ごっこ・はたち・さかなのほね


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、隊長(長女)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 とある夜の夕食時の隊長(長女5歳)との会話

 私 「幼稚園で何して遊んでるの?」
 隊長「おうちごっこ!」

 私 「へ~、どんなことするん?」
 隊長「ごはんつくったり~・・・」
 私 「うんうん」

 隊長「たーちゃんね、おかーしゃん したいのに
    〇〇ちゃんがずっとおかーしゃん しはるの」
 私 「そうなんやー
    たーちゃんも一緒におかーしゃんしたらええやん」
 隊長「おかーしゃん、ふたーりはおかしいやん!」
 私 「そう??」

 隊長「たーちゃんは、おねーさんか あかちゃんしてるの」
 私 「あかちゃん?」
 隊長「うん」
 私 「あかちゃん^^
    ・・・あっ、おとーしゃんしたら?」
 隊長「いや!
    おんなのこなのに おとーしゃんは へん」
 私 「そう??」
 隊長「あーかーんー!」

 あー、かわい^^

 ※ 「家でもずっとあかちゃんやのになー^^」を言わないようにするのに必死でした。
 ※ 隊長なのでたーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 はたち

 2ヶ月ほど前の休日の昼食時の会話

 妻 「年度はじめやなー」
 私 「そやなー」
 妻 「お兄ちゃん(長男のこと)6年生やで、信じられへんわ」
 私 「そやなー」

 妻 「お兄ちゃんが大学1年生のとき、
    たーちゃん(隊長のこと)中学1年生か。
    だいぶ年の差感じるなー」
 私 「隊長がハタチのとき、長男26歳やで」
 妻 「そうなると、年の差を感じなくなるなー」


 隊長「たーちゃん はたちのとき
    おにーちゃん なんさい?」
 妻 「26歳よ」

 隊長「ちいにーちゃん(次男のこと) なんさい?」
 妻 「24歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「んっ??」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳よ」
 隊長「ふーん」

・・・

 隊長「ちいにーちゃん はたちのとき
    おにーちゃん なんさい?」
 妻 「22歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「16歳よ」

 隊長「ちいにーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳」

・・・

 隊長「おにーちゃん はたちのとき
    ちいにーちゃん なんさい?」
 妻 「18歳よ」

 隊長「たーちゃん なんさい?」
 妻 「14歳よ」

 隊長「おにーちゃん なんさい?」
 妻 「20歳」


 隊長、はたちは20歳ですよー。
 あー、かわい^^

 ※ 都合上、隊長を たーちゃん、次男(9歳)を ちいにーちゃん、長男(11歳)を おにーちゃんとしていますが、実際の呼び方は異なります。
 ※ 長文を読んでいただき、ありがとうございます(笑)

-----

 さかなのほね

 とある日の晩ごはんの時の会話(嫁談)

 隊長「おかーしゃん、
    この おさかなのほねって
    たべてだいじょうぶなやちゅ?」

 嫁 「よくかんだら大丈夫やけど
    細くて長いのもあるから できたら出してね」

 隊長「・・・」
 嫁 「ん?どうしたん??」

 隊長「のみこんじゃったー…
    うえーーーん ><」

 普段は超強気な隊長で、私にもとってもえらそうにお姉さんな態度で向かってきますけれど、まだまだ5歳ですからちょっとしたことで不安が大きくなってしまうようでこっちも笑顔になってしまいます。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ おかげさまでどこにもささらず大事には至りませんでした(おおげさ)
 ※ 私が帰宅したときには隊長は何事もなかったかのように普通に遊んでおられました。

-----

 最近ブログで書きたいことがありすぎて、でもどれも大作の雰囲気がありましてなかなか手が付けられません。というわけで、こんな感じの現実逃避投稿で申し訳ありません m(_ _)m

 24(土)終日事務所の予定です。個別相談2件お受けします。
 25(日)お休みをいただきます。またもや強い雨のようですね。


新緑と北野天満宮・人形と1番好きなのは?


