FC2ブログ

仮に離れられることになったとすると、今の仕組みが維持できるかどうか


 先日、京都市内某所で開催されました講義を受講してきました。

 今月受講しました 背景として簡単に不安をあおったり、何かを悪く言うのはどうかと思う と関連している講義です。

 今回の講師は一般個人の購入できない運用を主に担っておられるファンドマネージャー(FM)さんで「「オーナー」としての株式投資」というお題目でした。

-----

・投資に対する偏見が大きい
・株式を保有する=その企業と同じ船に乗れる
・成果(果実)を得るには時間がかかる

・ウォーレンバフェット「投資とは、今日の消費を我慢して、将来より多くの消費を可能にすること」
・価値と価格は異なる
・時間の使い方をたいせつにしたい。電車で9割がスマホを触っている。みんなクズ

・投資=「オーナー」になる
・売らなくて良い企業しか買わない。売るのがもったいない。
・でも2年に1回くらいのペースで「見間違えた」企業があり、その際は謝りながら売却する

・「いい会社」とは言いたくない。付加価値
・参入障壁の深い強さ
・トレンドではなく、世界全体では長期的に人口が増えていくなどの流れが大事

・世界の指導者が何か言って一時的に下がってもそれは買い時(ごちそうさま)
・日経新聞に毒されている日本はよろしくない
・でも、日本企業すべてが悪いわけではない。良い企業はたくさんある
・アホみたいに(株価の)高い企業は買わない。ゴミはゴミでしかない。

・私の仕事は「総合知的格闘技」
・経営者は基本的に嘘つき
・ビジネスは闘い
・商品を安く作ることが良いことでは無い

・営業利益に投資する
・人が集まるのは能力であり人間力
・今日の話はすべて仮説。想像力を大事にする。結果は将来にしかわからない

・日本株式投資は約12~13年で約3~4倍にしてきた
・米国株投資は約7~8年で約1.7倍にしてきた
・長期でのパフォーマンスは、人口が増え・世界のGDPの1/4を占める米国のほうが圧倒的に確率が高い。米国でビジネスをしている企業が有望
・いかにしてユニークな企業を見つけるのか。大企業ですべての事業がうまくいっている会社なんて存在しない。会社四季報を読んで「チャリンチャリン」とお金の音が聞こえるレベルに到達できるかどうか

・CSRやSDGs、誰でもできるボランティアは意味がない。他にないことをしているところ
・一発屋は×、イノベーション(人材教育)が組織に落ちているのか。

-----

 それはもう、ものすごく熱く、時に早い語り口調でインパクトが強かったです。インパクトを持たせるために強い口調・極端な表現も使われていて、エンターテインメントだなと感じました。

 経済の流れ(指数)に連動するインデックスとは異なり、インデックスを上回ることを目的としたアクティブ運用を担っておられるFMです。会社としては一般個人の購入できる商品も扱っておられ、それらの商品の目論見書などを見てみると今回の講師と方針は当然に同じで共有されていることは伝わってきます。


 経営者に会う、従業員とも語らい合う、米国にも年に何回も足を運ぶ。

 結局は人だと思うんです。このFMさんが仮にこの会社から離れられることになったとすると、今の仕組みが維持できるかどうかなんです。ここがアクティブファンドの難しさだと感じます。

 それでも顔の見えないFMのアクティブファンドがほとんどのはずです。こうして熱く語っておられる姿を見れることでお金を託してみようと感じられることはとても大事です。ただ、冒頭に書きました通り今回の講師は「一般個人の購入できない運用を担っておられるFMさん」と聞いていますので、あしからずご容赦ください。(間接的には関わっておられるはずですし、ベビーファンドとマザーファンドでの関わりもあると思います)


 いわゆる独立系投信会社のFMさん以外のお話は久しぶりでした。良い刺激をいただきました。受講を快諾くださった関係者の皆さまには深く感謝を申し上げます。


これまで目にしてきた情報はいったい何だったんでしょう? / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナーの2回目を開催!


