設問の結果を出しているだけなのに、それらしくロボアドバイザーと呼ぶのは金融業界としてやめておくほうが良い


 この記事ではあえて具体例のリンクを紹介しません。

 資産運用・投資信託の選び方において、その人の考え方・年齢(運用期間)・収入(貯蓄)の状況などによって株式と債券など具体的な投資性商品の購入比率や商品名をアドバイスしてくれる仕組みとして、「ロボアドバイザー」と説明される記事を目にするようになってきました。

 AI(人工知能)は現在の流行ですし、システムをロボットと言い換えるのも当たり前なのだとすると、それでも良いのかもしれません。

 でも実際には少なくて4~5個、多ければ数十個の設問に答えることでweb上で回答が示されることから、これまでの性格診断などと何が異なるのか私にはまったくわかりません。ロボットと言えば、ペッパーくんムラタセイサク君、そして産業用の機械などの印象が強いのは私だけでしょうか。

-----

 設問の結果を出しているだけなのに、それらしくロボアドバイザーと呼ぶのは金融業界としてやめておくほうが良いように感じる次第です。何かそれらしい呼び方が必要なのであれば、システムアドバイザー?商品選定システム?投信診断ツール?などでいかがでしょうか。

 その人に適した商品を導き出すと言っても、診断結果として登場する最終的な商品の候補は金融機関の中の人によってプログラムされた選定基準で挙がっているものではないかと感じます。そして、システムを提供しているのは金融機関です。売りたい商品だけが結果に出てくるということだってあり得ます。

 私もいくつか試してみましたが、候補に挙がってきた商品と同じような投資方針の商品が他にあり、その後者の商品のほうがより手数料が安かったり純資産が着実に積み上がっていたりしても、優位性のある(と私が考える)商品は選ばれていないとしか感じられないケースがほとんどでした。

-----

 また、ある程度の知識を持ち合わせている人でしたら、こんなシステムを使わなくても商品は選定できると思います。知識がない(少ない)からこそ、こういった診断ツールを使うはずなのに、その設問や解説に専門用語がそのまま使われれているのもマイナスポイントです。

 まだまだこれからの仕組みなのだとは理解しているつもりですが、やはりこれらを「ロボアドバイザー」などと呼ぶのは違うと思うのです。より親しみをもって金融商品に接してもらいたいという気持ちは私も同じです。でも、こういった用語の使い方はより遠ざけてしまうだけのように感じます。もったいないです。
 

 京極・出町FP相談 資産運用相談


「つみたてNISA」使っていきましょう。


 NISAとは少額投資非課税制度の略称(愛称)です。

 積立NISAの表記統一(「つみたてNISA」)について 日本証券業協会

 どうやらNISAは全角が正確な表記のようですが、このブログではNISA(少額投資非課税制度)のように半角を使い、日本語の説明も加えた表記を心がけていきたいと思います。(単語登録していますので「にーさ」と入力すれば出てくるようにしてあります)

 NISAの制度を解説する記事ではありませんので、詳細な内容は次のwebサイトもご参照ください。
 ・今さら聞けない、NISAって何? 投資信託協会
 ・みんなにいいさ!NISAがいいさ! 日本証券業協会

 個人型確定拠出年金→個人型DC→iDeCo(Individual-type Defined Contribution pension plan)となったように、
 日本版ISA→NISAとなり、そしてNISAから派生した積立NISA→つみたてNISAという流れです。

 
 2018年1月から始まる新しい「つみたてNISA」。
 当初からこの仕組みだったら良かったのにと感じる制度です。

 現状のNISAは年120万円の投資元本×5年が非課税の対象です。
 つみたてNISAは年40万円の投資元本×20年が非課税の対象です。

 2018年からはどちらかを選ぶことになります。すでにNISA口座を使っていてつみたてNISAへ切り替える場合の具体的な実務について明らかになっていないところもありますので注視しています。私はつみたてNISAへ切り替える予定です。


 そして、NISAはいずれ恒久化されることでしょう。
 (すみません、私の憶測です)
 若い世代が長きにわたってコツコツと資産形成していくうえで、本当に大事な仕組みだと感じます。

 コツコツと積み立ての投資を行うにあたってはこんな記事もありました。
 積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし NIKKEI STYLE
 「積立投資は「コツコツ投資」の呼び名が定着している」という文面が印象的でした。

-----

 現在すでにNISA口座をお持ちの場合には注意点が必要です。
 6/4(日)の新聞で一面広告にもなっていました。

 170608_01
 ※ 画像をクリックすると拡大します。
 
 マイナンバーを今年9/30までに提出しないと2017年末で一旦失効し、2018年にNISAを使う場合はマイナンバーと合わせて別の書類の提出も必要です。煩雑です。

170608_02
 ※ マイナンバーを提供しないとNISAが使えなくなります ~平成30年以後のご利用のために~ より引用
 ※ 画像をクリックすると全体が表示されます。

