妥当性を改めて判断してもらうための客観的な情報を見ていただくのが私の役割


 24(土)午前中、左京区のSさんが事務所へお越しくださいました。

 早いものでSさんとのお付き合いも丸5年を超えました。お仕事の状況が変わられ、それが一旦落ち着いてこられたことをお聞かせいただき、現状で考えられる対応について私から情報提供させていただきました。

 立場というのは(良い意味で)人の考え方に大きな影響を及ぼす典型だと感じました次第です。これまで検討する必要のあった範囲が今回のお話でかなり広がりました。iDeCo(個人型確定拠出年金)や生命保険・損害保険もとらえ方が異なれば、私からの活用方法の提案も変わってきます。

 スケジュール調整と不定期でも連携を取って進めていくことが大事というのを共有していただけたことが今回の一番の収穫だと感じました次第です。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、宇治市のIさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 昨年相談をお受けしまして約1年後経過時におけるフォロー面談です。Iさんも生活スタイルに少し変化がありましたのでまずは現状をお聞かせいただき、そのうえで1年前に始められた資産運用についての方向性確認が中心となりました。

 これまでも勤務先に導入されている確定拠出年金(企業型DC)にて投資性商品を使っておられましたので経験がゼロであったわけではありませんが、まわりの人に合わせるのではなく選定理由を明らかにし目的を定めたからこそ、この1年で新たな情報もご自身で調べられたりされる段階まで進んでこられました。

 良いと判断できる情報に飛びつかれるのは決して悪いことではありません。その妥当性を改めて判断してもらうための客観的な情報を見ていただくのが私の役割です。結論として新しい仕組みへのボリュームは当初考えておらえたものよりも減らされることになりました。運用成果の面では結果は将来になってみないとわかりません。何が正しいのかなんて誰にもわからないことだと思います。でも、こうして情報を得て判断したという過程が大事です。

 Iさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週は梅雨らしい天気になるようですね。それでも日曜からもっと強い雨の予報を聞いていましたがそんなに降らなかったので拍子抜けのようなほっとしたような、しっかり降っておいてくれないと夏~秋の水量に影響してしまうのではと考えてしまいます。

 26(月)個別相談1件と打ち合わせ1件で外出します。


もっと興味をお持ちないかと思いきや


 直近の相談対応のまとめです。


 下京区のKさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)について幅広く説明させていただき、たくさんご質問をいただきました。前回は奥さまだけで今回はご主人も初めてお越しくださったのですが、もっと興味をお持ちないかと思いきや、しっかりと聞いてくださって私としてもひと安心です。翌日には書類を早速職場に提出されたということで協力的でありがたいです。

 所得控除の効果→金融機関の手数料→投資信託のインデックス・アクティブと手数料→つみたて投資と配分の考え方→受取時の考え方など、しっかりとポイントを理解いただけたと思います。

 Kさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 左京区のYさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 これまでの相談では
 1.初回相談として幅広く
 2.幅広い内容を深堀り
 3.iDeCo(個人型確定拠出年金)
 このような流れでして、今回の4回目は生命保険を中心にお話ししました。

 死亡保障と遺族年金・団体信用生命保険→医療保障と傷病手当金・所得補償保険→民間の保険商品と職場で団体加入できる商品→保険料による所得控除と保険金による相続財産の非課税枠の考え方といった流れとなりました。

 生命保険に限らず、私の方針は「必要最低限」「simple is best」この2つです。裏技とか複雑な活用とか詳しい人がいないと使いこなせないという仕組みの排除が大事だと思っています。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 税理士を中心とした専門士業の方々との月に1回のランチ会を。ブログでは最近書いていませんでしたが、毎月継続していまして今回で32回目でした。

 税理士2名・司法書士2名・不動産鑑定士1名・不動産仲介1名・保険会社1名・FP(私)というメンバーで、士業による共同事務所のスタイル、商用の不動産賃貸と最新時事ネタ、北海道旅行、さまざまな交流会、大台と年月の過ぎ方、などの話題でした。

 仕事の話でもなく、でも仕事っぽい話題も出てきたり、何となくお昼ご飯を一緒に食べようというだけの主旨です。皆さま、ありがとうございました!! 

