FC2ブログ

”もったいない患者対応”読みました。


 ”もったいない患者対応 ~ほんの一言変えれば診察はラクになる~”(2020年4月25日発行)を読みました。

 200704_01

 著者は山本 健人(たけひと)医師。ブログ「外科医の視点」、ツイッターはこちら。ツイッターでフォローしていまして、とても信頼性の高い情報を発信くださっています。

 今回は医療者(特に若手医師)向けの本です。ターゲットが狭い分、価格設定も高め(3000円+税)です。
 医師目線を知っておけば患者側の気持ちの理解につながるのではないかと考え、精巣腫瘍患者友の会でアドバイザーを務めている立場として興味を持ち、手に取りました次第です。


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。

-----
■はじめに

・同じ現象,同じ景色であっても,事前に与えられた情報が異なればまったく違ったふうに見えるものです p3
・医療とは本来,不確実なものです p3
・これほどまでに重要なコミュニケーション術を,医療者は体系的に学ぶ機会がありません p4


 各Chapter表紙にある2年目研修医の唐廻(からまわり)先生のイラストがかわいいです。にくめないキャラで読みやすい体裁です。

 200704_02

 読み進めるのあたって前段の確認はとても大事です。今回は「おわりに」がありませんが、「はじめに」のあとに「おわりに」を読み、それから本文に入る流れをお勧めします。本の目的を明確に意識したうえで読むのが大事です。

 なお、「はじめに」の全文をこちらで読むことができます。ご参照ください。


---
■Chapter1 わかりやすさのコツ

・どうすればわかりやすく話せる? p10~


 これは医療者に限った話ではありません。誰にとっても大事な話です。

 個人的には「場慣れ」だと思っています。初めて口にする内容をうまく話せるのはごく一部の限られた才能のある人だけです。文章にまとめてみる、試しに声に出してみる。遠回りでもこれしかないと感じる次第です。

 という根性論ではなく、理路整然とポイントを挙げて解説されている大前段のChapterです。


---
■Chapter2 言っておけばよかった一言

・患者さんは原因を知りたくて受診する p25
・デメリットをきちんと説明していますか? p46
・最初に関係者全員に説明するほうが、後々の手間が省ける p51~


 経験があります。すべての相談でずっと関係者全員が揃っておく必要はないと思いますけれど、大事なポイントでは揃っている必要があります。また、できるだけ1回目は揃っていてほしいです。すべてを取り仕切っている人が1人で話を聞いてくださるのは問題ないです。
 でも、このあたりって実際にいろいろとお話を伺ってみないとわからないんですよね…比較するのもおこがましいですけれど医師との違いはここかなと感じながら読みました。


---
■Chapter3 スマートに聞き出す一言

・”選択をお手伝いする”という意識をもつ p65~
・何を聞いてもあやふやな患者さん、どう聞き出せばいいの? p68~


 私の仕事も”選択をお手伝いする”です。客観的な比較情報を知っていただき、選択していただくための材料を揃え、明らかに一方に有意な条件があるならそれを伝えるということです。

 FP相談の場合、情報が揃っていなければ揃えていただく必要があります。そのために対応にはすごく時間がかかってしまうこともあります。でも、医師はそんなに時間をかけられないでしょうから本当に大変なことだと敬意を表します。


---
■Chapter4 言わないほうがいい一言

・後医は名医。「後出しじゃんけん」で前医を批判しないこと p84~
・患者さんは医師以上に”悪い結果”が怖い p87~


 「後医は名医」これは私も本当に気をつける必要があると思っています。でも、やはり医師と比較するのは失礼にあたるとも感じます。FP相談でいえば、私のところへ相談に来られる方々の大部分は何か販売提案を受けておられるわけです。私は販売を相談の目的としていません。その意味では批判というよりも客観的な比較情報だと思っていますが、言葉選びは慎重にといつも思っています。


---
■Chapter5 こんなとき、どうしたら?

