FC2ブログ

判断に必要な情報や選択肢を得ていただけるようにするのが私のたいせつな役割 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート京都67回目


 10(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第76回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算67回目です。

 京都は今年度からおおよそ3ヶ月に1回の開催となっています。
 前回、5月の開催の記録は↓こちら。
 「あいかわらず営業下手ですねー…」 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート66回目

 大阪(吹田)はおおよそ毎月の開催で、私は3ヶ月に1回を目標に参加しています。
 私が初めて参加した7月の記録は↓こちら。
 何よりも大事なのは社会の仕組みを知ること / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート吹田1回目

-----

 今回は11名の参加がありました。 

 2012~2013年ごろに治療されていた方々が経過観察で外来に来られているケースが多かったです。血液検査と画像診断、異常なしの結果でまさに安堵の表情をされていました。治療中の姿を知っているからこそ、私も感じるところは大きいです。

 いわゆる不妊治療・体外受精の話も出ていました。医療的な話はもちろん私では分かりませんが、3人の子のある父として意見を求めてくださったことや、自治体による助成、そして産休・育休や勤務先の制度などのチェックポイントはお伝えできました。

 判断するのは本人であり家族です。その判断に必要な情報や選択肢を得ていただけるようにするのが私のたいせつな役割です。


 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】


 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、専門家としてのFPが当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと願っています。

----- 

 次回の京都は11/9(金)です。患者会さんのオフィシャルサイトやfacebookページで吹田(大阪)や筑波(茨城)の開催案内も掲載されていますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!


 なお、8/11(土・祝)と8/12(日)は東京でジャパンキャンサーフォーラムというイベント(第5回目)が開催されており、精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)もブースを構え、代表の改發さんが参加されています。精巣腫瘍に関するセッションも日曜には予定されています。私は第1回目、まだ秋葉キャンサーフォーラムという名称だった2014年に参加しました。一般の人が医療者の発表を気軽に聞ける希少な場です。ご参考になりましたら幸いです。


何よりも大事なのは社会の仕組みを知ること / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート吹田1回目


 14(土)、大阪府済生会吹田病院で毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、ピアサポート(13~16時)にアドバイザーとして参加してきました。

 180714_21

 私の参加は京都も合わせすと通算67回目ですが、大阪(吹田)は初めての参加です。


 京都はこれまで毎月(原則第2金曜)開催でしたが、今年度から3ヶ月に1回の開催となりました。
 前回、5月の開催の記録は↓こちら。
 「あいかわらず営業下手ですねー…」 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート66回目
 次回は8/10(金)の予定です。

 吹田(大阪)は毎月(原則第2土曜)開催されていましたが、私はこれまで京都に参加していたこと、土日は相談対応や家庭の事情などで調整が難しかったことから参加できていませんでした。
 今後、大阪も私は3ヶ月に1回のペースで参加していく予定です。

-----

 今回は4組10名の参加がありました。 

 ステージⅠでまさに睾丸を摘出されたところで今後の治療方針について情報収集されている方、ステージⅡで昨年治療が一旦完了された方、ステージⅢで年明けに最後の手術を受けられた方、5年前に治療を終えられた方など、さまざまなケースとはいえ10万人に1~2人といわれる精巣腫瘍ですので、治療中を含めて身近に同じ症状を持った人はおられないことがほとんどですので、気持ちを共有・共感できたり、出会ってすぐから仲間意識というのでしょうか、本当に大事な場だといつも感じます。


 私への質問としては高額療養費・健保組合による付加給付・限度額適用認定証、そして治療が落ち着いた後の住宅購入や子育てなど将来に渡るお金の考え方についてお受けしました。

 治療と向き合った後にお金にまつわる疑問や不安が出てくるという順のケースが多いです。そして、何よりも大事なのは社会の仕組みを知ることです。社会の仕組みとは社会保障(社会保険)です。ファイナンスは金融という言葉ですが、金融知識・情報が役立つのはその次です。

 180714_22

 早いものでピアサポートをお手伝いして6年たちました。患者会さんと出会ってからは8年です。

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと思っています。


 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回の京都は8/10(金)、大阪は9/8(土)の予定です。ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月開催されています。患者会さんのfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 ちなみに8/11(土)-12(日)は東京の国立がん研究センター築地キャンパスでジャパンキャンサーフォーラム2018が開催され、J-TAGもブース出展し、精巣腫瘍のセッションも予定されています。
 入場無料で事前登録も不要ということで、がんに関して知ってみたいという皆さま、各がん種について医師の話を聞ける場は多くありませんので、希少な機会だと思います。なお、今回私は参加しません。2014年に参加しました。


 代表の改發さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!



