FC2ブログ

「働く人のダブルケア ~育児と介護の同時進行~」受講してきました


 先日シンポジウムを受講してきました。
 働く人のダブルケア ~育児と介護の同時進行~

 ダブルケアとは育児と介護の同時進行のことです。
 詳細はリンク先をご参照ください。


 講演は横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院 相馬直子教授による「ダブルケアの現状 ~企業における対応とその課題~」ということで、今後求められるダブルケアへの企業の対応についてお話しでした。
 運営者である女性活躍支援拠点 京都ウィメンズベースという団体に所属されている弁護士さんからお誘いがあり、受講したという経緯です。

 私の視点でポイントを箇条書きします。

-----

・講師は小学生のお子さんと認知症で重度の脳梗塞を発症した80代の父のダブルケアを経験

・働き手の目線でダブルケアをしながら働くことが当たり前な社会へ
・企業・世帯・地域コミュニティ・国/自治体の制度の連携

・100のダブルケア世帯があれば100通りのダブルケアの実態がある
・非同居の中距離とは往復3時間と定義

・地域・親族ネットワークの縮小、家族機能の変容
・男性の関わり、家庭内や社会の性別役割分業の見直し
・ダブルケアという問題の社会的認知を広める

・地域包括支援センターの包括的な相談支援システムのマニュアルにダブルケアも含まれるようになった
・2016年4月に内閣府から公表された実態調査で25万人

・複合的負担感(複数回答、回答数138)
 女性の1位は「精神的にしんどい」 73.1%
 男性の1位は「子どもの世話を十分にできない」 50.7%
 「経済的負担」は女性5位(44.8%)、男性2位(49.3%)。
 女性の2位は「体力的にしんどい」 65.7%

・ダブルケアに関わる理由(複数回答、回答数205)
 女性の1位は「自分以外に主にできる人がいない」 62.4%(男性は35.7%)
 男性の1位は「自分の希望で主に関わりたい」 60.7%(女性は43.0%)
 
・ダブルケアと仕事の両立のために職場で必要だと思うこと(複数回答、回答数436)
 男女ともに1位は「休暇を取りやすくする」(女性50.9%・男性46.9%)、2位は「柔軟な出社時間」(女性49.1%・男性36.7%)

・規範(義務感)・人的資源・公的および企業内の制度
・ダブルケアは人を引き寄せ、支え合いを作る「磁石」であり、いくつかの課題を引き寄せる「磁石」でもある

-----
<所感>

・女性側の視点を強く感じるシンポジウムでした。ダブルケアの事例紹介で、夫(男性)はそもそも存在しないのが当たり前の前提だったり、企業や社会に問題提起する前に身近なコミュニケーションが先ではないかと感じたりしました。もちろんシングルの存在を無視しているつもりはありませんし、夫の協力を得るためには企業や社会が変わらないといけないのはわかっているつもりです。でも、あまりにも女性が1人で乗り越えていくものというような流れを感じてしまって疑問でした。

・個人的に「女性のための」(※)や「イクメン」など、性でくくる言葉が苦手です。さまざまな問題を明らかにするために積極的に使っていかないといけない時代なのかもしれませんし、多くの苦しみや悲しみがあるからこそ出てきた表現だとわかっているつもりです。いつの日かこういった表現を使わなくても良い社会になることが理想なのだと常々感じます。

 ※ お金に関することで「女性のためのマネーセミナー」というような偏った広告が多いので余計に良い印象を持てないのかもしれません。「男性のためのマネーセミナー」では集客が難しそうですものね。

・ダブルケアに限定されることではありませんが、家庭の経済的負担を考えるうえで役立てるのはファイナンシャルプランナー(FP)に間違いありません。社労士さんの関わりが多い分野のようですが、FPも含まれて良いと感じました。

・日々私が相談を受けるなかではダブルケアに該当する家庭が顕著に出てきているわけではありません。でも予備軍と呼べるような家庭は確かに存在します。社会の有り様とともに、こうしてたくさんの方々が考えておられることにある意味で安心を得ることのできたシンポジウムでした。

-----

 開会あいさつで京都府の課長さんがお話をされるなど、開催にあたっては本当に大変な調整などがあったのだろうと、運営側の皆さまに敬意を表します。

 お誘いくださった弁護士のYさん、希少な機会をありがとうございました。


2017年の平均寿命・平均余命・生存割合


 2018年7月20日平成29年(2017年)の簡易生命表が厚生労働省より発表されました。

 いわゆる平均寿命のデータです。0歳で生まれた赤ちゃんが平均して何年生きるのかをデータ化したものが平均寿命であり、言い替えると平均寿命とは0歳における平均余命です。


