FC2ブログ

”【改訂版】 一番やさしい!一番くわしい! はじめての「投資信託」入門”読みました。


 ”【改訂版】 一番やさしい!一番くわしい! はじめての「投資信託」入門”(2018年9月5日 第1刷発行)を読みました。

 190114_01
 (自分で購入し、いわゆる献本もいただきましたので2冊持っています)

 著者はいつもお世話になっているLIFE MAP,LLC、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん。facebookページはこちら。著者累計45万部突破!すごいです!!


 2013年1月に出版された「一番やさしい! 一番くわしい!はじめての「投資信託」入門」の改訂版です。だいぶ変わってます。前作を購入している人でも(よほど詳しい人を除けば)購入されることで新しい情報を得られますのでお勧めしたい内容です。

 いつも通り、アウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルです。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

-----
■はじめに p1~
■おわりに p186~


 この本の「はじめに」は本編の導入部としてボリュームがあります。著者の竹川さんの気持ちを表しているのは「おわりに」です。ぜひ最初に「おわりに」を読み、そして「はじめに」→本編へと読み進める流れをお勧めしたいです。

 「おわりに」の2文目から続く段落2つは本当に大賛同ですし、竹川さんが前作から5年半を経て改めて感じてこられた内容だと思います。必読です。


-----
■第1章 そもそも投資信託って何!?


 基礎編ですので前作との違いを中心に取り上げます。

 p25の吹き出し
 5年半前の前回では投資信託は4000本以上、そして今回はなんと6000本以上ということで、2000本以上も増えてしまっているんです。ある意味で恐ろしい世の中です。

 p27の吹き出し
 投資信託は100円からでも買えるようになりました。前回時点では500円でした。これは喜ばしいことなのだと思うのですが、大きな意味のないネット証券による競争が生み出した最低売買価格のように感じるところもあります。

 p29の図
 「つくる」「売る」「管理する」の3つの違う会社が関わっていることの図がものすごく詳細なものに変わっていて、この流れを一度でも知っておくのは個人的にとても大事なことだと思っています。


・「一般向け」「確定拠出年金向け」「両方で買える」の3つがある p34~

 そして新作がこの2ページです。
 2017年からiDeCo(個人型確定拠出年金)の対象者が広がり、2018年からつみたてNISA(少額投資非課税制度)が始まりました。日々相談をお受けするなかでも、投資信託の初心者さんにはこの内容の説明が欠かせません。


-----
■第2章 投資信託の儲けと損はどう決まる?

・投資信託の値段は1日1回だけ変わる p42~

 このページの最後の段落で説明が追加されています。「購入するときも、解約するときも、「いくらで買えるか」「いくらで解約できるか」はわからないのです」
 この1文、大事です。


 そして、4つめの項目(p46~)の名称が変わっています。
 前回は、儲かっているかは「騰落率」と「トータルリターン」でみる!
 今回は、「騰落率」と「トータルリターン」ってどういう意味?

 推察ですが、前回は編集者さんが決め、今回は竹川さんの要望で変更されたのではないかと思います。違うかなー…。


 p47では2014年12月から導入されたトータルリターンも解説されています。図で「ココが重要」と示されているのもわかりやすくてとっても良いです。

 前回のp59に掲載されていた「運用管理費用の内訳をみると投資家思いかどうかがわかる」は個人的に好きなページだったので削除されていたのは残念です。

 
-----
■第3章 投資信託はどのように運用されている?

 指数(本書ではモノサシ)の説明がめちゃめちゃ手厚くなっています。それだけインデックスの商品ラインナップが充実してきた証拠だと思いますし、私も専門家の端くれとしてこの10年の変遷はそれなりに理解しているつもりですから、この10年で本当に良い時代になったと感じる次第です。


・投信を知る上で大切な「3つの資料」 p96~

 物語調で特徴的な「恋人を選ぶようにチェック」が前回の第5章からこちらへ移ってきていました。挿絵の女性の表情(強めのチェック感)が何ともいえない印象の強さなんです。


-----
■第4章 投資信託でお金をふやすための「3つの戦略」

 前作の
 「お弁当と同じで、組み合わせて考えることが大事」 p100~
 「国内外の株と債券、4つの資産に分散投資する」 p102~
 「「分散」に「長期」を組み合わせるとさらに負けにくくなる」 p104~
 この3項目6ページが

