公的保険を知れば、生命保険が売れる?


 Financial Adviser というファイナンシャルプランナー(FP)の業界専門誌があり、私も定期購読しています。

 1月号の裏表紙にこんな広告が掲載されていました。

 170225_11

 公的保険アドバイザーという民間資格があるそうです。
 少し前から広告を目にする機会がありましたので存在は知っていました。

 公的保険とは「健康保険、介護保険、雇用保険、年金保険」と示されていましたが、あえて「社会保険」と言っていないところが民間資格の悩ましいところです。ちなみに社会保険では他に労災保険も対象です。


 画像に戻ります。

 FP資格保有者であっても特に公的年金をはじめとした社会保険は苦手な人が多いと耳にする機会がありますので(実態はわかりません)、名称は何であれ社会保険の知識を得る人が増えることは望ましいことです。
 なので、この企画「マスターセミナー」は好感をもって目にしました。

 が、、、セミナーのサブタイトルにあぜんとしました。

 「公的保険を知れば、生命保険が売れる!」です。


 あえてリンクをつけませんが、このアドバイザー資格の説明webにこんな記述がありました。
---
170225_13
---

 何をもって「縮小」なのでしょうか。
 いつと比べて「ぜい弱」なのでしょうか。
 何を基準に「これまでにないリスクにさらされているということになる」のでしょうか。

 縮小・ぜい弱・リスクを押し出して「公的保険を知れば、生命保険が売れる!」なのでしょうか。

 
 近年の社会保険の改正は間違いなく、低所得者は負担減・高所得者は負担増です。高所得者にセーフティーネットという言葉はあてはまりにくいことは想像してもらいやすいと思います。(高所得者向けに「生命保険が売れる!」なのでしょうか)

 社会保険ではなく福祉において、主に高齢者向けの保障に手厚さがなくなっていると感じる部分がある点は、初期導入時に手厚すぎる内容だったからこそ時代に即して是正されているイメージしかありません。
 これは社会保険(ここでは公的保険)を学んでもすぐに答えの見つかる問題ではありませんし、ましてや保険商品を使った民間保障を上乗せして解決する問題でもありません。

-----

 日々の相談で感じる社会保険とは、知れば知るほどに民間の保険商品は必要最低限で良いという存在です。もちろん断じて「不要」と考えるわけではありません。

 「ねんきん定期便」を元に死亡保障や医療保障を話したとき「保険商品はこんなにも要らないですね」とおっしゃるケースばかりです。必要最低限が「売れる!」セミナーではないでしょう。


170225_12

 セミナーの参加対象も直球ですし、もう一度冒頭の画像も合わせてご確認いただきたいのですが、セミナータイトル下の説明文章もびっくりです。

 「ねんきん定期便」から得られる情報を元に「老後の資産形成」として、第一に貯蓄性のある生命保険(個人年金保険を含む)が存在するとはどうしても解せません。


 一般生活者の皆さまにおかれましては「公的保険アドバイザー」資格保有者から保険営業を受けられる際にはぜひこんな文章が発信されていることを知ったうえで最終的な判断をしてもらいたいと切に願います。



カンブリア宮殿「4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます」観ました。


 テレビ東京 カンブリア宮殿 2017年2月16日放送
 4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます
 ネットTVer(ティーバー)でも2/23(木)23時59分まで視聴できます。

 レオス・キャピタルワークス 代表取締役社長で最高投資責任者の藤野英人さんが登場されていました。
 レオス・キャピタルワークスのfacebookページはこちら

-----

 レオス・キャピタルワークスとは投資信託を販売・運用している会社です。
 個人向け取り扱っているのは「ひふみ」という日本株式のみを対象にした株式投資信託1本です。

 レオス・キャピタルワークスさんで直接口座を開設し購入するのが「ひふみ投信」
 証券会社や銀行などを通じて購入するのが「ひふみプラス」
 個人型確定拠出年金(iDeCo)で購入するのが「ひふみ年金」

 この3種がありますが、大元(おおもと)は同じです。違いはレオス・キャピタルワークスさんのwebサイトがわかりやすいです。手数料が違ってきますので、購入にあたっては十分な理解を得ておきたいところです。
 投信・プラス・年金の違い

