結局のところ将来は予測不可能


 先日、京都市内某所で開催されました講義を受講してきました。

 先日受講しました 何のために投資をするのか と関連している講義です。

 今回は兆を越える金額を扱っておられる機関投資家の運用部門の責任者さんが講師で「投資信念とポートフォリオ運用」というお題目でした。


 多くの年で平均を上回る運用成績を得てこられたご自身の実績と経験を元にした講義で、結局のところ将来は「予測不可能」ということをしみじみとお話しされていたのが印象的でした。

・世の中は予測であふれているが、軸足が予測にあると異なる状況が発生したときに確実に対応が遅くなる。
・過去の実績による標準偏差ではリスクは管理できない。
・値動きとは日々独立した動きをする。前日や前月の動きは関係ない。
・相場とは欲と恐怖である
・大暴落を知って想定しておくことがリスク管理につながる
・外国株式に比べて日本株式のリスク(標準偏差)が高いのは、1国への集中投資だから。外国株式は何十もの国で構成されているので分散投資できている。


 将来を考えるうえで、地震大国であり少子高齢化を突き進む日本にはかなり悲観的な立場で、国際分散投資の重要性を強く主張されていました。

-----

 投資・運用をしていくなかで、国際分散投資の重要性には異論ありません。

 講義後の質問で受講者の1人が「毎年たった1%の超過(平均を上回る)収益は大したことないと思うのですが(意訳)」と驚愕の発言をされ、毎年1%もの違いは長期で見れば大きな差があること、兆という莫大な資金の行き先は良くも悪くも限られること、収益の差を生むためにコストの観点も私は理解しているつもりです。


 兆という単位はともかく、すでにあるまとまった金額を運用する立場の方々と、例えば私たちのようにこれから将来にかけてまとまったお金を作るためにコツコツと積み上げていく必要のある場合、この2つの違いを他の受講者の方々はどれだけ理解して聴かれているのだろうと感じたのが私の最大の関心事です。

 結局のところ行き着く先として、将来は誰にも予測不能なので、地球全体丸ごとを対象としてコツコツとお金を積み上げていきましょうということなのだと理解しました。私は自国、日本にそれほど悲観的になっていません。


 理論的にはいくらでも学ぶ情報はあるでしょうし、学ぶことに無意味なことは無いと思っていますが、この分野を特別な専門とする人以外は私も含めて今回の内容までで十分であると感じました次第です。専門家の方々のお話を聞くと、考え方を整理できます。インプット、たいせつにしたいです。

 関係者の皆さまに感謝を申し上げます。

-----

 今回の受講内容とは異なりますが、参考情報を1つご紹介しておきます。

 長期投資仲間通信インベストライフ® 2018年6月15日号
 特集1 100歳人生のお金との付き合い方(PDFファイル注意)
 (金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2018」基調講話全文)

 岡本さんとは直接にお会いしたことは残念ながらまだないのですが、共通の知り合いが多く、SNSでは何度かやり取りさせていただいたことがあり、いずれと思っています。

 A4で8ページ分ですから少し長いかもしれませんが、本質が書かれています。
 超オススメです。


何のために投資をするのか


 先日、京都市内某所で開催されました講義を受講してきました。

 企業価値と株式投資についての講義で、とあるご縁で受講がかないました。
 演者は経済学部の教授先生です。関係者の皆さまに感謝を申し上げます。


 講義では日本企業の各種データを用いて、

・利益を出している企業
・経営力の強い企業
・積極的な海外展開をしている企業
・物まねではなくオリジナリティを追及している企業

 数値で分析すれば、長期的(5年以上)に株式投資はプラスをもたらすという結論でした。


 単発の講義でしたのでそもそもの株式投資の役割や意味合いには触れられませんでしたし、東証一部に上場している約2000社から約300社を抽出してその平均は良いパフォーマンスを得られたということですが、個人で300社もの株式を保有することは資金面などからも現実的ではありません。

 ではこれら300社(具体的な企業名の紹介はもちろん無し)の中から数社~数十社を個人的に選んだとしても、数が少なければ少ないほどにかなりの集中投資ですから大きなリスクを伴います。


 となると例え玉石混合でもパッシブ(インデックス)型であるTOPIXなどが一般的には結局無難になってしまいます。

 数十社~数百社をピックアップした投資性商品はアクティブ型の投資信託ということになりますが、自分で企業を事細かに選べるわけではありませんし、投資方針などに賛同できるものを選定せねばなりませんが、長期にわたって常にパッシブ型に勝ち続ける投資信託を選び続けることは至難の業です。それができるなら誰も困りません(当然ながら私にもわかりません)