-----

 本当に梅雨なのかという天気が続き、ようやく降ったと思ったら降りすぎですよね…。雨と風も強かった21(水)の朝は6年生の長男と4年生の次男の通う小学校のお役目で交差点の交通当番だったのですが、かなりびちゃびちゃになりました。

 狭い歩道に面する広くない二車線の道路(今出川通)でスピードを緩めない車が大きな水たまりをはねて、信号待ちをしている中学生が被害にあってました。う~ん…なんとも…。


「事務所、広くなりました?」


 今週の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 5(月)午前中、大阪の事業主Mさんの事務所を訪問し、火災保険5件についてアドバイスを。

 今回のキーワードは統一感です。物件の構造や用途は異なりますので必ずしもすべて同じわけではありませんが、同じ部分があるならそこは同じにする方針で、きれいにわかりやすく統一の方針を曲げることなく進めることができました。

 個人的にふと思うことなんですけれど、火災保険も自動車保険みたいに等級があったら良いのに。火災保険の等級は構造によるものがありますが、何年も無事故なら安くなっていくというようなのも適しているように感じる次第です。自動車保険の等級って何年くらい前からあるシステムなんでしょうね…話がそれてしまいました。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 7(水)午前中、上京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 約4年ぶりにお会いしたTさん、座られて開口一番「事務所、広くなりました?」
 いえ、変わりません…^^

 今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)のリバランス、投資信託のインデックスとアクティブ、小規模企業共済・国民年金基金・iDeCoについて重点的にお話しさせていただきました。継続的なフォローを今回も続けていただくことにあり、ありがたい限りです。

 普段なんとなく進んでいくことも、こうしてきっかけがあって少しでも有利な制度を使ってもらえたり、何のための制度なのかを知っておくというのも大事なことだと思います。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 8(木)午前中、Yさんが事務所へお越しくださいました。

 教育資金準備と学資保険の考え方→将来資金と公的年金受給見込み額→財形と積立貯蓄→保育料の見通し→自動車の保有とカーシェアリング→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除→個人賠償責任保険と火災保険→民間の生命保険商品と団体で加入できる保険商品→生命保障と遺族年金→傷病手当金と所得補償保険、という流れの相談となりました。

 1年前に資産運用に限った相談を依頼くださり、今回こうして幅広い内容についてアドバイスを求めてくださいました。何がきっかけでもFP相談を知ってもらえることは本当に大事ですし、私としてもさまざまな仕組みを知ってもらえるのは嬉しいことです。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週、梅雨入りということで曇っている写真でも。

 170609_05

 本満寺のしだれ桜です。緑がわさわさしてます。とんでもなくにぎわうようになってしまった桜の時期以外は誰もいません(笑)


 9(金)午後は毎月恒例、第65回目の精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。私の参加は58回目です!


「とにかくお勧めの金融商品だけ教えてほしい」というニーズを否定するつもりはありません


 30(火)午前中、市内のNさんのお宅を訪問。

 とある税理士さんからのご紹介で、相続に関連して社会保険および金融商品の情報を整理し、見直しが必要な内容があれば提案してほしいという依頼です。

 ここでの情報整理とはデータとして一覧表にまとめるだけでなく書類の整理を含んでいまして、相続に関連し税理士さんの関与が必要な状況ですから相当に情報量が多いことが事前に聞かされていました。
 ご自身がある程度まとめておられたファイルを中心に拝見しましたが、新旧がたくさん入り乱れている状況で、明らかに古いものはまだまだたくさん保管してあるということで、今回は取り急ぎ最新の情報を集めることに注力しました。

 これらの情報をまとめたうえで、足らず(と思われる)項目がないかを確認したうえで、必要に応じて見直しを提案するという流れになりそうです。
 不動産や特殊な資産の情報整理は税理士さんが動いておられますので、私は社会保険と金融商品に集中できます。こういう役割分担はとても大事だと思います。

 Nさん、奥さま、税理士さん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、下京区のMさんが事務所へお越しくださいました。

 早いもので7年ほどのお付き合いとなるMさんです。以前はご自身の生命保険に関してシンプルな初回相談のみお受けしていまして、今回はご家族を含めた将来資金→生命保険と年金保険→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除→資産運用と投資信託という流れの再キックオフという相談となりました。

