2018年GWの予定について


 2018年のGWも2017年と同様に5/1(火)と5/2(水)に休みを取れれば4/28(土)から5/6(日)まで9連休ですね。

 9連休まで取れなくても前半の3連休と後半の4連休でも十分に魅力的に感じます。
 気になるのは連休明けが正味で1週間あることです。5月病を発症する人が多くならないことを願うばかりです。


 京極・出町FP相談のGWの予定を公開します。
 情報はすべて4/20(金)現在です。

-----

・4/28(土)   終日×

・4/29(日)   要相談

・4/30(月・祝) 午前〇・午後×

・5/ 1(火)   午前〇・午後〇

・5/ 2(水)   午前〇・午後×

・5/ 3(木・祝) 終日×

・5/ 4(金・祝) 要相談

・5/ 5(土)   午前×・午後〇

・5/ 6(日)   終日×

-----

 「要相談」の日もお問い合わせいただければと思いますし、この記事の主旨は「GWは休みではなく相談をお受けしていますので、お問い合わせください」です。もちろん事前にご連絡をいただければ、これ以外の時間帯も対応可能です。

 せっかくの連休ですので余暇を楽しんでいただきたいとも思いますが、連休だからこそじっくり考えていただけること、確保できる時間があったりするかと思います。お役に立てそうなことがありましたら幸いです。ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 <過去参照コラム>
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

-----
 京極・出町FP相談 -お金にもセカンドオピニオンを-
 http://money-2nd.com


京極・出町FP相談の講師活動・メディア掲載実績(2017年)


 京極・出町FP相談 2017年の講師活動・メディア掲載実績

-----

■2017年 1月25日
 某金融機関労働組合様研修会
 企業型確定拠出年金セミナー

■2017年 1月28日
 京都リビング新聞
 特集「2017年、年金改正のポイントをチェック」

■2017年 3月 3日
 某有料会員様向けオンラインセミナー
 iDeCo(個人型確定拠出年金)

■2017年 4月 毎週日曜 全5回
 京都三条ラジオカフェFM79.7
 ・iDeCo(個人型確定拠出年金)

■2017年 4月21日・23日
 滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部(草津会場)主催
 ・ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考える 公的年金1日講座
 ・自分でつくる将来資金! iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座

■2017年 9月19日~2017年12月19日 火曜朝講座 全14回
■2017年 9月19日~2017年12月19日 火曜夜講座 全14回
 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部主催
 ・【2018年1月検定向け】ファイナンシャルプランナー養成講座 ~FP3級資格取得講座~(全6課目担当)

■2017年11月 毎週日曜 全4回
 京都三条ラジオカフェFM79.7
 ・公的年金

■2017年11月11日
 精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)主催
 ・精巣腫瘍治療が落ち着いた後のお金の話

■2018年 2月 2日~2018年 5月11日 金曜朝講座 全14回
 滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部主催
 ・【2018年5月検定向け】ファイナンシャルプランナー養成講座 ~FP3級資格取得講座~(全6課目担当)

-----

■2017年 1月21日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第6回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  「聞きたい内容がほとんど含まれてました!」

■2017年 2月18日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第7回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  相続の「全体像」「仕組み」「税の仕組み」を知る / ミニセミナー第3シーズンスタート!

■2017年 3月11日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第8回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  2回目の「はじめての相続 たいせつな基礎知識」セミナーも無事に開催できました!

■2017年 4月22日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第9回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  「両親に聞かせたい内容でした」

■2017年 5月20日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第10回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  iDeCo(個人型確定拠出年金)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第4シーズンスタート!

■2017年 6月17日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第11回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  「何も知らない私にもとてもわかりやすい説明でした」通算5回目のiDeCoセミナーを開催!

■2017年 7月22日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第12回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  「銀行で説明を聞いてもよくわからなかったことがよくわかりました」

■2017年 8月19日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第13回)
 ・ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー
  知っておきたい年金の「背景」・ねんきん定期便の「読み方」・将来資金を考える「活用方法」 / ミニセミナー第5シーズンスタート!

■2017年 9月23日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第14回)
 ・ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー
  「先生がおっしゃっていた通り、この内容は学校で学ぶ必要があると思いました」通算5回目の公的年金セミナーを開催!

■2017年10月14日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第15回)
 ・ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるためのセミナー
  2時間があっという間でした / ミニセミナー第5シーズン終了!

■2017年11月25日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第16回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  iDeCo(個人型確定拠出年金)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第6シーズンスタート!

■2017年12月16日
 京極・出町FP相談主催(自主開催 第17回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  『第2号被保険者が職場で証明印を得る書類のポイント』がすばらしいアドバイス / 通算8回目のiDeCoセミナーを開催!

-----

 講師活動・メディア掲載実績 2009~2011年
 講師活動・メディア掲載実績 2012~2013年
 講師活動・メディア掲載実績 2014年
 講師活動・メディア掲載実績 2015年
 講師活動・メディア掲載実績 2016年

 京極・出町FP相談 講師依頼

-----
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com


個人開業8周年!