 今回は
 「自分のお金は「世界中の会社」においておく」 p104~
 「「分散」に「長期」を組み合わせる」 p106~
 この2項目4ページに集約されました。

 指数連動や低廉なコストのバランスファンドが充実したことでの変更かなと読み取りました。これも良い時代になった表れだと思います。


 また、前作は
 「おすすめのインデックスファンドはコレ」 p108~
 「インデックスファンドを組み合わせた”セット商品”も選択肢に」 p111~
 の2項目5ページが

 今回は
 「インデックスファンド選びのポイント」 p110~
 「情報開示資料でインデックスファンドをチェック」 p115~
 コラム「運用管理費用(信託報酬)が安くなると、その分、儲かる!?」 p120
 「インデックスファンドを組み合わせたセット商品も選択肢」 p121~
 の4項目16ページへと手厚くなっています。読み応え十分です。
 

-----
■第5章 納得できる正しいアクティブ投信の選び方

・目標とする指数(ベンチマーク)に勝てるアクティブファンドは少数派 p132
・じつは多い”なんちゃって”アクティブファンド p134~
・「アクティブ・シェア」は隠れパッシブを見分ける指標 p136~

 前作の商品比較からわかりやすい図表へ変更となり、項目タイトルにも本質を突いた強い主張が含められていて好きです。


 ちなみに「章」の名称が唯一変わっていたのがこの第5章です。
 前作は「損しないための」、今回は「納得できる」。
 ここも第2章の感想で書きました内容(竹川さんのこだわり)ではないかなと感じる次第です。


-----
■第6章 投資信託はこうして買いなさい

 前作の「投信を買うときの口座って、「源泉徴収」あり、なしはどう決める? p158~」が今回の「投信を「買える場所」はたくさんある。非課税口座を優先! p160~」に変わりました。

 前作p159の図が消えたのは残念に思いましたが、投資初心者の人は特定口座を使う前に非課税口座を優先すべきですし、その非課税口座を使い切るだけでも十分との視点では無くても困らない項目かもしれません。ただ、証券口座を開設するにあたっては必ず決めないといけないことなので、やっぱり残しておいてもらいたかったなーと思ったりしています。


・投資信託を解約するには? p180~
・投信をどう取り崩していくか p182~
・コラム「ファイナンシャル・プランナーをどう選ぶ?」 p184

 前作では最後のコラム「リタイアを気に運用方法は変わる! p164~」で2ページにまとめられていた内容が今回では詳細な記述に変わって4ページに増量しました。出口も知っておくことはたいせつです。


 そしてFPの選び方で締められています。

 ここは過去記事の紹介で感想に替えます。
 社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用
 ご参考になりましたら幸いです。


-----

 最後にもう1つ書いておきます。本の帯部分。

 前作の見出しは「これでもうだまされない!」
 今回は「これを読んで失敗ナシ!」

 このあたりの表現へのこだわりも竹川さんから編集者さんに強く伝わったのではないかなーと感じる次第です。
 投資信託は当然ながら自ら手を伸ばさないと学ぶ場がありません。学ぶにあたっての第一歩目はこの本であってもらいたいです。

 

 金融機関や金融商品の選択をはじめ、投資や運用は自己責任でお願いします。


 竹川さんの本はこれまでたくさん感想を書かせていただいています。
 直近の1冊のリンクをご紹介しておきます。
 ”税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門”読みました。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


統合レポートと堀場製作所E-HARBOR見学、コモンズ投信さんのイベントに参加してきました。


 こんなイベントに足を運んできました。

 コモンズ30塾「企業との対話」~統合レポートを読み解く 堀場製作所&びわこ工場E-HARBOR見学~

 関西で工場見学の機会は関東に比べると多くありません。近くかつ京都の企業ですし、このブログのサブタイトル「嫁、中1長男・小5次男・小1長女の5人でおもしろおかしく生活しています」で使っています「おもしろおかしく JOY and FUN」を社是にされている堀場製作所さんです。ありがたい機会だと思って参加してきました。

