FC2ブログ

”もったいない患者対応”読みました。


 ”もったいない患者対応 ~ほんの一言変えれば診察はラクになる~”(2020年4月25日発行)を読みました。

 200704_01

 著者は山本 健人(たけひと)医師。ブログ「外科医の視点」、ツイッターはこちら。ツイッターでフォローしていまして、とても信頼性の高い情報を発信くださっています。

 今回は医療者(特に若手医師)向けの本です。ターゲットが狭い分、価格設定も高め(3000円+税)です。
 医師目線を知っておけば患者側の気持ちの理解につながるのではないかと考え、精巣腫瘍患者友の会でアドバイザーを務めている立場として興味を持ち、手に取りました次第です。


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。

-----
■はじめに

・同じ現象,同じ景色であっても,事前に与えられた情報が異なればまったく違ったふうに見えるものです p3
・医療とは本来,不確実なものです p3
・これほどまでに重要なコミュニケーション術を,医療者は体系的に学ぶ機会がありません p4


 各Chapter表紙にある2年目研修医の唐廻(からまわり)先生のイラストがかわいいです。にくめないキャラで読みやすい体裁です。

 200704_02

 読み進めるのあたって前段の確認はとても大事です。今回は「おわりに」がありませんが、「はじめに」のあとに「おわりに」を読み、それから本文に入る流れをお勧めします。本の目的を明確に意識したうえで読むのが大事です。

 なお、「はじめに」の全文をこちらで読むことができます。ご参照ください。


---
■Chapter1 わかりやすさのコツ

・どうすればわかりやすく話せる? p10~


 これは医療者に限った話ではありません。誰にとっても大事な話です。

 個人的には「場慣れ」だと思っています。初めて口にする内容をうまく話せるのはごく一部の限られた才能のある人だけです。文章にまとめてみる、試しに声に出してみる。遠回りでもこれしかないと感じる次第です。

 という根性論ではなく、理路整然とポイントを挙げて解説されている大前段のChapterです。


---
■Chapter2 言っておけばよかった一言

・患者さんは原因を知りたくて受診する p25
・デメリットをきちんと説明していますか? p46
・最初に関係者全員に説明するほうが、後々の手間が省ける p51~


 経験があります。すべての相談でずっと関係者全員が揃っておく必要はないと思いますけれど、大事なポイントでは揃っている必要があります。また、できるだけ1回目は揃っていてほしいです。すべてを取り仕切っている人が1人で話を聞いてくださるのは問題ないです。
 でも、このあたりって実際にいろいろとお話を伺ってみないとわからないんですよね…比較するのもおこがましいですけれど医師との違いはここかなと感じながら読みました。


---
■Chapter3 スマートに聞き出す一言

・”選択をお手伝いする”という意識をもつ p65~
・何を聞いてもあやふやな患者さん、どう聞き出せばいいの? p68~


 私の仕事も”選択をお手伝いする”です。客観的な比較情報を知っていただき、選択していただくための材料を揃え、明らかに一方に有意な条件があるならそれを伝えるということです。

 FP相談の場合、情報が揃っていなければ揃えていただく必要があります。そのために対応にはすごく時間がかかってしまうこともあります。でも、医師はそんなに時間をかけられないでしょうから本当に大変なことだと敬意を表します。


---
■Chapter4 言わないほうがいい一言

・後医は名医。「後出しじゃんけん」で前医を批判しないこと p84~
・患者さんは医師以上に”悪い結果”が怖い p87~


 「後医は名医」これは私も本当に気をつける必要があると思っています。でも、やはり医師と比較するのは失礼にあたるとも感じます。FP相談でいえば、私のところへ相談に来られる方々の大部分は何か販売提案を受けておられるわけです。私は販売を相談の目的としていません。その意味では批判というよりも客観的な比較情報だと思っていますが、言葉選びは慎重にといつも思っています。


---
■Chapter5 こんなとき、どうしたら?