 こういったことは早めに対応してしまいましょうね。私はすでに対応完了しています。


 ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんもブログにまとめておられましたので、ご紹介しておきます。
 NISA口座・積立NISA口座の注意点 2017/5/23

-----

 最後に資産運用やその相談に関する過去記事をご紹介します。

「これだけ知識があれば、たくさん得しそうで資産運用で儲けられそう」
どんな報酬体系のどんな立場の専門家に頼るのかという視点

 お役に立てる機会がありましたら幸いです。


「そもそも興味がないから」


 少し前の情報で申し訳ないのですが、2つの資料をご紹介します。

 ・家計の安定的な資産形成に関する有識者会議 第1回資料 金融庁 2017年2月3日
 ・投資信託に関するアンケート調査報告書 投資信託協会 2016年12月

-----

 金融庁での1万人を対象とした調査で、約56%いる投資未経験者の約8割が「資産形成のための有価証券投資は必要ない」と答え、その理由は「そもそも興味がないから」が約6割です。

 同じく金融庁の調査で「投資教育を受けた経験なし」が約7割あり、そのなかの67%が「金融や投資に関する知識を身に付けたいとは思わない」と答えています。全体で考えても5割弱が「投資教育を受けた経験なし」で「金融や投資に関する知識を身に付けたいとは思わない」という結果です。


 次に投資信託協会での2万人を対象とした調査でも、「投資・購入を行わない理由」の第1位は「そもそも興味がないから」であり、約5割です。

 2万人のうち75%である1.5万人がこれまで投資信託を保有したことがなく、そのうち約50%である7500人が「そもそも興味がないから」という理由です。全体で考えても4割弱が「そもそも興味がないから」投信を保有したことがないという結果です。


 これらの結果が妥当なのかどうなのかわかりませんが、すそ野の広がりはこの数値がどのあたりまで変わってくることなのか私はイメージしにくいです。

 私も投資教育を受けた経験はありません。社会人になって、とある先輩の勧めで証券会社の口座を開いたことがありますが結局一度も使わないまま、とりあえず普通預金・定期預金以外の何かと思って毎月積立の外貨預金を始めFPを学ぶまでは継続していました。
 そして、メーカー退職時に厚生年金基金をどうするか調べたときに個人型確定拠出年金(iDeCo)を知り、最初に投資信託を購入したのはiDeCoです。まもなく10年です。

 繰り返しになりますが投資教育を受けた経験はありませんし、FPを学んで今のような仕事についていなければ、こんな時代でなくてツイッターなどのSNSがなければ、現在のような投資信託を中心とした資産形成のスタンスにたどり着けなかったかもしれません。

ーーーーー

 投資信託協会の調査結果で気になった項目を挙げておきます。


・現在投信を保有している人たちのうち、毎月分配型を保有しているのが全体で約49%、40代で約41%、30代で約37%、20代でなんと約44%。

 将来を見据えての資産形成を目的としている場合、途中で現金化(分配)されてしまう商品は候補として考えにくいです。また、毎月分配型は購入時手数料・信託報酬(運用管理費用)が高すぎます。高コストは固定されたマイナス要因ですから、お勧めしにくいところです。


・毎月分配金では、元本の一部が払い戻されることもあるを把握しているのは保有している人の約42%のみであり、分配金が支払われた額だけ基準価額が下がることを把握しているのも保有している人の約37%のみ。

・毎月分配型の非魅力点として「分配金の額だけ基準価額が下がる」ことを保有している人の約43%が選んでいる。

 証券会社の担当さんや銀行の窓販などの対面とネット証券などの非対面、この2つで販売額にどの程度の差があるのかわかりませんが、この点をわからず(説明をきちんと受けず?)購入するのは本当にさけたいところです。


・投信で特に不満を感じる点の第1位は「元本保証がない」であり、保有している人の約53%もこれを選んでいる。

・投信に元本保証がないことを保有している人の約79%しか認知していない。

 これは、、、大丈夫なのでしょうか…


・「販売手数料とは別に運営管理費用(信託報酬)がかかる」ことを保有している人の約44%しか認知していないこと。

・「運営管理費用(信託報酬)は投資信託財産から支払われている」ことを保有している人の約29%しか認知していないこと。

 手数料を把握することは大事です。ただし、金融商品において手数料を把握する習慣が日本では多くなかったのではないでしょうか。より身近な普通預金や定期預金の(実質的な)手数料は調べようと思ったこともありませんし、日本において加入率の高い生命保険や損害保険の手数料は開示されていません。こういった背景もあるように思いますがいかがでしょうか。

