FC2ブログ

15シーズン目! / 【2020年1月検定向け】京都リビング新聞社「FP3級資格取得講座」


 2019年7月27日(7月26日配布)号の京都リビング新聞に掲載されました。

 190727_掲載_400

 ↓こちらの画像をクリックいただければ、もう少し大きく表示されます。
 190727_掲載_640

 <追記>
  8月3日号にも掲載がありました!
  中央版・西南版は写真なし、東南版は写真ありです。 


 来年2020年1月の検定に向けた全14回の講座、初めて開講した2011年1月向けから数えて今回で15シーズン目、丸9年となります。
 今シーズンは木曜日の夕方と金曜日の午前中の講座です。両方が開講される(最少開講人数を満たす)ことになれば、振り替えも可能です。振り替えとは木曜夕方講座を申し込んでいてもたまたま都合が悪くなってしまわれた場合に金曜午前講座を受講いただくことができる(反対も同様)というものです。

-----

 今回の告知にはトピック的な文章を入れていただきました。

・テレビや新聞に出てくる話題の背景や生活に役立つ知識が得られる
・自身、家族にあてはめることでより理解が深まる

 この2つが私のこだわりです。資格取得講座ですので、講座の目的は資格取得が第一であることはもちろんなのですが、リビングさんでの講座を受講くださる方々は”生活に役立つ”知識や情報を求めておられる傾向が強いと感じています。
 今回は直前に選挙があったことで、的外れにあおられた社会保障(特に公的年金保険)がありました。これは最低限の基礎知識と、連続講座ならではの脱線話があれば惑わされることはありません。ここが本当に大事だと考える次第です。


 実際に講座では検定にあまり出題されない、かつ普段の生活ではほぼ関わらないであろう項目はおもいきって省いています。そしてその分、実生活に関わる内容や実際の相談の例などを組み込んでいます。
 それほど大人数ではありませんので、講師との距離が近いのもこの講座の特長です。

 全14回を1人で受け持っていますので、横断的に講義を進めることができるのも大きな特徴だと思っています。(各専門学校等の講座は課目ごとに講師が変わるのが通常です)

 ※ 14週連続の講座ですので不測の事態に備え、2020年1月9日(木)と1月10日(金)を予備日として設定しています。詳しくは事前説明会でもご案内します。

-----

 事前説明会(無料)を開催しますので、資格取得に興味をお持ちの方々や受講を悩んでおられる方々だけでなく、ファイナンシャルプランナー(FP)という資格そのものを知ってみたいと思われている方々がお越しくださっても大丈夫です。ぜひぜひです。

 2019年9月5日(木)15時20分~
 2019年9月6日(金)10時20分~
  ※ いずれも1時間ほど予定しています。

 webはこちらです。
 京都リビング新聞カルチャー倶楽部ファイナンシャルプランナー養成講座

-----

 6シーズン目までは12回講座、7シーズン目から13回講座へ1回増え、11シーズン目からさらに1回増やして14回講座としています。

 各種法律・制度の改定内容や枝葉の仕組みもどんどん増えており、ファイナンシャルプランナーのカバー領域は年々広く深くなっています。3級講座ですのですべての項目について深追いしません(できません)し、たいせつなのは基礎の基礎であるのは間違いないのですが、「生活に役立つ」にこだわっているため回数を増やさざるを得ませんでした。とにかく幅広く学べますので楽しんでいただけることはお約束できます。

 2級講座は開講しないのかという質問もよくいただきます。私はファイナンシャルプランナー(FP)のすそ野を広げる3級講座にこだわって講師を務めています。ご容赦をお願いしたいです。
 まずは事前説明会への皆さまのご参加を心よりお待ちしています。


 なお、よくいただく質問がありますので前もってお答えしておきます。
 「(広告費)高かったでしょ??」

 普通にこのサイズで広告を掲載すればそれなりの費用が掛かると思いますが、おかげさまで私の費用負担はゼロです。あくまでもカルチャークラブさんの講座案内ですので広告枠ではありません。皆さんが受講くださることで講師料もいただきます。他のページに掲載されている無料もしくはお茶・菓子代程度が参加費のマネーセミナーとは異なる位置づけの講座です。