 女性の平均寿命は87.26歳、男性の平均寿命は81.09歳です。

 平成28年(2016年)に比べて、それぞれ+0.12歳と+0.11歳です。
 ちなみに昨年はそれぞれ+0.09歳と+0.17歳でした。

-----

 私がいつもチェックしているのは平均寿命ではなく「平均余命」です。
 いくつかデータを出してみます。「(」より後は前年のデータです。

 女性
 ・60歳 28.97(28.91 → 89歳 0ヶ月~88歳11ヶ月
 ・70歳 20.03(19.98 → 90歳 0ヶ月
 ・80歳 11.84(11.82 → 91歳10ヶ月
 ・90歳  5.61( 5.62 → 95歳 7ヶ月

 男性
 ・60歳 23.72(23.67 → 83歳 9ヶ月~83歳 8ヶ月
 ・70歳 15.73(15.72 → 85歳 9ヶ月~85歳 8ヶ月
 ・80歳  8.95( 8.92 → 88歳11ヶ月
 ・90歳  4.25( 4.28 → 94歳 3ヶ月
 

 60歳まで生きてきた女性は平均して28.97年、ほぼ89歳まで生きるという意味合いです。

 昨年気がついたことなのですが、女性も男性も90歳時点における平均余命はわずかながら短くなっています。過去データはわかりませんが、とりあえず2年連続です。
 元データを比べてみると女性は84歳以降の平均余命は横ばいか短くなっていて92歳以降は短くなっている傾向にあります。男性は85歳以降で短くなっています。

 これは「平均寿命は伸びている」という見出しや報道では気づけない情報です。若くして亡くなってしまう確率は下がり、表現は難しいのですが過剰な長生きは減っていると読み取って良いのではないでしょうか。


 また、平均寿命では女性と男性で6.17歳差(前年は6.16歳差)がありますが、
 ・60歳 5.25歳差(5.24歳差
 ・70歳 4.30歳差(4.26歳差
 ・80歳 2.89歳差(2.90歳差
 ・90歳 1.36歳差(1.34歳差

 このように平均余命の差はどんどん縮まります。「長生きをすればするほどに男性も女性と同じように長生きする」と読み取れるかと思います。


-----

 次に「生存割合」というデータを見てみます。

 女性
 ・60歳 96.139(95.991(95.968
 ・70歳 91.960(91.769(91.666
 ・80歳 81.530(81.181(80.891
 ・90歳 50.152(49.861(49.072
 ・95歳 25.539(25.180(24.950
 ・100歳 6.844 (6.928( 7.368

 男性
 ・60歳 93.030(92.826(92.629
 ・70歳 83.657(83.344(82.928
 ・80歳 63.517(63.282(62.644
 ・90歳 25.848(25.605(25.040
 ・95歳  9.148( 9.104( 9.045
 ・100歳 1.521( 1.587( 1.847 

 女性は100人中96人が60歳以上生きます。男性は100人中93人です。
 四捨五入した時の数値は前々年から同じですが、着実に数字は上がっています。

 ここでも平均余命と同じです。女性・男性ともに100歳時点における生存割合は下がっています。比べてみると正確には女性は99歳(前年は96歳)、男性は97歳(前年は96歳)、この年齢より上の生存割合は小さくなっていました。

 表現は難しいのですが、過度な長生きに歯止めがかかったという意味合いでしょうか。適切な長生きであってもらいたいです。来年以降のデータにも注目です。


-----

 生存割合の数値を逆から読み取れば、100人中50人(2人に1人)未満になるのは女性91歳・男性85歳です。

 ・ 2人に1人 女性91歳・男性85歳
 ・ 3人に1人 女性94歳・男性89歳
 ・ 4人に1人 女性96歳・男性91歳
 ・ 5人に1人 女性97歳・男性92歳
 ・10人に1人 女性99歳・男性95歳

 私の中では、やはりキーポイントは90歳です。
 おおよその生存割合でいえば女性の2人に1人、男性は4人に1人です。
 60~65歳から考えれば、30~25年という期間です。