 180825_01

統合レポートワークショップ
コモンズ投信挨拶・趣旨説明
・堀場製作所IR担当よりプレゼン
・堀場製作所×コモンズ トークセッション
・参加者同士のワークショップ

E-HARBOR
・工場長より説明
・堀場製作所E-HARBOR(びわこ工場)見学

懇親会
180825_05 180825_02 180825_03 180825_04

 こんな流れの興味深い時間だったのですが、台風の影響で参加者が申込よりもかなり少なくなってしまったようで残念でした。それでも遠くは鹿児島や東京などから熱意をもって参加されている方々もおられ、近くから気軽に参加したのが申し訳ない気分になるほどでした。

 顧客との接点を大事にされるコモンズさんです。参加者の方々にはこういったイベントに慣れている人だけでなく、初参加の人も表現が難しいのですが、穏やかで攻撃的ではない人ばかりなのが良い印象です。いわゆる直販系投信ではおおむねそのような印象を受けることが多いです。

-----

 印象に残った説明などをまとめておきます。

■コモンズ投信社長 伊井さん

・統合レポートを作っているのは東証一部上場の約3700社のうち約500社。
 HORIBAさんは力を入れて作っているのがわかる。

・運用している投信は2本、知り合いで大手に勤めるファンドマネージャーは70数本。


■堀場製作所IR担当さん

統合レポート(HORIBA Report)の2016年度版は約8500部発行。最新は2017年度版で2017年12月に発行
・投資家向けの内容だが、営業が会社案内として顧客に配付する使い方も。
・ある役職以上には社員にも配付

・次期決算に向けて見込まれている大きな利益が半導体。半導体業界の先行き不安情報が出たため、堀場の株価も一時期に比べて下がっている。ピークは今年5月14日の9540円、現在は7000円弱。
・継続的な企業価値創造

・機関投資家と接する機会がほとんどなので、個人投資家さんとの機会は希少でありがたい。


<所感>
・社員全員に配ることで、内容は少し難しいかもしれませんが、家族にもファンになってもらう視点では良いのではないかと感じるほどのしっかりした作りの冊子でした。
・HORIBAさんのwebサイト、今回初めて拝見しました。機関投資家ではなく個人投資家も対象とされるのであれば、字の大きさを選べる設定が大事かなと思いました。
・というように投資家側としてというよりも、仕事柄の文書校正や伝わり方の視点を持ってしまう私です。京都の企業、大応援です。

-----

 コモンズ投信さんとのお付き合いは2010年9月からです。社長の伊井さん、会長の渋澤さんにはお世話になっています。そして、東日本大震災当日の午前中にも訪問しました。懐かしいです。

 諸々の事情でこの記事では詳細を書けないのですが、コモンズさんの口座は持っています。投信を購入しているのか、購入しているならどのように買っているのかなどは、直接聞いていただければお答えします。すみません。


 個人的にはマスフローコントローラーが懐かしかったです。新卒で勤めた会社(半導体製造・研究開発装置メーカー)でよく目にしました。
 工場や装置の雰囲気も(規模は違いすぎますが)懐かしさを感じまして、社会人の原点を思い返すことができました。今はこんな立場の私ですので、大きな企業にお邪魔できた機会、相談者や専門士業ではない企業の方々と接することのできた機会、広くて魅力的な建屋を見学できた機会、たくさんの刺激をいただきました。


 伊井さん、担当の福本さん、堀場製作所IR担当の皆さま、そしてお話しさせていただいた参加者の皆さま、ありがとうございました!! 



「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin京都vol.21」開催報告です。


 「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べin京都vol.21」開催報告です。

 日時 2018/6/30(土)18:00~20:45
 会場 やまだるま(烏丸通六角東入)
 
 20名の参加がありました。内訳です。
 ・初参加11名
 ・3回目1名
 ・特別ゲスト 竹川美奈子さん(ファイナンシャルジャーナリスト)
 ・飛入ゲスト 大江英樹さん(経済コラムニスト)
 ・コツコツ大阪主催者1名(7回)
 ・コツコツ京都オフィシャルサポーター3名(20回・17回・12回)
 ・主催者2名

 「複数回参加制限」のルールを設定して4回目の開催となり、今回からさらに条件を加えました。(詳細は告知サイトをご覧ください)

 常連さんのご協力のおかげで初参加さんが11名も参加くださり、「投資初心者の方々が気軽に情報を得ていただける場を提供したい!」というのがコツコツ京都立ち上げ時の主催者2名は本当に嬉しかったです。告知開始から短期間で席が埋まってしまうことのないおかげで、申込みいただける期間を長く設定できているからこそ人数です。常連の皆さま、本当にありがとうございます。