 という宣伝・ポジショントークでした。
 この度もどうぞよろしくお願いいたします。

-----

 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com


贈与と相続は表裏一体 / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座<第14回目:最終回>


 18(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 2019年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第14回目、最終回の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の講座でした。

 <最終回!第14回目の項目>
 相続/贈与②
 ・贈与税の仕組みと特例
 ・贈与税の各種非課税措置(教育資金・結婚/子育て資金・住宅資金)
 ・相続税・贈与税における不動産の評価
 ・【番外編】相続のたいせつな基礎知識
 検定対策
 ・検定に向けての準備と心構え
 ・学科・実技の過去問題の解法解説


 9月より始まった講座も最終回となりました。

 贈与と相続は表裏一体です。贈与においても相続と同じで、相手に渡したという事実(民法)と税金の考え方(税法)は切り分ける必要があります。身近で耳にする特例などもありますので、できるだけ事例をまじえてお話ししています。

 番外編はこの課目のまとめといえます。相続においても他の項目と同じで、今を明らかにしなければ将来は明らかになりません。今の延長線上に将来があるわけです。実生活において今を把握することのたいせつさを繰り返しお話させていただきました。


 検定対策は、学科の〇×や三択、例題の与えられる実技、それぞれ知っておくと問題文を見ても惑わされず余裕の生まれるチェックポイントがあります。
 また、検定会場の独特の雰囲気に慣れず落ち着かないまま受検するのももったいないですから心構え的なお話も定番です。

 受講してくださった皆さま、ひとまずありがとうございました。
 検定日は来月1/27(日)です。受検される皆さまを大応援です!

-----

 講座の最後にアンケートにご協力いただいています。
 感想の一部をご紹介します。
 
 「お金にまつわる事が聞けて、大変有意義でした」

 「この講座を受講できて非常に良かった」

 「講座の内容は資格とは別に実生活で大変勉強になりました」

 皆さま、嬉しいです。本当にありがとうございました!!


 質問をよくいただくのですが、2級講座の開講予定はありませんし今後もありません。

 私の講座の特徴は6課目を1人で受け持っていることです。2級はかなりの講座数が必要で、とても対応しきれません。また、基礎の基礎を学んでもらう人を増やしたいというのが開講の大きな主旨です。

 おかげさまで京都リビングさんは毎年1回の開催を継続的に依頼くださっており、また滋賀リビングさんでも数年に1回は今後も続いていく予定です。講師を務める者として本当に嬉しい限りです。ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

-----

 20(木)・21(金)いずれも個別相談2件お受けします。


人はいずれ必ず亡くなります / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座<第13回目>


 11(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 2019年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第13回目の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第13回目の項目>
 相続①
 ・相続の基礎と法定相続人
 ・代襲相続・放棄
 ・遺産分割と遺言・遺留分
 ・相続税の仕組みと基礎控除
 ・相続税の計算・申告と特例


 人はいずれ必ず亡くなります。
 両親など上の世代だけでなく、私も私の子どもたちも、そして皆さんもです。

 相続とはいわゆる資産家と呼ばれる方々だけの話ではありません。
 講座を受けていない人にも伝えたいのは「家系図を書いてみましょう」そして何よりも「相続の登場人物を確認しましょう」ということ。

 <過去参照コラム>まずは登場人物の把握を!<2015年より相続税の仕組みが変わります>


 相続を「争続」などのように表現するのは私としては好きになれません。確かにそのように表現せざるを得ない事実が存在することも間違いありませんが、不安をあおる表現はどうしても好きになれません。
 裏技のような特異な手法が必要なケースは稀であり、基礎の基礎である知識や知恵があればその多くは問題なく解決するはずです。

 相続を考えるうえでの大前提は、実際の分け方(民法)と相続税の考え方(相続税法)の違いを把握すること。この2つをしっかり区分けすることが実務においても混乱しにくい第一歩です。

 <参照ブログカテゴリ> 相続・贈与


  今年は相続に関する法律が約40年ぶりに改正されました。施行は年明け以降に順次で具体的に確定していないものが多いので今回の検定には関係ありませんが、遺言書のこと、配偶者居住権のことはトピック的に概要をお話ししました。

 <参照リンク> 約40年ぶりに変わる“相続法”!相続の何が、どう変わる? -政府広報オンライン-

 皆さま、お疲れさまでした! 次回で最終回です!