 新緑の季節の記録、第2弾です。

 先日の週末に自宅から約4kmの北野天満宮へ。

 170604_03  170604_05 170604_02

 170604_09

 本殿周辺エリアは子どもたちの反応薄く…

 隊長「かえりに なにたべにいくの?」
 私 「行かないですー」
 隊長「えーーーっ…」

 次男「おみくじしていいの?」
 私 「おっ、いいやん」
 次男「やっぱりやめとくー」
 私 「なんでやねーん」

 長男「はやく帰ろうやー」
 私 「せっかくやし全部見てからなー」
 長男「えーーーっ…」

 人の少ない本殿まわりを歩いていたら御土居を見つけ、北野天満宮ってこんな大自然が境内にあったのですね。ほんまに知りませんでした。

 170604_01 170604_11

 170604_10

 170604_04  170604_06

 子どもたちは探検できて楽しかったようです。
 うん、わが家はいつも絶好調です^^

 ※ 本殿の近くは外国人観光客よりも修学旅行生がめちゃめちゃ多かったです。大自然にはほとんど人はいませんでした。もちろん朝一です。

-----

 リカちゃんとつばさちゃん

 隊長は、リカちゃんの人形で遊ぶのが大好きです。1人で、大きな声だったり小声だったり、いろんなセリフで遊んでおられます。
 私の妹がリカちゃんのお友だちのつばさちゃんをプレゼントしてくれまして、登場人物が2人になって隊長は忙しそうです(笑)

 とある夜に帰宅したときの会話

 私 「今日もつばさちゃんで遊んでたの?」
 隊長「うん^^」
 私 「楽しかった?」
 隊長「うん!」

 私 「お店屋さんごっこ?」
 隊長「えっとね、
    きゃぷてんつばさちゃんがね…」
 私 「えっ?」
 隊長「きゃぷてんつばさんちゃん^^」

 次男が仕込んだようです。
 こらーーーっ!!
 あー、かわい^^

 ※ 元をたどれば長男(11歳)が言い始めたようです。
 ※ 図書館でキャプテン翼のマンガを借りるのは次男です。
 ※ 名前のチカラってすごいですよね。

-----

 とある日の隊長との会話

 隊長「おとーしゃん、
    かぞくのなかで だれがいちばんすき?」
  (自分と言われるのを期待してる)

 私 「みーんな好きよ^^」
 隊長「いちばんは?」
 私 「1人だけ?」
 隊長「うん」

 私 「そしてらー…
    おかーしゃん!!」
 隊長「・・・」
  (当然ながら、めっちゃびっくりした顔)

 隊長「・・・
    じゃあー、ふたーりでいいよ」
 私 「おかーしゃんと子どもたちみんな!」
 隊長「・・・」

 妻 「朝から泣かさんといてや」
 私 「はい、申し訳ございません」

 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ このあと抱っこして隊長のこと大好きよってたくさん伝えておきました。
 ※ 長男と次男はこの寸劇をいつも生暖かく知らんふりしてくれています。

-----

 5月に夏のような暑さの日があったかと思えば、6月に入っても朝晩は寒いくらいです。皆さま、どうぞご自愛くださいませです。


新緑と高桐院・修学旅行と5円玉


 新緑の季節の記録です。

-----

 GW唯一のおでかけは自宅から約3kmの高桐院へ。

 170529_02

 170529_05

 170529_04

 170529_03

 170529_01

 新緑が目的だったので夫婦は大満足でしたが子どもたちは反応も薄く…

 長男「はやく帰ろうやー」
 私 「せっかくやし全部見てからなー」
 長男「えーーーっ…」

 次男「ここ出たら帰るん?」
 私 「せっかくやし、ぐるっと大徳寺も歩いてみよなー」
 次男「えーーーっ…」

 隊長「あいす たべたいー」
 私 「お母さんに聞いてー」
 隊長「あいす たべにいこうよー」

 うん、わが家はいつも絶好調です^^

 ※ 朝一番で行ったのですいていましたが出るころにはたくさんの人が来られていました。
 ※ 秋にも来ないと!です。
 ※ 暗めの写真が多いですが本当はもっと明るいんです。普通のデジカメで、かつ私の腕の問題で暗いです…

