厳密なヒアリングをされない傾向


 今週の相談対応のまとめです。

-----

 1件目、下京区のKさんが事務所へお越しくださり、住宅ローンの団体信用生命保険についてアドバイスを。

 団体信用生命保険、略して団信。いわゆる生命保険と同じ民間の保障の仕組みです。、民間の保障の仕組みですから健康状態の「告知」が必要です。
 いわゆる生命保険募集人と呼ばれる保険営業の方々と比べて、銀行の担当さんは厳密なヒアリングをされない傾向を感じます。

 民間の金融機関で住宅ローンを組むうえでは必須の団信ですから、物件や年収の情報・個人信用情報とあわせて、かなり早い段階から健康状態も確認が必要なのでは!?と感じるときがあります。
 もちろんKさんは何も問題なかったわけですし、話がそれてしまっただけですけれど。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 2件目、左京区のTさんご夫妻の住宅ローン決済に立ち合ってきました。

 1年半強~2年弱というところでしょうか。いよいよ最後の一段です。住宅ローン控除の関係で税理士さんにアドバイスを受けた内容から、最終支払額の調整と確認で同席してきました。

 融資総額とつなぎ資金の差額について、手計算で行員さんが勘違いされるという一瞬焦った事案も発生しましたが、無事に問題なく完了しました。
 事務所からの行き帰りともにTさんご夫妻とご一緒し、子ども談義に仕事談義で楽しい時間になりました^^

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 3件目、伏見区のNさんご夫妻が顧問税理士さんと一緒に事務所へお越しくださいました。

 ご家庭の家計管理とご実家の相続。別々のようで表裏一体であることが前回の相談とその後に提出いただいた各種資料で明らかになってきましたので、顧問税理士さんも一緒に今後の方向性の確認が目的の時間となりました。

 私が普段一緒に仕事をしている税理士さんは私の特殊性(専門性・スタンス)のことよくよく理解してくださっています。今回は初めてお会いする税理士さんでしたので、私のことを理解していただく必要があり、正直に書いて今回だけで達成できたとは思えませんので時間をかけてしっかりコミュニケーションを取っていきたいと思います。

 私の役割は相談者さんがすべてを明らかにしていただけるように進めてくことです。ファイナンシャルプランナー(FP)にもさまざまな立場があります。私は通訳係・交通整理係です。通訳するうえで交通整理するうえで必要な専門性があるわけですので、より良い選択肢も提示していける自負があります。がんばります。

 Nさん、奥さま、顧問税理士さん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 3(土)個別相談2件、4(日)個別相談1件お受けします。


毎月開催!自主開催セミナー最新情報<2016年12月版>


 2016年8月から開催し始めましたミニセミナーの最新情報です。

 先月より第2シリーズが始まっています。

 第2シリーズの内容は自主開催以外でも既に2回講師を務めてきました。
 ・少人数の研修会で、かつ時間をゆったりと確保してくださっていたからこそ
 ・「とても参考になった」が91%! / iDeCo(個人型確定拠出年金)勉強会

 おかげさまで第2回目の今月も残席2です。ありがとうございます。

-----
<第2シリーズ>

■自分でつくる将来資金の第一候補!
 掛金全額所得控除のものすごさ!個人型確定拠出年金


04.2016年11月19日(土)14時~16時
   開催報告記事は↓こちらです。
   iDeCo(個人型DC)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第2シーズンスタート!

05.2016年12月17日(土)14時~16時
   2016年12月分の申込みページはこちら
    ※ 残席2です。

06.2017年 1月21日(土)14時~16時
   2017年1月分の申込みページはこちら
    ※ まだまだ余裕があります。

  
 ※ セミナータイトルのリンク先でセミナーの概要を説明しています。
 ※ 11月・12月・1月は同じ内容です。


-----
<第3シリーズ>

■資産の大小は関係ありません
 知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識


07.2017年2月18日(土)14時~16時

08.2017年3月11日(土)14時~16時

09.2017年4月22日(土)14時~16時
  

 ※ 詳細な情報は年内に公開予定です。
 ※ 2月・3月・4月は同じ内容です。


-----
<第4シリーズ>

■住宅購入資金はいくらくらい?
 たいせつな家づくりのための資金計画セミナー(予定)


07.2017年5月20日(土)14時~16時

08.2017年6月未定(土)14時~16時

09.2017年7月未定(土)14時~16時
  

 ※ 詳細な情報は2017年2月下旬~3月初旬に公開の予定です。
 ※ 5月・6月・7月は同じ内容です。


-----

 いずれも講義は約90分。
 その後はお茶とお菓子を食べながらの質疑応答の時間です。

 形式上120分としていますが、少人数ですから多少の延長も問題ありません。
 ざっくばらんな時間にしたいと思っています。

 何かのお役に立てましたら幸いです。



幅広い理解への最短距離


 29(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第11回目の講師を務めました。

 11シーズン目(計18回目)今回より全14回、火曜午前コース10時20分~12時10分、火曜午後コースは15時10分~17時10分の110分の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第11回目の項目>
 不動産①
 ・不動産の基礎用語
 ・土地の価格
 ・登記
 ・借地借家法
 ・都市計画法
 ・建築基準法の用途地域・道路の定義


 5つめの課目「不動産」に突入です。不動産では最初に用語の基礎をシンプルに解説します。これまでの経験から、金融資産運用と合わせてこの課目は興味を持たれる人とそうでない人が両極端に分かれる傾向があると感じています。

 3級での到達目標は「不動産広告にある小さな字の説明書きを読んでみようと思えること」に設定しています。
 不動産に限りませんが、最も身近に存在する自分や家族の情報を調べてみるというのが幅広い理解への最短距離です。都市計画区域・用途地域、次回に学ぶ建ぺい率・容積率もwebで検索すれば、自宅や実家の情報をすぐに得ることのできる時代です。

 細い道や路地の多い京都だからこそ、建築基準法の2項道路・セットバック・接道義務という基礎的な内容への反応もとても大きいと毎回感じます。地元ネタも取り上げて解説を進めます。

 皆さま、お疲れさまでした!残るはあと3回です!

