FC2ブログ

すべての人・家庭が当てはまるわけではありません


 今月後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都市内にお住まいのKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 相続・法定相続人と相続の考え方・エンディングノート→将来資金と公的年金保険・ライフイベント表→資産運用とiDeCo(個人型確定拠出年金)・つみたてNISA(少額投資非課税制度)→シンプルな家計管理と家計の収支表・家計の資産表→医療保障と高額療養費・傷病手当金・障害年金・緊急予備資金→生命保障と遺族年金→定期預金とネット銀行→社会保障と経済は表裏一体、といった流れの初回相談で最後は雑談的な、でも大事な社会の仕組みをお伝えしました。

 お金を適切に使ってもらうのは大事だと常々感じる次第です。しっかり切り詰めて生活する必要のある人・家庭があるのは1つの事実です。でも、すべての人・家庭が当てはまるわけではありません。マイナスな情報にばかり惑わされることなく、平穏に暮らしたいものです。
 
 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 京都市内の某法人さんを訪問しました。

 火災保険、自動車保険、事業に関わる賠償責任保険、法人の生命保険、個人の生命保険、これらをそれぞれ別々の代理店さん保険会社さんから加入しておられ、統一感・重複・改善点などのアドバイスを求めてくださいました。

 ポイントは何を目的としているのかです。もちろん大前提は補償が適切かですけれど、管理の手間暇を小さくしたいのか現状は問題ないのか、代理店や保険会社を変えたいと思っておられるのか条件によっては変えても良いと思っておられるのか、とにかく保険料を安くしたいということなのかなど、商品性だけでは語れません。たくさんの情報とお考えをお聞かせいただく必要があります。
 私の役割は商品提案ではなく、適正化です。

 Kさん、Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 定期サポート(顧問契約)
-----

 2020年も半分が終わり、後半戦に突入です。
 こんなニュースが出ていました。

 わが家は自宅から徒歩1~2分の場所で毎年手を合わせています。今年も同じ予定です。


 1(水)訪問1件です。
 2(木)個別相談2件お受けします。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします


家族・趣味・仕事・地域活動などの時間を削ってでも!?


 今月中旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 関東にお住まいのSさんご夫妻の相談をSkypeでお受けしました。

 住宅購入資金計画相談も佳境を迎えています。住宅ローン選定前の最終検討です。条件を比較し、金額の大きい小さいだけでないメリットとデメリットも知っていただくことができたと思います。
 工務店さんや不動産業者さんの提携ローンの手続きを進めるうえでの注意点も押さえながら、粛々と進めて行ければと思いますしがんばってお手伝いしていきます。
 
 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 住宅購入・住宅ローン相談
---

 関西圏にお住まいの個人事業主Hさんの相談をお受けしました。

 資産運用と損害保険について質問くださいました。何のための資産運用なのか、ここがポイントです。数年内に必要になるお金を使っての資産運用はほとんどのケースでやめておくほうが良いでしょう。また、私の場合は大きく増やすためのアドバイスは不可能です。普通預金・定期預金の代わりとなるお金の置き場所としての長期的な資産運用のアドバイスは可能ですし、私を含む多くの人にとってはこのスタンスが適していると信じています。

 時間は有限です。家族・趣味・仕事・地域活動などの時間を削ってでも資産運用に取り組みたいという方々の存在は否定しませんし尊敬します。でも、このスタンスを選ぶ人は多くないはずです。こんな時代ですので資産運用とは関わりたくないというのはよろしくないと感じます。シンプル向き合い方を知ってもらうのはとても大事です。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
-----

 先日ツイッターでこんなことを書きました。
 
 相談の押し売り?売り込み?って難しいと常々感じています。相談したい!と思ってもらわないと諸々進みません。弁護士・税理士・司法書士などの他の専門家と異なり、最低限の情報を揃えて丸投げでOKとならないのがFP相談です。手間暇がかかるんです。一緒にがんばっていきましょう。


 27(土)終日事務所の予定です。
 28(日)お休みをいただきます。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします


iDeCoやNISAはいわば「箱」、箱に何を入れるのかを考えるためには全体像の把握が必須


 今月中旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都市内にお住まいのKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 今回の自粛期間の前に「無料FP相談」で提案を受けておられた生命保険についてアドバイスを求めてくださいました。

 遺族年金・団体信用生命保険・職場の団体保険と生命保障→高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金と医療・がん保障→貯蓄と保障のバランスと考え方→外貨建て保険・個人年金保険とiDeCo(個人型確定拠出年金)・つみたてNISA(少額投資非課税制度)→自動車保険・火災保険と個人賠償責任保険といった流れの初回相談となりました。

 大事なのはすべての土台である社会保険(社会保障)を知ることです。次に勤務先の福利厚生を確認し、最後に足りない部分を自分自身の資産および見通しを含めて金融商品の活用を検討するわけです。
 
 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 京都市内にお住まいのMさんが事務所へお越しくださいました。

