FC2ブログ

一緒に検討・考える


 今週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 左京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 約10年前に生命保険の見直し相談を対応し、現状で過不足等が無いかの確認を中心に質問くださいました。
 近況を伺い、元々が必要最低限の保障内容での加入でしたので改めて保障内容を確認し、今後の見通しも一緒に検討でき、現状は特に何も対応は必要ないという結論となりました。

 何が不安で何に備えたいのか、そのために必要となる費用(保険料)に納得性はあるのか。そもそもの不安に妥当性があるのかという確認も大事だと思っています。
 自営業のTさんですので、小規模企業共済や各種専門家との接し方、仕事との向き合い方など幅広い話題となりました。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 上京区のMさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 こちらも自営業のご家族で、店舗と住居費のバランス・購入と予算の考え方・現在の支出状況と居住状況が変わることでどれだけこれまでと変わってくるのかの確認について、事前に作成の依頼をいただいていましたキャッシュフロー(CF)表を使って一緒に考えました。

 相談をお受けする側として、さまざまなご家庭を見てきています。個人が特定される情報は当然ながら出しませんが、これはどんなパターンでここを変えるとどうかわるというようなイメージは持っています。それをどこまで許容したり、もっとこう変えるとどうなるのかといったところはご夫婦・ご家庭によって違って当然ですから、そこを確認しながら進めるすることが本当に大事だと思っています。

 CF表で最も大事なのは大前提である各種金額情報に信頼性があることです。現状の収入と支出をきちんと明確にすることでしか将来の見通しは立てられません。

 Mさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 たまにお仕事をお願いする税理士さんと情報交換も兼ねてお昼ご飯をご一緒してきました。

 190824_01

 消費税と軽減税率のこと、事業者でなければ相続や譲渡でもなく還付申告でもないiDeCo(個人型確定拠出年金)・退職金を含む将来の一時金や公的年金・企業年金を含む分割受取時の所得パターン算出など、とても踏み込んだお話しができました。
 悩ましいことを専門家同士で共有できることって大事ですよね。私もまだまだ知らないことだらけです。がんばらねばです。


 24(土)午前中は事務所で個別相談対応、午後は久しぶりのインプットです。
 25(日)お休みをいただきます。収録済みのラジオの最終回です。ぜひぜひです。

それが唯一無二の手段とは思っていません


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 長岡京市のMさんが事務所へお越しくださいました。

 シンプルな家計管理・収支管理、資産運用と投資信託、相続と生命保険、給与と老齢年金と国民健康保険料など前回の対応からかなりの日数が経過しましたので、おさらいも兼ねて再キックオフになったかと思います。

 すべての基礎となる家計の資産表(バランスシート:B/S)や家計の収支表について、確かに使用方法・活用方法は説明しますが、それが唯一無二の手段とは思っていません。シンプルを突き詰めた書式ですので、日々の管理が苦にならない場合やもっと詳細に把握しておきたいという場合にはそれぞれに応じての対応が良いのは間違いありません。

 なお、おおよそ問題の無い場合にはシンプルで良いのですが、本当に厳しい収支状況の場合は事細かに把握することでしか解決の糸口を見い出せないこともありますので、このあたりは本当にケースバイケースです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 左京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅取得資金計画における最終キャッシュフロー(CF)表の説明と今後に考えられる大きな選択肢、月単位・年単位で考えた収支の管理、税の扶養と社会保険の扶養、生命保険関連書類の整理を対応させていただきました。

 CF表作成における京極・出町FP相談の基本方針は「収入は少なめ・支出は多め」です。ご要望によっては楽観的なパターンも作成しますけれど、立場上として数十年後の将来において「余りましたね、すみませんでした。〇〇にお金をたくさん使えますね!」であれば救われますが、「足りませんでしたね…」はどうしようもありません。

