FC2ブログ

今まで負担した分は返してもらう?今後の強制徴収もやめてもらいたい?


 参議院選挙前に報道でにぎわっていた「老後2000万円」の件、報道記事もひどかったですが、それをきっかけにツイッターでの誤った理解がこんなにも広がっているものかと感じました。
 いまだにそれを題材に告知をしている無料セミナーなどもありますが、1つだけ書いておきます。

----- 

 公的年金保険の老齢給付(将来受け取る年金)について「今まで負担した分は返してもらい、今後の強制徴収もやめてもらいたい」との発信を何度か見かけました。
 報道や専門家ではなく、一般の人(匿名)のツイートです。あおるつもりはありません。よく考えてみてもらいたいんです。

 公的年金保険は全世界的に賦課(仕送り)方式が主流です。今払っている保険料は自分たちの将来のために積み立てているのではなく、今の受給者(高齢者)に渡されています。現役世代(被保険者)が受給者を養っているんです。

 ちなみにその対象には遺族給付・障害給付も含まれます。

---

「今まで負担した分は返してもらう」?

 「今まで負担した分は返してもらう」ということは、これまで年金を受け取っていた受給者(両親や祖父母)から返してもらう必要があります。

 自身の両親や祖父母は受け取っていた年金相当額を返せそうでしょうか?
 どこまでさかのぼって返してもらうのが良いでしょうか?
 保険料は労使折半ですので、一緒に負担していた企業にも返すのでしょうか?


 遺族給付や障害給付の受給者からも返してもらう必要があります。身内や身近に該当する人がおられるかわかりませんが、受け取っていた年金相当額を返してもらえそうでしょうか?
 1人暮らしのおばあちゃんはおじいちゃんの遺族年金で生活している人がそれなりにおられるはずです。問題なく返してもらえそうでしょうか?

 該当する受給者のうち一定数の方々が仮に問題なく返せる資産をお持ちだとして、返せない方々はどのように救済すれば良いでしょうか?税金?
 ということは税負担が今以上に大きくなってきそうです。

---

「今後の強制徴収もやめてもらいたい」?

 「今後の強制徴収もやめてもらいたい」ということは、これまで年金を受け取っていた受給者(両親や祖父母)が受け取れなくなります。自身の両親や祖父母を養っていくことは可能でしょうか?

 企業の保険料負担もなくすのでしょうか?なくすとしたら企業の保険料負担分も自身で両親や祖父母を養っていくことになります。可能でしょうか?
 企業負担をなくさないとしたら、どのような割合で受給者へ渡すのが問題にならないでしょうか?


 仮に問題なく養っていける資産や稼ぎをお持ちだったり兄弟姉妹がたくさんおられて1人あたりの負担が小さいとして、両親や祖父母を養っていけそうにない方々はどのように救済すれば良いでしょうか?

 自分自身や身内が遺族給付や障害給付を受ける事態となった場合も問題なく生活していけるだけの資産と稼ぎをお持ちでしょうか?
 遺族給付や障害給付を受ける事態となった場合に生活していくのが困難となった方々はどのように救済すれば良いでしょうか?
 いずれも税金?ということは税負担が大きくなってきそうです。

---

上の世代を養いながら自分の資金を確保?

 厚生年金保険料・国民年金保険料は、社会保険料控除として全額が所得控除の対象です。これが無くなったとすると、手持ち資金が増えるとしても所得税・住民税の負担が増えます。所得税・住民税が差し引かれた後のお金で自身の将来資金をある程度確保し、両親・祖父母を養うわけです。

 遺族給付と障害給付は残して老齢給付だけ無くせば良いというような投稿も見たことがあります。
 平成29年度の国民年金と厚生年金の年金総額のうち、遺族給付と障害給付の合計は全体の約15%でした。厚生年金保険料・国民年金保険料から15%相当分の負担が減ったとして、残りの85%から所得税・住民税を引いた額で両親や祖父母を養うわけです。


 自分が高齢となったとき、子どもや孫は自分のことを養ってくれそうでしょうか?子どもや孫に頼らないという方々は、現在両親や祖父母を養いながら自分自身の将来資金すべてを確保できそうでしょうか?
 できそうにない人はどのように救済でしょうか?税金でしょうか?

