1年を経過した今回で全被保険者での加入率は1.2% / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年12月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年12月末時点のものです。
 加入者の範囲が大幅に広がって、ついに1年たちました。

 2017年11月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 無事に70万人突破!でも純増の最少を更新 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年12月末時点>


-----

■まず企業型

 2017年11月末の速報値で約641.4万人です。
 企業型DCの新規加入者は2万6073人ですが、純増は0.3万人(約3000人)です。
 新規との差は約2.3万人。率にすると約0.36%ですが、これだけの中途退職者と定年退職者がいるということかと思います。


■次に個人型

 2017年12月末時点で74万4690人。次で75万人を突破する見込みです。
 2017年11月末と比べて、1ヶ月で新規に約3.44万人増えています。

 今回は4.8%増です。
  11月 3.9%増
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増

 前月が約2.6万人でしたので3万人超に戻ってひと安心です。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者 34391人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3149人 2.9%増
 ・第2号被保険者(会社員) 20542人 4.4%増(前月3.7%増)
 ・第2号被保険者(公務員) 9484人 7.6%増(前月5.0%増)
 ・第3号被保険者      1216人 7.0%増

 私学共済の方々を含む公務員さんが大幅回復です。
 会社員も2万人台回復は嬉しいことです。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約641万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3045万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.019%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.067%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.214%
 ・第3号被保険者      0.013%


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.667%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.581%
 ・第2号被保険者(公務員) 3.016%
 ・第3号被保険者      0.202%

 公務員さんは3%突破!約33人に1人です。
 会社員が約63人に1人です。差は大きいまま変わりません。


■iDeCo加入者の総数、744690人の内訳

 ・第1号被保険者      111327人
 ・第2号被保険者(会社員) 481255人
 ・第2号被保険者(公務員) 133622人
 ・第3号被保険者      18486人

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 8月末に全体で1%を超え、1年を経過した今回で1.2%をすんなり超えてくれました。


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 2018年1月より「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」が始まりました。若い世代の認知度はかなり低いようですが、つみたてNISAをきっかけにiDeCoも改めて知ってもらえる機会が増えてくれることを願うばかりです。

 若い世代が将来に向けてコツコツと資産形成していくにあたって大事な2本柱がiDeCoとつみたてNISAであることは間違いありません。



 iDeCo(個人型確定拠出年金)の自主開催セミナーは2018年1月で一旦完了しました。不定期でも開催を掲載したいと思っていますので、ぜひぜひリンク先もご参照ください。

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 

無事に70万人突破!でも純増の最少を更新 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年11月末時点>

 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年11月末時点のものです。

 2017年10月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 企業型DCの純減39000人も気になります / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年10月末時点>

-----

■まず企業型

 2017年10月末の速報値で約641.1万人です。

 企業型DCの新規加入者がなんと12万6868人!
 新入社員の増える4月末では約38万人も増えていまして、それに次ぐ規模です。どこか大手企業で導入されたのでしょうか。

 ただし、純増は約8.8万人です。新規との差は約3.9万人。これだけの中途退職者と定年退職者がいるということかと思います。



■次に個人型

 2017年11月末時点で約71.2万人。無事に70万人突破です。

 2017年10月末と比べて、1ヶ月で新規に約2.66万人増えています。
 ちなみに全体では24897人増です。1764人が個人型でなくなっています。企業型への移管がほとんどなのだと思いますが、60歳到達や死亡・障害による給付もあったりするのかもしれません。

 個人型の加入者属性が広くなった初月である2017年1月、GWで営業日数の少なかった2017年5月、この二月も2万人台でしたが、その中でも最少を更新です。


 今回は3.9%増です。
  10月 5.6%増
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 前月と比べて増え方が1万人以上少なくなっていますので大幅なダウンです。
 数のピークは2017年2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者2.66万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3193人 3.0%増
 ・第2号被保険者(会社員) 16476人 3.7%増(前月5.5%増)
 ・第2号被保険者(公務員) 5880人 5.0%増(前月7.2%増)
 ・第3号被保険者      1112人 6.0%増

 軒並み増え方が大幅ダウンです。

 前々回にも書きましたが…
 公的年金や確定拠出年金について積極的に情報発信されている、とあるベテラン専門家さんが新規加入者の割合(会社員61.8%・公務員22.1%)を見て、「公務員(および私学の教職員)の増加が望まれる」とwebで発信されていました。
 同じことを書きますが、いやいや待ってください。母数が違いすぎます。被保険者数は会社員約3045万人・公務員等約443万人なので約7倍異なります。主張が理にかなっていないように感じます。