 もちろんCF表は現時点での数字を当てはめていますので、数年後以降の数字が正しいかどうかなんてわかりませんし、1年後だってわかりません。この数字を一緒に確認しながら方向性を一緒に考えていくのが「継続フォロー」です。これまでご依頼くださっている方々のお役に立てている実感は強いです。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 お付き合いが7年を超えた社労士さんから「iDeCo(個人型確定拠出年金)について顧問先から聞かれているので教えてほしい」とのことで、情報交換も兼ねてお会いしました。

 DCプランナーの資格もお持ちの社労士さんで中小企業の労務を中心に日々対応されていますので、iDeCoや企業型確定拠出年金(DC)に関わられるケースはほぼ無く、お役に立てる情報をお伝えできたと思います。

 中小企業での退職金制度の検討・導入は本当に大変だと思います。私が顧問を務めている企業さんや税理士さんの紹介でお手伝いを始めている企業さんでも、経営者が判断できても実務がなかなか進みません。
 とはいえ、まずはさまざまな制度を適切に知ることが大事なのは個人も企業も同じです。がんばります。

-----

 今更ですが、8/15(木)~16(金)の台風は大丈夫でしたでしょうか。加茂川・鴨川もなかなかの増水でした。上流(北の山)に多くの雨が降るとわかりやすいくらいに影響があります。
 風の強さを可視化したサイトがSNSで流れてきました。いくつか画像保存しましたので次の台風の際の情報と比較して記事にしたいと思っています。

 19(月)個別相談2件お受けします。


今はこれからの将来を見据えると、ほんの少しの切り取られた期間


 先週後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 左京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 育休から復帰された奥さまのiDeCo(個人型確定拠出年金)加入手続きサポート、SさんのiDeCo変更手続きサポート、住宅取得資金計画相談をお受けした際に作成したキャッシュフロー表と現在の家計の資産表を確認しての状況確認と今後の見通し、相続と各種手続きといった流れの定期面談となりました。

 1年に1回を目安にこうしてお会いすることで、この1年での状況や臨時的な支出のことを伺い、短期的な視点と長期的な視点を一緒に確認し、大局的な視点を得ていただけることが大事だと思っています。
 どうしても日々のやりくりではマイナスな思考を持ってしまわれるのは当然のことです。だって、生活しているのは「まさに今」であるわけですから。でも、その今はこれからの将来を見据えると、ほんの少しの切り取られた期間でしかありません。「大丈夫ですよ」と(もちろん数字の根拠を持って)お伝えするのが私の役割です。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 山科区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 自営業を営んでおられますのでiDeCo(個人型確定拠出年金)と小規模企業共済の掛け金のバランス、将来の受取時の(現時点における)税制確認、貯蓄計画と住宅ローンの返済計画、そして将来の相続についてご質問いただきました。
 「家計の資産表」を絶賛くださっています。シンプルに把握すること、お金の出し入れの優先順位を明確にできること、私が突き詰めた結果の書式です。

 自営業といってもご夫婦ともにではなくかなりの専門職であり、各種店舗・物販・専門士業でもありませんので特殊な検討だったと思います。将来の年齢や廃業の見込み時期など、さまざまなパターンが考えられるなかでの融通の利かせやすいバランスに落ち着くことができたと思います。
 いつもご夫婦で「楽しかったです」とおっしゃってくださるのも嬉しいです。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 皆さま、お盆期間どのようにお過ごしでしょうか。
 この時期だからこそ連絡をくださる方々、この時期に連絡をいただけるはずが動きのない方々(すみません!)、さまざまにおられますけれど、私を含めて誰にとっても時間は有限です。優先順位をつけ、うまく使っていただけましたら幸いです。

 15(木)終日事務所の予定です。台風情報、お気をつけください。
 16(金)京都では五山の送り火です。


「方向性が把握できたので余計な不安や思い込みも無く、夫婦で話し合うことができそう」


 先週後半から今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 大阪某所にお住まいのKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅取得資金計画相談をお受けしています。住宅ローンの手続きを含めたスケジュール感の確認が今回の中心となりました。不動産の販売会社や工務店さんもまちまちですので、このあたりの対応に差があります。保証料や登記費用などの付随する費用のイメージも現状では押さえておきたい情報です。

