もちろん総論ありき


 25(土)午前中、左京区のMさんが事務所へお越しくださいました。
 Mさんご夫婦とのお付き合いも早いもので3年を超えました。

 個人年金保険の一時所得と雑所得→公的年金と公的年金等控除→運用商品とリバランスとバランス型の投資信託→iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入書類記入サポート→iDeCoの社会的意義、といった流れでアドバイスさせていただきました。

 前回この3年での貯蓄の状況も確認できたこともあり、継続的なフォローもご依頼くださり嬉しい限りです。長期的に見た私の役割を改めて認識いただけて良かったです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 午後、相楽郡のHさんが事務所へお越しくださいました。
 Hさんご夫婦とのお付き合いも早いもので4年を超えました。

 生命保険相談と住宅購入資金相談をお受けし、1年半が経過しました。次のステージとして、具体的にどんなお手伝いをしていけるのか、また教育資金積立についてもお話しさせていただきました。
 これまでの詳細な各論(もちろん総論ありきだったわけですけれど)から、広い意味での総論に進んでいきます。細かすぎず、でも大雑把すぎない経過を長い視点で継続的にお手伝いしていくことになります。

 興味をお持ちだった少子化対策と社会保障、はては政治の話まで幅広く情報提供させていただき、先日blog記事で投稿しました「ちょっと気になる社会保障 増補版」もご紹介し、なかなか珍しい(楽しい)時間になったのではないかと思います。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 3月も下旬ですが肌寒い感じが続いています。陽の強さは春を感じますが、空気・風が冷たいですよね。桜の開花がゆっくりめなのも納得がいきます。入学シーズンに残っていそうですよね。

 27(月)終日事務所の予定です。


ご家族との時間を作ってもらえるように


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 22(水)午前中、大津市のIさんのお宅を訪問しました。

 Iさんご夫婦ともお付き合いがまもなく6年です。早いです。
 今回はお二人目のお子さんが誕生されたことでの教育資金準備と生命保険の考え方についてアドバイスを求めてくださいました。

 住宅ローン(繰上)返済とのバランス、遺族年金のおさらいと最新に更新した額の試算、将来受け取る公的年金見込み額など、一般的という表現が難しい時代ではありますが少し特殊な事情をお持ちのIさんご夫婦ですので、そのあたりもきちんと詳細をお伝えすることができまました。

 Iさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 23(木)午前中、大阪のNさんが事務所へお越しくださいました。

 私と同年代のNさんは昨年に大病を患われ、健康保険・勤務先の福利厚生・加入されている生命保険について、メールと電話でサポートさせていただいていました。
 冬場は風邪やインフルエンザなどの感染症が怖かったこともあり、お会いするのは控えていましてようやく今回という流れです。本当は私がお邪魔するつもりだったのですが、リハビリも兼ねてということでお越しくださいました。

 このblogをご覧くださっている皆さまは私が精巣腫瘍患者の方々のサポートを務めていることはご存知かと思います。精巣がんとは異なるものとはいえ、大病には違いありませんので、たくさんお聞かせいただきました。
 私は直接的に何もできませんが、関連する情報をお伝えできることで少しでも治療に専念してもらえたり、ご家族との時間を作ってもらえるようになれば嬉しいです。

 Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 25(土)個別相談2件お受けします。
 26(日)お休みをいただきます。


商品の活用をゼロベースから考えるシンプルと活用ありきで考えるシンプル


 19(日)午前中、大阪のYさんが事務所へお越しくださいました。

 Yさんとも2年超のお付き合いとなりまして、元々お付き合いのあった生命保険会社の担当さんから追加の提案があり、その妥当性についてアドバイスを求めてくださいました。

 比較的短期(中期?)で手持ちの現金を増やす必要のあるYさんで、かつ強制貯蓄機能(口座引き落とし)がなくともご自身で貯蓄のできるYさんですから、提案を受けておられたドル建ての生命保険は現状で優位性を感じられません。

 また、社会保険関係・税務関係の書類の保管方法についてアドバイスを求めてくださいました。何を残して何を処分するのか、このあたり悩ましいですよね。普段から考え方や生活スタイルをお聞かせいただいているからこそ、おそらく適した手法をお伝えできていると思っています。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、向日市のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 提案を受けておられる生命保険について、他の商品も比較したうえでのアドバイスを求めてくださいました。

 すべての基本は、生命保障は遺族年金と住宅ローンの団体信用生命保険、医療保障は高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金です。そのうえで上乗せとなる民間保険商品を検討する必要がありますので、先に商品ありきだと方向性を決めるうえで頭がこんがらがってしまうと思います。

 商品の活用をゼロベースから考えるシンプルと、活用ありきで考えるシンプルでは根本から違っています。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 皆さま、三連休いかがおすごしでしょうか。三連休は暖かな日が続きましたが、連休明けは一気に気温が下がるようです。気をつけねばです。


幅広く何気ない会話をさせていただくことこそ


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 14(火)伏見区のNさんが事務所へお越しくださいました。

