FC2ブログ

キャッチボール・ピアノ・唐突に


 親バカシリーズ(?)、隊長(長女、2020年度3年生)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 キャッチボール

 休みの日、最近の隊長(長女2年生)は退屈になると父(私)に「キャッチボールしよ」と言ってきます。

 200403_02

 外に出るわけでもなく、そんなに広くもないリビングを使ってドッチボールサイズのボールで投げて取ってを繰り返します。楽しそうです。
 大きく振りかぶったり助走をつけたりできないので私は座って相手してます。隊長もたまに座って投げてますが、上半身だけであれだけしっかりボールを投げられる女子は多くないでしょう。

 ボールの扱いに長けた低学年女子の隊長、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 投げるときには左手の使い方・左足の踏み出しが大事だと(笑いを入れて)何度も繰り返し教え込んでいる私です。
 ※ 次男(6年生)と何度も何度もキャッチボールしたなーと懐かしくなります。長男(中学2年生)はちょっとだけでした。

-----

 ピアノ

 2019年度から隊長はピアノを習い始めました。

 きっかけは幼稚園から一緒のお友だちとそのお姉ちゃんが習っていたこと。本格的にではなく音楽を楽しめたらいいなーというゆるい感覚でレッスンは月2~3回です。
 それでも年末には教室での発表会で堂々と立派にひいてました。

 200403_03

 隊長、やるぅ~
 あー、かわい^^

 ※ 楽譜が読めるようになるだけでもいろいろ世界が広がると思うんですよね。
 ※ わが家に電子ピアノが導入され、最低限の広さの住まいですのでなかなかの存在感です。
 ※ 電子ピアノに次男はたまに興味を示しますが、長男はまったく興味がなさそうです。

-----

 唐突に

 先日の隊長との会話

 隊長「おとーぷん、
    たーちゃんね、けっこんするの」
 私 「えっ?」

 隊長「けっこんするあいてきめたの」
 私 「ええっ!?」

 隊長「たまごっちのけっこんするあいて」
 私 「…あっ…そう」

 200403_01

 隊長、最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 都合上たーちゃんとしていますが、実際には異なります。
 ※ 「おまえに娘はやらんっ!」というタイプではないと信じています。信じています。

-----

 2020年度が始まりました。京都市の公立学校は新年度から再開のようです。

 新聞・テレビ・ネット・SNSの情報はあおりが多いと日々感じます。
 首相官邸 ご利用くださいお役立ち情報
 このサイトはいかがでしょう。個人的に信頼性が高くて良いと思いました。


おにごっこ・バスケ1と2


 親バカシリーズ(?)、最終学年の次男編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 おにごっこ

 3学期前半のとある日、次男(6年生)の担任の先生が諸般の事情で午後不在の際、教務主任の先生が余った時間運動場で遊ぼうということで、なぜかおにごっこが始まったそうです。

 次男「鉄棒で懸垂しててん」
 妻 「おにごっこちゃうやん」
 私 「誰もつかまえられへんから
    最初から追いかけてもこーへんのか…」
 次男「そやねん、めっちゃ懸垂しててん」

 妻 「一匹狼やなー
    ほんま誰に似たんや…」(ちらっと私を見る
 私 「やるなー」(話をそらそうとがんばる

 次男「一匹狼ちゃうで!
    一匹わんこ!」
 私 「…やるなー」

 超ニコニコで「わんこ!」と言い放った後、次男はリビングから去っていきました。
 俊足次男、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ お年頃な次男ですので、この記事は大丈夫なのか心配になります…
 ※ 隊長(長女2年生)が「わんこちゃう。そんなかわいない」と冷静におっしゃっておられました。
 ※ 隊長だけでなく次男も長男(中学2年生)もまだまだほんまかわいいです。
 ※ 懸垂は23回したそうです。ほんまかいな。