 ご両親からの援助(住宅取得資金贈与)を受ける場合の情報もご案内し、漏れなく手続きを進めていくことが大事です。 

 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 上京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅取得と資金計画の考え方→頭金・借入金のバランスと住宅ローン控除→医療保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金→生命保障と遺族年金・団体信用生命保険→確定拠出年金・加入者拠出と所得控除→退職金と退職所得控除→つみたてNISA(少額投資非課税制度)と投資信託→無料セミナー・無料相談と有料相談の提案傾向、といった流れの初回相談となりました。

 とっても嬉しい感想をくださいました。
 「方向性が把握できたので余計な不安や思い込みも無く、夫婦で話し合うことができそうです」

 本質です。本筋さえ夫婦・家族で共有できれば、枝葉は多少の違いがあってできるだけの最適を選ぶことがなかったとしても大きなダメージが発生するとは考えられません。このことこそが私のめざすところです。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 本日8/10(土)から夏期休暇(お盆休み)の方々が多いのでしょうか。私が会社員だった時代から分散して休暇を取る流れでしたので、一律ではないのかなと思います。
 京極・出町FP相談は不定休ですので、いつでも(できるだけ早めに)ご連絡くださいませです。
 お盆期間等、夏期の相談対応について(2019年)


 10(土)午前中は相談対応、午後は事務所ミニセミナー第12シーズンの第2回「掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金【iDeCo】セミナー」です。



「面白かったです」


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 市内在住のMさんが事務所へお越しくださいました。

 住宅取得資金計画相談ではありますが、年金受給世代の親と現役世代の子で資金をどのように出し合っていくのか、どんな制度があるのかなど状況を伺いながらアドバイスさせていただきました。

 いわゆる建売を購入されるのではありませんので、支払スケジュールや名義の考え方なども関わってきます。夫婦ごとではなく一族(○○家)として、どこからどんな優先順位で資金を使っていくのが良いのかが今回のポイントとなりました。次回は相続相談として改めて資産全体の整理を進めます。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 北区のMさんが事務所へお越しくださいました。

 住宅取得資金計画の考え方→マンションと戸建ての違い→将来資金と退職金→将来受け取る公的年金受給見込額の試算と公的年金の信頼性→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除→運用益非課税とつみたてNISA(少額投資非課税制度)→つみたて投資とお金の置き場所としての投資信託→定期預金とネット銀行、といった流れの初回相談となりました。

 とある専門家さんに相談をされた際に紹介されたファイナンシャルプランナー(FP)がかなり遠方だったそうで、検索して見つけてくださったという経緯です。距離の問題って大事ですよね…地元密着でがんばらねばと改めて思いました次第です。

 後日、感想メールを送ってくださり「面白かったです」と書いてくださいました。これって本当に大事です。ついつい悲観的になってしまいがちなお金の情報はマイナスにしか受け取れない報道などの情報があふれてしまっていることが原因です。
 偏りなく(私の偏りはあります)報道では出てこない視点で制度を知っていただくことは本当に大事ですし、おもしろおかしく知ってもらえるのは私としてもとても嬉しいです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 とあるご縁で、弁護士さん・社労士さんと3人で飲みに行ってきました。

 同じ京都で同年代ですので、いろんなことがつながっていたり共通項があったり仕事に対するスタンスも似ていたり、でもちょっと違ったり、楽しい時間となりました。
 専門とは異なる部分の引き出しの多さって大事だなと改めて感じましたし、自分で書くと変なのですが私のことを褒めてくださったり持ち上げてくださったりするケースが多い分、自分を戒めて精進せねばと思う次第です。

 皆さま、ありがとうございました!


 5(月)個別相談2件お受けします。