 いずれにしましても、会社員さんが2017年1月の約14000人に次ぐ16000人台。公務員さんも2017年5月の約6700人を大きく下回る5000人台。かなり落ち着いてしまったようです。


-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約641万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3045万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.019%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.054%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.133%
 ・第3号被保険者      0.012%

 目立った特記事項はありません。増え方は大きく下がっています。
 なんとか会社員さんの増え方は2000人に1人(0.05%)、公務員さんの増え方は1000人に1人(0.1%)が維持されてもらいたいです。


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.653%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.516%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.803%
 ・第3号被保険者      0.189%

 公務員さんは2.8%を突破です。約36人に1人です。
 会社員が約66人に1人です。差は大きいです。


■iDeCo加入者の総数、約71.2万人の内訳

 ・第1号被保険者      108999人
 ・第2号被保険者(会社員) 461653人
 ・第2号被保険者(公務員) 124162人
 ・第3号被保険者      17267人

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 8月末に全体で1%を超え、11月末の今回で1.17%となりました。
 年末で1.2%がギリギリです。


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。
 まもなく1年ですので、グラフの掲載も検討します。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして現在開催中です。2017年11月~2018年1月です。今シーズンも今月で最終です。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 

企業型DCの純減39000人も気になります / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年10月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年10月末時点のものです。

 2017年9月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。加入者はまだまだ希少の域 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年10月末時点>

-----

■まず企業型

 2017年9月末の速報値で約632.3万人です。

 企業型DCの新規加入者32046名とありますが、8月末と比べると約7000人減っています。ということは元々の加入者からは合計で約39000人も減っているということです。先月の減り方は約38000人でした。
 中途退職者と定年退職者の内訳が気になりますし、その他の要因って何か考えられるのでしょうか。いつもながらここの理由が気になります。


■次に個人型

 2017年10月末時点で約68.7万人。いよいよ来月は70万人を超えそうです。
 2017年9月末と比べて、1ヶ月で約3.6万人増えています。

 今回は5.6%増です。
  9月 5.4%増
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 4ヶ月ぶりに「率」で前月を上回りました。数のピークは2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人が最大でした。


■新規加入者3.6万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      4101人 4.0%増
 ・第2号被保険者(会社員) 23244人 5.5%増
 ・第2号被保険者(公務員) 7983人 7.2%増
 ・第3号被保険者      1426人 9.7%増

 今月は会社員の増加が良い感じです。ただ、完全に新規というよりも企業型からの流入(?)も多いのかもしれませんので、「移管する資産」の有無という観点でもデータを見てみたいところです。

 ちなみに公務員さんは2月の約2.3万人、3月の約2.0万人、4月の約1.7万人という数に比べると、かなり落ち着いてしまった印象です。
 会社員さんは前月2万人ギリギリでしたから1万人台になってしまうのではないかとドキドキしていましたけれど、持ち直してひと安心です。

-----
 
■公的年金の被保険者の数
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約632万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3054万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


■新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.025%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.076%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.180%
 ・第3号被保険者      0.016%

 目立った特記事項はありません。公務員さんの増え方は安定的です。私が相談をお受けしている中でも私学共済を含めた公務員さんのほうが会社員さんより多いです。


■iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数

 ・第1号被保険者      0.639%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.461%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.671%
 ・第3号被保険者      0.176%

 公務員さんはあっさりと2.6%を突破です。約37人に1人です。
 会社員が約68人に1人です。差は大きいです。


■iDeCo加入者の総数、約68.7万人の内訳

 ・第1号被保険者      106621人
 ・第2号被保険者(会社員) 446138人
 ・第2号被保険者(公務員) 118304人
 ・第3号被保険者      16121人

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 8月末に全体で1%を超え、10月末の今回で1.13%となりました。
 年末で1.2%超えとなりそうです。


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして現在開催中です。2017年11月~2018年1月です。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 

ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。加入者はまだまだ希少の域 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年9月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年9月末時点のものです。

 2017年8月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年8月末時点>

-----

 まず企業型。

 2017年8月末時点で約632.3万人です。

 企業型DCの新規加入者32046名とありますが、7月末と比べると約6000人減っています。ということは元々の加入者からは合計で約38000人減っているということです。いつもながらここの理由が気になります。



 次に個人型。

 2017年9月末時点で約65.2万人。65万人を超えました。
 2017年8月末と比べて、1ヶ月で約3.3万人増えています。

 今回は5.4%増です。
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 数のピークは2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人がピークでした。


 新規加入者3.3万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3646人 3.6%増
 ・第2号被保険者(会社員) 20435人 5.1%増
 ・第2号被保険者(公務員) 8057人 7.9%増
 ・第3号被保険者      1283人 9.6%増