・わからないことがあるのは当たり前 p107~
・質問の意図をよく考える p118~


 わからないこと、あります。でも複雑で専門性の細分化された医学と違って、FPやお金まわりの制度や仕組みはすべて答えられなくとも誰に聞いたらいいのか、どんなところが窓口なのかは案内可能です。


---
■Chapter6 けいゆう先生の現場で役立つつぶやき

・伝わりそうで伝わらない病院の言葉 p134~
・「標準的な治療を妨げない範囲であれば許容する」という寛容な姿勢を見せるべきでしょう p145
・カルテには患者さんの”プチ情報”を p148~


 プチ情報も大事です。というよりもお金まわりの検討・決定にはプチ情報が背景になってくることが多いです。多少損であっても多少遠回りであっても、生き方や大事にしたいことによって許容されるところが多くあると感じる日々です。


-----

 私は幸いにして大人になってから大きな病気やけがはありません(物心つく前の幼少期には手術や事故を経験していますけれど…)。
 医師と患者は立場が違うだけで根本は同じ人です。人と人のコミュニケーションですからお互いに敬意・配慮が必要ですし、医師側だけでなく患者側こそ自分の体のことなのですから医師との対応方法を適切にしようと思う努力は必要でしょうし、「もったいない」ことにしてしまうのは命に関わることだってあるでしょう。

 この本は若手の医療関係者向けの本とはいえ、患者側が読んでおくことでも良い効果を得られるのは間違いありません。医師に伝えないといけないのはどういった内容なのか、家族はどんな対応が必要なのか、医師が配慮してくれていることをつかむことができればスムーズに物事が進む可能性も高まります。


 医療関係者以外の(私を含む)一般の人は、さまざまな(有象無象の)流行の健康法などの情報を得るよりも医療関係者の方々との向き合い方を知っておくほうがより穏やかに健康を維持できるとさえ感じます。

 また、相談を受ける専門家側の立場におられる方々にとっても配慮したいポイントに気づくことができるでしょう。医療の専門用語を除けば難しい言葉は使われていませんので、親しみを持って読むことのできる本です。

 

 今回の著者である山本医師のこちらの本もお勧めです。
 ・”医者が教える正しい病院のかかり方”読みました。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


”最高のがん治療”読みました


 ”世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった 最高のがん治療”(2020年4月1日 第1刷発行)を読みました。

 200622_02

 著者は津川 友介(つがわ ゆうすけ)医師、勝俣 範之(かつまた のりゆき)医師、大須賀 悟(おおすか さとる)医師、3名による共著です。3名とも実名で情報発信しておられ、お名前につけたリンク先はそれぞれのツイッターです。この本が出版される前から3名ともフォローしています。

 津川医師は「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」、勝俣医師は「医療否定本の嘘」「「抗がん剤は効かない」の罪」、それぞれの本の感想をブログで書かせていただいていますし、大須賀医師はつい先日「あなたのがん知識の正確さを調べるクイズ(12問)」を取り上げました。
 それはそれは信頼性が高すぎて、この本は読まずとも超お勧めなのに違いありませんが、そこはやはりしっかり書いておかねばということで記事にしました。


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。

-----
■はじめに
■おわりに

・世の中には、がんについての情報がたくさんあります。その中には、効果が期待できる正しい情報と、効果がまったく期待できない間違った情報が混在しています p6-7
・正しい情報を発信してトンデモ医療情報が広がるのを防げば、被害に遭てしまう患者さんを救えるかもしれません p228
・インターネットで検索しても出てくる情報は怪しいもののほうが多く、信用できるサイトは本当に数えるほどしかありません p229


 読み進めるにあたって前段の確認はとても大事です。いつも書きますが、「はじめに」のあとに「おわりに」を読み、それから本文に入る流れをお勧めします。本の目的を明確に意識したうえで読むのが大事です。


---
■第1章 「最高のがん治療」はどのように決められるのか

・保険が適用される治療法こそ、最高の治療法である p20~
・標準治療は「スーパーエリート」の治療法 p32~


 この認識が本当に超重要です。「標準治療」は現時点における「最善治療」なんです。
 英語表記時ではGold standard therapy、Best treatmentだそうです。このstandardが標準になってしまったのでしょうね…もったいないです。


