FC2ブログ

”いらない保険”読みました。


 ”いらない保険 ~生命保険会社が知られたくない「本当の話」~”(2019年3月18日第1刷)を読みました。

 190418_01

 著者は保険相談室 代表の後田亨さん。後田さんが代表理事のオフィスバトンさんのfacebookページにて4月11日に3刷と書いておられました。おめでとうございます!


 まず始めに書いておきます。後田さんとは友人(すみません!)ですので、ひいき目があります。ご承知おきのうえ以降をお読みください。

 今回の本は共著ということです。医療情報学・医療経済学が専門の永田宏さんのことは私はまったく知りません。
 いつも通りアウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

-----
■はじめに
■序章 その保険、本当に頼りになるの?
■第1章 最強の保険は健康保険

・医療費が払えずに自己破産したひとを、あなたは何人知っていますか。少なくとも、筆者の親戚や友人・知人のなかに、医療がもとで自己破産したひとは皆無です。 p34

・実は、現役の医師の多くが「どんな病気でも、社会復帰や家庭復帰までの医療費は50万円で済む」と言っています。 p37

・我々としてはせめて、健康保険だけでも維持できる方向を模索しなければなりません。 p47


 この本は「筆者(N)」=永田氏、「筆者(U)」=後田さん、このように本文の流れで明記されている部分はありますが、基本的にどちらが書かれたのか一般にはわからない体裁です。ただ、これまで後田さんの本を何冊も読み、web記事も多く読み、メールでも喧々諤々のやり取りをさせてもらっている私ですので、どちらがどちらの文章か明確にわかります。

 最初に引用した3文はすべて永田氏です。冒頭の著書写真をご覧ください。後田さんは「永田さんの知見や見解については、反論できる知見を持たないため、横流し(?)状態です」と書かれています。

 順番に書いていきます。


 1つめです。
 自己破産者の件、こちらのサイトの信頼性が何とも言えないので申し訳ないのですが、元データを探す時間を作れなかったので許してください。2018年で自己破産者は7万人超(ちなみに2003年は24万人超!)。原因(複数回答)で「病気・医療費」は第4位の20%超です。
 もう1つリンクです。 「生活保護」に関する公的統計データ一覧 国立社会保障・人口問題研究所のデータです。11の「保護の開始理由別被保護世帯数の年次推移」で生活保護の開始理由を確認すると、傷病が理由が2000年代に入ってからは40~20%台です。それ以前の30年ほどは70~50%台です。
 生活保護=自己破産ではありませんけれど、傷病が原因で困窮した人を知らないのはN(母数)の小さな範囲でしかないからです。私だって身内も含めて知り合いのなかで「医療がもとで自己破産したひとは皆無」です。だからと言って、この書き方は専門家としてどうなのかと強い疑問を感じます。

 2つめです。
 現役医師の「多く」とは何を示しているのでしょうか。永田氏が関わる医師の方々に直接この「50万円」を確認したのは何人でしょうか。
 私は医師からFP相談を受ける機会がこれまで何件もありました。数十件ではありませんが、高額療養費や傷病手当金など健康保険の仕組みについて具体的な額を詳細に把握していた医師は多くありません。また、ここでの50万円の根拠も非常におおざっぱです。直前に事例を1つ挙げておられるとはいえ、直感的な数字ではないかと感じるほどです。
 私もSNS(ツイッター)を使い始めたころ、安易に「多く」という表現を使い、その根拠を匿名の業界人から執拗に責められた経験があります。その際の「多く」とは私の身近にあった当時20~30を母数とした数字での「多く」でした。それでも日本全体で考えれば、その限りではないと勉強になりました。

 3つめです。
 社会保障のなかで「健康保険だけ」が維持されても何も解決になりません。社会保険でいえば介護・年金も同列に扱わねばなりませんし、この3つでいえば現状で維持が困難に感じるのは健康保険と介護です。その意味合いから健康保険を維持という表現を使っておられるのであれば何も問題を感じなかったのですが、この本での永田氏の全体の論調からは公的年金保険について明るくないのがひしひしと伝わってきますので、公的年金との比較の面からだと私は読み取りました。この本では不要な文章の1つです(すみません 


