどういった立場の専門家(金融機関)なのでしょうか。本当に不思議です。


-----

 何度でも何回でも書きますが、現役の勤労世代が数十年先の将来資金を積み上げていく手段としての第一候補は間違いなくiDeCo(個人型確定拠出年金)です。適切に知る機会・適切に学べる場が継続的に存在することが本当にたいせつだと信じている次第です。私も地道にがんばります。
 
 直近のセミナー報告です。ご参考になりましたら幸いです。
 ・「これまで投資など知識も経験もなく、理解できるか心配でしたが、すごくわかりやすく、制度から活用まで知れました」 / 自分でつくる将来資金! iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座
 ・「5000円の講座、申し込んで来てみるまでは高いと思っていました」 / 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー終了!


 京極・出町FP相談の事務所ミニセミナーの直近開催分、4~6月のテーマはiDeCoです。普段から2~3名のミニセミナーで話すのは私1人ということ、日時は3週間後ですので現状では開催を予定しています。
 もちろんこれから時々刻々と状況は変わると思いますので、変更はありえます。でも、ミニセミナーですから対応も柔軟に可能です。
  <ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報

 相談はもちろんいつでもお受けしていますので、ご紹介しておきます。
 <京極・出町FP相談> 確定拠出年金相談
 ぜひご参照ください。

キャッチボール・ピアノ・唐突に


 親バカシリーズ(?)、隊長(長女、2020年度3年生)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 キャッチボール

 休みの日、最近の隊長(長女2年生)は退屈になると父(私)に「キャッチボールしよ」と言ってきます。

 200403_02

 外に出るわけでもなく、そんなに広くもないリビングを使ってドッチボールサイズのボールで投げて取ってを繰り返します。楽しそうです。
 大きく振りかぶったり助走をつけたりできないので私は座って相手してます。隊長もたまに座って投げてますが、上半身だけであれだけしっかりボールを投げられる女子は多くないでしょう。

 ボールの扱いに長けた低学年女子の隊長、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 投げるときには左手の使い方・左足の踏み出しが大事だと(笑いを入れて)何度も繰り返し教え込んでいる私です。
 ※ 次男(6年生)と何度も何度もキャッチボールしたなーと懐かしくなります。長男(中学2年生)はちょっとだけでした。

-----

 ピアノ

 2019年度から隊長はピアノを習い始めました。

 きっかけは幼稚園から一緒のお友だちとそのお姉ちゃんが習っていたこと。本格的にではなく音楽を楽しめたらいいなーというゆるい感覚でレッスンは月2~3回です。
 それでも年末には教室での発表会で堂々と立派にひいてました。

 200403_03

 隊長、やるぅ~
 あー、かわい^^

 ※ 楽譜が読めるようになるだけでもいろいろ世界が広がると思うんですよね。
 ※ わが家に電子ピアノが導入され、最低限の広さの住まいですのでなかなかの存在感です。
 ※ 電子ピアノに次男はたまに興味を示しますが、長男はまったく興味がなさそうです。

-----

 唐突に

 先日の隊長との会話

 隊長「おとーぷん、
    たーちゃんね、けっこんするの」
 私 「えっ?」

 隊長「けっこんするあいてきめたの」
 私 「ええっ!?」

 隊長「たまごっちのけっこんするあいて」
 私 「…あっ…そう」

 200403_01

 隊長、最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 都合上たーちゃんとしていますが、実際には異なります。
 ※ 「おまえに娘はやらんっ!」というタイプではないと信じています。信じています。

-----

 2020年度が始まりました。京都市の公立学校は新年度から再開のようです。

 新聞・テレビ・ネット・SNSの情報はあおりが多いと日々感じます。
 首相官邸 ご利用くださいお役立ち情報
 このサイトはいかがでしょう。個人的に信頼性が高くて良いと思いました。