-----

 バスケ【1】

 次男の3学期前半の体育はバスケットボール。
 めちゃめちゃ楽しかったようで、シュートを打ちまくって決めまくっていたそうです。

 身長もクラス(学年)で3番目の高さになった次男。
 圧倒的身体能力で幅跳びも高跳びもクラスで1番の次男。

 小学校体育館の低いリングとはいえ、授業の終盤ではなんとワンハンドダンクまでできるようになったと、めちゃめちゃ嬉しそうに話してくれました。

 いやー次男よ、あなたは最高だ。
 あー、かわい^^

 ※ 数年前に大人買いしたスラムダンク全巻を何度も読んでいた次男です。
 ※ この身体能力はすべて妻のおかげです。私は短距離走だけでなくバネもだめでした。
 ※ にもかかわらず次男は中学になったら帰宅部希望だそうです(苦笑)
 ※ 私に似た長男ほんまごめん。

-----

 バスケ【2】

 次男の3学期の体育はバスケでした。
 最後のバスケの日の前夜の会話。

 次男「あしたが人生最後のバスケの日やで」
 私 「おおげさやな」
 妻 「誰に似たんや」

 私 「よし、策を授ける」
 次男「??」

 私 「最初は一人でシュートを打ちまくる」
 次男「えっ?」

 私 「シュートばっかりしてくるなと相手が思い始めたら
    そこからは味方にパスを出しまくる」
 次男「えっ?」

 私 「ほら、流川さんもパスの選択肢を
    相手にイメージさせたやろ?」
 次男「そやな」

 私 「パスやと思わせたら
    終盤にまたシュートに切り替える」
 次男「わはは」

 私 「これでみんなが”すげぇ”ってなる」
 次男「なる」

 私 「パスのときはしっかり桜木花道みたいに
    スクリーンアウトや」
 次男「そんなんせんでもリバウンド取れる」
 私 「やるなー」

 次男、最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 数年前に大人買いしたスラムダンク全巻を何度も読んでいた次男です。
 ※ この作戦は次男の身体能力があるからこそです。私にはこんなの1ミリも実現可能性がありません。
 ※ 実際には他の授業の関係でバスケ時間が短くなり、この作戦は実行できなかったようです。
 ※ 進学する地元の公立中学には男子バスケ部はありません。あったとしても帰宅部を宣言している次男です。

-----

 20(金・祝)個別相談2件お受けします。
 21(土)個別相談2件お受けします。


年末年始の家族旅行【淡路島】


 親バカシリーズ(?)、年末年始の旅行編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 年末年始の旅行【1】

 いつもは春か秋なのでこの季節は伊藤家初でした。

 最初の目的地は鳴門の大渦。事前に満潮・干潮の時間も調べず向かいまして、偶然にも干潮の1時間前で渦っぽいものは見れました。

 200306_01

 ここに立てるかどうかで試されますよね(何が?

 200306_02

 立てた隊長と私
 立てなかった次男・長男・妻

 すいてたのと風が強かったのと朝から出発して疲れてたのもあって、展望室からの戻り数百メートルを隊長(長女2年生)におんぶさせられました…

 おいっ2年生!かわいいぞ^^
 隊長、最高です。

 ※ 渦の道
 ※ 次男(6年生)は「たっか!こっわ!風つっよ!」を小さく連発していましたが、長男(中学2年生)は比較的静かでした。

-----

 年末年始の旅行【2】

 何年か前に別の旅行のときにも遊んだ芝すべり。隊長がこの旅行で一番楽しみにしていたのがこれです。

 IMG_8398_1024.jpg

 冬の朝一番で海沿いのパークなので風もあって伊藤家恒例の貸し切り状態で、それはもう大喜びでキャッキャと楽しんでおられた隊長です。

 隊長、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 淡路ワールドパークONOKORO
 ※ 長男は前回と同様に見ているだけ、次男も今回からお年頃で見てるだけだったので、父(私)がすべてお付き合いしました。おっさん(私)も楽しかったです。