-----

 地元ネタをひとつ。


 電子版はこちらから見れます。
 例えば平成28年度11月号にはトップの一面に登場されています。ちょっと気持ち悪いのですが(笑)、とりあえずユニットには男性だけでなくて女性も入っていてほしかったと思ってしまった私でした。

 ちなみに市民しんぶんには私の専門性的に有益な情報が掲載されていることが多いので結構しっかり読んでいます。

-----

 30(水)午前中は事務所、午後以降は外出の予定です。
 1(木)終日事務所の予定です。



「とても参考になった」が91%! / iDeCo(個人型確定拠出年金)勉強会


 26(土)午後、大阪某所にて講師を務めてきました。

 毎月1回開催されている有料の勉強会の主催者さんからiDeCo(個人型確定拠出年金)について講師の依頼をいただき、お話ししてきました。

 161126_12
 (主催者さんが撮影くださいました)

 合計29名がご参加くださり、研修室は満席でした。告知開始日に満席になったということで、このテーマの関心の高さを表しているかと思います。主催者さんは男性ですが、女性の参加数が多かった(1:1くらい?)のも印象的でした。


 内容は自主開催セミナーとほぼ同じです。

 人数が多かったのと質疑応答も含めて約3時間も確保してくださっていましたので丁寧に進めることを意識しまして、さまざまな質問もいただけてなかなか濃い3時間だったのではないかと思います。

 配付資料のタイトルはリンク先を見ていただくとして、この記事ではアンケート結果を公開します。

-----

 91% とても参考になった
  9% 参考になった
  0% 普通
  0% あまり参考にならなかった

 繰り返しとなりますが、質疑応答・休憩を含めて3時間も確保してくださったおかげで、ご自身で計算していただいたり、挙手をお願いして一体感を出せたり、これまでの主催者さんの開催実績のおかげだと感じるところが大きいです。

-----

 感想の一部抜粋です。

・すごく理解が深まりました。(住宅)ローンがあるので、ちょっとすぐではないかもしれないですが、やってみたいなぁと興味がわきました。ありがとうございました。

・とてもわかりやすくて良かったです。勉強になりました。またセミナーして頂きたいです!ありがとうございました!

・iDeCoのしくみと運用を知り、退職後の資産を増やす目安となりました。職場に確認してiDeCoに加入できるなら加入しようと思いました。

・大変分かりやすい説明で、初心者の私にも難しい内容でも理解し易かったです。これからiDeCoをぜひ始めようと思いました!

・DCに関する本は読み、三年前からDCを始めましたが、本日は大変勉強になりました。知らなければならないことを上手くまとめていただいていたと思います。投信やアセットアロケーションの話も良かったです。

・企業型とのちがい、全体像・具体的なアクションがわかってよかった。

-----

 ご参加くださいました皆さま、主催者の皆さま、ありがとうございました!!

 そして、主催者さんに私を紹介してくださったCさん、ありがとうございます。
 良い機会をいただき、感謝を申し上げます。


 自主開催セミナーは12月と来年1月もお題は同じiDeCo(個人型確定拠出年金)です。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。
 


何か一つでもヒントに


 26(土)午前中、大阪某所にて講師を務めてきました。

 日本FP協会主催で、AFP資格保有者の方々に向けた「CFP資格チャレンジガイダンス」というイベントで「CFPの魅力」というお題で60分お話しするというお役目でした。

 いつも通り、配付資料のタイトルを大公開です。

-----

01. プロフィール
02. 私がFP資格をとろうと思ったきっかけ
03. CFP®資格を取得して何が変わったか
04. 専門家の数
05. FPの仕事
06. FP活動のスタート【例】
07. 私の今
08. 活動の実際
09. 企業系FP・独立系FP
10. ファイナンシャルプランナーの役割

-----

 制度や仕組みを解説する内容であれば、これまで何度も務めていますので粛々と進めるのみなのですが、こういった講演は初めてでしたので事前準備の勝手がつかめませんでした。

 男性が大半でかつ、いわゆるリタイア後世代の方々が多く参加されているという状況で、私のような若輩者の話がどこまでお役に立てたのかわかりませんが、できるだけ事例や実際をお話ししましたので、講演中にもそれなりに反応もあって楽しく務めることができました。
 あの年代の方々がCFP資格を取得される意味は大きいと思います。誰かにアドバイスしたり仕事にするという面よりも、まずはご自身の資産管理や相続において必要となる知識の土台ができているということになります。これはすばらしいことです。

 そして、多くはありませんでしたが若い世代もおられました。後ろのほうの席ではベビーカーと一緒の女性もおられました。何か一つでもヒントになっていましたら幸いです。


 強くお伝えしたかったのは次の2点です。

 ・インプットだけではなく継続的なアウトプットが大事。
 ・人にアドバイスをしたい、人前で講演したい、文章を発信したい、これらの思いはたいせつですが、まずは自分自身や家族についてFP知識を使って何か見直しを実際に進めてみていただきたい。


 受講くださった皆さま、事務局の皆さま、ありがとうございました!!

-----

 合格体験談(15分)の講師を務められた税理士さんとは初対面だったのですが、同い年ということもあってお昼ご飯をご一緒に情報交換させてもらったのも良い機会となりました。ありがとうございます。

 161126_11
 特に午前中は本当にいい天気でした。


 午後のiDeCo(個人型確定拠出年金)勉強会の件は次の記事で書きます。