-----
■第2章 がん保険の「ストーリー」にだまされるな

・がん患者は増えているのか? p59~

■第3章 介護保険に勝る現実的方策

・その保険、30~40年後に使える? p102~

■第4章 貯蓄・運用目的の保険はいらない

・国の制度をどう考えるか p130~
・年金の年齢による線引きへの疑問 p143~


 この3つの章の全文が後田さんの文章というわけではありませんが、引用の項目部分は後田さんに間違いなく、安定の内容で安心して読めました。
 第2章のがん患者の件はデータの背景、第3章での健康寿命については統計方法、第4章では公的年金の信頼性をきちんと書いておられ、さすが後田さんです。

 ※ 追記
  p102~の執筆者が後田さんではなかったことがわかりました。
  言い切っていながらお恥ずかしい…


-----
■第5章 結局、「保険」をどうすればいいの?

・死亡保険金はいくらにするのか? p156~
・就業不能保険はどうする? p162~
・気をつけたい「独立系FP」 p173~


 ハイライトはここです。
 以前の本「生命保険は「入るほど損」?!」で私が原稿協力させていただきました遺族年金につきまして、当時は1ページでしたけれど、今回は2ページです!
 以前は会社員バージョンだけでしたが、今回は自営業者と母子家庭・父子家庭も掲載されています。あくまでも目安とはいえ、ぜひぜひ参考にしてもらいたいです。


 そして、2つめの「就業不能保険」の件、ここは後田さんにもつっこんでおきます。
 具体例を出しておられるアクサダイレクトの商品をこの記事では評価しませんが、後田さん自身(60歳!)の試算で月9300円という例だけ取り上げておられます。
 同じ内容で30歳なら月4860円、35歳で月5360円でした。しかも保険期間は例と同じ70歳までですから非常に大きな保障だと感じます。若い人の場合の事例も比較として取り上げてもらいたかったです。
 

 3つめの独立系FPのところは、、、悩ましいですよね。私は独立系FPと名乗ることはありません。積極的に名乗っている人たちを目にする機会がありますが、そういった方々と一緒に見られたいと思えないからです。


-----
■終章 保険はあなたの人生を保障してくれない
■おわりに

・実際、政府は「年金支給開始を70歳に引き上げよう」と言い出していますし、「75歳から」の声もチラホラ聞こえ始めています。 p185


 もうおわかりですね。ここは永田氏の部分です。仮にも医療経済学を専門とされているならこの発言はいただけません。
 「年金支給開始を70歳に引き上げよう」と政府は言い出していませんし、「75歳から」の声もチラホラ聞こえ始めているとすれば報道の見出しを先入観で受け取ってしまっているだけのことで、明らかに誤ったとらえ方をしておられます。このあたり、ご興味お持ちの方はこのブログのカテゴリ「ねんきん」をぜひご参照ください。


-----

 最後に。この本のタイトルは「保険はいらない」ではなく「いらない保険」ですからね!
 生命保険について保険会社や代理店の方々とは異なる切り口で情報と接してみたいという意味合いにおいてはお勧めできる本です。

 ただし、特に永田氏の部分(初めて後田さんの文章を読む人にとっては違いが分からない…)は注意しながら読んでいただく必要があります。本当にそうなのか?と疑問を持つことが大事だと感じます。もちろんすべての文章に信頼性が欠けるとは思いません。あまりにも安定感が無いんです…(すみません

 今後も私がデータ提供させていただく機会があるとすれば、後田さん1人での本に限ろうと今回決意しました次第です。
 とりあえず、、、後田さん、こんな書評でごめんなさい m(_ _)m

 
 後田さんの本の感想は何本も書いていまして、前著もご紹介しておきます。
 ”「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由”読みました。
 
 長文をお読みくださり、ありがとうございました。



会社の福利厚生を調べてみます / 社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】の2回目を開催!


 23(土)午後、第10シーズン2回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】

 ミニセミナーとしては29回目です。内容はこれまでとまったく同じですので前回の記録記事もご参照ください。
 社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】 / ミニセミナー第10シーズンスタート!