 今回は「女性:男性=5:15」でした。(前回は「12:10」でした)主催者とオフィシャルサポーターは残念ながら全員男なのですが、女性も気軽にご参加いただける場でありたいと思いますし、男性も女性も関係なく楽しんでいただけていると思っています。
 そして、今回も遠方では愛媛県からの参加もありました。観光も兼ねてと言っていただけるのは京都ならではだといつも感じます。ありがたいことです。

-----

 毎回同じことを書きますが、バランスを取るため最初は主催者権限でおおよそ席を割り振らせてもらっています。
 コツコツ京都では最初は自己紹介も兼ねて、投資を始めたきっかけやコツコツの会を知ったきっかけ、今気になっていることなどを順番にお話しいただくところから始めています。誰か1人の独演会になってしまわないよう最初の注意事項としてお話させてもらっています。


 私がまわった席ではこんな話題が出ていました。

 ・個別株と投資信託の保有割合
 ・デイトレーディングではない個別株選定の考え方
 ・投資信託は退屈?
 ・バリュー平均法はどうか?
  <過去参照記事> ”自分でやさしく殖やせる「確定拠出年金」最良の運用術”読みました。
 ・店員さんのミスと賠償責任保険

 たまたまかもしれませんが、私の近くではiDeCo(個人型確定拠出年金)やNISA(少額投資非課税制度)や投資信託の選び方のような内容は出てこず、初参加の方々も何かしら経験があり、ゲストに踏み込んだ質問をされているのが印象的でした。


 締めの言葉を無茶ぶりで参加3回目さんにお願いさせてもらったところ、主催者もオフィシャルサポーターも予想もしなかった(すみません!)感動の挨拶をしてくださって、こういった方々に参加いただける私たちはもう本当に言葉に表せないくらい嬉しいです。ありがたいことです。

-----

 ゲストのお二人からは著書を計5冊ご提供くださり、初参加さん限定でのジャンケン大会で盛り上がりました。御二方、本当にありがとうございました。

 180630_11


 リンクをご紹介します。

 竹川美奈子さんのオフィシャルfacebookページ
 今回の件もこのように投稿くださっていました。

 大江英樹さんオフィス・リベルタスのオフィシャルfacebookページ


 コツコツの会、元祖の東京は毎月原則第一水曜開催ということもあり、次回7月4日でなんと96回目です。ものすごいです。
 京都ではおおよそ半年に1回の開催を目標にしていますが、今回は諸々の主催者の事情で10ヶ月ぶりに開催となり、次回は来年1~2月ごろを予定しています。

 コツコツの会は全国各地でも開催されていますので「コツコツ投資家がコツコツ集まるファンページ」もぜひチェックしてみてもらいたいです。

-----

 ご参加くださいました皆さま、特別ゲストの竹川美奈子さん、飛入ゲストの大江英樹さん、オフィシャルサポーターをお受けくださった3人さん、そして一緒に主催をしている @pocky さん、ありがとうございました!!!



IFAとは証券会社の代理店さん


 2018年6月もまもなく終わって7月に入ります。
 今月は「IFA」と呼ばれる仕組みに関する記事が多く出ていたように感じます。
 時代の流れなのか何か広告効果があるのか、私には背景はわかりませんが、とにかく正しい理解が必要です。

 私がツイッターで発信した情報のまとめです。
 (手前味噌ですみません)












-----

 しつこいほどに書いてしまってすみません。

 証券会社の営業担当さん、銀行の窓口担当さんや営業担当さん、これらの方々は確かに会社での売れ筋や支店での販売強化商品などを熱心に勧めてこられることもあるでしょう。

 だからといって証券会社や銀行という金融機関に所属していない「IFA」と呼ばれる方々だったら無条件に信頼性を高く扱って問題ないのでしょうか。
 

 ここで生命保険という別の金融商品の例を挙げます。

 保険会社や銀行の担当さんではない、代理店の担当さんだったら無条件に信頼して問題ないのでしょうか。保険の無料相談として、複数の保険会社の商品を取り扱っているので中立・公平などとうたっておられるケースの証券会社版がIFAです。