・わからないことがあるのは当たり前 p107~
・質問の意図をよく考える p118~


 わからないこと、あります。でも複雑で専門性の細分化された医学と違って、FPやお金まわりの制度や仕組みはすべて答えられなくとも誰に聞いたらいいのか、どんなところが窓口なのかは案内可能です。


---
■Chapter6 けいゆう先生の現場で役立つつぶやき

・伝わりそうで伝わらない病院の言葉 p134~
・「標準的な治療を妨げない範囲であれば許容する」という寛容な姿勢を見せるべきでしょう p145
・カルテには患者さんの”プチ情報”を p148~


 プチ情報も大事です。というよりもお金まわりの検討・決定にはプチ情報が背景になってくることが多いです。多少損であっても多少遠回りであっても、生き方や大事にしたいことによって許容されるところが多くあると感じる日々です。


-----

 私は幸いにして大人になってから大きな病気やけがはありません(物心つく前の幼少期には手術や事故を経験していますけれど…)。
 医師と患者は立場が違うだけで根本は同じ人です。人と人のコミュニケーションですからお互いに敬意・配慮が必要ですし、医師側だけでなく患者側こそ自分の体のことなのですから医師との対応方法を適切にしようと思う努力は必要でしょうし、「もったいない」ことにしてしまうのは命に関わることだってあるでしょう。

 この本は若手の医療関係者向けの本とはいえ、患者側が読んでおくことでも良い効果を得られるのは間違いありません。医師に伝えないといけないのはどういった内容なのか、家族はどんな対応が必要なのか、医師が配慮してくれていることをつかむことができればスムーズに物事が進む可能性も高まります。


 医療関係者以外の(私を含む)一般の人は、さまざまな(有象無象の)流行の健康法などの情報を得るよりも医療関係者の方々との向き合い方を知っておくほうがより穏やかに健康を維持できるとさえ感じます。

 また、相談を受ける専門家側の立場におられる方々にとっても配慮したいポイントに気づくことができるでしょう。医療の専門用語を除けば難しい言葉は使われていませんので、親しみを持って読むことのできる本です。

 

 今回の著者である山本医師のこちらの本もお勧めです。
 ・”医者が教える正しい病院のかかり方”読みました。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


全41月でワースト2の新規加入者数… / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2020年5月末時点>


 確定拠出年金の施行状況等 厚生労働省web

 今回の記事で書き出すiDeCo(個人型確定拠出年金)の内容は2020年5月末時点のものです。

-----

■まず企業型

 2020年4月末の速報値で約748.3万人です。
 企業型DCの新規加入者は31万4137人、さすが4月です。ちなみに2019年は35万2431人でした。
 全体では約25.2万人増ですので、差の約6.2万人が脱退者・60歳到達者と思われます。


■次に個人型

 2020年5月末時点で160万3190人。今月の新規加入者は21556人(1.4%増)、一気に落ち込んでしまいました。
 2017年1月以降で2番目に少ない数です。例年5月はGWがあることで営業日数が少ないからか全41月でのワースト3がすべて5月です。
 
 なお、純増は16421人です。差の5135名は60歳到達者、企業型DCへの移管かと思います。


 新規加入者の年単位平均(人)です。
 ・2017年 38197
 ・2018年 34397
 ・2019年 32463
 ・2020年 32916(5月まで)
 なお、41月平均は34762です。

 新規加入者の月単位平均(人)です。
 2017~2019の3年の平均、【かっこ】の数字は順位です。
 ・ 1月 31,335 【10】
 ・ 2月 40,436 【3】
 ・ 3月 41,786 【2】
 ・ 4月 45,180 【1】
 ・ 5月 25,230 【12】
 ・ 6月 32,997 【9】
 ・ 7月 35,581 【5】
 ・ 8月 37,738 【4】
 ・ 9月 33,479 【8】
 ・10月 34,929 【6】
 ・11月 27,732 【11】
 ・12月 33,805 【7】
 ※ 2~4月は1年目の大量新規加入により平均が上がっています。