 おかげさまで今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。アンケートの感想を一部ご紹介します。

---

 「会社の福利厚生を調べてみます」

 「たくさん入りすぎていることがわかりました。見直しを検討します」

 「いろんなデータがおもしろかったです」


 保険営業の方々、ファイナンシャルプランナーに相談といいながら結局は無料で保険契約につなげる流れの件、いずれも選択肢の1つであることを知ってもらう必要があると考えています。

 保険商品が不要だなんて私も考えていません。ただ、こういった方々はすべての解決を保険商品で考えてしまわれるわけです。
 私のスタンスは「金融商品の活用は必要最低限」です。保険商品も金融商品の1つです。こういった方々は「金融商品を最大限に活用」する案をくださっているんです。
 どちらが良いとか悪いとかではありません。できれば両方の話を聞いて自分や家族に合うと感じられる方向性を判断いただきたいと考えます。

 ご参加くださいました皆さま、本当にありがとうございました!!

---

 3回目は来月3/16(土)です。
 詳細は、自主開催セミナー情報をご参照くださいませ。
 現状は席に余裕があります。ご興味おありの場合はぜひぜひです。


社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】 / ミニセミナー第10シーズンスタート!


 19(土)午後、第10シーズン1回目(通算28回目)のミニセミナーを事務所にて開催することができました。

 社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】

 190119_01

 配付資料のタイトルを大公開です。

-----

■ 死亡保障の前提を知る
・何のための生命保険【死亡保障】か ~ 人生は長い ~
・人口推移と将来推計人口 ~ 多くの人が長生きできる現代 ~
・死亡数及び死亡率の年次推移 −1899~2012年−
・性・年齢階級別にみた主な死因の死亡数 −2016年−
・主な死因別にみた死亡率の年次推移 −1947~2016年−
・保険の目的は? 何に備える?
・生命保険って本当に必要でしょうか
・払込総額を知る ~ 毎月の負担が大きくなければ問題なし? ~

■ 公的な死亡保障の仕組みを知る
・社会保障と企業保障の考え方をつかむ! ~ あなたや家族のための保障とは ~
・公的年金保険の保障を知る
・公的 “年金保険” 制度の役割
・【夫】【妻】が死亡したとき ~ 遺族年金 ~
・遺族厚生年金の簡易計算法

■ 自分や家族に適した死亡保障の考え方を知る
・自分で備えるべき保障を考える! ~ 足りないことは何なのか ~
・シンプルな死亡保障商品
・教育費の平均【目安】を知る
・その保障、必要でしょうか?
・メリットとデメリットを知る!
・「今を知る」がすべての始まり
・これから必ずしてもらいたいこと ~ 優先順位・選択肢を知る ~
・生命保険【死亡保障】相談で確認したい4つのポイント
・相談するなら、どんな人に??
・お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

-----

 アンケートにご記入くださった感想をご紹介します。

 「まもなく子どもが生まれますので、大きすぎない保険に夫婦で入ろうと思いました」

 「遺族年金、勉強になりました」

 「医療保障編も受講したいです」

 こじんまりしたセミナーです。セミナー後の深すぎる質疑応答も楽しい時間でした。お役に立てたと思います。ひと安心です。

 190119_02
 今回のお菓子も出町ふたばさん。豆餅と桜餅でした。

 ご参加くださいました若干名の皆さま、ありがとうございました!!

-----

 社会保障の仕組みを知って自分に適した生命保険を考えるためのセミナー【死亡保障編】の第2回目は2019/2/23(土)、第3回目は2019/3/16(土)です。

 いずれも現状は席(定員4名)に余裕あります。blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。


 21(月)個別相談1件お受けします。


答えは1(イチ)か0(ゼロ)の二択ではありません


 久しぶりにコラムを書きました。

 高齢の将来、病気に備える医療保険の考え方と2つの視点

 最初はブログ記事のつもりだったのですが、思ったより文量が増えましたのでコラムの体裁に変更しました。

-----

 本当は2つめの「手続きの問題」だけを書きたかったんです。でも、1つめの「保険料の払込総額」とワンセットだなと思いました次第です。
 この2つめの視点が書かれているコラムって、私は見たことがありません。実際に相談を受けているからこそだと思っています。