-----

 13(木)・14(金)ともに終日事務所の予定です。
 個別相談を数件お受けします。



土地建物も資産の1つとしてとらえる / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座<第12回目>

 4(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 2019年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第12回目の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第12回目の項目>
 不動産②
 ・都市計画法
 ・建築基準法の用途地域・道路の定義
 ・建ぺい率・容積率
 ・区分所有法・農地法
 ・取得時と保有時の税金、譲渡時の税金と特例
 ・【番外編】住宅購入の考え方


 webで検索すれば情報をすぐに得ることのできる時代です。都市計画区域、用途地域、建ぺい率や容積率も身近な自宅や実家の情報を見てみることがたいせつです。

<参照web>
 ・京都府 都市計画区域等
 ・京都市都市計画情報等の検索(用途地域・高度地区,防火・準防火地域,都市施設,景観保全,屋外広告物,眺望景観,既成都市区域,宅地造成工事規制区域,生産緑地地区)
  ※ 建ぺい率・容積率の情報もこちらです。


 細い道や路地の多い京都だからこそ、建築基準法の2項道路・セットバック・接道義務という基礎的な内容への反応もとても大きいです。

 各種税金の仕組みを知ることで土地や建物は持っているだけでは何も富を生み出さないことから、対処や有効活用の考え方の重要性を具体的に知ることができます。
 一般には投資としての不動産よりも居住用としての不動産の感覚が強く、一家の基礎となる資産という印象が強いように感じます。

 不動産の番外編(実務ネタ)は、住宅購入とローン返済の考え方をお話ししました。この内容も恒例です。
 不動産を単独として考えるのではなく、土地や建物も資産の1つとしてとらえることができれば、これまで学んできたライフプランニング・リスク管理・金融資産・そしてタックスとも一緒に考えていく重要性が明らかになり、最後の課目である相続ともつながってきます。


 次回は最終6つめの相続に突入します。
 皆さま、お疲れさまでした!残るはあと2回です!

<参照ブログカテゴリー> 住宅購入・不動産

-----

 6(木)打ち合わせ2件です。


最も身近に存在する自分自身や家族の情報を調べてみるというのが何においても幅広い理解への最短距離 / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座<第11回目>


 27(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 2019年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第11回目の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第11回目の項目>
 タックスプランニング③
 ・税額控除(住宅ローン控除)
 ・確定申告と青色申告
 ・<参考>住民税・消費税・マイナンバー
 不動産①
 ・不動産の基礎用語と登記
 ・土地の価格(公示・基準地標準・路線価・固定資産税評価額)
 ・取引・媒介契約・手付金・報酬の限度額
 ・借地借家法


 所得税は最後に住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)と青色申告のポイントを押さえます。
 実務で考えればそれぞれについて詳細な項目がたくさんありますが(繰り返しになりますけれど)3級では仕組みの存在と概要を知っておくことがたいせつです。

 2019年10月から変わる消費税は時事ネタとして少しだけ触れました。
 ちなみに私は軽減税率もポイント還元もいわゆる商品券も大反対です。低所得者の方々に現金給付に絞ってもらいたいです。そこで大事になるのは低所得だけど高資産の方々を除外してもらいたいこと。でもこれにはマイナンバーを金融機関口座と連携させて本格稼働しないといけないので、まだまだ難しいことだと感じます。
 一応書いておきますが、ここでいう高資産とはたかだか数千万円程度ではなく数億円以上だと思っています。

 <参照ブログ記事> マイナンバーの本格運用と「~に思うこと」


 5つめの課目「不動産」に突入です。私の講座での到達目標は「不動産広告の小さな字の説明書きを読んでみようと思えること」です。できるだけ身近に感じてもらいやすい例を盛り込みながら進めています。

 不動産取引の目安の1つ基準値標準価格の最新情報(9月下旬発表)は京都で具体的な場所を挙げ、商業地と住宅地の違いや価格の推移をお話ししました。
 固定資産税評価額は最も身近に存在する自分自身や家族の情報を調べてみるというのが何においても幅広い理解への最短距離です。
 そして定期借地でいえば下鴨神社や梨木神社の事例です。

 <参照ブログカテゴリ> 住宅購入・不動産


 皆さま、お疲れさまでした!残るはあと3回です!

-----

 29(木)個別相談2件お受けします。