■新規加入者 の内訳です。

 ・第1号被保険者 2553人 1.4%増
 ・第2号被保険者 13681人 1.4%増(会社員)
 ・第2号被保険者 4317人 1.2%増(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 1005人 1.8%増

 今月はダメダメです。6月からの再増加を願う次第です。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 
 「平成30年度の国民年金の加入・保険料納付状況について」厚生年金(第2号被保険者)の被保険者数のみ暫定ですが、2018年3月末の数字よりも2019年3月末の数字を反映させたいと思いましたので、2019年5月末版よりこの人数を使っています。
 2019年4月末版までの平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況のデータはカッコ内です。

 ・第1号被保険者 約1452万人(約1505万人)
  ※ これまでは任意継続(約20万人)を含んでいましたが除外しました。
  ※ 免除・猶予者はiDeCoを使えませんが含めています。
 ・第2号被保険者 約3981万人(約3911万人)(会社員)
  ※ このうち企業型加入者が約748.3万人なので
    iDeCoを利用できるのは単純に約3232.7万人として計算しています。
 ・第2号被保険者 約 447万人(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 約 847万人(約870万人)


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者 0.029%
 ・第2号被保険者 0.049%(会社員)
 ・第2号被保険者 0.097%(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 0.012%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者 1.255%
  ※ 免除・猶予者を除外すると、2.076%
 ・第2号被保険者 3.139%(会社員)
 ・第2号被保険者 7.829%(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者 0.663%

 企業型DCにより母数の変わった会社員の割合に変化が大きいですけれど、それでもとにかく公務員・私学共済とは大きく水をあけられています。


■iDeCo加入者の総数、160万3190人の内訳

 ・第1号被保険者 182236人
 ・第2号被保険者 1014864人(会社員)
 ・第2号被保険者 349964人(公務員・私学共済)
 ・第3号被保険者  56126人

 公務員・私学共済がさらっと35万人を超えられなかったのが残念です。
 先月は会社員だけでの100万人超という大きな節目でしたけれど、今月は何もないです。
 全体での200万人超が次の節目だと思っています。


-----

 国民年金基金連合会の業務状況
 (厚生労働省のページからもリンクが張られています)

運用指図者 64万5003人(前月より+4031人)
自動移換者 91万4633人(前月より+9165人)

 運用指図者には60歳到達者で受け取る手続きをしていない人も含まれています。
 自動移換者の皆さま、ほったらかしにせずぜひ手続きを…(リンク先をご参照ください)


■2018年から開始した年単位拠出

  5月20日時点 47024人
  4月20日時点 46155人
  3月23日時点 44907人
  2月20日時点 43264人
  1月20日時点 41147人(2020年)
  7月20日時点 31819人
  1月20日時点 21143人(2019年)
  7月20日時点 11035人
  1月22日時点  187人(2018年)

 先月から掲載を簡略化しています。
 今月は+869人です。全体では2.93%の人が選んでいます。内訳で特に高いのは公務員・私学共済の4.91%、次に高いのは企業年金ありの会社員で3.10%。着実に増えています。
 何度でも何回でも書きますけれど「よくわからないけど定期預金を選んでも所得税・住民税は減るんでしょ?」という定期預金100%で年1回拠出のスタンスである所得帯の高い方々(特に公務員・私学共済)という傾向ではないことを願うばかりです。


「iDeCo+」イデコプラス(中小事業主掛金納付制度:従業員が加入するiDeCoに、企業が追加で掛金を拠出できる制度)