---
■第2章 「最高のがん治療」では何をするのか

・抗がん剤がまったく効かないがんはない p60~
・「緩和ケア」は最後の手段ではなく、第4の治療法 p75~
・標準治療以外は「まだ効くかどうかわからない治療法」 p82~
・インターネットや本などで「がんが消える」などと派手に宣伝している自由診療が多いですが、がんに有効であるという科学的根拠を証明したものはありません。もしも科学的根拠があるならば、標準治療として保険適用になっているはずです p94


 勝俣先生による2020/6/13の投稿です。

 私も持っている最新2019年10月15日が第8版の「がん診療レジデントマニュアル」。
 200622_01
 この本は専門書ですから4400円もしますけれど、p19の重要な一覧が今回の本のp61に掲載されています。

 1997年5月の初版にはD群「効果の期待は少ない」には6種類掲載されており、私の持っている情報で2013年10月の第6版でもまだ同じ区分で1つ残っています。これが最新の第8版ではゼロです。
 2013年と比べてA群「治癒が期待できる」は同じままですが、B群は「延命が期待できる」から「症状緩和や延命の効果が十分に期待できる」へ、C群も「症状緩和が期待できる」から「延命効果・症状緩和が期待できる」へ良い方向で変わっています。
 治療は進化してるんです。6年前と比較してもこれです。10年や20年前と比較なんてできないほどの進歩でしょう。標準治療を疑ってかかるのは言葉を選ばずに書けば時代錯誤です。


---
■第3章 食事やサプリでがんは治るのか

・糖質制限にがん治療のメリットはない p113~


 良かれと思って科学的根拠のないことを言ってくる親族・友人・知人…悩ましいですよね。その人たちは基本的に悪意を持ってないんです。「良かれと思って」なんです。なので、みんながこういった本で最低限の知識を持っていれば、こういった悩ましいことは起こらないでしょう。

 なお、稀に「科学的根拠」が通じない人がいます。科学を信じられない人です。国は信じられない、情報は隠されているなどの陰謀論者です。その人たちのよりどころは怪しげな企業や団体だったり、少し影響力のある人の推奨だったり、知り合いの紹介です。そういった方々はこういった本を読んでも理解できません。残念ながら距離を置くしかないです。


---
■第4章 どうしてがんができるのか

・他人からいわれなき非難を受ける方もいます。家族や知人に責められることがあるそうです。これは本当にやめてもらいたいことです p150


 がんになることは誰のせいでもありません。誰も悪くありません。(受け売りです)
 本当に難しいことだと思いますけれど、今と向き合いましょう。これからを考えましょう。


---
■第5章 「トンデモ医療」はどうやって見分けるのか

・拡散されている情報は正しいように見える p157~
・信頼できる専門家の2つの特徴 p166~
 1.標準治療を推奨している
 2.ほかの医師と治療判断が変わらない
・トンデモポイント3「免疫力アップ」という言葉にだまされるな p179~


 「信頼できる専門家の2つの特徴」は、お金の相談でも同じことが言えると感じました。
 1.社会保障(社会保険)を基本ととらえる
 2.あなただけの特別なプラン(自称裏技)を推奨しない
 皆さま、よろしくお願いいたします。

 がん相談支援センターの紹介もありました(p169)ので、リンクをはっておきます。がんのことで悩んだとき、医師や看護師に相談しにくい、ハードルが高い、診察が時間的に先になってしまう、そんなとき迷わず足を運んでもらいたいのが「がん相談支援センター」だと思っています。


---
■第6章 どうやってがんを見つけるのか

・がんが疑われる4つの症状 p184
・図表6-3 検診では見つからないがんがある--進行速度によるがんの分類 p193
・「急速がん」は検診で見つけられないが、抗がん剤がよく効く p194~