-----

 テレビで取り上げられていた内容を抜粋します。

・トランプさんが大統領になってどんな政策を打ち出しても、日本でキャンプ(屋外)を楽しむ人が突然キャンプをしなくなったりしない。
・投資対象は大企業に限らない。知られざる地方企業。
・インターネットで得られる情報はプロも一般も変わらない。コンピュータ分析はライバルもしている。足を運んで直接話を聞きに行く。
・とある地方企業の経営者「工場を見に来る投資家は他にいない」
・25年で約6000社訪問

・日本に投資を伝える場がない。有望企業を成長させる投資。
・きれいごとではなく、投資とは「喜んでいく循環」。結果として、この方針がすごく儲かる。
・会社は変化する。悪いが良いに、良いが悪いに。

・成長しない見分け方
 1.晴れなのに傘だらけ
   片付ける人がいない。自分事として考えていない。
 2.社内がスリッパ
   気合入っていない。公私混同。家のように過ごしたい。
 3.社長の自伝の手渡し
   今を生きていない。未来を見ていない。過去はすでに終わっている。

・清貧の思想に疑問
・投資は悪・お金は汚いというイメージはとても残念。
・生活の基盤はすべて投資で成り立っている。誰かが投資をして機械を購入し工場を建てリスクを取って作られている。
・基本的に未来・希望への投資。希望がなければ投資ができない。未来を信じる人しか投資できない

・「失われた10年」という表現は大嫌い。なぜ「失った10年」といわないのか。なぜ受動態なのか。自分自身以外の誰かによって成長させられていないという表現なのか。

 170223_01
 エンディング、村上龍さんの手記より。

-----

 海外から日本への旅行客へのインタビューで、投資で得られた利益で海外旅行ができている、投資は身近なものという例が紹介され、反対に日本の典型的な60代夫婦の例で資産はすべて預貯金、親が株や土地で失敗した、お金のかからない散歩が趣味、健康も兼ねて定年後も働いている、これが堅実だという流れでした。

 1990年代からの20数年で、米国・英国の一般家庭の資産は約3倍に増えているそうです。日本は約1.5倍。この違いは金融資産の保有割合が圧倒的に異なるからです。米国・英国では有価証券(株式・債券・投資信託)が約50%、日本は圧倒的に少ない比率です。


 番組の冒頭で、某中堅証券会社の担当さんとその顧客の方々が登場され、500万円の元手が数年で800万円(1.6倍)に増えたと喜んでおられました。

 事実確認として書いておきます。この某証券会社さんで「ひふみプラス」を購入する場合、1000万円未満なら販売手数料は3.24%とwebサイトに掲載されていました。500万円なら約15万円です。直接に「ひふみ投信」を購入したり、ネット証券などで「ひふみプラス」を購入すれば、この販売手数料はかかりません。この15万円も1.6倍で計算すれば、500万円の元手で考えると324万円のプラスだったということになります。(実際にはここから約20%の税金が差し引かれます)
 
 知らなかった商品を知れたことで300万円プラスになったのだから15万円の手数料や得られたであろう24万円は大きくないと考えるのかどうなのか。悩ましいような何とも言えない気持ちになりました。

-----

 単に「もうかる!」イメージで始まった番組でしたが、本来の投資の位置づけと考え方を藤野さんが徹底的に伝えてくださっていました。

 当初はテレビ局からレオスさんにおもしろい企業を紹介して欲しいとの依頼だったのが、あれ?レオスがおもしろい会社?となって、密着取材は5ヶ月にも及んだそうです。(このあたりはfacebookページなどで発信されています)

 
 株式とは出資です。債券とは借用書です。

 いずれも手法が違うだけで事業者(企業)などがお金を集める仕組みです。企業は集めたお金で事業活動(設備投資など)を行うわけです。私たちは事業活動への投資を行っているわけです。
 増えたり減ったりの数字だけで一喜一憂する、内容のよくわからない金融商品ではないのが本来の投資です。

-----

 藤野さんとは一度だけお会いしたことがあります。2011年10月ですので5年以上前です。レオスさんのこと、ひふみのこと、藤野さんのことを今ほどわかっていませんでしたから、思い返せば本当に失礼な質問をしてしまったと恥ずかしい気持ちです。真横の席に座れたなんて幸運以外の何物でもありません。

 藤野さんの本の感想もいくつか書かせていただいていますので、1つご紹介しておきます。
 ”投資バカの思考法”読みました。


 テレビ東京 カンブリア宮殿 2017年2月16日放送
 4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます
 ネットTVer(ティーバー)でも2/23(木)23時59分まで視聴できます。