 200306_03

 こうやって階段を上がることを繰り返すわけです…

-----

 年末年始の旅行【3】

 長男が楽しみにしていた射撃。

 200306_05

 年齢制限で残念ながら近距離の的当てしかさせてもらえませんでしたが、銃をかえて2回楽しんだ長男。
 お年頃になって普段は控えめなので、こうしてやってみたいことをまだ言ってくれるのは嬉しい限りです。

 長男もまだまだ最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 次男は恥ずかしがってやりませんでした。お年頃ですよね。

 200306_06

 長男1人だと寂しいかなと思って付き合ったのですが、場所が違って父(私)は残念でした。

 200306_04

 家族の思い出のためには外せないですよね!
 (五郎丸さんは今回のW杯には出ておられなかったわけで、いつからこれが設置されているのか気になるところです)

 200306_07

 明石海峡大橋、壮大ですよね。

-----

 6(金)個別相談2件お受けします。
 7(土)午前中は個別相談、午後は事務所ミニセミナー「リタイアまでにいくら準備すればいい?ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー」第14シーズンの最終3回目です。


ナノブロック・リンク・コンビニ


 親バカシリーズ(?)、いろいろ思い出編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 6月が誕生日だった次男(6年生)の希望した親(私たち)からのプレゼントはナノブロック。

 作品No.1 五重塔
 200221_01

 作品No.2 サグラダ・ファミリア
 200221_02

 普段の机はほぼ物置きと化している次男ですが、黙々と机に向かっていました。
 「できたでー!」と嬉しそうだった次男、最高です。
 あーかわい^^

 ※ 完成品は置く場所がないので玄関に飾ってあります。数年前まではカブトムシのケースが占領していましたが、今は広々です。写真の左が五重塔です。
 ※ 本物のサグラダ・ファミリアはこの後ろに何本も塔が建つんでしたっけ?
 ※ サクラダだと思ってました。サグラダなのですね。
 ※ 隊長(長女2年生)は興味が無いようで触ろうとしません。長男(中学2年生)は黙々と毎日ナノブロックと向き合っていた弟を生暖かく見守っていたようです。

-----

 フィギアスケート

 夜、テレビを見ていた隊長と次男。

 隊長は華麗に舞う選手たちをキラキラした目で見ています。
 次男は氷上ならではの動きが気になるようです。

 次男「おとーさん」
 私 「んー?」

 次男「フィギアスケートって
    氷の上でめっちゃまわるやん」
 私 「そやなー」

 次男「氷に穴あいたら、
    下の水に落ちて びちゃびちゃなるやん」
 私 「プールとか池と違って
    下に水はないと思うで」

 次男「へー、そうなんやー」

 長男と妻は大笑いしてました。
 隊長は画面にくぎ付けで聞こえてません。

 うん、次男よ、あなたは最高だ。
 あー、かわい^^

 ※ クルクルまわって氷が割れて下にドボンとか、フィギアスケートの皆さま、想像して笑ってしまってごめんなさい。
 ※ 次男のイメージで氷といえば、寒い日の朝に防火バケツの水や小学校の観察池に氷が張ってるってことなのだと思います。薄めです。
 ※ すみません、正直に書きますが、これ1年前の冬の記録です。

-----

 冬休み直前

 学校から早く帰ってこれる日に次男が「コンビニでおやつ買ってきていい?」と言い出し、めったにないことなので妻が1000円を持たせてみたところ、カップラーメンやおにぎりを買ってきて「それおやつちゃうやつやん!」となったのですが見事に完食して夜ご飯も普通(でもいつもよりは少なめ)に食べきったという出来事がありました。

 それを見ていた隊長も「コンビニでおやつ買ってきたい」と言い出し、これまた珍しいので同じく1000円持たせたところ買ってきたのがこの写真です。

 200221_03

 アクエリアス好きな女子、甘いもの好きな女子、隊長やるぅ~。

 みんな最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 1000円は持たせすぎましたね(笑)
 ※ 年齢的に当たり前かもしれませんが、隊長も1人で買い物って大きくなったなーって思います。