-----

 この講義を受けて私がより大事にしたいと感じたのは「何のために投資をするのか」です。

 せっかく投資するなら最良の結果を得たいのは人間ですから欲があって当然です。
 でも、何に向かっているのか、何が目標なのか。

 ここが明確であれば、得られるかどうかわからない最良のために苦労するよりも、普通預金や定期預金に負けない投資であったり、平均的なものでも確実に手数料が安価なものを選ぶという方針で十分だと感じる次第です。


 久々の受講形式でのインプットとなりました。受講の経緯を考えると、こうして記事にするのは良くないかと考えましたが、一般的な内容に限って取り上げることにし、また自分の頭を整理できたことをアウトプットすることのたいせつさに負けてしまいました。
 新たな視点というよりもこれまでの方向性はより良いものだと再確認できました次第です。

 関係者の皆さま、本当にありがとうございました!!


<過去参照記事>
 ・社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用
 ・株式投資は「出資」



「なにより運用のことを考える時間がムダ」


 記事のご紹介です。(ツイッターの投稿リンクです)
 投資や資産運用の考え方について、シンプルに知っていただけます。







 登場されている御三方の本の感想記事もご紹介しておきます。

・水瀬ケンイチさん
 ”お金は寝かせて増やしなさい”読みました。
・山崎元さん
 ”学校では教えてくれない お金の授業”読みました。
・竹川美奈子さん
 ”税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門”読みました。

-----

 私、京極・出町FP相談の方針を知っていただくのはこれらの記事をお勧めしたいです。

社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用
「これだけ知識があれば、たくさん得しそうで資産運用で儲けられそう」

 リンクの紹介ばかりで申し訳ありません。

 裏を返せば投資や運用について、少なくともこれだけの情報が必要だということです。
 「儲かります」「増えます」という端的な言葉を信じて投じたお金が増えたとしたら、それはたまたま運が良かったと思っていただいて問題ないと感じることが多いです。

 いつも書く大原則です。
 複雑なものは不要です。身内(家族)に説明できないもの(金融商品)の購入はお勧めできるものではありません。
 複雑なものは一般的にコストが高いです。コストは確定したマイナス要因です。増えるかどうかは確定していません。

 ご参考になりましたら幸いです。


”お金は寝かせて増やしなさい”読みました。


 ”お金は寝かせて増やしなさい ~インデックス投資の入り口から出口戦略まで一挙解説!~”(2017年12月18日 第1刷発行)を読みました。

 180326_05

 著者はインデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさん(ハンドルネーム)。ツイッターはこちら

 水瀬さんとはツイッターで交流があります。


 3月9日に新聞広告を見かけましたのでお伝えしたところ、ブログ記事でも使ってくださいました。
 新聞広告掲載で、株式投資・投資信託カテゴリ ベストセラー1位に返り咲き

 水瀬さんは資産運用に関して超専門家の域に達しておられるのは間違いないですが、普通の会社員さんです。残念ながらお会いしたことはありません。いずれどこかでお会いできる機会もあると思っています。


 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

-----
■プロローグ 私がたどり着いた「寝かせてお金を増やす方法」

・インデックス投資の長期実践者が少ないのはなぜ? p12~

■エピローグ 寝かせて増やすことはつまり人の未来を信じるということ


 私が投資信託と出会ったのはFP3級資格を取得してメーカーを退職し、厚生年金基金を当時の個人型DC(確定拠出年金:現iDeCo)へ引き継ぐ手続きを進めたとき、2007年の夏~秋です。
 iDeCo以外、証券会社で直接インデックスを買い始めたのは2008年の冬~春。ただし、当時は今に比べるとかなり少額でした。今となってはあの時から今と同じくらいの額で積み立てをしてればなーという感想です。

 早いもので私も10年経験者です。だからこそ相談対応でもお伝えできることが多いと思っています。


 そして、多くの本にも言えることなのですが、プロローグの後すぐにエピローグも読んでから本文に入ることをお勧めしたいです。読み進めるにあたっての強い動機付けになると感じることが多いからです。


-----
■第1章 金融のど素人でもプロと互角以上に叩ける「インデックス投資」

・すぐに大儲けできない p38~
・アクティブファンドのほとんどがインデックスに勝てない皮肉な現実 p41~
・いざ始めてしまえば、やることはほとんどない! p48~
・なぜ、銀行や証券会社はインデックス投資をすすめないのか? p50~


