会社員と第1号被保険者の新規加入者数が2017年4月に次ぐ多さ! / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年4月末時点>


 確定拠出年金の施行状況等 厚生労働省web
 今回からリンク先が変わりました。「確定拠出年金の施行状況」というPDFファイルです。

 今回の記事で書き出す内容は2018年4月末時点のものです。

 2018年3月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 第2号被保険者(会社員・公務員)で70万人を突破! / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年3月末時点>

-----

■まず企業型

 2017年3月末の速報値で約648.2万人です。

 企業型DCの新規加入者は4万2472人ですが、全体では0.1万人減っています。



■次に個人型

 2018年4月末時点で89万2168人。90万人が目前です。

 2018年3月末と比べて、1ヶ月で新規に約4.29万人増えています。
 4万人を越えたのは2017年5月以降で初めてです。
 年度末あたりに加入を促す何かがあったのでしょうか。

 今回は5.0%増です。
  3月 4.8%増
  2月 5.0%増
  1月 5.1%増
  12月 4.8%増
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 42937人の内訳です。

 ・第1号被保険者      4643人 3.9%増
 ・第2号被保険者(会社員) 28090人 5.1%増
 ・第2号被保険者(公務員) 8590人 5.3%増
 ・第3号被保険者      1614人 7.0%増

 今回は圧倒的に会社員です。
 28000人を超えた今回、人数は2017年4月の約35500人に次ぐ規模です。新規加入が本格化した2017年3月でさえ27000人超です。
 何があったのでしょうか。めちゃめちゃ気になりますが、私では原因がわかりません。申し訳ありません。

 もう1つ、地味ですが第1号被保険者も2017年4月の約5300人に次ぐ増え方です。

-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約648万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3038万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.028%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.105%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.194%
 ・第3号被保険者      0.018%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.743%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.883%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.887%
 ・第3号被保険者      0.272%

 会社員は約53人に1人、公務員は約26人に1人です。


■iDeCo加入者の総数、892168人の内訳

 ・第1号被保険者      123970人
 ・第2号被保険者(会社員) 571917人
 ・第2号被保険者(公務員) 171415人
 ・第3号被保険者      24866人

 60歳到達とみられる原因でこの数ヶ月は新規加入者の数から2000人前後を引いた数が純増でした。
 それが今回は約4500人規模でした。ここも普段の倍です。企業型との入れ替わりなどもあるのかもしれません。

 100万人に達するのは今回のペースが維持できればあと3ヶ月、7月末には達します。昨年並みになってしまうと4ヶ月、8月末でしょうか。7月末を願っています。

-----

 国民年金基金連合会の業務状況
 (厚生労働省のページからもリンクが張られています)

運用指図者 53万6871人(前月より+4258人)
自動移換者 74万3169人(前月より+8357人)

 残念ながら自動移換者は着実に増えています。今回も8000人超です。
 悲しいです。企業型から出るときには詳細な説明があってほしいです。


 今年から開始した年単位拠出。
  4月20日時点 5726人
  3月20日時点 3549人
  2月20日時点 1421人
  1月22日時点  187人
 純増のペースは落ち着いたのでしょうか。動向に注目しています。


 これらの数字の把握は今後も継続していく予定です。


第2号被保険者(会社員・公務員)で70万人を突破! / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年3月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2018年3月末時点のものです。

 2018年2月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 加入者81万人、率(%)のうえでは会社員と公務員でダブルスコア達成 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年2月末時点>

-----

■まず企業型

 2017年3月末の速報値で約648.2万人です。

 企業型DCの新規加入者は2万5096人ですが、全体では0.4万人減っています。
 年度末でもないのに純減かつ約2.9万人の減少です。中途退職者の影響でしょうか。


■次に個人型

 2018年2月末時点で85万3723人。無事に85万人を突破です。

 2018年2月末と比べて、1ヶ月で新規に約3.89万人増えています。
 2018年に入って、これで3ヶ月連続で3万人台後半(3.7~3.9万人)です。何だかいい感じです。

 今回は4.8%増です。
  2月 5.0%増
  1月 5.1%増
  12月 4.8%増
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 増え方は現状維持のペースだと言えそうです。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 38860人の内訳です。

 ・第1号被保険者      3709人 3.2%増
 ・第2号被保険者(会社員) 24198人 4.6%増
 ・第2号被保険者(公務員) 9455人 6.2%増
 ・第3号被保険者      1498人 6.9%増

 会社員の24000人超は2017年4月以来です。この間に23000人台は2回ありました。盛り返してきています。
 公務員の9000人台維持も大きいです。

-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約648万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3038万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.022%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.080%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.213%
 ・第3号被保険者      0.016%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.720%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.802%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.678%
 ・第3号被保険者      0.254%