 視聴できる最終日の紹介で申し訳ありませんが、本当にお勧めです。


 念のために書いておきます。
 私はレオスさん、ひふみ、藤野さんのことを応援していますし、私自身もひふみを毎月積立で購入していることを隠すつもりはありませんが、ひふみに限らず各金融商品を購入される際は自己責任でお願いします。


技術的な面よりも感情的な面


 21(火)午前中、右京区のMさんが事務所へお越しくださり、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)について重点的に質問を受け、アドバイスさせていただきました。

 証券会社でiDeCoを始めようとした場合、通常の特定口座、NISA(少額投資非課税制度)口座、そしてiDeCo。この位置づけといいますか関連性といいますか、ごっちゃになってしまわれるケースは多々あります。それぞれの理解のためには、まず切り分けが必須です。

 金融機関というのは合う合わないがあります。技術的な面よりも感情的な面が大きいように思います。これもおっしゃるケースが時々出てきます。数字で有利であっても、その有利さが感情をひっくり返せるほどの差があるのかどうかの基準も人それぞれ異なります。
 書類の記入サポートも進めることができましたので、手続き完了までのもスムーズに進むことを願うばかりです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、関東圏にお住まいのHさんご夫妻の相談をSkypeでお受けしました。
 (Skypeは1回でも直接に相談をお受けしたケースに限った継続対応のみ可能です)

 振り返ってみると2013年10月に直接の相談、2014年1月にSkypeでサポート相談、そして今回3年ぶりの相談をSkypeでお受けしたという経緯です。
 まずは近況と今回の依頼内容をお聞かせいただき、これから必要になってくる詳細な情報をお伝えするためのヒアリングをさせていただきました。

 当然ながらご夫婦ともにお久しぶりで、新しいご家族も拝見することができ、Skypeとはいえとっても嬉しい時間となりました。このあたは、やはり一度でも直接お会いしているかどうかということが大きいです。ですので、初回からSkypeというのはお受けしていません(ご了解をお願いしたいです。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午前中のMさんが読まれていたのがこちら。
 ・”はじめての確定拠出年金”読みました。
 午後のHさんが読まれていたのがこちら。
 ・”確定拠出年金の教科書”読みました。
 第一のお勧めはこちらです。
 ・”一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo活用入門”読みました。

 第一のお勧めも2016年10月発行です。制度の本質は同じでも金融機関(運営管理機関)の情報は日々と言って良いほどに新しくなっていきます。そういった情報を提供できるのも有料相談のポイントではないかなと思います。

-----

 真冬に戻りました。京都は早朝に降った雪で屋根と車にうっすら積もり、一日中ちらちらと降ったりやんだりを繰り返していました。午前中に自転車でお越しくださったMさん、風邪をひかれませんように…

 22(水)午前中は外出、午後以降は事務所の予定です。
 23(木)午前中は事務所、午後以降は外出の予定です。


具体的にどのように動いていく必要があるのかなどが明確になる


 週末~週明けの相談対応のまとめ(抜粋)です。


 18(土)午前中、大阪のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。
 約9ヶ月ぶりの面談で、この間に状況に激変がありましたのでその確認と今後の方針を改めて確認する時間となりました。

 いつもどこでも私はお伝えしているのですが、将来は今の延長線上にあります。今と無関係の将来が突然に現れるということはおそらくほとんどのケースであてはまりません。ですので、将来のことを考える際には詳細に今を把握する必要があります(もちろん例外もあります)。

 今回も現状を詳細に把握することで明らかになりました。実際に生活されているご夫婦がイメージされていたことが間違っているとか的外れとかそんなことは多くあることではありません。おおよそ一緒の結論です。でも、そのための裏付けであったり、具体的にどのように動いていく必要があるのかなどが明確になるわけです。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 20(月)午後、上京区のKさんが事務所へお越しくださり、新築される住宅の火災保険の件、ご相談をお受けしました。

 設計士さんの紹介の紹介で火災保険の提案を受けておられまして、その内容についてアドバイスを求めてくださいました。金融機関や工務店さんが「参考までに」程度で出してこられる定型の見積書とは違い、きちんと説明もあって「これを追加したら〇万円程度です」といった情報も受けておられて、比較的安心度の高い内容でした。

 とはいえ、そもそも補償項目を考えるうえでの前提条件は加味されておらず、特約も必要性を検討されているとも思えず、このあたり本当に悩ましいところです。削れるところは削る、保険料が上がっても追加するものは追加する、大事なことです。
 