 いわゆる老後資金(私はリタイア後資金といいます)の相談でお越しくださいました。すでにiDeCoとNISAのことはご自身で調べておられ、具体的にどのように使っていけば良いのかを中心に意見を求めてくださいました。

 iDeCoやNISAはいわば「箱」です。箱に何を入れるのかを考えるためには全体像の把握が必須です。全体像の把握には家計の資産表(B/S)が適しています。預貯金や投資性商品の反映は皆さん漏れがないのですけれど、職場での積立金(財形など)や生命保険・個人年金保険などは気にしておられないことが多いです。

 優先順位を明らかにしたときに今の配分で問題ないのか、これまでのものは途中でやめる必要があるのか維持で良いのか、折衷案はどうかを客観的な情報で知ってもらうのが私の役割です。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
-----

 梅雨ですね。でも今日から数日は晴れ間もあるようですね。最低気温が20℃くらいまでだと過ごしやすくて良いですよね。夏が苦手なので梅雨後半くらいから恐怖です。

 20(土)お休みをいただきます。
 21(日)終日事務所の予定です。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします


実際には思い入れや長期的な見通しなどの優先順位も考える必要がある


 今月上旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 大阪にお住まいのMさんが事務所へお越しくださいました。

 引き継がれた不動産をどうしていくのかの検討を中心に、ご自身の新居をどうしていくのかを合わせて検討を一緒に進めました。
 金額的なことは情報さえ揃えば比較可能です。でも実際には思い入れや長期的な見通しなどの優先順位も考える必要があるわけです。
 専門家の立場としては遠い将来を考えたとき、複雑な形態が家族の重荷になることは避けたいと強く思ってしまいます。いかにシンプルな比較対象を知っていただくのかが私の役割です。
 
 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ(初回相談)
---

 京都市内にお住まいのTさんの物件見学の立会いを。

 非常に稀なケースです。私は不動産の専門家ではありませんが、今回はとある特殊事情がありましたのでご一緒してきました。建物内まで見学するのは久々で、いやー楽しかったです(不謹慎ですみません。
 改めて長期の視点と短期の視点、両方大事だと気づきを得られました。いつも懇意にしている仲介業者の担当さんが案内くださり、丁寧で安心しました。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
-----

 先週の記事ですけれど、これ良い取り組みだと感じました。
 
 うちの子どもたちが通う小学校で考えると通学路が狭いので全員が傘は難しいので悩ましいところですけれど、地域によってはめちゃめちゃありですよね。


 17(水)・18(木)ともに終日事務所の予定です。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします


切り替えはそのデメリットを上回るほどのメリットがあるのか


 今月上旬の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都府内にお住まいの経営者Tさんの相談をお受けしました。

 事業用資金の借り換えが完了され、元々の担当さんから継続を強くお願いされておられた火災保険を見直したい件と、iDeCo(個人型確定拠出年金)リバランスについてご質問をいただきました。

 生命保険はもちろん損害保険(火災保険)も加入し直すことを前提として相談をお受けしているわけではありません。しっかりと今の内容を把握いただき、過不足はあるのか今解約することで発生するデメリットは何か、他の商品への切り替えはそのデメリットを上回るほどのメリットがあるのかを理解したうえでの検討が必要です。

 リバランスの考え方は答えがありません。きっちりと1年に1回を守るスタンスも1つでしょうし、さまざまだと思います。過剰にタイミングを計ったり、そもそもリバランスせずに放置という選択肢はありませんが、例えば現状のように日々の相場の上げ下げが大きい時期にあえて積極的なリバランスが必要かどうかは何とも難しいことだと考えます。
 そして、資産はiDeCoだけに限られていません。全体でのバランスも確認が大事です。
 
 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
---

 京都市内にお住まいのYさんの相談をお受けしました。

 ご実家が不動産をいくつかお持ちで賃貸に出しておられ、募集と入居者の火災保険は仲介業者さんにお願いされていますが、入居者によって火災保険が更新されていないことから他の信頼できる損害保険代理店に依頼するほうが良いかというレアかつあるあるな内容でした。

 これって難しいんです。賃貸(特にマンション・アパート)の火災保険は安価なので、力を入れて取り組んでいる代理店(募集人)さんって多くないと思います。
 仲介業者さんも最初の加入手続きは賃貸借の契約手続きと同時なので(補償に関する説明は適切と呼べないケースが多いと感じますけれど)対応されます。でも、2年後の継続に関しては保険会社マターとして書類の手続きや入金(払込)のフォローをされるケースは聞いたことがありません。(もちろん対応されている業者さんもあるでしょうから、その方々には敬意を表します)

 最近は自転車保険としての個人賠償責任保険をきちんと加入しておきたいということで火災保険を見直すケースも出てきていますが、所有(持ち家)の場合の長期火災などとは違い、賃貸の場合は別途生命保険や自動車保険の契約があったりしないと担当さんはそこまで手厚く対応するのも難しいと思うんです。
 このネタ、もっともっと書けることもありますが、結局はケースバイケースなので他のことも合わせて実際に相談をお受けしてみないと何とも難しいんです(すみません
 
 Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 


 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 継続フォロー(相談完了後)
-----

 6月から世の中さまざまに再開しています。気になった2つの記事をご紹介しておきます。
 
 
 ご参考になりましたら幸いです。


 8(月)・9(火)ともに終日事務所の予定です。

 ご参照ください。
 【特別対応】初回相談からSkypeでお受けします