設問の結果を出しているだけなのに、それらしくロボアドバイザーと呼ぶのは金融業界としてやめておくほうが良い


 この記事ではあえて具体例のリンクを紹介しません。

 資産運用・投資信託の選び方において、その人の考え方・年齢(運用期間)・収入(貯蓄)の状況などによって株式と債券など具体的な投資性商品の購入比率や商品名をアドバイスしてくれる仕組みとして、「ロボアドバイザー」と説明される記事を目にするようになってきました。

 AI(人工知能)は現在の流行ですし、システムをロボットと言い換えるのも当たり前なのだとすると、それでも良いのかもしれません。

 でも実際には少なくて4~5個、多ければ数十個の設問に答えることでweb上で回答が示されることから、これまでの性格診断などと何が異なるのか私にはまったくわかりません。ロボットと言えば、ペッパーくんムラタセイサク君、そして産業用の機械などの印象が強いのは私だけでしょうか。

-----

 設問の結果を出しているだけなのに、それらしくロボアドバイザーと呼ぶのは金融業界としてやめておくほうが良いように感じる次第です。何かそれらしい呼び方が必要なのであれば、システムアドバイザー?商品選定システム?投信診断ツール?などでいかがでしょうか。

 その人に適した商品を導き出すと言っても、診断結果として登場する最終的な商品の候補は金融機関の中の人によってプログラムされた選定基準で挙がっているものではないかと感じます。そして、システムを提供しているのは金融機関です。売りたい商品だけが結果に出てくるということだってあり得ます。

 私もいくつか試してみましたが、候補に挙がってきた商品と同じような投資方針の商品が他にあり、その後者の商品のほうがより手数料が安かったり純資産が着実に積み上がっていたりしても、優位性のある(と私が考える)商品は選ばれていないとしか感じられないケースがほとんどでした。

-----

 また、ある程度の知識を持ち合わせている人でしたら、こんなシステムを使わなくても商品は選定できると思います。知識がない(少ない)からこそ、こういった診断ツールを使うはずなのに、その設問や解説に専門用語がそのまま使われれているのもマイナスポイントです。

 まだまだこれからの仕組みなのだとは理解しているつもりですが、やはりこれらを「ロボアドバイザー」などと呼ぶのは違うと思うのです。より親しみをもって金融商品に接してもらいたいという気持ちは私も同じです。でも、こういった用語の使い方はより遠ざけてしまうだけのように感じます。もったいないです。
 

 京極・出町FP相談 資産運用相談


妥当性を改めて判断してもらうための客観的な情報を見ていただくのが私の役割


 24(土)午前中、左京区のSさんが事務所へお越しくださいました。

 早いものでSさんとのお付き合いも丸5年を超えました。お仕事の状況が変わられ、それが一旦落ち着いてこられたことをお聞かせいただき、現状で考えられる対応について私から情報提供させていただきました。

 立場というのは(良い意味で)人の考え方に大きな影響を及ぼす典型だと感じました次第です。これまで検討する必要のあった範囲が今回のお話でかなり広がりました。iDeCo(個人型確定拠出年金)や生命保険・損害保険もとらえ方が異なれば、私からの活用方法の提案も変わってきます。

 スケジュール調整と不定期でも連携を取って進めていくことが大事というのを共有していただけたことが今回の一番の収穫だと感じました次第です。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、宇治市のIさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 昨年相談をお受けしまして約1年後経過時におけるフォロー面談です。Iさんも生活スタイルに少し変化がありましたのでまずは現状をお聞かせいただき、そのうえで1年前に始められた資産運用についての方向性確認が中心となりました。

 これまでも勤務先に導入されている確定拠出年金(企業型DC)にて投資性商品を使っておられましたので経験がゼロであったわけではありませんが、まわりの人に合わせるのではなく選定理由を明らかにし目的を定めたからこそ、この1年で新たな情報もご自身で調べられたりされる段階まで進んでこられました。