 将来の不安をあおる意味ではなく、将来の長さを考えるとさまざまに考えておきたいことがあると思っています。

 将来のためのお金ということだけでよくわからない・身内に説明できない金融商品や不動産投資を契約してしまうのだけはお勧めできません。

 お金に関しては基本は公的年金です。そのうえで今や近い将来にも思いを巡らせ、優先順位を考えたいものです。


 <過去参照記事>
 ・2016年の平均寿命・平均余命・生存割合
 ・2015年の平均寿命・平均余命・生存割合



”子どもの病気とホームケアBOOK”読みました。


 ”いつものケアから不調のときの対処法まで!小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK”(2018年7月13日 発行)を読みました。

 180728_01

 著者は小児科専門医の森戸 やすみ(ペンネーム)医師。ブログはこちら、ツイッターはこちら
 ツイッターでフォローしていまして、信頼性のある情報を発信してくださっていることがよく伝わってきますので手に取りました。

 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。

-----
■はじめに
■おわりに
■写真で見る!子どもの病気やトラブル

・ほかの国と比べても日本の医療システムはとても利用者にやさしいのですが、多くの人ができるだけ不要不急の受診--いわゆるコンビニ受診を控えないと、この先も維持していくことは難しいでしょう。 p150


 こんなサイトもあります。この本でもp117で紹介されています。
 子どもの救急【対象年齢:生後1ヶ月~6歳】
 「夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています」とあります。

 以前(約5年前)にもこのブログでご紹介したのですが、私の実例を書きます。
 恥ずかしながら長男(記事を書いている時点で中学1年生)が乳幼児だったころ夜間診療に2回お世話になりました。初めてタマゴを食べさせてときに出てしまったアレルギー反応と、39度の発熱と嘔吐のときです。
 特に39度の発熱と嘔吐のときは、このサイトで見てみると確実に自宅待機で問題ありませんし、今の私なら間違いなく自宅待機を判断できます。でも、当時の私たち夫婦にはとにかく病院へ連れて行ってみようという流れしか選択肢にありませんでした。
 このサイトにも書かれていますとおり、親である私たち自身が最終的に判断せねばなりません。とはいえ、経験の無い段階で自分たちだけで悩まず、こういった信頼性の高い情報やサイトを活用するというのは1つの大きな安心だと感じました次第です。


-----
■第1章 いつものケア

 日頃の体調管理・よく風邪をひく・ワクチン・体調悪化のサイン・季節ごとに気をつけたいこと、これらの考え方が読みやすくまとまっています。ただ、医療用語も普通に登場するので慣れていないと読み進めにくい印象を持ってしまうかもしれません。細かい専門用語は読み飛ばしても問題ないと感じます。向き合い方のポイントが大事です。

 なお、ワクチン(予防接種)についての最新情報はこちらがお勧めです。
 日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール


-----
■第2章 よくあるトラブル

 アレルギーや肌荒れが主に取り上げられています。
 もちろん最終的には医療機関にかからないといけないです。でも、「このあたりは気にしなくて良いんだな」と思えることって親(私たち)にとっても大事なことだと感じます。


-----
■第3章 症状別の治療とケア

 この章が最も手厚いです。

 風邪・鼻水・咳・熱・インフルエンザ・嘔吐や下痢・発疹・けいれんについて症状別に考えられる病名と主な症状・治療法がまとまっています。急な高熱や嘔吐は不安になりますよね。

 高熱「生後6ヶ月以内や様子がおかしい場合は受診を。それ以外は解熱鎮痛薬を使ってもいいでしょう」
 嘔吐「効果的な薬はないので、家族にうつらないよう気をつけながら水分補給などのケアを」

 書かれているのはシンプルです。この文章だけを読むと突き放されてしまっているように感じられるかもしれませんが、詳細は本文を読んでもらえれば意味合いが伝わりやすいです。


-----
■第4章 医療機関のかかり方

・どの医療機関に行くべきか迷います p116~
・医療機関で伝えたほうがいいことは p119~
・どんなときに救急にかかったらいい? p122~


 個人的にはこの章が最もお勧めです。
 医師にかかる際、メモを準備しておくことの重要性は大人のどんな病気であっても他の専門家にかかる場合でも同じだと思います。

 <過去参照記事> ”一流患者と三流患者”読みました。


 180728_02
 この答えもシンプルです。

・生後6か月までの赤ちゃんが発熱しているとき
・生後6か月までの赤ちゃんの哺乳量が普段の半分以下のとき
・生後6か月以上の場合、お子さん自身がつらそうで、いつもと様子が違うとき