 興味を引くうまい項目のタイトルだと感じます。いくら内容が良くても、ここがあんまりだとこれだけ多くの方々が手に取ることはないと思います。僭越ながらすばらしいです。


-----
■第2章 寝かせて増やすインデックス投資の実践法

・インデックス投資を始める前に最低限しなくてはいけないこと p56~
・インデックス投資でいちばん大切なのは自分のリスク許容度を知ること p64~

・あとはひたすら積み立てて寝かせて増やすだけ! p110~
・楽ちんだけど、年に1回だけやった方がいいこと「リバランス」 p112~


 この章にはファイナンシャルプランナー(FP)の名称が出てきます。
 2つ引用します。

節約は本書の主旨ではないので、そこはファイナンシャル・プランナーなどの節約のプロにお任せしたいと思います

 p57

ファイナンシャル・プランナーやロボ・アドバイザーが「あなたの最適なポートフォリオを提案します」と契約を迫ってくるかもしれませんが、あまり期待できません

 p65

 1つめは何とも言えない難しいところです。
 生活に関わるお金の相談を受けていますので、さまざまな家庭・家計を目にします。その経験から確かに節約ポイントのような視点は生まれます。でも、FPの本筋はそこじゃないんです。
 <過去参照コラム> ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは
 ファイナンシャルプランナーは節約アドバイザーではありません。

 2つめはFPというよりも厳密にはIFA(証券会社の代理店)かなと感じます。
 <過去参照記事> 違うという事実なんです。
 IFAの方々もFP資格を持っていればFPと名乗りますから一般にはその区別はつきません。はぁ…悩ましいです。


-----
■第3章 おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo

・iDeCo(個人型確定拠出年金)はあくまでも「年金」であることを忘れずに! p141~


 水瀬さんは将来資金という意味において「年金」と略されていると読み取りました。本文中にも出てきていますが、世の中にあふれている「私的年金」という用語の存在が悪だと私は思っています。

 「年金」という用語には「分割して受け取る」という意味しかありません。
 「公的年金」は保障の仕組みです。
 <過去参照コラム> 年金という用語は公的年金保険だけに使って欲しい
 <参照ブログカテゴリ> ねんきん

 また、iDeCoは分割受け取りだけでなく、一時金受け取りも選べます。
 確定拠出年金との名称ではありますが、私の立場としましては「年金」ではなく「自分で作る将来資金」です。
 <過去参照コラム> 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー

 皆さま(誰?)、よろしくお願いいたします。 


-----
■第4章 始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい

・損益で一喜一憂する凡人から抜け出そう! p148
・相場が暴落したらどうすんのよ!? p171~
・相場が好調なときにこそ「リスク許容度の確認」をすべし! p173~


 刺激的な項目タイトルです。
 この章の内容は本当にたいせつです。


 これです。大事です。


-----
■第5章 涙と苦労のインデックス投資家15年実践記

・2004年 ロクなインデックスファンドがなかった時代 p208~
・2008年 ガー(;゚Д゚)ーン!! まさかの大暴落! p216~
・2009年 まさかのV字回復! キター(゚∀゚)-!! p222~


 すごいです。歴史書です。
 つみたて投資を始めている人、始めようとしている方々はこれから先に相場の低迷や大暴落があったとき、この章を読み返すことで売却せずに踏みとどまれると思います。繰り返します。すごいです。
 

-----
■第6章 貴重情報! インデックス投資の終わらせかた

・インデックス投資の出口戦略③「必要になったら必要な分だけ取り崩す」 p257~


 第2章で2ページだけ取り上げられているリバランスも、ページ数を増やしてこちらで触れてもらいたかったというのが個人的な要望です。


-----
■購入者特典
 国内インデックス投資黎明期の嘘偽りなしの黒歴史!(PDF)


 この数年のコスト競争には驚きを通り越して驚愕です。

 私は2008年以前を経験していません。いわゆる「昔が良かった」の反対で、「今のほうが(圧倒的に)恵まれている」を疑似体験できます。必読です。


-----

 出版社で特設サイトもできていました。
 『お金は寝かせて増やしなさい』特設ページ
 プロローグやマンガ(コミック)の冒頭も読めます。


 将来に向けてコツコツと資産形成していくにあたり、この本をきちんと読み込めて内容をおおよそ理解できて実践できる方々は、金融機関や代理店(IFA)はもちろん、資産運用アドバイスに特化したFPのアドバイスは不要とさえ言い切れるほどの存在です。

 私のポジショントークとして、資産運用に特化した専門家ではなく、公的年金をはじめとした社会保険(社会保障)に明るかったり、住宅ローン・生命保険や家計管理、そして相続に至るまで「生活に関わるお金の話」を総合的にアドバイスできるFPの役割には影響ないと安心しました。

 
 表紙にも使われているイラストと同じ、背表紙を外したときに出てきたお金が寝ているイラストも良い感じでした。

 180326_06

 水瀬さんの本は以前にも感想を書かせていただきましたのでご紹介します。
 ””全面改訂ほったらかし投資術”読みました。

 金融機関や金融商品の選択をはじめ、投資や運用は自己責任でお願いします。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


<追記>
 この本は2018年4月21日に開催されました金融庁主催のイベント「つみたてNISAフェスティバル2018」の企画「はじめての投資!おススメの一冊ベスト10」で第1位に輝かれました。おめでとうございます!