 18(土)午後、第11シーズン2回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 190520_01

 ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー

 ミニセミナーとしては32回目です。内容はこれまでとまったく同じですので前回の記録記事もご参照ください。配付資料の項目タイトルも載せています。
 知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / ミニセミナー第11シーズンスタート!

-----

 おかげさまで今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。アンケートの感想を一部ご紹介します。

 「これまで目にしてきた情報はいったい何だったんでしょう?知れて嬉しい」

 「読めるかどうかわかりませんがオススメの本読んでみます」


 皆さま、感想をありがとうございます。
 
 公的年金について深く学んでみたい場合、こちらの本がお勧めです。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 このblogにも「ねんきん」というカテゴリーを作っていますので、参考になりましたら幸いです。

-----

 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!

 公的年金・ねんきん定期便は6/8(土)にも開催します。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。


京極・出町FP相談オフィシャルサイトをプチリニューアル<2019年5月>


 京極・出町FP相談オフィシャルサイトをプチリニューアルしました。

 リニューアルといってもデザインは変わっていません。

 ・京極・出町FP相談とはの内容をこれまでより手厚く
 ・各相談のページにブログカテゴリのリンクをしっかり入れる
 ・テキストを若干修正
 ・講師依頼ページの実績例を最新に更新

-----

 特にこだわったのが「京極・出町FP相談とは」です。

 190518_01

 次の2つを追加しました。

 1.相談者の純資産を適切に管理する。
  「京極・出町FP相談の考えるFPの役割」の挿絵を入れ替え、解説文を追加。
  「純資産を適切に管理」を切り分けてわかりやすい配置にしたつもりです。

 2.メディア掲載・原稿協力
  京都リビング新聞社・滋賀リビング新聞社でのFP3資格取得講座やその他の講座は除外していますので、こうしてまとめてみると方針として致し方ないとはいえ少ないことに改めて気づかされました。でも、全国区を狙っているわけではないことを考えると十分にも感じています。


 本当は頻度高く、少しずつでもそのときの最新の内容で更新されているほうが検索で考えると良いと聞きます。トップページの「お知らせ」と「イベント」は合計で月に2~4件は更新できるようにがんばっていますが、主たる部分は余程気になるようなことがないと手直しの機会がありませんでした。

 今回かなり時間を確保しまして、統一感も意識しながら全ページを改めてチェックしました次第です。ぜひぜひご覧くださいませです。
 お役に立てる機会がありましたら幸いです。

-----
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com
 

放課後・俊足・昭和


 親バカシリーズ(?)いろいろ編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 学校から帰ってきてから友だちの家に遊びに行くとか、近所の公園・広場・お寺に集まって遊ぶとか、30年ほど前は当たり前でも今は時代が違っています。

 長男(中学2年生)が小学生のころはさっさと帰宅して家でまったり。
 次男(6年生)は運動場でクタクタになるまで遊びたおす。

 隊長(長女2年生)は、えっ!?それどこで集合するの?誰かの家に行くの? 何やらよくわからない約束を取り付けてきて、う~んやっぱりわからんから行かなくていいや的なゆるさ。
 約束した友だちが大丈夫なのか親はドキドキしてるのに、隊長はどこ吹く風。隊長ゆえなのか女の子だからなのか、うん、よくわからんです。

 三者三様で楽しいです。
 あー、かわい^^

 ※ 隊長の話は1年生の前半での出来事です。さすがに最近はこんなことなくなりました。成長したものです。

-----

 俊足次男

 1学期1週目の金曜日、晩御飯の始まる前に帰宅できました。

 妻 「ほら、おとーさんに話あるやろ?」
 次男「ない」
 私 「えー? なにー?」

 妻 「50m走あってんて」
 私 「おっ、春休み動かへんかったからついに陥落?」

 次男「7.6秒」
 私 「えっ?」
 次男「7.6秒」

 私 「めっちゃ早いやん。
    クラス(学年)で何番?」
 次男「1番」

 私 「やるなー」
 次男「ふっふっふ」

 約2週間の春休みで家の外に出たのは姫路城・岐阜旅行・離任式・母(妻)の実家で計4回。あとはずっと家にこもっていた次男です。
 学校が始まって、たったの4日でピークに持って行った次男。おそらく朝休み・中間休み・放課後に走り回っていたのでしょう。若いってすごい。