 この「いつもと様子が違うとき」は難しいと感じられるかもしれませんが、普段の子どもの様子を身近で1番よく把握しているのは親(保護者)であることが多いと思いますので、本でも「いつも見ている保護者の勘はあてになるのです」と書かれています。


-----
■第5章 知っておきたい応急処置

 頭をぶつけた・ケガ・やけど・誤飲などが取り上げられています。

 繰り返しになりますが、まずは子どもの救急のサイトで落ち着いて初期対応できるかと思います。


-----

 各章の最後にあるコラムも良い感じです。

・かかりつけ医を持とう!
・薬局との付き合い方①②
・病気のときの食事
・子どもの危険な事故

 特に「かかりつけ医を持とう!」の文章は私自身の専門に照らして強く賛同です。ここからはポジショントークとなりますが、お金についても「かかりつけ医」的な存在はファイナンシャルプランナー(FP)が担えると感じます。

 引用です。「どんな病気でも診る(中略)初診から完治まで診るという意味ではありません。この症状は何科にかかるべきなのかという判断が難しい場合に、まず相談できるということ」

 FPにあてはめます。「どんな相談でも対応する。問題解決まで対応するという意味ではありません。この疑問や質問はどの専門家に相談すべきなのかという判断が難しい場合に、まず相談できるということ」

 大事なことです。

 

<過去参照記事> ”各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと”読みました。
 約2年前に感想を書きましたこちらの本にも森戸先生は登場されています。こちらもとてもお勧めです。


 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


”極論で語る睡眠医学”読みました。


 ”極論で語る睡眠医学”(2016年9月30日 発行)を読みました。

 180714_01

 著者は米国スタンフォード大学 睡眠医学センター クリニカルインストラクターの河合 真 医師。ツイッターはこちら


 普通の人からすると私は早寝早起きです。なので睡眠には興味を持っていました。タイトルで気になっていたのですが購入したのは昨年末、読んだのはこの春です。

 そして、読み始めてから気がつきました。
 この本、一般向けではなく医療関係者向けだったんです(汗

 内容は医学用語の出てくるところも多く、一部は理解不能でした…ネットで購入するとこういうことが起こるんですよね。でも一般の人が読んでも大丈夫なところも多かったです。 


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。今回はファイナンシャルプランナー(FP)では専門外ですので引用が多いです。

-----
■監修者・まえがき
■著者・まえがき
■あとがき

<第1部>総論
■1章 睡眠医学を学ぶための「極論」の前の「総論」

・そう,人生の3分の1を過ごしている時間を忘れていないかって聞いているんだ! pⅲ
・睡眠医学の分野に関しては多くの医師が医学部で教育を受けていないので,共通にもつべき基礎知識が欠如しています p1
・本音のターゲット読者層=医療従事者全員 p220


 医師であっても全員が知っていないということなんです。もちろん専門科以外はわからないというのは致し方のないことかもしれませんが、そもそももっと基礎的な意味で医師もわかっていないケースの多い分野ということで間違いなさそうです。

 180714_02

-----
<第2部>外来で診る睡眠医学
■2章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 診断編
■3章 成人の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 治療編
■4章 パラソムニア 睡眠中の異常行動
■5章 ナルコレプシー
■6章 レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)もしくはWillis-Ekbon病

・睡眠は究極のプライバシー p10
・「重症患者」(中略)本来こんな人たちにスクリーニング検査をする必要はありません p34
・効果を増やし,副作用を下げて,差を最大にする p45
・原因がよくわからないのに治療していることを畏れよ p101


 医師向けの本ですから医学用語も出てきますし、確かに理解しようとすると難しいです。でも、難しく考える必要のない表現が出てきます。引用部はどんな分野でも当てはまりそうです。

 FP(ファイナンシャルプランナー)でも同じです。お金のことは総じて個人情報のかたまりです。
 全体を詳細に見るまでもなく、ある項目が明らかに全体にとってマイナスであったり、ここは部分的に見ればマイナスだけど全体のためには必要なマイナスだったり、全体を明らかにせず問題点がよくわからないまま部分的な最適解を進めようとするのは結局のところ全体最適にはつながらなかったり。
 同列にするつもりはありませんが、医学もお金も根本は同じだと感じました。


-----
<第3部>境界領域で診る睡眠医学
■7章 救急外来における睡眠医学
■8章 不眠

・救急外来の「眠れません」は「眠れない」ことが問題ではない p106
・交通事故に関わる睡眠関連の記載事項 p111
・不眠とは,覚醒と睡眠という2つのオペレーティングシステム(OS)の切り替えの故障と考えればいいのです p128