-----

 修学旅行のおこづかいは2500円

 長男(6年生)と次男(4年生)の通う小学校は春に修学旅行があります。4年生で2泊3日の「みさきの家」、5年生で4泊5日の「宿泊学習」があるので、なんと修学旅行は1泊2日です。

 私のおかん(母)が1000円置いて行ってくれたそうで、私が1500円準備することになりました。

 私 「1500円って税別?税込?」
 妻 「そういうややこしいこと考えんでええねん
    1500円です」
 私 「はい」

 私 「1000円札と500円玉でええねんな?
    こっそりもうちょっと持っていく?」
 長男「1500円でいいです」
 私 「そうなん?
    遠慮せんでいいで、せっかくやし」
 妻 「いらんこと言わんといて」
 私 「はい、すみません」

 長男「伊勢神宮でおまいりするときに
    5円玉でおさいせん入れたいし
    うまいことおねがいね!」
 私 「はい、がんばります」

・・・次の日・・・

 長男「おさいせんはおこづかいと別でいいらしいわ。
    多すぎるとあかんみたい
    5円玉おねがいね!」
 私 「あっ、そう…」

 170529_06

 準備してたのが左。
 意地になって5円玉を集めてみたのが右。

 長男は5円玉を5枚持っていきました^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 控えめな長男なのでこんな感じで楽しめますが、次男だと本気にするのでここまで無茶はできません。
 ※ わが家の小学生のおこづかいは「100円×学年×消費税」なので、大量の小銭が必要です。常に小銭をストックしているので、これだけ5円玉をかき集められました。
 ※ 1泊2日で伊勢神宮・鳥羽水族館・パルケエスパーニャへ行ってきたそうです。なかなかの詰め込み具合です。

-----

 昨日5/28(日)はFP検定の日でした。受検された皆さま、いかがでしたでしょうか。

 FP検定は年に3回ありますので、いつでも受けられる気軽さと、そのことによって先延ばしにしてしまいやすい面もありますから緊張感をもって事前準備に注力していただくのが大事だと考えます。いくら知識を詰め込んでも、やはり資格検定ですから問題への慣れが重要です。

 私が不定期で受け持っていますFP3級資格検定向け講座は現状、2018年1月向けを予定していますので夏ごろに告知が始まると思われます。詳細は確定次第、このブログでもご案内します。


大台突入


 170526_40

 本日をもちまして40代に突入してしまいました。

 男性の平均寿命は80~81歳ですから人生の折り返しです。


 20歳のころと変わらないとまでは言いませんが、残念ながら身体面では若くなくなっている自覚が大いにあるとはいえ、さまざまな経験を積んだことを踏まえても心の面では30歳のころと何が違うかと聞かれても同じ気がしています(すみません。

 これは喜んでいいのか、成長のないことを悲しいで良いのかわかりませんが、とにかくそんな感じです。


 私のおとん(父)が40歳だった時、私は12歳でした。私の長男も今年度で12歳でして、いやはやおとんは父の風格あったよなーと今の自分の(気持ちの面での)幼さに驚きを隠せません。
 これって高齢になった際に電車やバスで席を譲られて「そんな歳じゃないのに…」と思ってしまう気持ちと同じなのかもしれません。

 新卒で勤めた会社や2社目の会社でも40歳と言えば中堅よりも上という印象でした。世間的にはその域ですよね。今やこんな環境に身を置いていますのでよくわかりません。30歳から40歳になったのと同じ10年がこれから経過すると、なんと50歳ですよね…


 相談を受ける際にも今までは同年代である30代や20代の方々からしても、年齢が近いし足を運びやすいというような心構えでお越しいただけたかもしれませんが、40代だとちょっと上ですよね…。

 「(年齢が)上の専門家には相談しにくいな…」とか「(態度が)上から押し付けられる話し方をされたら嫌だな…」とか一歩引いて考えられてしまうワンクッションが発生するのではないかと一人で勝手にへこんでいます。