 相談を受けていて痛感するのは、保険加入はまだまだ「人」とのつながりと切り離せないことです。

 「いざというときにはあの人(保険商品の担当)がサポートしてくれるので大丈夫」

 ご自身が高齢になったとき、「あの人」は何歳でしょうか。
 まだサポートしてくれそうでしょうか。


 「あの人(同)が引退したらやめます(解約します)」

 毎月何千円・何万円は年間で数万円から数十万円です。
 それほど大きな金額を必要とする付き合いでしょうか。

-----

 相談をお受けしていて感じるのは、考え方はよくわかるけれど、やっぱり義理もある…という流れです。

 答えは1(イチ)か0(ゼロ)の二択ではありません。さまざまな折衷案も一緒に考えていけることが報酬の発生する相談の特徴だと思っています。
 ご参考になりましたら幸いです。

 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 生命保険相談



身内にきちんと説明できないようなものは加入・契約・購入する必要のないもの


 先日、私自身の所用で某ゆ〇ちょ銀行の比較的大きな店舗の窓口で1件手続きを依頼し、待合いに座っていました。

 店舗全体としてはすいていましたし、カウンター奥の職員さんも手のあいておられる方は何人かおられそうでしたが、3つあるカウンターのうち1つでおばあさんが長時間お話しされていたこともあってか十数分ほど待ちました。

 このおばあさん、間違いなく後期高齢者です。背も小さく小柄で声も小さく、「貯金・保険」カウンターの女性の職員さんに通帳を見てもらいながら説明を受けておられまして、同じことの繰り返しだったので耳に入ってきました。

-----

 職員さん 「今加入している保険は月の保険料が5万円ちょっとですよ」
 おばあさん「えっ…!? 保険だったの…」

 職 「はい、保険です」
    年払の保険料60万円が数日後に引き落とされます」
 お 「そんなにたくさんは困ります…」
 
 職 「他にも、ひ△わり生命というところから
    毎月2万□千円が引き落とされていますね」
 お 「それもよくわからないの…」

-----

 この職員さんは事実を丁寧に説明されていました。対応として間違っておられないと感じました。
 ただ残念なことに、当然ながらどのように契約内容を変更したいかのような流れにはされません。おばあさんも解約したいというようなことは、はっきりと言われません。

 会話の状況からこの店舗の窓口で加入されたのではないようです。となれば営業職員さんが自宅を訪問してこられて契約されたのでしょう。

 私の立場的にはクチを挟みたくなりましたが、さすがにそんなことはできませんので、最後まで聞かずその場から離れました。おばあさんのその後が気になるところです。


 お伝えしたいのは1つです。

 このおばあさんのような年齢帯の方々には大手金融機関の肩書はまだまだ信頼度の高い位置づけであることが多いと思います。私のような立場を知ってもらう機会はなかなか難しいです。こうした文章を見てもらう機会もほぼゼロです。

 ですので大事なのはこの文章を見てくださった方々の両親や親族や身近におられる方々には十分な注意喚起をしてもらいたいんです。


 提案を受けたり、資料を受け取るのは自由です。でも、その提案内容や資料を受け取ってすぐに契約してしまうことのないようにワンクッション、相談してもらう流れにしたいたいんです。

 ここでの相談というのは私、京極・出町FP相談への相談ということではなく、身近におられる方々への相談です。
 身内にきちんと説明できないようなものは加入・契約・購入する必要のないものです。これは言い切れます。

-----

 高齢者の方々に金融機関の営業担当さん以外にも相談できる専門家が世の中には存在するということを知ってもらうには、webでの情報発信では伝わりません。
 新聞や折り込みやポストインでのチラシなどが常時届くような仕組みで、「見慣れている」存在にまでならないといけません。

 それだけの手間暇と広告料を私が負担するとして、それを回収するためには相談報酬をアップしないといけなくなりそうです。というわけで、この記事をお読みくださった皆さま、身近な方々への声がけはたいせつです。

 大きなことはできません。
 まずは手の届く範囲の方々のお役に立てるよう、地道にがんばってまいります。


 ゆうち〇銀行の「貯金・保険」カウンターは一緒にせず、貯金カウンターと保険カウンターにぜひ分けてもらいたいです。

 <過去参照記事> お客さまサービス部という肩書