 2018年12月末から発表の始まっているデータです。
 2020年 5月 10600人 / 1587事業主 ≒ 6.7人
 2020年 4月 10429人 / 1569事業主 ≒ 6.7人
 2020年 3月 9586人 / 1462事業主 ≒ 6.6人
 2020年 2月 8522人 / 1306事業主 ≒ 6.5人
 2020年 1月 8132人 / 1240事業主 ≒ 6.6人
 2019年12月 7476人 / 1131事業主 ≒ 6.6人
 2019年11月 7038人 / 1049事業主 ≒ 6.7人
 2019年10月 6669人 / 967事業主 ≒ 6.9人
 2019年 9月 5748人 / 836事業主 ≒ 6.9人
 2019年 8月 4999人 / 730事業主 ≒ 6.9人
 2019年 7月 4527人 / 647事業主 ≒ 7.0人
 2019年 6月 3972人 / 567事業主 ≒ 7.0人
 2019年 5月 3516人 / 504事業主 ≒ 7.0人
 2019年 4月 3004人 / 415事業主 ≒ 7.2人
 2019年 3月 2038人 / 300事業主 ≒ 6.8人
 2019年 2月 1453人 / 232事業主 ≒ 6.3人
 2019年 1月 1287人 / 200事業主 ≒ 6.4人
 2018年12月 1077人 / 160事業主 ≒ 6.7人

 今回の純増は171人です。超鈍化です。
 いつも書きますが、イデコプラスを積極的に提案しておられるのはどういった立場の専門家(金融機関)なのでしょうか。本当に不思議です。


-----

 なお、企業型DC加入者はこの1年で約32.5万人増えていまして、iDeCo加入者は同じく約35.3万人増えています。日本全体で約67.8万人も確定拠出年金を使っている人が増えたんです。よい話です。

 改めての確認です。加入者の総数は企業型DCが約748.3万人、iDeCoが約160.3万人、合計で908.6万人です。一部で重複があるとはいえ、ここが1000万人を超えることは起こるのでしょうか。単純計算であと13~14年となりますけれど…


 現役の勤労世代が数十年先の将来資金を積み上げていく手段としての第一候補は間違いなくiDeCo(個人型確定拠出年金)です。適切に知る機会・適切に学べる場が継続的に存在することが本当にたいせつだと信じている次第です。私も地道にがんばります。
 
 直近のセミナー報告です。いずれまた開催できればと思っています。
 ・「これまで投資など知識も経験もなく、理解できるか心配でしたが、すごくわかりやすく、制度から活用まで知れました」 / 自分でつくる将来資金! iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座
 ・「5000円の講座、申し込んで来てみるまでは高いと思っていました」 / 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー終了!


 相談はもちろんいつでもお受けしていますので、ご紹介しておきます。
 <京極・出町FP相談> 確定拠出年金相談
 ぜひご参照ください。


すべての人・家庭が当てはまるわけではありません


 今月後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都市内にお住まいのKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 相続・法定相続人と相続の考え方・エンディングノート→将来資金と公的年金保険・ライフイベント表→資産運用とiDeCo(個人型確定拠出年金)・つみたてNISA(少額投資非課税制度)→シンプルな家計管理と家計の収支表・家計の資産表→医療保障と高額療養費・傷病手当金・障害年金・緊急予備資金→生命保障と遺族年金→定期預金とネット銀行→社会保障と経済は表裏一体、といった流れの初回相談で最後は雑談的な、でも大事な社会の仕組みをお伝えしました。

 お金を適切に使ってもらうのは大事だと常々感じる次第です。しっかり切り詰めて生活する必要のある人・家庭があるのは1つの事実です。でも、すべての人・家庭が当てはまるわけではありません。マイナスな情報にばかり惑わされることなく、平穏に暮らしたいものです。
 
 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 京都市内の某法人さんを訪問しました。

 火災保険、自動車保険、事業に関わる賠償責任保険、法人の生命保険、個人の生命保険、これらをそれぞれ別々の代理店さん保険会社さんから加入しておられ、統一感・重複・改善点などのアドバイスを求めてくださいました。

 ポイントは何を目的としているのかです。もちろん大前提は補償が適切かですけれど、管理の手間暇を小さくしたいのか現状は問題ないのか、代理店や保険会社を変えたいと思っておられるのか条件によっては変えても良いと思っておられるのか、とにかく保険料を安くしたいということなのかなど、商品性だけでは語れません。たくさんの情報とお考えをお聞かせいただく必要があります。
 私の役割は商品提案ではなく、適正化です。