 というように、自己責任という言葉では済ますことができない状況になってしまいそうです。今よりも極端に消費が少なくなる社会になりそうです。だって将来が不安で仕方なくなってしまいますものね。消費が少なければ景気は悪くなりそうです。給与も伸びにくいように思います。税収は増えないでしょう。何もかも訳がわからなくなりそうです。

---

経済と社会保障は表裏一体

 このように経済と公的年金保険をはじめとした社会保障は表裏一体です。社会保障が安定しているからこそ、私たちは(比較的)自由な経済活動を営めるんです。(比較的)経済活動が安定しているからこそ、公的年金保険をはじめとした社会保障を維持できるんです。


 元の投稿を発信している人はおそらく「自分は問題ない」という視点だと思うんです。健康で稼ぎがあって資産をお持ちで不自由なく生きていける知恵もお持ちのはずです。

 でも、現代社会において「自分は問題ない」だけの視点はよろしくないです。両親・祖父母・子ども・兄弟姉妹、手の届く範囲に視野を広げるだけでも、本当に問題ないのか気づける点があると思うんです。
 最近はさまざまな家庭環境があると思いますので、身内のことを考える必要がなく自分1人のことだと思われるようでしたら、友人や職場の同僚やお隣さん・ご近所さんを考えてみてもらいたいと思うんです。

-----

 公的年金保険は幅広い社会保障のうちの1つでしかありません。医療・介護・雇用・福祉、さまざまな保障の整った先進国だからこそ、全体として(世界を見渡せば圧倒的に)安定した生活を送れているのが日本という国だと感じます。

 不安を口にするのは悪いことではありません。よくわからないけれど批判するというのも一定は仕方ないです。すべてダメだとされたらそれこそ表現の自由がどうのとなってしまいます。
 でも、それだけ不安があってよくわからないのであれば学んでみる一歩が必要だと信じています。ネット検索したり、他の人や専門家に聞いてみるのもいいでしょう。でも、1人の意見ではダメですし、それらの意見の根拠に信頼性があるのかの確認も必要でしょう。


 私はまず社会の仕組みを正しく知ることが大事だというスタンスです。もちろん私もまだまだ知らないことだらけです。一緒に少しずつでも前に進んでいきましょう。

 公的年金保険についてマイナスな発言をする人には必ずこの本を勧めてください。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 <参照ブログカテゴリ> 社会保障(主に公的年金保険以外)

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。


これまで目にしてきた情報はいったい何だったんでしょう? / ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナーの2回目を開催!


 18(土)午後、第11シーズン2回目のミニセミナーを事務所にて開催しました。

 190520_01

 ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー

 ミニセミナーとしては32回目です。内容はこれまでとまったく同じですので前回の記録記事もご参照ください。配付資料の項目タイトルも載せています。
 知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / ミニセミナー第11シーズンスタート!

-----

 おかげさまで今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。アンケートの感想を一部ご紹介します。

 「これまで目にしてきた情報はいったい何だったんでしょう?知れて嬉しい」

 「読めるかどうかわかりませんがオススメの本読んでみます」


 皆さま、感想をありがとうございます。
 
 公的年金について深く学んでみたい場合、こちらの本がお勧めです。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 このblogにも「ねんきん」というカテゴリーを作っていますので、参考になりましたら幸いです。

-----

 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!

 公的年金・ねんきん定期便は6/8(土)にも開催します。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。


「可能性が高い」という自己想定


 日経ビジネス2019年4月22日号の特集「強くなれる給料」を読みました。

 190425_01

 PART3「全世代に報いる妙手は」で、猫も杓子もとりあえず使っておけな「人生100年時代」から次の内容がありました。

 190425_02

 これは間違いなく正しく読まれる可能性がゼロだと感じましたので取り上げました。

 「28万円」の件、周辺に何も情報がありませんでしたが、実際には対象は60~64歳です。
 2019年度に60歳になる人が厚生年金部分の年金を受け取るのは64歳からです。この28万円の対象になるのはたったの1年です。28万円以上の給料(賃金)を得るほど働くことができているならそれって素晴らしいことですよね。

 そして、65歳以上になると、この基準は28万円ではなく47万円です。しかも、この47万円の調整対象になる年金額は厚生年金だけです。国民年金部分は含まれません。この記事の書き方だと、年金を受け取りながら働くと全員がこの「28万円」基準だと読み取れてしまいます。若い世代をあおりすぎです。

 という説明まで書いたところで、いかに記事は情報量不足かわかってもらえると思います。


 2つめとして「年金の受給開始年齢を巡っては、65歳からさらなる引き上げが検討課題になっている」の件、検討課題になってません。
 1つ考えられるとすれば、65歳から受け取り始めるのを最長70歳まで遅らせることのできる繰下げ受給(受給額が増える)の話なのに、よくある報道で目にするのは70歳から受け取ると勘違いさせる見出しです。

 ダメです。この特集がせっかくすばらしい内容だったとしても、この誤ったあおりを加えてしまったがために信頼性が限りなく低くなってしまっています。これを書いてるメディアの人は1ミリも社会保障・公的年金保険をわかっていないと断言できます。それほどひどい内容です。

-----

 そしてもう1つ…

 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を付与している団体、FP協会の発行する専門の月刊誌(2019年4月号)です。

 190425_04

 ベテランFPによるケーススタディーの抜粋です。

 190425_03

 意味がわかりません。そんな議論は何もないのに。

 現状で公的な発信が存在せず、その見通しもないなかで「可能性が高い」という自己想定をありだとするなら何でもありになってしまいます。私からすると「30年後に円の信頼性がゼロになるのでそれまでに貯めてきた貯蓄は一旦ゼロになりますね」と言っているのと同じくらい無茶な設定です。これが許されるなら、どんな手段でも不安をあおり放題です。
 「これまで3万世帯を超える家計の見直しを行ってきた」と説明のあるベテランさんです。いつからこの想定を適用しておられるのかわかりませんが、相談された方々、、、ほんま他のFPにも相談してみてくださいね、、、と言いたくなります。


 なお、FP協会としては常に「本特集は取材対象者と執筆者の見解を掲載したものであり、当協会の意見・方針等を示すものではありません」と記載しています。あんまりこんなこと書きたくないのですが、FP協会にも公的年金保険に明るい人がいない(少ない)のかもしれません。

 FPは社会保障や公的年金保険の専門家ではありません。カバー範囲は猛烈に幅広いです。社会保障に明るくないFPがいても、何もおかしなことではありません。でも、これはあかんすぎます。「70歳支給開始を前提とする試算も提示すべき」なわけありません。

-----

 何度でも何回でも紹介しますが、公的年金保険についてきちんと学びたい場合にはこの本がお勧めです。この本以上のものは私が知る範囲で存在しません。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 どうぞよろしくお願いいたします。


知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / ミニセミナー第11シーズンスタート!


 20(土)午後、第11シーズン1回目(通算31回目)のミニセミナーを事務所にて開催することができました。

 ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー

 配付資料のタイトルを大公開です。

-----

■ 知っておきたい年金の「背景」
・何のための年金か ~ 人生は長い ~
・人口推移と将来推計人口
・就業者と非就業者 ~ 支える側・支えられる側、本来の比較対象 ~
・公的 “年金保険” 制度の役割
・公的年金保険の保障を知る
・公的年金の全体像と金額イメージ
・公的年金運用、本当の姿
・公的年金保険制度の基礎
・何歳から受け取れる?
・保険料は2017年まで上がり続けてきた

■ ねんきん定期便の「読み方」
・ねんきん定期便の歴史
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳未満~
・将来の年金を受け取るための権利と額の考え方
・これまでとこれから ~ 国民年金 ~
・これまでとこれから ~ 厚生年金 ~
・将来受け取る年金の見込額を試算
・「ねんきん定期便」ハガキ ~50歳以上~
・ねんきんネット
・年金加入履歴を確認
・入社日・退職日と年金加入の考え方

■ 将来資金を考える「活用方法」
・確実に受け取るために ~ 国民年金の免除・猶予制度 ~
・学生など若い時の国民年金期間の漏れをどうするか
・遠い将来のリタイア後に向けて ~ キャッシュフロー表 ~
・受給総額を比較する ~ 何ための公的年金保険か ~
・リタイア後に向けて必要な資金を考える
・これから必ずしてもらいたいこと


 2018年の秋に滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部で実施した内容とほぼ同じです。

 今回のトピックは2019年度(今月!)から変わった「ねんきん定期便」の体裁です。これまでも後半でお話ししていた内容ですが、それが手元に届く「ねんきん定期便」にイメージが記載されていることで、より身近に感じられるようになるのではないかと感じます。
 ただし、さまざまな選択肢とともに知っておく必要があるのは今回の件だけではありません。若い世代にとっては数十年も先(私でも20年以上先…)のことですので、また異なる選択肢も増えているかもしれません。大事なのは誰か特定の専門家に頼るということではなく、どんなところを調べたらヒントを得られるのか、そのヒントについて詳しく知りたいと思ったときにどこへ行けば話を聞けるのか、どんな専門家が存在するのかを知っておくことだと思っています。

-----

 今回も若干名の皆さまがご参加くださいました。いただいた感想をご紹介します。

 「新聞やテレビの年金情報にまどわされないようにしたい」

 「(将来受け取る)年金額の計算方法が知れて良かった」

 「あっという間の2時間でした」

 ※ ()はセミナー後の質疑応答時にも伺いましたので伊藤が追記しました。


 皆さま、感想をありがとうございます。
 
 公的年金について深く学んでみたい場合、こちらの本がお勧めです。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 このblogにも「ねんきん」というカテゴリーを作っていますので、参考になりましたら幸いです。

-----

 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!

 公的年金・ねんきん定期便は、5/18(土)と6/8(土)にも開催します。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。



”教養としての社会保障”読みました。


 ”教養としての社会保障”(2017年6月1日 第1刷発行)を読みました。

 190408_01

 著者は在アゼルバイジャン共和国日本国特命全権大使の香取 照幸(かとり てるゆき)さん。
 ※ リンク先は2016年の厚生労働省入職案内。最終6ページ目に登場されています。
 ※ PDFファイル注意。
 2017年3月から現職とのことですが、リンクのように厚生労働省36年という経歴です。

 香取さんを知ったきっかけ元ライフネット生命会長の出口さんがこの本の感想リンクをSNSで紹介されていたことです。
 『教養としての社会保障』 - HONZ
 出口さんの書評があればもう紹介する必要が無さそうですけれど、そこはやはりいつも通りアウトプットとしていくつかポイントを引用させていただいての所感を書くスタイルで記事にします。当然ながら引用部は私の独断と偏見によるものです。

-----
■はじめに~この本を手に取ってくださった方へ

◆第1部 社会保障とは何か~制度の基本を理解する

■第1章 【系譜、理念、制度の体系】ギルドの互助制度を手本としたビスマルク

・所得再分配を通じて中低所得者層の所得の「底上げ」を行うことは有効需要を創出し、消費を支えます。経済成長の果実を広く国民に分配することで分厚い中間所得層が形成され、彼らの消費がさらなる経済成長を支えます。 p27

■第2章 【基本哲学を知る】「共助」や「セーフティネット」が社会を発展させた

・社会保障制度を教科書的に理解するときに使われるのが、「救貧」と「防貧」という機能です。救貧は公助です。(中略)防貧の考え方のベースは自立の保障です。 p48-49
・競争とはトーナメントではない p58~

■第3章 【日本の社会保障】戦後日本で実現した「皆保険」という奇跡

・世界一の医療制度 p85~


 出てきました。需要と消費。

 <過去参照記事> ”消費低迷と日本経済”読みました。
 (順番としては”消費低迷と日本経済”よりも先に今回の”教養としての社会保障”を読んでいます)

 社会・経済・私たちの生活、そして社会保障の根幹は需要と消費なんです。
 遅ればせながらよくよくわかってきました。


-----
◆第2部 マクロから見た社会保障~社会保障と日本社会・経済・財政

■第4章 【変調する社会・経済】人口減少、少子化、高齢化で「安心」が揺らぎ始めた

・もっとも厳しいこれからの25年 p102~
・解決策は労働人口を増やすこと p105~
・一人ひとりが老後の生活で必要なコストを社会全体で賄うことで、過剰貯蓄をもっとも合理的に小さくしようとしているのが年金制度 p112

■第5章 【産業としての社会保障】社会保障はGDPの5分の1を占める巨大市場

・貯蓄から消費へ p154~
・説明の必要はないとは思いますが、民主党が政権交代前に「年金が潰れる」とさんざん吹聴したことが年金制度への不信を煽った一面はあります。 p155

■第6章 【国家財政の危機】次世代にツケをまわし続けることの限界

・実は日本の政府はすでに先進国でも十分に小さい政府(中略)社会保障だけでない、教育も防衛も、みんな小さいのです。 p170-171


 いわゆる年金不安・年金不信を解消するための内容です。何も問題がないわけではありませんが、問題の期間と本質は間違いなく特定できているんです。でも、誤った情報が出回りすぎ、いまだに流布する人たちがいて多くの人たちに染み付いてしまっているです。
 地道に着実に発信し伝えていく役割が私やこの記事を読んでくださっている方々にはあるんです。


-----
◆第3部 日本再生のために社会保障ができること

■第7章 【目指すべき国家像】「将来不安」を払拭するために何をすべきか

・拠り所の喪失 p198~

■第8章 【新たな発展モデル】北欧諸国の成功モデルから学べること

・福祉から就労へ p223~
・所得の再分配が現役世代に薄く高齢者に厚い、日本の現行制度は、経済の低迷が示しているように、適切に機能しているとは言えません。 p223

■第9章 【改革の方向性】「安心」を取り戻すために、どう改革を進めるべきか

・少子化対策ではなく、家族政策 p255~
・日本の高齢者の貯蓄水準は過剰です。(中略)高齢者の経済活動を貯蓄から消費へ誘導するためには、社会の安心基盤を構築し、将来の不安を少なくして安心して暮らせる社会を作ることが王道です。 p277-288

◆付 章 【提言】人口減少社会を乗り切る持続可能な安心社会のために

・スウェーデンの年金制度では、引退までに積み上げた年金権の額を平均余命で割って年金額が計算されます。 p283


 拠り所・就労・家族、人は1人では生きていけません。目に見えなくともみんなで支え合っています。家族政策ではこの記事を思い出しました。
 

-----

 文章だけでなくたくさんの図表が掲載されており、説得力がより強い本です。”教養としての”というタイトルの通りです。そして、教養で終わらせることのない社会保障の理解と日々の生活につなげたいものです。


 「おわりに」ではやはり権丈先生のお名前が出てきます。公的年金保険をはじめとした社会保障の真っ当な情報の中核に権丈先生がいてくださること、本当に心強いです。

 <過去参照記事> ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。
 公的年金についてマイナスな発言をする人には必ずこの本を勧めてください。

 

 最後に香取さんのコラムリンクを2つご紹介します。

「公的年金は潰れる」論は「トンデモ系」年金破綻しないがバラ色給付はない
「公的年金は日本社会・経済の縮図」”ミスター年金”が論破する公的年金は潰れる説

 この本はハードルが高いなと感じられましたら、ぜひこの2つのリンクをお勧めします。

 長文をお読みくださり、ありがとうございました。