 先月達成となった率(%)のうえでの会社員と公務員でのダブルスコア。維持で変わらずです。
 会社員は約56人に1人、公務員は約27人に1人です。


■iDeCo加入者の総数、853723人の内訳

 ・第1号被保険者      120144人
 ・第2号被保険者(会社員) 547453人
 ・第2号被保険者(公務員) 162928人
 ・第3号被保険者      23198人

 第1号被保険者が12万人越え、会社員は次回で55万人突破、公務員(私学共済を含む)は16万人越え、第2号被保険者として71万人を突破です。

-----

 国民年金基金連合会の業務状況
 (厚生労働省のページからもリンクが張られています)

運用指図者 53万2613人(前月より+3036人)
自動移換者 73万4812人(前月より+8213人)

 残念ながら自動移換者は着実に増えています。1ヶ月で8000人も増えているのはショックです。


 今年から開始した年単位拠出。
  3月20日時点 3549人
  2月20日時点 1421人
  1月22日時点  187人
 こちらも着実に増えていますが、こちらには悪い意味はありません。増えていくのか落ち着くのか、動向に注目しています。


 これらの数字の把握は今後も継続していく予定です。


加入者81万人、率(%)のうえでは会社員と公務員でダブルスコア達成 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年2月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2018年2月末時点のものです。

 2018年1月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 加入者78万人、自動移換者72万人 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年1月末時点>

-----

■まず企業型

 2017年1月末の速報値で約648.6万人です。
644.2
 企業型DCの新規加入者は7万8209人ですが、純増は4.4万人です。新規との差は約3.4万人。これだけの中途退職者と定年退職者がいるということかと思います。次回は3月末です。大幅減の数字が出てくるのかもしれません。


■次に個人型

 2018年2月末時点で81万7248人。無事に80万人の大台突破です。
 2018年1月末と比べて、1ヶ月で新規に約3.91万人増えています。このまま進めば3ヶ月後には90万人を超えそうですし、半年後には100万人でしょうか。楽しみです。

 今回は5.0%増です。
  1月 5.1%増
  12月 4.8%増
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 11月と12月は落ち込みましたが、5%増の維持は嬉しいです。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 39099人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3803人 3.3%増
 ・第2号被保険者(会社員) 23629人 4.7%増
 ・第2号被保険者(公務員) 9988人 7.0%増
 ・第3号被保険者      1679人 8.5%増

 第3号被保険者が特徴的です。2017年1月~4月が1900~2000人超でしたが、それ以降は1100~1300人だったんです。それが今回大きく1600人台後半です。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約649万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3037万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.023%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.078%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.225%
 ・第3号被保険者      0.018%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.703%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.728%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.481%
 ・第3号被保険者      0.237%

 率(%)のうえでは会社員と公務員でダブルスコア達成です。
 


■iDeCo加入者の総数、817248人の内訳

 ・第1号被保険者      117215人
 ・第2号被保険者(会社員) 524899人
 ・第2号被保険者(公務員) 153494人
 ・第3号被保険者      21640人

 公務員(私学共済を含む)が15万人越えです。

-----

 先月初めて一緒に確認した国民年金基金連合会の業務状況。(厚生労働省のページからもリンクが張られていました)
 2018年2月時点の最新版も確認しました。

運用指図者 52万9577人(前月より+1604人)
自動移換者 72万6599人(前月より+6026人)

 自動移換者は確実に増えていっていますね…
 自動移換者の方々が加入してくれる流れを作れないでしょうか。悩ましいです。

 今年から開始した年単位拠出。1月22日時点での利用者は187人でしたが、2月20日時点で1421人まで増えました。増えていくのか落ち着くのか、動向に注目しています。


 これらの数字の把握は今後も継続していく予定です。



加入者78万人、自動移換者72万人 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2018年1月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2018年1月末時点のものです。

 2017年12月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 1年を経過した今回で全被保険者での加入率は1.2% / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年12月末時点>


-----

■まず企業型

 2017年12月末の速報値で約644.2万人です。

 企業型DCの新規加入者は6万3894人ですが、純増は2.8万人です。新規との差は約3.5万人。これだけの中途退職者と定年退職者がいるということかと思います。


■次に個人型

 2018年1月末時点で78万0076人。78万人を突破し、次回で80万人を超える見込みです。
 2017年12月末と比べて、1ヶ月で新規に約3.77万人増えています。

 今回は5.1%増です。
  12月 4.8%増
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 5%増が回復したり、3万人台後半の増え方というのは嬉しいです。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 37767人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3431人 3.1%増
 ・第2号被保険者(会社員) 23021人 4.8%増
 ・第2号被保険者(公務員) 9953人 7.4%増
 ・第3号被保険者      1366人 7.4%増