-----

 最後に、投資未経験者・投信購入未経験者が投資・購入を行わない理由として「まとまった資金がないから」が選ばれていたのは投資信託協会の調査では約2割、金融庁の調査では約7割ということで、非常に大きな差がありました。質問の仕方によって結果は大きく変わってくる項目もあるんですね。

 ですので、すべては参考情報であることは間違いないと思いますけれど、何事も100%理解しない(できない)としても、ある程度は把握しておくことが最低限必要ですし、その最低限がどこまでなのかを把握するためには時間をさいて勉強したり調べたりする時間も必要でしょうし、その時間を買う意味で専門家に相談すると言ってもその専門家もスタンスによって言うことは千差万別でしょうし、悩ましい世の中だと思ってしまう次第です。

 ちなみにネット証券では投資信託を100円から購入できるようになりました。「まとまった資金がないから」は逃げ口実にはならない時代に突入しています。たった100円分を買って何になるんだという意見も出てくるかと思います。まずは100円でも500円でも1000円でも試してみることができるのはとても意味の大きいことです。昔は数十万円からの株式しか買えなかったはずです。より身近に投資が存在する社会です。


 最後に冒頭の内容に戻りますが、「わからないものには手を出さない」が大前提であることは間違いありませんから、時間を作ってまで学ぼうと思えないという意味での「そもそも興味がない」と私は受け取っています。

 資産を何倍にも増やすことを目的としたよくわからない投資ではなく、遠い将来を見据えたうえで「お金の置き場」として何十年もの長期にわたる資産形成は若い世代にとってとても大事なことだと思っています。

 ここでいう若い世代とは20代・30代に限った話ではなく、人生90年で考えれば50代・60代でも若いが当てはまるかもしれません。金融商品を活用した投資をするしないは自由です。強制されるものではありませんが、年齢に関係なく、それなりに知ったうえで判断することが大事なことだと考えます。

 <京極・出町FP相談 オフィシャルサイト> 資産運用相談



勉強会「個人の資産形成にどう貢献するのか」に参加しました。


 20(土)午前中、FPを中心とした有志による勉強会へ行ってきました。

 講師はフィデリティ退職・投資教育研究所の所長 野尻哲史さん。共通の知り合いが多いのは把握していましたので、いつの日にかお会いできると思っていました。実現して嬉しかったです。

 さまざまなデータを出しておられる研究所でして、これまで個人的に印象的だったのは資産運用したお金を将来引き出す際に決まった額(定額)で引き出すのか、決まった率(定率)で引き出すのかどちらが良いかというレポートです。たくさんの調査・レポート・白書はこちらからご覧いただけます。

-----

■個人の資産形成にどう貢献するのか

170520_01

・同じことを繰り返し伝えていくことが大事


・「貯蓄から投資へ」とは、既存の預貯金から株式や投資信託に移し替えることではなく、収入から貯蓄をするのと同じように収入から株式や投資信託へ振り分けること。いわば「収入から投資へ」であり、資産形成を意味するのが「貯蓄から投資へ」。
・貯蓄(預貯金)は悪者ではなく、また預貯金を潤沢に持つ金持ちの話でもない。金持ちになるための施策。

・確定拠出年金のように、
 拠出時非課税(E)・運用時非課税(E)・受取時課税(T→日本には退職所得控除があるので実質的に非課税に近いケースがあるのでe)
 という仕組みから、世界的にはNISA(少額投資非課税制度)のように、
 拠出時課税(T→所得税の課税後に積立)・運用時非課税(E)・受取時非課税(E)が主流になってきている。


・「老後の豊かな生活には月額35万円必要」と「定年退職時に4000万円の貯蓄が必要」の不毛さ。「額」ではなく「率」が基準であるべき。

・老後の長さは平均余命ではなく生存率20%で考えたい。結果は95歳


・年平均3%の運用は可能か。
 日本で販売されている投資信託は約5800本
 15年以上は546本
 うち年平均0%以上の運用成果を得ている(マイナスになっていない)のは448本
 うち年平均3%以上の運用成果を得ているのは92本


・相続により資産が地方から都市部へ移っている。
 亡くなった人が都市銀行に持っていた資産を引き継ぐ人も都市銀行で受け取るのは約76%
 亡くなった人が地方銀行に持っていた資産を引き継ぐ人も地方銀行で受け取るのは約42%(都市銀行・ゆうちょ銀行で受け取るが各12%)

 亡くなった人が資産を預けていた都市銀行と同じ都市銀行の口座を持っていた資産を引き継ぐ人で都市銀行で受け取るのは約82%。同じ口座を持っていなかったら約61%
 亡くなった人が資産を預けていた地方銀行と同じ地方銀行の口座を持っていた資産を引き継ぐ人で地方銀行で受け取るのは約52%。同じ口座を持っていなかったら約25%