 「急速がん」として紹介されている「胚細胞性腫瘍」の1つが精巣腫瘍(精巣がん)です。その精巣腫瘍の患者会さんで私がアドバイザーを務めています。
 <参照ブログカテゴリー> 精巣腫瘍患者友の会ピアサポート


---
■第7章 がんを防ぐために普段の生活で何ができるのか

・お酒は少量なら体によい? 悪い? p216~


 ここの説明、めちゃめちゃ腑に落ちました。私はお酒が人並みに好きです。普段は少量しか飲みませんが、少量でもがんのリスクは上がるそうです。でも、少量であればリスクの下がる疾病が科学的に報告があるようで、私はその疾病のほうが嫌なのでこれからも少量のお酒を飲み続けます(笑)


-----

 この本は一般書です。一般書なのに科学的根拠を明らかにするため注釈・参考文献・参考リンクの紹介に最後18ページも使われています。英語の医学論文を手に取ろうと思う一般の人は私を含めていないと思います。でも、この本は専門家の思い付きで書かれている内容ではないということなんです。根拠があるんです。

 そして、その根拠を医療者でない一般向けに読みやすく紹介されています。がんのことを広く知ってみたいという人には超お勧めですし、自分自身ががんになってしまった、家族ががんになってしまった、友人がなど、この本を読むことでがんに対する理解が進みます。
 がんに対する理解が進めば、がんと闘っている人・がんと一緒に生きている人・がんとこれから向き合うことになる人、支えている人と普通に会話できます。腫れ物に触るようにではなく、普通に会話できることってたいせつなんです。当たり前ですけれど、相談をお受けするにあたっても本当に大事な大前提の知識です。

 

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


ぜひ!【あなたのがん知識の正確さを調べるクイズ(12問)】


 皆さま、これやってみてもらいたいです。

 あなたのがん知識の正確さを調べるクイズ(12問)

 12問です。すぐなのでぜひです。


 精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)でアドバイザーを務めていますので自信あったのですが、1問まちがえてしまいました…
 私が間違えたのは「ドラックラグ」です。微妙な年数が設定されていたので間違ったのかと思っていましたが、大間違いでした。

 このあたりを含めたがんに関するまっとうな情報はこちらの本がお勧めです。
 12問のクイズページを作られた医師もこの本の著者の一人です。

 世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった最高のがん治療
 

 既に私は読みまして近日中に感想記事を投稿できればと思っています。
 ちょっとタイトルが怪しげですけれど、内容は超まっとうです。

 あなたのがん知識の正確さを調べるクイズ(12問)
 ぜひです。



”医者が教える正しい病院のかかり方”読みました。


 ”医者が教える正しい病院のかかり方”(2019年11月30日 第1刷発行)を読みました。

 200215_けいゆう医師

 著者は山本 健人(たけひと)医師。ブログ「外科医の視点」、ツイッターはこちら
 ツイッターでフォローしていまして、とても信頼性の高い情報を発信くださっています。

 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。

-----
■はじめに
■おわりに

・治療を提供してその反応を観察し、時間とともに軌道修正する力が求められることが方が多い p6
・私たちが医師として医業を行う限り、病院に来ない人を救うことはできない p268


 本の紹介の際にはいつも書きますけれど、「はじめに」の流れで本編を読む前に「おわりに(あとがき)」を先に読むスタイルをお勧めします。本の目的・著者の思いを先に知ることができるからです。
 今回も「はじめに」で山本医師の子どものころの大事なエピソード、「おわりに」で情報発信の動機付けを知ることができます。

 この数年でたくさんの医師がwebやSNSで自ら発信してくださるようになってきました。以前は一部の特定の医師だけが孤軍奮闘されているように感じていましたが、増えました。これは本当に大事なことです。根拠のない情報を鵜呑みにしてしまっていたり、一般人が自らの体験で意見したりする数のほうが圧倒的に多く、それらへの反論が放置されてしまい、それらの情報が誤りではないのかと信じてしまう人が一定おられたのではないかと感じます。
 今は信頼性の高い医師が積極的にコメントしてくれることが増え、有象無象の根拠ない話がそのまま放置されることが減ったと感じます。繰り返しになりますが、これはとても大事なことです。