 もちろん年齢を重ねることで60代以上の方々にとっては実は安心材料になったりするのかもしれません。結局は何事もバランスですし、年齢は関係なくてその人によって違ってくるということでしょうけれど。
 広い意味合いでの若い世代が気軽に相談に来てくださる存在であり続けられることを願うばかりですし、がんばっていきたいと思う次第です。



 おまけ

 若くなくなると爪の伸びが早くなると聞かされていまして、最近確かにそんな気がしています。しょっちゅう爪を切っているような気もしますが、それは単に時間の感覚が変わってきているだけかもしれません。

 20歳のころの1日は「1日/20年」、40歳の1日は「1日/40年」。
 体感速度は 2倍!? いや 1/2 !?
 もうよくわかりません(笑)


 こんな私ですが、変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。
 

じゃんばー・でーと・映画ドラえもん


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、隊長の冬~春編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 3月の寒かった日、帰宅したら隊長(長女5歳)が話しかけてきました。

 隊長「おとーしゃん、じゃんばー かりるね」
 私 「いーよー」

 隊長「こっち みんといてね」
 私 「はーい」

 うふふうふふと笑い声が聞こえてきます。

 隊長「いーよー」
 私 「あれっ!?たーちゃんがいない!!」

 うふふうふふと笑い声が聞こえてきます。

 私 「たーちゃん、どこに消えた??」
 隊長「すごいでしょー」
 私 「たーちゃんが忍者さんになった!!」

 うふふうふふと笑い声が聞こえてきます。

 170511_02

 あー、かわい^^
 えーっと、、、はい、親バカですよ。

 ※ 妻は生暖かく見守ってくれていまして、長男(11歳)と次男(9歳)は違う世界の出来事だと割り切ってくれています。
 ※ 都合上たーちゃんとしていますが実際には異なります。

-----

 図書館で隊長が101匹わんちゃんを借りまして、寝る前のリクエストで私が読んでいました。

 170511_01

 私 「・・・こうしてしりあったロジャーさんと
    アニタさんはやがてけっこんしきをあげました」

 隊長「えっ!?
    もうけっこんしたの??」
 私 「そうみたいやなー
    池に落ちて、で、結婚」

 隊長「けっこんのまえに
    でーとしなあかんやーん」
 私 「ほんまやなー」

 次男「おとーさん、
    おかーさんとデートしたん?」
 私 「デートしたした
    しょっちゅうビール飲みに行ってたで」

 次男「やっぱり…」
 隊長「でーとしなあかんやーん」

 結婚の前にデート、隊長はどこで覚えてきたんでしょう^^

 ※ 家族みんなで結婚すると言っていた隊長は、一時「おとーしゃんとけっこんする」と言ってくれていましたが、最近は恥ずかしいのか何なのか、誰と結婚するのか言ってくれません(苦笑)
 ※ 「隊長は嫁にやらん!」みたいな父(私)ではありません。どーぞどーぞ嫁にいってくださいませです。

-----

 春休みのとある日、隊長の春休みリクエストで「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」を2人で観てきました。

 映画の始まる前
 隊長「ドラえもんは えいがだと
    こわいときがあるのよ」
 私 「えー…おとーしゃん、こわかったら
    たーちゃんと手をつないでいい?」
 隊長「いいよー^^」

 途中2回ほど隊長から手をつないできました。

 映画が終わった後
 隊長「ちょっとこわかったのよね…」
 私 「そやなー^^」

 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 170511_03

 ※ 写真は入場記念のグッズ。対象は子どもだけでないんですね。
 ※ 南極・現代・10万年前・宇宙人が登場するので、子どもには空間把握というのでしょうか。なかなか難解だったと思います。
 ※ 長男と次男は映画館の大音量(と暗いのが)がいまだに苦手で「映画は家で観るもの」を徹底しています(笑)

-----

 早いもので春は過ぎ去り、陽射しは初期の夏ですよね。
 色白なので夏は苦手です(苦笑)

 11(木)個別相談2件と打ち合わせ1件です。
 12(金)午後は毎月開催!精巣腫瘍患者友の会ピアサポートの64回目。アドバイザーとしての私の参加も今回で57回目です。