 昨年秋より、相続に関する資料一式確認→iDeCo(個人型確定拠出年金)→生命保険と損害保険→資産運用、こんな流れで幅広く相談をお受けしています。
 今回の数点の追加確認が済めば一旦完了となる予定ですが、非常に長期にわたるお付き合いが今後も見込まれますし、頻度はこれから要相談とはいえ継続的な依頼もいただいていますので、しっかりサポートさせていただかねばと思っています。

 Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 15(水)午後、伏見区のMさんが事務所へお越しくださいました。

 継続フォローのご依頼を長くいただいていまして、今回は自動車保険の更新案内が届いたことで久しぶりにお越しくださったという経緯です。

 改めて近況を伺い、考えられる項目をチェックしたうえで進めていただくようにお伝えしたのですが、本題の自動車保険のことよりも近況を伺う時間のほうが圧倒的に長く…
 でもこうして幅広く何気ない会話をさせていただくことこそが、方向性や希望を伺ううえでたいせつな背景になってくるんです。本当に大事な時間だと感じています。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 16(木)午前中、某企業を訪問し、Aさんのご相談をお受けしました。

 前回は初回相談としてiDeCo(個人型確定拠出年金)の概要をお伝えするうえで必要な情報を確認し、運営管理機関(金融機関)の絞り込みまで進めました。
 今回は請求された加入申込書が届きましたので記入サポートと、投資信託をはじめとした運用商品の選び方の考え方をお伝えしました。

 京極・出町FP相談は投資助言代理業を持ち合わせていませんので、個別具体的な商品の推奨はできません。とはいえ、株式・債券・REIT(不動産投資信託)や日本・先進国・新興国などの組み合わせであるアセットクラスレベルでの配分については世にあふれている情報と比較してきちんとお伝えできますし、具体的な商品を選ぶうえでの考え方は比較項目をお伝えしていますので結果的に相当絞られますから選択肢をかなり狭めることができています。
 もちろん最終的な判断はご自身にお任せするしかありませんが、リバランスの考え方もきちんとお伝えしていますので、あとは機械的に進めていただくだけです。

 「1人で始めないで良かったです。間違いなく挫折して始められなかったと思います」という嬉しい感想もいただきました。

 ちなみに確定拠出年金相談では、第1回目の掛け金の引き落としまでサポートしています。1年後以降のリバランスについてアドバイスを求めてくださる場合には継続フォローの依頼をお願いしています。

 Aさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 ふと気がつけば、先週は相談対応のまとめ(抜粋)を書いていなかったですね…m(_ _)m

 3月も中旬ですが、朝晩はまだまだ寒いですし、日中も変な気候ですよね。
 17(金)外出して打ち合わせ2件です。


きちんと一緒に把握


 先週の相談対応のまとめ(抜粋2)です。もう火曜日なのにすみません。


 2(木)午後、左京区のOさんが事務所へお越しくださいました。

 約3年前に相談をお受けしたOさんです。住宅ローンの返済状況から借入金融機関に足を運ばれたところ、多額の金融商品の提案を受けられたことから改めて私に問い合わせをいただいたという経緯です。

 将来資金という意味合いでは確かにその金融商品は世間一般的に頭に浮かびやすい第一候補となってくる存在かなと感じます。でも、全体で考えればやはりiDeCo(個人型確定拠出年金)の利用も検討しないといけませんし、現在お持ちの金融資産を考えればいわゆる資産運用も検討が必要です。もちろんその際には低コストであることが必須です。

 3年間で変化のあった預貯金額なども確認させていただき、その増え方にまずはひと安心でした。今回をきっかけに毎年の継続フォローもご依頼いただくことになり、ありがたい限りです。

 Oさん、ありがとうございました!!
 今回も引き続きよろしくお願いします!!

-----

 3(金)午後、某企業を訪問し、Aさんのご相談をお受けしました。

 経営者Mさんの相談を継続的に対応させていただいていることがきっかけで、従業員であるAさんのご紹介があり、「大事なことだから」と勤務中に相談OKというすごい流れでした。しかも相談料の大部分は経営者さん負担です。これこそがいわゆる中小企業の良い面だと感じました次第です。

 きっかけはiDeCo(個人型確定拠出年金)です。単に「お得だということなので始めてみようかな」くらいだったようですが、ご夫婦で考えるなら優先はどちらなのか、住宅ローン返済・預貯金と教育資金との兼ね合いはなど、きちんと一緒に把握させていただいたので、さまざまにより明確になり、iDeCoの目的も理解いただけたものと思います。次回は手続きサポートと商品選びの考え方について対応予定です。

 Aさん、経営者Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 3(金)夕方、専門家Sさんの事務所を訪問。

 損害保険アドバイスで年に1回お邪魔しているのですが、事業融資を受けられた際に合わせてさまざまな金融商品の提案を受けておられ、それらの意見も求めてくださいました。

 事業用の借入れをされていますので、近い将来で変動のありそうなものはなかなか選択しにくいはずです。でも、金融機関からの提案はばっちりそんな感じです。担当さんも本当に悩ましいですよね…。パンフレットをいくつも預かっておられて「もはや銀行ちゃうよね」というSさんのひと言が何ともいえなかったです。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 8(水)終日外出、9(木)午前中事務所、午後以降外出の予定です。