 将来資金を考えるうえで、すべての基本は公的年金です。この情報なしで、いきなり金融商品を使った積み立てなどを話される専門家さんは基本的に信用度ゼロで問題ないと思います。
 もちろん個人情報を1つも出さずに「とにかくお勧めの金融商品だけ教えてほしい」というニーズを否定するつもりはありませんが、結果として良い結果を得にくい傾向にあると感じるケースが多いように思います。

 Mさんはもちろんすべての情報を出してくださっていますので、1つひとつ状況を確認し、「漠然とした不安な気持ちでしたが、今日ご相談させて頂いて安心しました」という嬉しい感想もメールしてくださいました。
 今後は、iDeCo(個人型確定拠出年金)→生命保険→資産運用という流れで具体的な対応に進んでいく予定です。
 
 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 31(水)午前中、左京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 前回の引き続きで、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)と損害保険について集中的に取り組みました。

 iDeCoは口座管理手数料や信託報酬の観点からメリットとデメリットをお話しすることで金融機関を決定いただけましたし、運用の考え方も知っていただけました。ほとんどの人がそうですが投資信託を購入することそのものが初めてという場合には、やはり具体的に始めてみないとわかりませんし、1年くらい経たないと実際にどのように値動きがあるのかも実感できないように思います。

 損害保険は自動車保険と火災保険と勤務先の団体保険で重複する補償内容や最低限にまとめる方策などシンプルにお話しさせていただきました。
 一歩一歩着実に前に進んでいます。いい感じです。次回は生命保険の予定です。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 6月がスタートです。いつも書いていることですが、2017年も5/12が終わってしまいました。5月は前半が涼しく、最後は30度を超える日が続き、夏のようでしたが蒸し暑さはこれからですから、夏がおそろしいですよね…

 1(木)終日事務所の予定です。
 

なかなかそうでないことが多く


 24(水)は事業主お二人の相談をお受けしました。


 午前中、尼崎市のTさんの事務所を訪問。

 事業における損害賠償保険の更新と複数の火災保険の加入内容について、定期的に現状に即しているのか過不足はないのかなどアドバイスを求めてくださっています。
 
 利用状況や見通しによって住宅扱いなのか住宅以外扱いなのかなどは損害保険会社側からすると契約時に1軒1軒調査するわけではありませんから、生命保険において健康状態を告知するのと同じように正しい情報を加入者が伝えていることが契約の大前提です。
 保険料が安くなるからと言って、異なる情報で契約するのはいざ本当に事故が起こってしまった場合にどんなことになるのかは私も経験したことがありませんのでわかりませんが、「契約」として間違っていますから最悪の場合は補償の対象にならないということだって起こり得てしまうことも考えられます。

 その前提条件をきちんと確認されている担当さんが一般的には多いはずなのだと信じていますが、私に相談してくださるケースではなかなかそうでないことが多く、悩ましいことだと感じる次第です。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、大阪市内のMさんの事務所を訪問。

 保有されている不動産数件の火災保険について相談をお受けしました。元々依頼されていた代理店の信頼できる担当さんが退職されることがきっかけで問い合わせをいただき、改めて補償内容の確認から進めました。

 複数の加入内容があると鮮明になるのがその統一感と一貫性です。なぜそのような補償項目なのか保険金額なのか設定なのか、いまいちよくつかめない場合が多く、加入されている本人も特に説明もなく勧められたまま他に選択肢もないものだと思われているように感じます。
 明らかに必要な内容が抜けていたり不要な手厚さは除外したり、かなり明確な意図を持ったシンプルな方向性でまとまりそうです。

 他にも小規模企業共済とiDeCo(個人型確定拠出年金)の比較や公的年金の件など、幅広いお話となりました。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 生命保険と比べた場合、損害保険のアドバイスを求めてくださるきっかけが多いように思います。損害保険よりも生命保険の提案を受けられるケースのほうが世の中では多いのが明らかだと感じます。

 損害保険がきっかけで生命保険も拝見することになるのが多いのも事実ですが、モノが対象となる損害保険に対して、同じ保険商品とはいえ自分や家族の身体が対象となる生命保険は本当に別物です。損害保険は即断、生命保険は悩ましい…結論にたどり着く過程にはこんな傾向があるように思います。

-----

 ふと気がつけば次の日曜はFP検定です。
 今回は検定講座を受け持っていませんが、受検される皆さまを大応援です!

 25(木)・26(金)ともに出たり入ったりの予定です。