 公務員さんは6~8月の3ヶ月連続で10%を超える増え方でしたが、ここにきてトーンダウンです。人数では2月の約2.3万人、3月の約2.0万人、4月の約1.7万人がピークでした。
 会社員さんもGWで営業日数の少なかった5月を除けば、今年2月からずっと毎月2万人以上の新規加入が続いています。最大は4月の35548人でした。単月の2万人を下回らないように願うばかりです。

-----
 
 公的年金の被保険者の数はこちらです。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約632万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3054万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


 新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.022%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.067%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.182%
 ・第3号被保険者      0.014%

 数でいえば会社員ですが、率は公務員さんが圧倒的、約3倍です。
 公的年金や確定拠出年金について積極的に情報発信されている、とあるベテラン専門家さんが新規加入者の数(会社員20435人・公務員8057人)を見て、「公務員(および私学の教職員)の増加が望まれる」とwebで発信されていました。いやいや待ってください。母数が違いすぎます。被保険者数は会社員約3054万人・公務員約443万人なので約7倍異なります。でも新規加入の割合は公務員さんが約3倍高い。なんか新聞とかテレビのような情報発信のされ方だなと感じてしまいました。察してください…(すみません


 iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.619%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.388%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.490%
 ・第3号被保険者      0.160%

 公務員さんはまもなく2.5%に到達です。40人に1人です。
 会社員が40人に1人になろうとすれば加入者は約76万人が必要です。新規に約34万人も必要です(しつこくてすみません


 改めましてiDeCo加入者の総数、約65.2万人の内訳です。

 ・第1号被保険者      103269人
 ・第2号被保険者(会社員) 423930人
 ・第2号被保険者(公務員) 110314人
 ・第3号被保険者      14668人
 
 公務員さんが第1号被保険者を追い抜かしたのは1ヶ月前の8月です。
 一気に突き放しにかかっている状況です。

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 先月ついに全体で1%を超え、今月で1.07%ですので来月には1.1%も超えそうです。

 
 ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。
 加入者はまだまだ希少の域でしょう。
 
 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして、11月からの第6シーズンに開催します。2017年11月~2018年1月です。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 


第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年8月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年8月末時点のものです。

 2017年7月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年7月末時点>

-----

 まず企業型。

 2017年7月末時点で約632.9万人です。
 元共済年金の方々を除いた厚生年金の被保険者は約3686万人です。企業型の確定拠出年金(DC)の加入者は17.2%ということです。約6人に1人です。個人型よりも圧倒的に加入者が多いです。10倍です。

 企業型DCの新規加入者81075名とありますが純増は約4.9万人です。
 差の約3.2万人は中途退職でしょうか。

 4月でもないのに新規加入者が8万人強というのも印象的です。
 どこか大手企業で新規に導入されたのかもしれません。


 次に個人型。

 2017年8月末時点で約62.0万人。60万人に到達です。
 2017年7月末と比べて、1ヶ月で約3.7万人増えています。

 今回は6.4%増です。
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 数のピークは2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人がピークでした。


 新規加入者3.7万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3545人  3.6%増
 ・第2号被保険者(会社員) 22885人 6.0%増
 ・第2号被保険者(公務員) 9886人 10.7%増
 ・第3号被保険者      1182人 9.7%増

 公務員さんの人数は2月の約2.3万人、3月の約2.0万人、4月の約1.7万人に続いての増え方です。改めて何か案内等が入ったのでしょうか。

-----
 
 公的年金の被保険者の数はこちらです。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約633万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3053万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


 新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.021%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.075%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.223%
 ・第3号被保険者      0.013%

 数でいえば会社員ですが、率は公務員さんが圧倒的です。
 これは覆ることがなさそうです。


 iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.602%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.324%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.308%
 ・第3号被保険者      0.146%

 割合を人数にならしてみると会社員は76人に1人、公務員さんは43人に1人です。


 改めましてiDeCo加入者の総数、約62.0万人の内訳です。

 ・第1号被保険者      100334人
 ・第2号被保険者(会社員) 404355人
 ・第2号被保険者(公務員) 102266人
 ・第3号被保険者      13384人
 
 第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました。
 何だか嬉しい同時の大台越えです。

 そして、被保険者数は約6121万人(2016年3月末)ですので、全体でついに1%を超えました!


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして取り上げていますが、今月までの第5シーズン(2017年8~10月)は公的年金です。

 11月からの第6シーズンに再度iDeCoセミナーを開催することにしました。2017年11月~2018年1月です。申込みサイトもオープンしました。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報

<過去参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!