 2018年4月1日をもちまして個人開業8周年となり、9年目スタートです。
 皆さまのおかげです。いつも本当にありがとうございます。

 
 例年通り、振り返ってみます。

・ファイナンシャルプランナー(FP)と年金アドバイザーの勉強を始めて約11年
・金融の世界に入って約10年
・ブログを始めて約8年半
・京都リビング新聞社さんで講師を務め始めて約8年半
・個人開業して丸8年
・ツイッターを始めて約8年
・facebookを始めて約7年
・ファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFP認定を受けて約6年10ヶ月
・オフィシャルサイトを開設して約6年10ヶ月
・事務所を構えて6年2ヶ月
 
 社会人としては19年目に突入ということで、ファイナンシャルプランナー(FP)としても10年・20年続けているのが当たり前だと思っていただけるよう、着実に一歩ずつ前に進んでいきます。

 170401_01

 この4月1日からの京都市のトピックはこれです。
 京都市では平成30年4月1日から自転車に乗る場合、保険の加入が必要です。
 多くの相談者さんから質問をいただいています。
 皆さま、お気をつけください。


 改めまして、過去記事のご紹介です。
 ”お金にもセカンドオピニオンを”の生まれたエピソード
 原点はここです。たくさんの方々に読んでいただけると嬉しいです。

 私の中心は相談対応です。ジャンジャンバリバリこなしていく相談ではなく、1人ひとり、1家族1組とじっくりひざを突き合わせる相談です。


 末広がりの丸八年、これまでと変わらずがんばってまいります。
 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

-----
 京極・出町FP相談 ~ お金にもセカンドオピニオンを ~
 http://money-2nd.com


【40歳未満(39歳以下)限定企画!】2018年4月8日投開票の京都府知事選「投票済証明書」で相談料を割り引きます。


 今回も企画しました。7回目です。

 【40歳未満(39歳以下)限定企画!】京都府知事選「投票済証明書」で相談料を割り引きます。

 今回は2018年4月8日(日)投開票の京都府知事選を対象にしています。

-----

 思いは1つです。若い世代の投票率を上げたい。ただそれだけです。
 特定の候補者や政党を応援するものではありません。

 投票に行かないことや白票を投じることは「委任」とみなされます。
 委任とは当選した知事への信任だということです。

 誰が知事になるかどうかよりも大事にしたい考え方があります。
 若い世代の投票率が上の世代の投票率を大きく超えることになってくれば、もっともっと若い世代および子どもの世代への政策にスピード感が出てくるはずなんです。

-----

 特典は前回と同様に、2回目以降の相談報酬の発生する相談へ進まれた場合、相談報酬額から初回相談料相当の5,000円を割り引くというもので、20代の相談者さんには相談報酬の発生する相談へ進まれた場合に1年間のフォロー報酬(1万円相当分)も特典として提供します。

 前回の衆議院議員総選挙から私自身が40代に突入したこともあり、対象を「40歳未満(39歳以下)」へと変更しています。
 詳細な案内は上のリンク先に掲載しています。何かのお役に立てましたら幸いです。


<過去参照記事>
・2017.10.17 【40歳未満(39歳以下)限定企画!】10/22衆議院議員総選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。


「流出してしまうと、もう変えようがない」


 こんな記事がツイッターで流れてきました。

 多くの生体認証は手軽に突破可能!? 百度のハッカーが語る「生体認証の破り方」


 2つの文章を引用します。

 「指紋、虹彩、静脈というものは、その個人特有のものであり、偽造をすることはほとんどできない。「しかし、センサーが受け取っているデータを制御することはできる」

 「生体認証は情報流出が致命的であるということだ。パスワード方式であれば、情報流出が起きても、パスワードを変更することで対処できる。しかし、生体認証のデータが流出してしまうと、もう変えようがない」

-----

 普通の生活において目の虹彩まで使うケースはないように思いますし、ドラマかルパンの世界かなと感じますが、指紋や静脈は金融機関やスマホで使われている人もおられるのではないでしょうか。(ちなみに私は1つも使っていません)

 セキュリティーや認証の専門家の方々からすれば当たり前の記事なのかもしれませんし、私を含めた一般の生活者にとってもアニメや映像の世界と同様に破られるんだなと感じる程度かもしれません。

 言われてみれば当たり前で、でも私が衝撃的だったのは「生体認証のデータが流出してしまうと、もう変えようがない」ここです。これも言われたら当たり前の話ですが、私はこの記事を読むまで気づけていませんでした。
 

 で、私が取り上げたかったのは「言われてみれば当たり前だけど、その情報に接するまでは気づけていなかった大事なこと」です。

 日々接していることであっても、日々興味関心が持って接しているわけではない仕組みってたくさんあると思います。ファイナンシャルプランナー(FP)として相談をお受けしているような内容がまさにその通りだと思うんです。

 日々の生活で興味関心を持っておられない内容を文章で伝えるのは至難の業です。何かをきっかけに少しでも興味関心を持ってもらえて自ら情報へアクセスしてもらえれば、それを突破口に幅広くお伝えすることができます。
 興味関心度がゼロまたは低い状態の人に有料相談を営業することはとても難しく、表現が難しいのですが安易に金融商品の契約・加入・購入で済ましてしまわれるケースがほとんどなんです。もちろん有料相談を提供している母数そのものが極小なのですけれど。 

-----

 ちなみに私、水仕事やほこりを触ると冬場でなくともすぐに指先はカサカサになってしまいます。就寝前にクリームを塗って手袋(軍手)をしてから寝るというのは冬場では日常ですし、夏場でもたまに…。
 なので、指紋認証は遠い世界だと勝手に感じていましたが、「流出してしまうと、もう変えようがない」を知ってしまったので、よほどのどうしようもない事情が生まれない限り、認証に生体を使うことは当面ありえないと感じました次第です。

 一応お伝えしておくと、私を含む普通の生活者の生体認証をコピーしてハッキングするリスクと得られる効用を考えれば、認証を破る専門家(?)が対象に狙ってくるとは考えにくいと感じます。
 それでも繰り返しますが、「流出してしまうと、もう変えようがない」は大きなことだと感じます。


 技術の進歩はめざましいです。近い将来、遠い将来、さまざまな技術や考え方が生まれるということそのものには私、とても楽しみで仕方ありません。