<第4部>入院で診る睡眠医学
■9章 入院病棟における睡眠医学
■10章 集中治療室における睡眠医学

・病院でふだんどおり眠れるほうが「異常」 p141
・「不眠を改善」=「睡眠薬を処方」という発想から脱却せよ p151


 睡眠に関することを医師に相談しようと思っている人はぜひこの本を手に取って、すべて読まなくとも自分自身に当てはまると思うページだけでも読んだうえで医療機関へ足を運んでもらいたいと感じました。


-----
<第5部>社会で診る睡眠医学
■11章 医師の睡眠不足
■12章 (小児科医以外のための)小児の睡眠医学
■13章 概日リズムと睡眠覚醒リズム障害

・「当直に匹敵する28時間の断眠でおよそ血中アルコール濃度0.05%に相当する」(中略)日本の酒気帯び運転の罰則が0.03%から適用されることを考えると,「いかに当直明けの医師が危険か…」がわかると思います p174
・睡眠不足を見つけたらやることは1つだけ(中略)「睡眠をとる」しかありません p180

・National Sleep Foundation(米国)が推奨する年齢別の睡眠時間 p191
・10代に「朝型」を強制するのは犯罪に近く,「睡眠時間の確保」は家庭,社会全体で考える p192


 子どもに関する章は特に興味深かったです。
 図はこれです。著者の河合先生のツイートです。


 河合先生のコメントが強烈で核心です。
 
 わが家の子どもたちに伝えている「子どもが大事にすること」は
 ・寝ること
 ・食べること
 ・体を動かして遊ぶこと
この3つです。成長期の子どもにとって寝ること以上に大事なことなんて存在しないと以前より信じていまして、この本で間違っていなかったと安心しました。


-----

 最後の引用です。

 「治療する気がない患者を治療することほど難しいことはありません」p216

 まさに、です。


 報酬の発生する相談(有料相談)の押し売りは不可能です。相談者さんが自分自身で踏み込んできてもらう必要があります。

 ご家族の場合、1人は前向きでも、もう1人は後ろ向きだったりそもそもチラリとこちら(お金のこと)に目を向けようとしなかったり、そんなケースでは私もどうしようもありません(ある一定までは対応可能ですが深く踏み込めません)。大事なのは早い段階で(できれば第1回目の相談で)同席いただくことです。


 患者(相談者)と向き合うという意味合いにおいて所々で共通点を感じながら、睡眠を学ぶことができました。

 私自身は早寝早起きです。平均的には6~7時間なのですが、長い目で見て何とか7時間超にしたいと思っています(上図参照)。理想は8時間ですが、21時30分に寝ても5時半に起きないといけませんのでさすがに今の状況だと仕事がまわらないです。子どもたちが大きくなったら可能になるかなと思っています。

 

 8%の税込みで3996円です。購入する前に(価格で)医療者向けの本って気づけよ!って話ですよね…(苦笑)

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


幼児教育・保育・高等教育の無償化とその条件に思うこと


 5月下旬に出ていた報道のまとめ(私のツイート)です。



 子育て世代が望むことは幼児教育・保育が無償化されることではなく、自由に選べることだと感じます。
 働きたい・子どもを預けたい、これらを達成するために無理難題が降りかかったり、ストレスの大きすぎる仕組みを減らす(なくす)方向でお金を振り分けてもらいたいと感じます。








 これは個人的に激しい悲しさを感じました。

 大学進学に該当する年齢は単純に現在の最大でも約120万人×4年のボリュームです。しかも全員が大学へ進学するわけでもありませんし、多く見積もっても約500万人より少ないわけです。
 無償化などの対象は住民税が非課税など低所得だけですが、低所得でも資産(貯蓄など)があれば対象から外すということです。

 これって表現が難しいのですが、公的年金や公的医療・公的介護のほうがボリュームは大きいわけです。資産家であっても年金額が少なかったりして低所得なら、医療や介護の負担額は小さいままですし、大学のようにたった4年間に限った話でもありません。

 マイナンバーを制度として使うなら、何を差し置いても65歳以上(約3460万人)または75歳以上(約1690万人)です。という小さな声を書き留めておきます。


<過去参照記事> マイナンバーに思うこと<その3 将来のために>
<参照web> 人口推計(平成28年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐ 総務省