 Kさん、Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 定期サポート(顧問契約)
-----

 2020年も半分が終わり、後半戦に突入です。
 こんなニュースが出ていました。

 わが家は自宅から徒歩1~2分の場所で毎年手を合わせています。今年も同じ予定です。


 1(水)訪問1件です。
 2(木)個別相談2件お受けします。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします


2020年5月検定向けFP3級資格取得講座、9月検定向けとして再開!


 本年、2020年1月より開講してきました滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催2020年5月検定向け「FP3級資格取得講座」(草津会場)。

 <2020年4月6日記事> 休講となりました / 2020年5月検定向けFP3級資格取得講座

 3月24日の第10回目をもって休講していましたが、受講者さんを対象に残り4回を9月検定向けに再開することになりました。

---

 FP検定の実施団体である金融財政事情研究会(きんざい)のwebサイト「受検手続について」には9月向けの案内とスケジュールが記載されています。もちろん今後の状況によっては再度の中止も考えられるわけですが、ずっと中断のままでは何も始められませんので講座も再開です。

 日程は次の通りです。
 ・第11回 7月14日(火)
 ・第12回 7月21日(火)
 ・第13回 7月28日(火)
 ・第14回 8月 4日(火)
 ・予備日 8月18日(火)
 ・検定日 9月13日(日)

 該当者の方々には6月中旬以降、リビング新聞社カルチャー倶楽部の担当さんから連絡が入っているかと思います。
 本来のスケジュールから変わっていますので、なかなか難しいこともあろうかと思いますけれど、改めてお会いできますこと心より楽しみにお待ちしています。

---

 なお、今回はこれまでの講座の再開です。新規申し込みは受け付けていません。
 2021年1月以降の検定で、京都や滋賀での講座は継続して開催を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。


家族・趣味・仕事・地域活動などの時間を削ってでも!?


 今月中旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 関東にお住まいのSさんご夫妻の相談をSkypeでお受けしました。

 住宅購入資金計画相談も佳境を迎えています。住宅ローン選定前の最終検討です。条件を比較し、金額の大きい小さいだけでないメリットとデメリットも知っていただくことができたと思います。
 工務店さんや不動産業者さんの提携ローンの手続きを進めるうえでの注意点も押さえながら、粛々と進めて行ければと思いますしがんばってお手伝いしていきます。
 
 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 住宅購入・住宅ローン相談
---

 関西圏にお住まいの個人事業主Hさんの相談をお受けしました。

 資産運用と損害保険について質問くださいました。何のための資産運用なのか、ここがポイントです。数年内に必要になるお金を使っての資産運用はほとんどのケースでやめておくほうが良いでしょう。また、私の場合は大きく増やすためのアドバイスは不可能です。普通預金・定期預金の代わりとなるお金の置き場所としての長期的な資産運用のアドバイスは可能ですし、私を含む多くの人にとってはこのスタンスが適していると信じています。

 時間は有限です。家族・趣味・仕事・地域活動などの時間を削ってでも資産運用に取り組みたいという方々の存在は否定しませんし尊敬します。でも、このスタンスを選ぶ人は多くないはずです。こんな時代ですので資産運用とは関わりたくないというのはよろしくないと感じます。シンプル向き合い方を知ってもらうのはとても大事です。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
-----

 先日ツイッターでこんなことを書きました。
 
 相談の押し売り?売り込み?って難しいと常々感じています。相談したい!と思ってもらわないと諸々進みません。弁護士・税理士・司法書士などの他の専門家と異なり、最低限の情報を揃えて丸投げでOKとならないのがFP相談です。手間暇がかかるんです。一緒にがんばっていきましょう。


 27(土)終日事務所の予定です。
 28(日)お休みをいただきます。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします