FC2ブログ

「将来の受給額の計算方法が特に参考になった」 / ねんきん定期便の読み方を知ろう【50代以上向け】


 17(水)午後、【20~40代向け3/13(土)・50代以上向け3/17(水)】ねんきん定期便の読み方を知ろう 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部の講師を務めました。

 210317_02

 今回は「50代以上向け」です。まずは無記名式のアンケートに書いてくださった感想から一部をご紹介します。ご参加くださいました受講者の皆さま、本当にありがとうございます。嬉しいです。

-----

・他人事だった年金、ちゃんと知ろうと思っていた矢先の案内でタイムリーでした。

・知らなかったことが多く、とても参考になる講座でした。また機会があれば受講したいと思いました。

・もっと自分の「老後」に前向きに取り組もうと思えるきっかけになりました。

・少し不安が取れました。

・参加して良かったです。子ども(20代)の分は私が支払おうと思いました。

・将来の受給額の計算方法が特に参考になった。

---

 20~40代向けと異なるのは、ねんきん定期便の「読み方」の部分です。それ以外は基本的に変わりません。公的な保障の本質は年代が変わろうとも同じだからです。


■ 知っておきたい年金の「背景」

・何のための年金か ~ 人生は長い ~
・人口推移と将来推計人口
・就業者と非就業者 ~ 支える側・支えられる側、本来の比較対象 ~
・公的 “年金保険” 制度の役割
・公的年金保険の保障を知る
・公的年金の全体像と金額イメージ
・公的年金運用、本当の姿
・公的年金保険制度の基礎
・何歳から受け取れる?
・保険料が上がったのは2017年まで!


■ ねんきん定期便の「読み方」

・ねんきん定期便の歴史
・将来の年金を受け取るための権利と額の考え方
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳以上~
・現在の加入条件と今後の見込み平均年収
・60歳以降の厚生年金と合計額
・厚生年金を受け取りながら会社員として働く
・ねんきんネット
・年金加入履歴を確認
・入社日・退職日と年金加入の考え方


■ 将来資金を考える「活用方法」

・確実に受け取るために ~ 国民年金の免除・猶予制度 ~
・学生など若い時の国民年金期間の漏れをどうするか
・遠い将来のリタイア後に向けて ~ キャッシュフロー表 ~
・受給総額を比較する ~ 何ための公的年金保険か ~
・リタイア後に向けて必要な資金を考える
・これから必ずしてもらいたいこと

---

 アンケートでは、次の4区分で評価をお聞かせいただいています。

 とても参考になった
 参考になった
 普通
 あまり参考にならなかった

 受講者の9割以上の方々が「とても参考になった」と「参考になった」を選んでくださいました。
 この講座は不定期でも開催を検討している状況です。公的年金保険を適切に知っていただく機会、大事にしたいです。

 受講くださった皆さま、京都リビング新聞社カルチャークラブの担当さん、本当にありがとうございました!!


 先週の「20~40代向け」のまとめ記事はこちら。
 「講座の内容はすべて知りたいことだったので今日来て良かった」 / ねんきん定期便の読み方を知ろう【20~40代向け】


「講座の内容はすべて知りたいことだったので今日来て良かった」 / ねんきん定期便の読み方を知ろう【20~40代向け】


 13(土)【20~40代向け3/13(土)・50代以上向け3/17(水)】ねんきん定期便の読み方を知ろう 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部の講師を務めました。

 210313_01

 「ねんきん定期便」の読み方講座は11年超の歴史があります。直近まで8年超の開催できない期間がありましたが、昨年に念願の再開となり、担当さん(責任者さん)のご尽力により、ついに進化系である年代別の開催まで広がりました。今回は「20~40代向け」です。

 まずは無記名式のアンケートに書いてくださった感想から一部をご紹介します。ご参加くださいました受講者の皆さま、本当にありがとうございます。嬉しいです。

-----

・講座の内容はすべて知りたいことだったので今日来て良かったです。

・キャッシュフロー表など、あまり気にしていなかったが、考えるきっかけになりました。

・厚生年金に入っているとはいえ老後のお金が心配だったが、受講して思ったほど深刻に考えずにすみそうだと安心した。

・親が老い、自分の将来を考えていた矢先に講座を知って参加しました。

・「2000万円」の実際を聞けて、なるほどそういうことだったかと理解しました。報道を鵜呑みにするのは危ないですね。

・わかりやすい説明ありがとうございました。

---

 公的年金保険についての講座はデータが最新になっている以外、主な内容は変わりません。


■ 知っておきたい年金の「背景」

・何のための年金か ~ 人生は長い ~
・人口推移と将来推計人口
・就業者と非就業者 ~ 支える側・支えられる側、本来の比較対象 ~
・公的 “年金保険” 制度の役割
・公的年金保険の保障を知る
・公的年金の全体像と金額イメージ
・公的年金運用、本当の姿
・公的年金保険制度の基礎
・何歳から受け取れる?
・保険料が上がったのは2017年まで!


■ ねんきん定期便の「読み方」

・ねんきん定期便の歴史
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳未満~
・将来の年金を受け取るための権利と額の考え方
・これまでとこれから ~ 国民年金・厚生年金 ~
・将来受け取る年金の見込額を試算
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳以上~
・ねんきんネット
・年金加入履歴を確認
・入社日・退職日と年金加入の考え方


■ 将来資金を考える「活用方法」

・確実に受け取るために ~ 国民年金の免除・猶予制度 ~
・学生など若い時の国民年金期間の漏れをどうするか
・遠い将来のリタイア後に向けて ~ キャッシュフロー表 ~
・受給総額を比較する ~ 何ための公的年金保険か ~
・リタイア後に向けて必要な資金を考える
・これから必ずしてもらいたいこと

---

 アンケートでは、次の4区分で評価をお聞かせいただいています。

 とても参考になった
 参考になった
 普通
 あまり参考にならなかった

 受講数が多くなかったとはいえ、受講者全員の皆さまが「とても参考になった」と「参考になった」を選んでくださいました。
 公的年金保険を適切に知っていただく機会、大事にしたいです。

 受講くださった皆さま、本当にありがとうございました!!


 来週17(水)は「50代以上向け」です。さまざまな切り口で公的年金保険のことを知っていただける機会があるのは本当に楽しみです。


【20~40代向け3/13(土)・50代以上向け3/17(水)】ねんきん定期便の読み方を知ろう 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部


 京都リビング新聞2021年2月13日号(2月12日配布分)に掲載がありました。

 210213_掲載03

 こちらをクリックしていただければ大きな画像でご覧いただけます。
 210213_掲載02

---

 ねんきん定期便の読み方を知ろう
 ※ リンクは京都リビング新聞社カルチャー倶楽部さんのオフィシャルサイトです。

 ・2021/3/13(土)13時30分~15時30分 【20~40代向け】
 ・2021/3/17(水)13時30分~15時30分 【50代向け】

 年代別のご希望はこれまで何度かいただいていました。ただ、告知と日程の関係などでなかなか開催が難しかったんです。
 今回、担当さん(責任者さん)の熱心なご尽力により初めて企画することできました。


 これまで開催してきました「ねんきん定期便の読み方講座」と本筋は同じです。ねんきん定期便の書式や情報を知ったうえでのまとめの内容が年代によって少し異なります。繰り返しますが本筋は同じです。この数年の開催記録がご参考になりましたら幸いです。

・2020年 「次世代のためのものであるということもわかり、年金に対する考え方が変わりました」 / ねんきん定期便の読み方を知ろう ~将来の資金のこと考えませんか~
・2019年 「将来のことは分からないけど、不安になりすぎる必要もないと思えて良かった」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座
・2018年 「お話を伺って「背景」の説明に50分取られた理由がわかりました。 How to におさまらないお話を伺えてとても勉強になりました」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座

 ご興味をお持ちの皆さま、ぜひぜひです!


「次世代のためのものであるということもわかり、年金に対する考え方が変わりました」 / ねんきん定期便の読み方を知ろう ~将来の資金のこと考えませんか~


 12(土)・15(火)、京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「ねんきん定期便の読み方を知ろう ~将来の資金のこと考えませんか~」の講師を務めました。

 201216_02

 京都リビング新聞社さんでの単発講座の開催は約5年9か月ぶり、ねんきん定期便講座は約8年6ヶ月ぶりの開催となりました。
 こんなご時世ですので、前日キャンセルや当日欠席などもありましたが、無事に開催することができ、ひと安心です。
 とはいえ換気徹底のために会場が寒いなどの意見もありまして、特に冬場は難しいですね…


 今回の記事は2回分のまとめです。無記名式のアンケートに書いてくださった感想から一部をご紹介します。ご参加くださいました受講者の皆さま、本当にありがとうございます。嬉しいです。

-----

・年金の背景を聞いて安心しました。年金を知ることは社会・政治を知ること、報道に惑わされずきちんとしたデータで自分で判断することが重要と再確認しました。

・キチンと払っていれば、まちがいなく生活できるということだと思いました。あとはどれだけやりたいことをするために必要かは個人個人違いますね。

・資料が見やすかったです。

・”お年寄りを支える”という所にのみ着目されがちな年金制度ですが、次世代のための物であるということもわかり、年金に対する考え方が変わりました。

・ねんきん定期便・ねんきんネットなど活用できるものはどんどん活用し、将来に備えていこうと思いました。

・年金についてそもそも理解できてなかった点があったので、今後自分なりに考える必要性を感じました。

・年金についてよくわからなかったが、背景がよくわかって安心した。子供たちにも年金について説明できる。

---

 公的年金保険についての講座はデータが最新になっている以外、主な内容は変わりません。とはいえ京都リビングさんでは久々だったので、配付資料の項目タイトルを改めて大公開です。

 201216_01

■ 知っておきたい年金の「背景」

・何のための年金か ~ 人生は長い ~
・人口推移と将来推計人口
・就業者と非就業者 ~ 支える側・支えられる側、本来の比較対象 ~
・公的 “年金保険” 制度の役割
・公的年金保険の保障を知る
・公的年金の全体像と金額イメージ
・公的年金運用、本当の姿
・公的年金保険制度の基礎
・何歳から受け取れる?
・保険料が上がったのは2017年まで!


■ ねんきん定期便の「読み方」

・ねんきん定期便の歴史
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳未満~
・将来の年金を受け取るための権利と額の考え方
・これまでとこれから ~ 国民年金 ~
・これまでとこれから ~ 厚生年金 ~
・将来受け取る年金の見込額を試算
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳以上~
・ねんきんネット
・年金加入履歴を確認
・入社日・退職日と年金加入の考え方


■ 将来資金を考える「活用方法」

・確実に受け取るために ~ 国民年金の免除・猶予制度 ~
・学生など若い時の国民年金期間の漏れをどうするか
・遠い将来のリタイア後に向けて ~ キャッシュフロー表 ~
・受給総額を比較する ~ 何ための公的年金保険か ~
・リタイア後に向けて必要な資金を考える
・これから必ずしてもらいたいこと

---

 アンケートでは、次の4区分で評価をお聞かせいただいています。

 とても参考になった
 参考になった
 普通
 あまり参考にならなかった

 受講数が多くなかったとはいえ、受講者の9割の方々が「とても参考になった」と「参考になった」を選んでくださいました。
 公的年金保険を適切に知っていただく機会、大事にしたいです。

 受講くださった皆さま、京都リビング新聞社カルチャークラブの担当さん、本当にありがとうございました!!


【2020/12/12(土)・12/15(火)】ねんきん定期便の読み方を知ろう ~将来の資金のこと考えませんか~ 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部


 京都リビング新聞2020年11月14日号(11月13日配布分)に掲載がありました。
 <追記>11月21日号(11月20日配布分)にも掲載がありました。
 201113_01

 こちらをクリックしていただければ大きな画像でご覧いただけます。
 201113_02

-----

 ねんきん定期便の読み方を知ろう ~将来の資金のこと考えませんか~
 ※ こちらのリンクは京都リビング新聞社カルチャー倶楽部さんのオフィシャルサイトです。

 ・2020/12/12(土)13時~15時
 ・2020/12/15(火)10時~12時
 ※ 2回とも同じ内容です。


 京都リビング新聞社さんでは、約10年FP3級の資格取得講座の講師を務めています。諸般の事情により単発講座は開催が難しい状況だったのですけれど、担当さんのご尽力により約5年半ぶりに企画することができました。
  私が講師を務める講座で、広く告知される講座は多くありませんし、どなたでも参加できる講座は多くありません。希少性もあるかと思います。

 今回の告知のこだわりは本文中の「公的年金保険制度の基礎知識」です。
 全体の文章はカルチャー倶楽部の担当さん(責任者さん)がまとめてくださいまして、最初は「年金制度の基礎知識」だったんです。これをあえて「公的年金保険」に変えさせてもらいました。

-----

 この数年は滋賀リビング新聞社さんで同じ企画を開催してきましたので、配付資料のページタイトルやアンケートでいただいた感想をまとめたブログ記事のリンクをご紹介しておきます。
 ここでいただいてきた感想がすべてを表していると思っています。当然ながらデータ等は最新に更新した内容でお話しします。

・2019年 「将来のことは分からないけど、不安になりすぎる必要もないと思えて良かった」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座
・2018年 「お話を伺って「背景」の説明に50分取られた理由がわかりました。 How to におさまらないお話を伺えてとても勉強になりました」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座
・2017年 「年金といえばマイナスのイメージしかなかったけれど、今回講座を受けて変わりました」 / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座

 ご興味をお持ちの皆さま、ぜひぜひです!