”税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門”読みました。


 ”税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門”(2018年1月24日 第1刷発行)を読みました。

180322_01
 (自分で購入し、いわゆる献本もいただきましたので2冊持っています)

 著者はいつもお世話になっているLIFE MAP,LLC、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん。facebookページはこちら
 著者累計45万部!すごいです!!


 2018年から始まった「つみたてNISA」の解説本です。いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

----------
■はじめに
■第1章 つみたてNISA(積み立て型のNISA少額投資非課税制度)ってなに?

・つみたてNISAって、どんな制度? p22~
・口座開設できる期間・非課税期間はともに20年 p49~


 シンプルに深く、制度を知ることができます。竹川さんの本は普通の方々が読みやすい表現を意識的に使っておられるのが良く分かります。
 それでもやはり唐突に専門用語が出てきてしまうことがあるんです。これを回避するにはもっともっとページ数の多い本になってしまうことを意味しますし、制度の解説なのか資産運用の用語解説なのかわからなくなってしまうので難しいところです。

 この記事の最後に紹介するような竹川さんの別の本もあわせて読むと、全体として理解が進むように思います。何か自分自身で学んでみたいと思われるようでしたら、手前味噌ながらFP3級でしょうか。基礎知識を幅広く学べるので良い選択肢だと思います。

 <参照カテゴリー> FP3級講座


-----
■第2章 改めて「一般NISA」ってどんな制度?

・5年をはさんで「移換時の時価」が新たな取得価格になる p77~
・一般NISAの変遷をおさらい p87~


 一般NISAの存在がすべてを複雑にしてしまっています。この本をきちんと読み込めばその違いもよくわかるのですが、普通の生活者の方々がその違いを理解できる必要があるのかどうかで考えれば、その必要性が高いとはどうしても思えません。

 将来に向けて資産形成の必要な若い世代、いわゆるリタイア後世代でもこれまで投資や運用に取り組んだことのない方々、これらはつみたてNISA。
 株式投資など一括での資金投入の経験があり、今後もそれを楽しみたいと思っておられるような方々は一般NISA。
 大雑把にこんな区分けで良いように感じている私です。乱暴にまとめることになりますが、この区分けで良ければ両方の制度を詳しく理解できている必要はありません。
 

-----
■第3章 つみたてNISA・一般NISAをどう活用する?

・金融資産全体で運用を考えよう p104~
・資産配分を考える上では(中略)ファイナンシャルプランナーに相談したりする方法もあります。 p106
・つみたてNISA 運用期間を長く取れる人は株式を中心に p116~
・過去に積み立てをしていたらどうなっていたか? p136~
・押さえておきたいこと3つ p150~


 この章こそが、竹川さんの真骨頂でしょう。第1章と第2章の制度のことよりも、投資信託を使った資産形成に取り組むにあたって重要なのがこの第3章です。「はじめに」を読んだら次にこの章をお勧めしたいです。


-----
■第4章 案外重要! 金融機関選びのポイント

・金融機関を選ぶ上での注意点 p170~


■第5章 つみたてNISA&一般NISA丸わかりQ&A

・「お金とのつきあい方や投資スタイルは、その人の生活や価値観に収れんしていくのだな…」 p208


 かゆいところに手が届くとは、この2つの章のためにある表現です。
 ドアノック制度(p171)となってしまわないことを私も強く願うばかりです。


-----
■おわりに


 第3章p116とあわせて、投資の本質が端的にまとまっています。
 何ために投資性商品(ここでは投資信託)と向き合うのか、大事すぎる内容です。


----------

 何事も制度ありきではありません。
 でも制度を知らないと優先順位を判断できない。
 つみたてNISAという制度を知るうえで初めに手に取りたい本です。

<追記>
 竹川美奈子さんのblog記事リンクです。
 様々なブログで『税金がタダになる、おトクな「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門』をご紹介いただきました
 私のこの記事も紹介くださっています。他のブロガーの方々のリンクもありますので、ご参考になりましたら幸いです。

 

 竹川さんの本はこれまでたくさん感想を書かせていただいています。
 今回の内容と関連する書籍を3つご紹介しておきます。

 ・”一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo活用入門”読みました。
 ・”一番やさしい! 一番くわしい!はじめての「投資信託」入門”読みました。
 ・”臆病な人でもうまくいく投資法”読みました。

 お役に立つ情報になっていましたら幸いです。
 金融機関や金融商品の選択をはじめ、投資や運用は自己責任でお願いします。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。