「あいかわらず営業下手ですねー…」 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート66回目


 11(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第75回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算66回目です。

 前回、3月の開催の記録は↓こちら。
 慎重に慎重を重ねた熟慮が必要 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート65回目


 2018年度より京都でのピアサポートは原則的に3ヶ月に1回(第2金曜)の開催となりました。
 その代わり、吹田(大阪)での開催は原則毎月(第2土曜)です。土曜日に私が参加するのはかなり難易度が高いのですが、京都の開催が少なくなりましたので吹田にも3ヶ月に1回程度は参加できればと考えています。

-----

 今回は8名の参加がありました。 

 2年前に大学生の息子さんの件で参加されていたお母さん、治療が落ち着かれて息子さんも無事に就職され、将来的に生命保険には加入できるのかという質問をいただきました。

 まずは何よりも「就職おめでとうございます」からお話しし、保険商品への加入に限らない選択肢を考えられる範囲でお伝えしました。


 手前味噌で申し訳ないのですが、結婚やお子さんの誕生などの「イベント」が見込まれる際には相談いただければお役に立てることもあると思いますとお伝えしましたところ、横で聞いてくださっていた患者会の代表さんが「あいかわらず営業下手ですねー…」と合いの手を入れてくださって助かりました。

 有料相談の押し売り(営業)ほど難しいものはありません。本当に悩まれる場面が出てきた際にwebなどをご覧くださって相談してみようと自ら思ってみていただかないと一緒に考えて行かねばなりませんので本当に難しいんです。これは病気をお持ちであってもそうでなくても同じです。


 ピアサポートとは「同じような立場の人によるサポート」という意味です。
 約8年前のご縁からこうしてお手伝いしていますが、患者会さんで私は唯一経験しておらずその家族でもありません。でも、仲間の一員として受け入れていただいています。ありがたいことです。

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回の京都は8/10(金)です。私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートは大阪(吹田)・つくばでもおおよそ毎月開催されています。患者会さんのfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 代表の改發さん、共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----- 

 14(月)打ち合わせ2件と夜は大阪の某企業の従業員さん向けに iDeCo(個人型確定拠出年金)研修会の講師(第2回目)です。


慎重に慎重を重ねた熟慮が必要 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート65回目


 9(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第74回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算65回目、2月は諸般の事情で欠席しましたので、1月以来2ヶ月ぶりの参加です。

-----

 「がんになっても住宅ローンを組めるのか」この質問もよく出てきます。20~30代が好発年齢の精巣腫瘍ですから当然と言えば当然です。

 一般の金融機関の住宅ローンは使えません。団体信用生命保険という保険に加入できないと使えないからです。

 フラット35という住宅ローンであれば団体信用生命保険への加入は必須ではありませんので、仕事に復帰されて年収要件さえクリアできれば利用可能です。

 ただし、仮に万が一のことあっても住宅ローンが残ります。清算されません。利用にあたっては十分に検討が必要です。このあたりはブログでは書き尽くせません。慎重に慎重を重ねた熟慮が必要です。

 ファイナンシャルプランナー(FP)などの専門家へ一度相談をお勧めしたいです。


 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。

 近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと願っています。

 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回は5/11(金)です。新年度より京都でのピアサポートは毎月開催ではなくなります。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

-----

 1つ記事をご紹介します。
 「勝つではなく克つ」 自身もがんを経験した医師の思い

 上野先生の著書を1つご紹介しておきます。
 ”一流患者と三流患者”読みました。

 上野先生、大応援です。


 12(月)出たり入ったりの一日です。


「専門家がいますからどうぞ質問してください」ではうまくいかない / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート64回目


 12(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第72回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算64回目です。

 12月の記録はこちらです。

-----

 現在は半年に1回の検査を受けておられ、次回で1つの区切りとなる治療終了から5年が経過する方から質問をいただきました。

 5年たったら生命保険・医療保険の新規加入は可能か?


 結論は不可です。

 確かに治療から5年たっています。でも、医師の指示によりこれからも半年~1年に1回の検査(血液・CT)は継続しますし、診察も受けられるのが通常です。

 ただ、策が1つもないわけではありません(ウソをつくとか悪いことをするのはもちろんダメです)。とはいえ、人それぞれ状況が違いすぎてブログなどで書けません。申し訳ありません。


 若年性のがんは考えないといけないことが多いです。これから人生は長く、イベントも多い。だからこそ、お金や制度の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 何度も顔を合わせているからこそ質問いただける関係性になれるというのも事実です。傾向として「男」は人に相談するケースが少ない。
 「専門家がいますからどうぞ質問してください」ではうまくいかないケースが多いのではと感じます。そこにいけばいつもいる、そんな遠回りな存在であることが私のめざすところです。

----- 

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。

 近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと願っています。


 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回は2/9(金)です。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----------

 13(土)終日事務所の予定です。個別相談2件お受けします。
 14(日)お休みをいただきます。京都市内では毎年恒例の皇后杯全国女子駅伝(都道府県対抗女子駅伝)が開催されます。12時30分スタートです。交通規制には十分お気をつけください。