-----

<所感>

 ホワイトボードへの書き込みをうまく使ってくださり、非常に密な120分のお話でした。今回はファイナンシャルプランナー(FP)向けの勉強会ということで、前提条件を端折ってお話しされたことが多かったのだと思いますので「?」と感じた内容ももちろんありました。

・「FPの皆さんは」という呼びかけを多用されていまして、その多くは金融機関勤務で金融商品の販売をされている方々を対象とされているような表現を感じましたが、有料相談という場面もお話ししてくださったり、難しいですよね…

・「率」の考え方が大事なのはとてもよくわかるのですが、率を具体的に把握するためにはどうしても何らかの「額」情報を当てはめるしかなく、120分とはいえ短い時間で具体的な数字を伝えることの難しさを改めて感じました。

・勤労者3万人にアンケートを取られた2014年4月のデータがあり、退職後に一体いくら必要か?という設問があります。そしてその結果には年収と必要資金額におおよそ相関がありました。年収が低いと少ない額、年収が高いと多い額です。準備が可能かどうかの実現性も答えには含まれていることを加味する必要があると捕捉されていました。そして資料の見出しには「年金以外に3000万円が必要と回答」とあります。
 このアンケートには私が必須と考える事前情報があります。それは「公的年金の仕組みを理解しているのか」もしくは「将来受け取る公的年金額を具体的に試算したことがあるのか」です。メディアのあおられた情報により、公的年金は破たんするのでゼロで考えているという人も少なからずおられるのが悲しい現実です。ごくわずかであれば良いのですが、その情報が加味されていないとこのアンケート結果は取り扱いが本当に難しいです。

・毎月分配型という投資信託があります。仕組みの解説はこの記事でしませんが、「ブロガーの方々はタコ足であることを理由に毎月分配型は否定的だが、将来にかけて資産を取り崩していくことを考えればもっと評価されて良い」(意訳)という表現をされました。
 私はブロガーの方々とツイッターでコミュニケーションを取る機会がありますので、勉強会の後にこの件だけは私からひと言お伝えしました。「毎月分配型の投信は高コストであることが1番のネックであるとブロガーの方々が発信されていると理解しています。仮にタコ足でも低コストインデックス並みの信託報酬であれば、強めの否定は減ると思います」
 分配型は高コストであることや、もう1つ資産残高が継続的・安定的に増えていない(資金が流入していない)こと、この2つが最大のマイナスポイントだと私は理解していますが、そのことに(時間の関係で?)触れておられず単にブロガーの方々が悪者になっただけに感じてしまいましたので、お話しさせてもらいました。

-----

 所感では重箱の隅をつつくような不満ばかり書いているように見えると思いますけれど、存在のレベルの高さからこのようになってしまわざるを得ませんという意図でお読みいただければ嬉しいです。

 一般向けではなくFP向けだったからこそ踏み込んでお話しくださったと思いますし、120分でもまったく少ない時間であるという悩ましさからです。お金の仕組み・資産運用の考え方・各種制度の活用などの理解は大変な時間が必要だということの表れです。


 野尻さん、ありがとうございました!
 主催の栗本さん、お声がけくださり本当にありがとうございました!


タンス預金と積極的無知


 講義と記事を1つご紹介します。

 いま話題のひふみ投信・藤野英人が熱く語る「僕らのライバルは壺やタンス」

 動画だと26分くらいです。文章にも起こされていますので動画ではなく読んでいただくことも可能ですけれど、登壇者の藤野さんの雰囲気をよく知っていただけるので、動画が特にお勧めです。


 前半部分に出てきたのですけれど、キーワードはタンス預金と積極的無知です。タンス預金の具体例は私も衝撃的でした。あの水災の裏にはそんなことがあったとは…。

 <参照>現金と消費~巨大化するタンス預金の理由~(PDFファイル注意) -第一生命経済研究所-


 投資の基礎となる考え方を知っていただけます。身近に感じてもらえると思います。

 「投資をすることは知的でオシャレな社会貢献」

 これも藤野さんらしい表現だと思います。


 藤野さんが運用責任者を務めておられるレオスキャピタルワークスの「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」だけを推奨しているということではなく、とてもたいせつな考え方であることを知っていただきたいのです。

 もちろん投資や運用は自己責任にてお願いいたします。

----

 そして、同じ企画で竹川美奈子さんの動画もありました。

 今日からコツコツ資産形成をはじめよう!(竹川 美奈子/ファイナンシャル・ジャーナリスト)- FROGGY LIVE

 藤野さんも竹川さんも凝縮された30分ですから非常に盛りだくさんです。あくまでもエッセンスだと思ってもらって大丈夫です。でもそのエッセンスを学ぶ機会・知る機会が世の中にはありません。本当にお勧めです。

 東京圏以外ではなかなかこういったセミナーを聞ける機会がありません。便利な世の中に乾杯です。