 良いと判断できる情報に飛びつかれるのは決して悪いことではありません。その妥当性を改めて判断してもらうための客観的な情報を見ていただくのが私の役割です。結論として新しい仕組みへのボリュームは当初考えておらえたものよりも減らされることになりました。運用成果の面では結果は将来になってみないとわかりません。何が正しいのかなんて誰にもわからないことだと思います。でも、こうして情報を得て判断したという過程が大事です。

 Iさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週は梅雨らしい天気になるようですね。それでも日曜からもっと強い雨の予報を聞いていましたがそんなに降らなかったので拍子抜けのようなほっとしたような、しっかり降っておいてくれないと夏~秋の水量に影響してしまうのではと考えてしまいます。

 26(月)個別相談1件と打ち合わせ1件で外出します。


「金融機関が自社の商品を売り込むために勝手につけたネーミング」


 日経web記事のご紹介です。

 日本史上最強のじぶん年金 読めば始められるiDeCo

 記事を書かれている大江加代さんは、このブログで本の感想記事でよく書かせていただいている大江英樹さん(例えば最新はこちら)の奥さまです。ご夫婦そろって講演に執筆に活躍されていますので本当にすごいことだと思います。


 記事はiDeCo(個人型確定拠出年金)の連載1回目ということなのですが、私が大事だと思ったのはこちらです。引用です。

世の中で「じぶん年金」といわれているものの多くは、公的年金制度のダメな点を引き合いに出して金融機関が自社の商品を売り込むために勝手につけたネーミングにすぎません



 金融機関が発信する情報に限らず報道でも金融商品を活用することが「じぶん年金」であるように書かれているケースもよく見ます。もちろんその執筆者が金融機関(または代理店)などの立場であることも多く、いわゆるポジショントークというやつです。

 ポジショントークは大事です。そして、金融商品の活用を取り上げるのがダメというわけではなく、将来のためのお金であればなんでもかんでも「じぶん年金」というワードにつなげてしまう流れがダメだと強く主張したいんです。


 ここでぜひお勧めしたいのがこちらの過去コラムです。

 年金という用語は公的年金保険だけに使って欲しい

 これがすべてです。
 これこそが私のポジショントークです。
 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


ごっこ・はたち・さかなのほね


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、隊長(長女)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 とある夜の夕食時の隊長(長女5歳)との会話

 私 「幼稚園で何して遊んでるの?」
 隊長「おうちごっこ!」

 私 「へ~、どんなことするん?」
 隊長「ごはんつくったり~・・・」
 私 「うんうん」

 隊長「たーちゃんね、おかーしゃん したいのに
    〇〇ちゃんがずっとおかーしゃん しはるの」
 私 「そうなんやー
    たーちゃんも一緒におかーしゃんしたらええやん」
 隊長「おかーしゃん、ふたーりはおかしいやん!」
 私 「そう??」

 隊長「たーちゃんは、おねーさんか あかちゃんしてるの」
 私 「あかちゃん?」
 隊長「うん」
 私 「あかちゃん^^
    ・・・あっ、おとーしゃんしたら?」
 隊長「いや!
    おんなのこなのに おとーしゃんは へん」
 私 「そう??」
 隊長「あーかーんー!」

 あー、かわい^^

 ※ 「家でもずっとあかちゃんやのになー^^」を言わないようにするのに必死でした。
 ※ 隊長なのでたーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 はたち

 2ヶ月ほど前の休日の昼食時の会話

 妻 「年度はじめやなー」
 私 「そやなー」
 妻 「お兄ちゃん(長男のこと)6年生やで、信じられへんわ」
 私 「そやなー」

 妻 「お兄ちゃんが大学1年生のとき、
    たーちゃん(隊長のこと)中学1年生か。
    だいぶ年の差感じるなー」
 私 「隊長がハタチのとき、長男26歳やで」
 妻 「そうなると、年の差を感じなくなるなー」


 隊長「たーちゃん はたちのとき
    おにーちゃん なんさい?」
 妻 「26歳よ」

 隊長「ちいにーちゃん(次男のこと) なんさい?」
 妻 「24歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「んっ??」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳よ」
 隊長「ふーん」

・・・

 隊長「ちいにーちゃん はたちのとき
    おにーちゃん なんさい?」
 妻 「22歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「16歳よ」