 なので繰り返し書いています。IFAとは証券会社の代理店さんですよと。


 代理店がダメとか悪とか相談してはいけないとかではありません。その立場を分かったうえで、何で収益を得ているのか把握したうえでアドバイスを受けてもらいたいというだけです。

 金融商品を提案・販売することでしか収益を上げられないのであれば、疑問や不安の解決方法は扱っておられる金融商品を活用する方法になってしまうのは自然な流れです。

 本当に金融商品の購入が必要かどうか、他に解決方法があるのではないか、他に選択肢があるのではないか、という確認も含めた相談は報酬の発生する仕組みでしか難しいと感じるんです。
 もちろん代理店に所属しているすべての営業担当の方々が必ずしもそうとは限らない(金融商品を提案・営業するばかりでなく、さまざまにアドバイスしてくれるケースも多々ある)と思います。でもそれって結局は何か購入しないと申し訳ないという気持ちになってしまうことだってあると思うんです。それって「お付き合いだから」という言葉ですまして良い時代ではなくなってきているように考える私です。(これは私のポジショントークです)


 今回も長文をお読みくださり、ありがとうございます。

 <参照記事リンク> IFA検索 今回の記事を除いて5本で取り上げていました。



結局のところ将来は予測不可能


 先日、京都市内某所で開催されました講義を受講してきました。

 先日受講しました 何のために投資をするのか と関連している講義です。

 今回は兆を越える金額を扱っておられる機関投資家の運用部門の責任者さんが講師で「投資信念とポートフォリオ運用」というお題目でした。


 多くの年で平均を上回る運用成績を得てこられたご自身の実績と経験を元にした講義で、結局のところ将来は「予測不可能」ということをしみじみとお話しされていたのが印象的でした。

・世の中は予測であふれているが、軸足が予測にあると異なる状況が発生したときに確実に対応が遅くなる。
・過去の実績による標準偏差ではリスクは管理できない。
・値動きとは日々独立した動きをする。前日や前月の動きは関係ない。
・相場とは欲と恐怖である
・大暴落を知って想定しておくことがリスク管理につながる
・外国株式に比べて日本株式のリスク(標準偏差)が高いのは、1国への集中投資だから。外国株式は何十もの国で構成されているので分散投資できている。


 将来を考えるうえで、地震大国であり少子高齢化を突き進む日本にはかなり悲観的な立場で、国際分散投資の重要性を強く主張されていました。

-----

 投資・運用をしていくなかで、国際分散投資の重要性には異論ありません。

 講義後の質問で受講者の1人が「毎年たった1%の超過(平均を上回る)収益は大したことないと思うのですが(意訳)」と驚愕の発言をされ、毎年1%もの違いは長期で見れば大きな差があること、兆という莫大な資金の行き先は良くも悪くも限られること、収益の差を生むためにコストの観点も私は理解しているつもりです。


 兆という単位はともかく、すでにあるまとまった金額を運用する立場の方々と、例えば私たちのようにこれから将来にかけてまとまったお金を作るためにコツコツと積み上げていく必要のある場合、この2つの違いを他の受講者の方々はどれだけ理解して聴かれているのだろうと感じたのが私の最大の関心事です。

 結局のところ行き着く先として、将来は誰にも予測不能なので、地球全体丸ごとを対象としてコツコツとお金を積み上げていきましょうということなのだと理解しました。私は自国、日本にそれほど悲観的になっていません。


 理論的にはいくらでも学ぶ情報はあるでしょうし、学ぶことに無意味なことは無いと思っていますが、この分野を特別な専門とする人以外は私も含めて今回の内容までで十分であると感じました次第です。専門家の方々のお話を聞くと、考え方を整理できます。インプット、たいせつにしたいです。

 関係者の皆さまに感謝を申し上げます。

-----

 今回の受講内容とは異なりますが、参考情報を1つご紹介しておきます。

 長期投資仲間通信インベストライフ® 2018年6月15日号
 特集1 100歳人生のお金との付き合い方(PDFファイル注意)
 (金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル2018」基調講話全文)

 岡本さんとは直接にお会いしたことは残念ながらまだないのですが、共通の知り合いが多く、SNSでは何度かやり取りさせていただいたことがあり、いずれと思っています。

 A4で8ページ分ですから少し長いかもしれませんが、本質が書かれています。
 超オススメです。