---
■第一章 病院に行く前に

・(診断書について)現場はこの種の仕事でかなり疲弊しているのも事実です。医師でなくてもできる仕事を、もう少し分業できるシステムの導入が必要 p30
・治療しても同じ症状が続くときは病院を替える方がいい? p35~
・拠りどころにすべきなのは、「たった一人の体験談」ではなく、「統計学的なデータに裏付けられた知識」です。 p47


 めちゃめちゃ読み進めやすいです。1つめの引用は保険会社の取り扱う医療保険・がん保険などの取り扱いが悩ましいと私の立場上感じた点です。個人的には診断書代がもっと高くなって良いと思いますし、そこまで費用負担してでも少額の給付金を得ることへの疑問が高まれば、猫も杓子も入院保険という状況から変わることもあるのではと感じる次第です。


---
■第二章 医師との関係に悩んだら

・医師を替えてほしい! 正直に言っていい? p72~
・相性が合わないと感じる医師との関係を我慢して続けることで、治療に対して意欲を持ち続けるのが難しくなっている場合 p73
・セカンドオピニオンは普通の紹介と何が違う? p76~
・何も薬を処方してくれない医師はヤブ? p89~


 医師・弁護士は特にハードルの高い専門資格でしょう。その資格を取得できていることはさまざまな平均値が高いことの表れであることは間違いないように思います。
 とはいえ医師の数は直近で30万人超です。30万人もいれば、いくら高いハードルをクリアしているといえども、良くも悪くも特徴的な人がいて不思議ではありませんし、実際に魂を誰に売ってしまったのだというような科学的根拠に基づかないことを公的医療保険適用外で提供しているケースもあるんです。
 ここまで極端でなくとも、合う合わないは世の常です。自分や家族の命に関わる話なのですから適切に遠慮は無用だと感じる次第です。


---
■第三章 がんについて知っておくべきこと

・外科医は手術が予定通りに行われることを「成功」とは考えていません p120
・自分やご家族の過去に原因を求めたり、がんになった他人に対して「あれが良くなかったのではないか?」と責めたりするのは、あまり意味のない行為 p140
・再発は、手術時にすでに目に見えないレベルでお腹の中に残ったがんが、手術後に「目に見えるレベルまで大きくなったもの」 p159


 がんのことはたくさん私も触れてきています。こちらのリンクもぜひご参照ください。
 <参照ブログカテゴリ> がんとFP


---
■第四章 いざというとき

・救急車を呼ぶべきか迷ったらどうする? p170~
・軽症のときに救急車を使うと、むしろメリットよりもデメリットの方が大きいことに注意が必要 p147
・救急外来に行くと救急専門の医師に診てもらえる? p180~


 私自身、これまで身近・身内で救急車1回・救急外来1回の経験があります。

 救急車は父親が夜中の尿管結石。予兆なく腰の中が尋常じゃない痛みで苦しんでいまして呼びました。
 救急外来は長男が1歳ごろ夜にアレルギー症状が出て、あれは焦りました。今、仮に同じことが起こったら「こどもの救急(ONLINE-QQ)」にアクセスし確認してから判断したと思います。約13年前の当時はこういった情報を知りませんでした。

 その他、本書内で紹介されていた救急車を呼ぶかどうかの際に参考になるサイトです。
 1.救急安心センター事業(♯7119) 総務省消防庁
 2.全国版救急受診アプリ「Q助」 総務省消防庁
 3.救急車利用リーフレット 総務省消防庁


---
■第五章 薬の知識
■第六章 知っておきたい家庭の医学

・週刊誌やテレビでは、「分かりやすい極論」や「センセーショナルな主張」が取り上げられることが多い傾向にあります。ここに書いたような「複雑なうえに煮え切らない話」は面白みがないからです。 p209
・痛み止めはなるべく飲まない方がいいのか? p226~
・抗生物質で風邪は治る? p240~