 俊足次男、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 隊長も50m走でお友だちには勝ったそうです(タイムは不明
 ※ 何回でも書きますが父(私)は人生において短距離を速く走れたことはありません。8秒台後半が最高です…妻に感謝です。
 ※ この会話のあと、私似の長男に「ほんまごめんな」と言ったところ苦笑いしてました。

-----

 平成最後の日に昭和を振り返りました。

 昭和58年の本です。

 190517_01

 真ん中の人、工藤監督ちゃいますよ。山倉捕手ですよ。

 カットプレーの基本も解説があって、小学生のころ覚えるくらい読み込んでテレビのプロ野球を見たり、運動場で手打ち野球やったりしてました。
 そうそう、応援で縦笛使って「ゲーリー ゲーリー ホームランー」(狙いうち)も演奏(?)してました。

 あー懐かし。
 はい、親バカですよ(あれっ!?

 ※ 実家から運んできた子どものころの大事な物を入れた箱に入っていた本です。

-----

 昼間の気温が一気に30℃になっていました。春が短く、冬と夏が長くなった気がするのは年のせいなのか本当に気候の問題なのかよくわからなくなっているのは年のせいでしょうね…。皆さま、体調管理気をつけましょうね。

 17(金)金融機関さんでの打ち合わせ2件と個別相談1件お受けします。
 18(土)午後は毎月恒例の事務所ミニセミナーの第11シーズン、「リタイアまでにいくら準備すればいい?ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるセミナー」の第2回目です!


例え”優れた”仕組みであっても、その優先順位に適しているかどうかの検討が必要


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 上京区のYさんが事務所へお越しくださいました。

 所得控除と税率→iDeCo(個人型確定拠出年金)と生命保険・個人年金保険→配偶者控除と働き方→医療保障と高額療養費・緊急予備資金→生命保障と遺族年金・団体信用生命保険→終身保険・定期保険・収入保障保険→勤務先で団体で加入できる商品と生命保険商品の違い→家計管理と可処分所得→将来資金と教育資金・繰上返済資金といった流れの初回相談となりました。

 かなりネットでも情報を得てアプリでの家計管理も実行され、いわゆる日々の倹約にも努めておられましたので、正直に書いて劇的な対応策というのは残念ながら出てきませんでした。でも大事なのは積み重ねと優先順位です。何にお金を使いたいのか、その使いたい時期はいつなのか。例え”優れた”仕組みであっても、その優先順位に適しているかどうかの検討が必要です。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 大阪市のKさんの相談をお受けしました。

 住宅取得資金計画相談をお受けしています。住宅ローン選定が完了し、各種諸費用のチェックも完了し、今日が最後の火災保険の確定でした。
 新築・中古、一戸建て・マンション、木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなど、条件によって火災保険の保険料にも各社で違いがあります。今回で言えば不動産業者さんから提案のあった商品が最安になったのですが、それでも過剰な部分をさらに検討しましたので、もう一段階コストを抑えることができました。

 「伊藤さんに相談したことで納得感が違いすぎます」と嬉しい感想もいただきました。あとは引き渡しとお引っ越しを見届けるのみです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 15(水)京都では三大祭の1つ葵祭の日でした。

 190516_01

 とりあえずいい天気で良かったです。いつも河原町今出川交差点から数分だけみて退散です。今出川通の渋滞を見ると、いつも大変だなーと他人事のように思っておりますが、こんなに近くでこんなに大きなイベントがあるというのは本当は驚くべきことなのですよね…もうマヒしております。

 16(木)先週に引き続きインプットです。楽しみです。