-----

 21(金)外出しての相談対応2件です。
 22(土)個別相談2件お受けします。



冬休み・服・150年


 親バカシリーズ(?)、冬の思い出編2です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 子どもたちの冬休み

 元日は徒歩1分の父(私)の実家、2日は電車で20分の母(妻)の実家へ出かけた以外は出不精の両親(私たち)の影響で、家から出ることのない子どもたち。

 隊長(長女2年生)はビデオを見たりお人形で遊んだり塗り絵をしたり、たまにプリンセスなゲームをしたり、宿題も順調に進んでいました。

 次男(6年生)はゲームして兄のゲームを見て、何回読み返してんねんというマンガを読んで過ごしています。宿題は終わっていました。

 長男(中学2年生)はゲームして弟のゲームを見て録画した映画を見て残りの時間は机に向かっているようですが、宿題(提出課題)がまったく進んでいないのと冬休みにやっときやと伝えていた勉強もやってないようで、いつものおおらかな長男です(あかん…

 みんな最高です。
 あー、かわい^^

 ※ 隊長のプリンセスなゲームの詳細は前回の投稿を参照ください。

-----

 妻との会話

 私「あれっ?その服…」

 出かける予定のない休みの日、妻が次男の長袖を着ていました。

 妻「そやねん、着れるかなーっと思って」

 春はまだ母(妻)より背の低かった次男は夏から秋に一気に背が伸び、あっという間に妻を抜き去って着れない服が増えました。

 妻「試しに着てみてん。
   私やったら着れるわ」
 私「へー。ってことは次は俺やな」
 妻「?」
 私「長男と次男がこのまま大きくなって
   着れへんようになる服、俺が着れるな」
 妻「ほんまやなー」

 われながらなんかいい話でした(あれっ?
 あー、かわい^^

 ※ 父(私)まで残るは長男が約7cm、次男が約15cmです。
 ※ 長男が着て次男が着た服は基本くたびれ感あって、人にまわせるのが少なかったのですが、最近は成長スピードが速く…
 ※ 隊長の服は2歳下の従姉妹やお友だちの妹ちゃんにどんどんまわっていってます。
 ※ 普段あまりにも服を買わない父(私)は基本的にあきれられています。

ーーーーー

 150年

 2学期終盤、私の母校であり子どもたちの通う京都市立の小学校が創立150周年を迎え、土曜参観の代わりとして記念式典がありました。その日の私は普通に相談対応だったのですが、当日を含めて4日間ほど特別展示が学校で開催されていました。

 期間中の平日、仕事が落ち着きちょうど下校時間に近かったので放課後に遊び倒している隊長に会えるかなーと思って学校に向かったところ、学校から出てきてすぐの隊長に会えまして一緒に特別展示を見てきました。

 200207_01

 授業でみんなで見に来たけどしっかり見れなかったことを聞かせてくれて、一緒に昔の写真を見て今の場所と比べたり、放課後に遊んだことも聞かせてくれて家の近くまで一緒に帰り、私は事務所に戻りました。

 姿が見えなくなるギリギリまで何度も振り返ってバイバイしてくれた隊長、最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ もちろん姿が見えなくなるまで見送っている父(私)がいるから何度も振り返ってくれるわけですけれど。
 ※ 明治2年開校、写真は天皇陛下が明治5年に視察され述べられた感想を京都府が書面にして各学校に伝えたものだそうです。

-----

 6(木)ようやく京都の冬って感じの日でしたね。昼前後の雪の舞い方がピークだったように思います。京都の最高気温は4.8℃だったようですが、観測地点より北にある事務所と自宅ですのでおそらくもっと低かったのではないかと…寒い日でした。

 7(金)終日事務所の予定です。