 医療も社会保障(社会保険)も同じですよね…
 「大変ですよ」「もうだめだ」「安心できない」
 こういった不安をあおる発信が人の目を集めるわけです。

 「大丈夫ですよ」「安心してください」「何も問題ないですよ」
 これだと誰も見てくれなくなるでしょう。新聞・テレビ・雑誌は見てもらってなんぼなんです。悲しいかなこれがすべてだと日々感じます。


-----

 一般向けにとても読みやすい本です。
 一家に一冊あって良い本です。お勧めです。

 

 最後に。なぜFP(ファイナンシャルプランナー)の私がこういった情報を取り上げているのかといえば、がんの患者会のアドバイザーを務めていることで医療関係の情報にアンテナが高くなったことが始まりです。
 公的年金保険をはじめとした社会保障の専門性が高まると、限られた医療関係者の方々の人的資源、団塊の世代が後期高齢者に突入することによる社会全体での金銭的資源(社会保険料と税)の持続性に対してさまざまに感じるところが出てきます。公的年金保険に大きな問題は感じませんが、医療と介護は特に気になります。


 患者の視点では次の2冊もお勧めです。ご参考になりましたら幸いです。
 ・”一流患者と三流患者”読みました。
 ・「最高の医療を受けるための患者学」読みました。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


研修会「若年性のがんとアドバイザーとしてのFP」の講師を務めました


 2020年1月25日(土)日本FP協会継続教育研修にて初めて講師を務めてきました。

 若年性のがんとアドバイザーとしてのFP

 配付資料のタイトルを大公開です。

-----

・本論に入る前に
・<自己開示> がんとFPのこれまで

■がんに関する基礎知識を知る
・がん(悪性腫瘍)を知る
・エビデンスレベル(科学的・臨床的根拠)を知る
・標準治療を知る
・抗がん剤(・分子標的薬剤)を適切に知る

■若年性のがんを知る
・がん罹患率~年齢による変化
・がん罹患者の年代別割合
・精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】
・精巣腫瘍とは
・抗がん剤の副作用を知る
患者会【J-TAG】ピアサポートとFP
・ピアサポーターの役割

■アドバイザーとしてのFP
・各専門家とチーム医療
・FPの役割
・がん治療とお金の問題は世代の違いで仕組みが変わる
・【事例】 精巣腫瘍患者/経験者/家族からの相談
・ピアサポートで受ける機会の多い質問
・現役世代における金銭的リスクの大きさを改めて考える
・がん保険と若い世代を考える
・心構えと願望
・がんは誰のせいでもない
・参考書籍

-----

 申込130名で欠席はたった1名ということで、これだけの人数の前で話をさせていただくのは本当に久しぶりだったのですが、良くも悪くも興味のある人と無い人の差が勝手ながら半々くらいで見て取れるかなと事前に想定していたのが裏切られました。
 配っていない資料・データを投影した際や資料の説明ではなく私の考え方や思うところをお伝えする場面では、本当に多くの方々が前を向いて顔を見せてくださり、失礼ながら驚いてしまいました。

 参加者40名・支部関係者20名の懇親会でも、ご自身やご家族ががんをはじめとする病気を経験されている方々が順々にお声がけくださり、関心の高さを感じました。
 私の前の講義がFP資格維持に必須の「倫理」という単位だったので目的はそちらの方々が多いと思っていたのですが、「がん」を見て申し込んだという方々も一定おられ、思い切って新ネタを作って良かったです。

 受講くださった皆さま、日本FP協会京都支部関係者の皆さま、本当にありがとうございました!

-----

 今回の内容はFP資格をお持ちの方々向けの教育研修でしたので、一般化は難しいと思っています。京都支部の方々に限らずFPつながりの薄い私ですので、おそらく1回限りでしょう。患者会の方々に報告を入れて完了です。資料は力作なのでもったいないところですけれど、130名ものFP資格保有者の方々に聞いていただけたので良しとします。


 28(火)午後は滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部(草津会場)にて2020年5月検定向けFP3級資格取得講座(全14回)講師対応の第3回目、公的年金保険です。