 隊長「ちいにーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳」

・・・

 隊長「おにーちゃん はたちのとき
    ちいにーちゃん なんさい?」
 妻 「18歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「14歳よ」

 隊長「おにーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳」


 隊長、はたちは20歳ですよー。
 あー、かわい^^

 ※ 都合上、隊長を たーちゃん、次男(9歳)を ちいにーちゃん、長男(11歳)を おにーちゃんとしていますが、実際の呼び方は異なります。
 ※ 長文を読んでいただき、ありがとうございます(笑)

-----

 さかなのほね

 とある日の晩ごはんの時の会話(嫁談)

 隊長「おかーしゃん、
    この おさかなのほねって
    たべてだいじょうぶなやちゅ?」

 嫁 「よくかんだら大丈夫やけど
    細くて長いのもあるから できたら出してね」

 隊長「・・・」
 嫁 「ん?どうしたん??」

 隊長「のみこんじゃったー…
    うえーーーん ><」

 普段は超強気な隊長で、私にもとってもえらそうにお姉さんな態度で向かってきますけれど、まだまだ5歳ですからちょっとしたことで不安が大きくなってしまうようでこっちも笑顔になってしまいます。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ おかげさまでどこにもささらず大事には至りませんでした(おおげさ)
 ※ 私が帰宅したときには隊長は何事もなかったかのように普通に遊んでおられました。

-----

 最近ブログで書きたいことがありすぎて、でもどれも大作の雰囲気がありましてなかなか手が付けられません。というわけで、こんな感じの現実逃避投稿で申し訳ありません m(_ _)m

 24(土)終日事務所の予定です。個別相談2件お受けします。
 25(日)お休みをいただきます。またもや強い雨のようですね。


もっと興味をお持ちないかと思いきや


 直近の相談対応のまとめです。


 下京区のKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)について幅広く説明させていただき、たくさんご質問をいただきました。前回は奥さまだけで今回はご主人も初めてお越しくださったのですが、もっと興味をお持ちないかと思いきや、しっかりと聞いてくださって私としてもひと安心です。翌日には書類を早速職場に提出されたということで協力的でありがたいです。

 所得控除の効果→金融機関の手数料→投資信託のインデックス・アクティブと手数料→つみたて投資と配分の考え方→受取時の考え方など、しっかりとポイントを理解いただけたと思います。

 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 左京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 これまでの相談では
 1.初回相談として幅広く
 2.幅広い内容を深堀り
 3.iDeCo(個人型確定拠出年金)
 このような流れでして、今回の4回目は生命保険を中心にお話ししました。

 死亡保障と遺族年金・団体信用生命保険→医療保障と傷病手当金・所得補償保険→民間の保険商品と職場で団体加入できる商品→保険料による所得控除と保険金による相続財産の非課税枠の考え方といった流れとなりました。

 生命保険に限らず、私の方針は「必要最低限」「simple is best」この2つです。裏技とか複雑な活用とか詳しい人がいないと使いこなせないという仕組みの排除が大事だと思っています。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 税理士を中心とした専門士業の方々との月に1回のランチ会を。ブログでは最近書いていませんでしたが、毎月継続していまして今回で32回目でした。

 税理士2名・司法書士2名・不動産鑑定士1名・不動産仲介1名・保険会社1名・FP(私)というメンバーで、士業による共同事務所のスタイル、商用の不動産賃貸と最新時事ネタ、北海道旅行、さまざまな交流会、大台と年月の過ぎ方、などの話題でした。

 仕事の話でもなく、でも仕事っぽい話題も出てきたり、何となくお昼ご飯を一緒に食べようというだけの主旨です。皆さま、ありがとうございました!! 

-----

 本当に梅雨なのかという天気が続き、ようやく降ったと思ったら降りすぎですよね…。雨と風も強かった21(水)の朝は6年生の長男と4年生の次男の通う小学校のお役目で交差点の交通当番だったのですが、かなりびちゃびちゃになりました。

 狭い歩道に面する広くない二車線の道路(今出川通)でスピードを緩めない車が大きな水たまりをはねて、信号待ちをしている中学生が被害にあってました。う~ん…なんとも…。