 私学共済の方々を含む公務員さん、2017年4月以来の1万人越えに達するかと思いましたが残念です。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約644万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3042万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.021%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.076%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.225%
 ・第3号被保険者      0.015%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.683%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.651%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.240%
 ・第3号被保険者      0.217%

 会社員と公務員でまもなくダブルスコア(率)となりそうです。


■iDeCo加入者の総数、780076人の内訳

 ・第1号被保険者      113910人
 ・第2号被保険者(会社員) 502771人
 ・第2号被保険者(公務員) 143542人
 ・第3号被保険者      19853人

 会社員がついに50万人越えです!

-----

 国民年金基金連合会が業務状況ということで、「 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入等の概況(平成30年1月時点)」(PDFファイル注意)を公開していました。

 私なりのポイントを書き出します。

・2017年1月と比べて新規加入者数が少ないのは第3号被保険者だけ。とはいえ1年目の昨年は第2号被保険者の加入者数が2~4月にぐっと増えていましたので、1年目ではない今年も同じような増え方になるとは思えないです(上回ったら嬉しいのですが…

・今年から開始した年単位拠出。1月22日時点で利用者は187人、率にして0.024%。この187人はかなり強い意思をもって早々に手続きされたのだと推察。


 そして衝撃的な数字はこの2つです。

運用指図者 52万7973人
自動移換者 72万0573人

 運用指図者とは「掛金の拠出を行わず、資産の運用の指図のみを行う方のこと」。こちらはさまざまな事情をお持ちのケースもありますから何とも言えません。


 自動移換者とは勤務先で確定拠出年金(企業型)が導入されていて退職した後、6ヶ月以内に他の企業型やiDeCo(個人型確定拠出年金)に資産を移さずほったらかしで管理手数料だけかかっている人です。

 問題はこっちです。加入者と同等の数、自動移換者がおられるんです。衝撃的過ぎます。1年前と比べて加入者は2.35倍ですが、自動移換者は1.13倍。元々からすごい人数がおられて、すごく長いことほったらかされてるってことですよね…。悩ましいです。でも、たぶんどうしようもないんでしょうね…。


 これらの数字の把握は今後も継続していく予定です。


1年を経過した今回で全被保険者での加入率は1.2% / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年12月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年12月末時点のものです。
 加入者の範囲が大幅に広がって、ついに1年たちました。

 2017年11月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 無事に70万人突破!でも純増の最少を更新 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年11月末時点>


-----

■まず企業型

 2017年11月末の速報値で約641.4万人です。
 企業型DCの新規加入者は2万6073人ですが、純増は0.3万人(約3000人)です。
 新規との差は約2.3万人。率にすると約0.36%ですが、これだけの中途退職者と定年退職者がいるということかと思います。


■次に個人型

 2017年12月末時点で74万4690人。次で75万人を突破する見込みです。
 2017年11月末と比べて、1ヶ月で新規に約3.44万人増えています。

 今回は4.8%増です。
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 前月が約2.6万人でしたので3万人超に戻ってひと安心です。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 34391人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3149人 2.9%増
 ・第2号被保険者(会社員) 20542人 4.4%増(前月3.7%増)
 ・第2号被保険者(公務員) 9484人 7.6%増(前月5.0%増)
 ・第3号被保険者      1216人 7.0%増

 私学共済の方々を含む公務員さんが大幅回復です。
 会社員も2万人台回復は嬉しいことです。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約641万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3045万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.019%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.067%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.214%
 ・第3号被保険者      0.013%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.667%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.581%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.016%
 ・第3号被保険者      0.202%

 公務員さんは3%突破!約33人に1人です。
 会社員が約63人に1人です。差は大きいまま変わりません。


■iDeCo加入者の総数、744690人の内訳

 ・第1号被保険者      111327人
 ・第2号被保険者(会社員) 481255人
 ・第2号被保険者(公務員) 133622人
 ・第3号被保険者      18486人

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 8月末に全体で1%を超え、1年を経過した今回で1.2%をすんなり超えてくれました。


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 2018年1月より「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」が始まりました。若い世代の認知度はかなり低いようですが、つみたてNISAをきっかけにiDeCoも改めて知ってもらえる機会が増えてくれることを願うばかりです。

 若い世代が将来に向けてコツコツと資産形成していくにあたって大事な2本柱がiDeCoとつみたてNISAであることは間違いありません。



 iDeCo(個人型確定拠出年金)の自主開催セミナーは2018年1月で一旦完了しました。不定期でも開催を掲載したいと思っていますので、ぜひぜひリンク先もご参照ください。

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!