 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 夕方、中京区のNさんご夫妻のお宅を訪問。定期的なサポートをご依頼くださっています。

 火災保険の契約条件の変更について書類を取り寄せておられ、主旨とあったもので間違いないのか代理店さんからの記入指示が粗いので具体的な記入のサポート、また、個人賠償責任保険について現在加入されている火災保険に追加される優先度が高くなり、まずは目の前で書類手配していただきました。
 今後は遺族年金の試算、過去の金融機関から届いた書類の整理、相続の考え方などをお手伝いしていく予定です。

 途中ご夫婦も一緒に何度も大笑いさせてもらったのが印象的でした。ユーモアあふれるご主人と長年連れ添ってこられた奥さま、本当に温かいです。

 Nさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 月曜日は変な天気でしたね。最高気温は生暖かい15度、でも雨に降られました…

 21(火)終日事務所にて個別相談2件お受けします。

 一転、真冬に戻るそうです。体調管理、気をつけましょうね!


相続の「全体像」「仕組み」「税の仕組み」を知る / ミニセミナー第3シーズンスタート!


 18(土)午後、第3シーズン1回目(通算7回目)のミニセミナーを事務所にて開催することができました。

 170218_01

 知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識セミナー

 配付資料のタイトルを大公開です。

-----

■相続の全体像を知る
・何のための相続か ~ 人生は長い ~
・相続の実際を知る ~ 2015年の死亡数(年齢・性別) ~
・相続とは何なのか ~ みなさんの今の状況は? ~
・ご自身を中心に 家系図を書いてみましょう ~ 家系図の具体例 ~
・相続の登場人物を知る ~ 法定相続人・順位と法定相続分 ~
・相続人の範囲を知る ~ 代襲相続 ~
・遠い将来のために、今を知る 【1】 ~ ライフイベント表 ~

■相続の仕組みを知る
・実際に何を遺すのか、何を遺されるのか ~ 遺産の種類 ~
・遠い将来のために、今を知る 【2】 ~ 家計の資産表 ~
・遺産の分け方、分けられ方 【1】 ~ 遺産分割 ~
・遺産の分け方、分けられ方 【2】 ~ 遺言 ~
・遺産の分け方、分けられ方 【3】 ~ 遺留分 ~
・遺産の分け方、分けられ方 【4】 ~ エンディングノート ~
・遺産を受け取りたくない ~ 相続放棄・限定承認 ~

■相続税の仕組みを知る
・どれくらいから相続税が対象に? ~ 相続税の基礎控除 過去と今 ~
・相続税っておそろしい!? ~ 相続税計算の具体例 ~
・ほとんどの人に相続税は無縁!? ~ 相続税の特例と税額軽減 ~
・相続発生前に資産を渡す ~ 贈与とは ~
・相続開始後の段取りと手続き項目を知っておく

■参考資料
・家系図の具体例
・家計の資産表・ライフイベント表
・相続税額の目安 比較表
・相続税・贈与税の税額速算表

-----

 知識の羅列ではなく、実際に自分自身や家族に当てはめるとどうなのかをイメージしてもらいやすい構成にしているつもりです。今回は「たいせつな基礎知識」を意識してくださった参加者の方々でしたので、とても良い反応をくださいました。

 相続セミナーといえば、税理士さんや司法書士さんが開催されていたり、ハウスメーカーや銀行が主催のものが多いと思いますし、そのほとんどは無料です。もめごとの実例を示しながらであったり、いわゆる資産家向けの節税に特化した内容であることがほとんどではないかと思います。

 このセミナーはまったく主旨が異なります。複雑なレアケース・金融商品・マンションやアパートの話は出てきません。私も含む普通の人が基礎知識として知っておきたい内容に特化しています。


 いただいた感想は別途まとめたいと思います。
 ご参加くださいました若干名の皆さま、ありがとうございました!!

 今回のお菓子も出町ふたばさん。豆餅と桜餅でしたが写真を忘れました…。


 相続セミナーの第2回目は2017/3/11(土)、第3回目は2017/4/22(土)です。
 いずれも現状は席(定員4名)に余裕あります。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。

-----

 19(日)京都マラソンがありました。もちろん私は走っていませんが、徒歩5分弱でコースの加茂川へ行けますので少しですが応援してきました。走られた皆さん、ボランティアの皆さん、本当にお疲れさまでした!

 20(月)打ち合わせ1件と個別相談2件お受けします。