FC2ブログ

取材依頼に思うこと


 先日とある紹介のご縁で某新聞社さんの取材、というより取材前のご意見伺い?で連絡をいただきました。

 紹介者である専門家さんからは「こういう内容なので伊藤さんが適任だと思いまして、連絡してもらって大丈夫です?」と丁寧な前振りがありまして、私はどちらかといえばこういった取材は乗り気ではないのですが、とりあえず一度話を聞いてみなければ答えられる内容なのかそもそも協力できる内容なのかわからないので連絡いただくことは何も問題ないと回答したという流れです。


 私としては次の点が気になるわけです。

 ・世の中に何を伝えるための記事(取材)なのか
 ・その取材を受ける私のメリットは何なのか
 ・その取材を受けるにあたって私がどれだけの時間を使う必要があるのか
 ・資料作成なども必要になってくるのか
 ・取材を受けるにあたって報酬は発生するのか

-----

 専門家さんから事前に「こういう内容」と聞いていましたので、記者さんはおおよそ伝わっているものだとの認識で連絡くださったのかもしれません。

 電話でこちらから前提を確認する間もなく、いきなり今回の内容の背景や取材の現状、今後の予定など一気に(でも穏やかに)話されました。


 私は戸惑うわけです。記者さんは私のことを調べておられるかもしれません(実際にオフィシャルサイトなども事前に見てくださっていました)が、私は記者さんのことを知りませんし、どの知識レベルなのかもわかりません。短時間ではとっても答えにくいんです。

 そして、報酬について確認したところ「記事にすることができれば後日私が菓子折りを持ってお邪魔を…」ということでした。


 私には専門家として意見を求めてくださっているわけです。繁華街などで突然に一般市民の立場で意見を求められたり、事故などを見た目撃者として状況説明を求められているのではないんです。

 記者さんだって給与が出ているから記事にするわけです。他に仕事を持たない完全なるボランティアで多くの時間と経験を使って取材するというのは生活を考えれば不可能なはずです。でも、その不可能を求めてこられるんです。

 例えば飲食店で「取材です。試しに食べさせてください」、これは店の名前や写真も取り上げられるなら「広告宣伝」として問題ないのかもしれません。店の名前・写真を出せるかわかりません、記事もどんなふうになるかわかりません、でもとりあえず試しに食べさせてください、こんなの言われたら困りますよね。

-----

 原則として私は記事が掲載される前に内容を確認できること、締切に時間も確保されていて修正も可能であるケースでしか取材はお受けしません。

 著名な方々や権威のある方々とは異なり、1人の弱小個人事業主です。意図しない内容で取り上げられてしまうことは絶対に避けなければなりませんし、記事になるかもわからない内容の取材であれば余程の賛同できることやメリットのあることが大前提になります。


 お金じゃない心意気だと言われれば私は候補から外していただくことになります。お金じゃない心意気のスタンスで取材を受けてくれる専門家を探していただきたいです。私はそんな怖いことを受けられません。

 ここで書いたような内容を記者さんに伝えました。今回はまだまだ進行中ということで、私以外に聞くならこんな立場の方々が対象になると思うとだけはお伝えしまして、どうしても伊藤の意見が必要な場合はまた相談させてくださいということでした。おそらくもう連絡が入ることは無いと感じました。ややこしい専門家ですみません。


 <過去参照記事> 週刊東洋経済の特集「格差サバイバル術」に匿名で誌面に登場しました。

 このときの紹介者である専門家さんは最初から報酬ありが前提で紹介してくださったので、とっても進めやすかったです。

 数年に1回あるかないかの頻度ではありますが、取材の依頼があった場合にこの記事のリンクを事前に紹介していこうと思います。



事務所開設7周年!


 2019年2月1日をもちまして事務所開設から7周年を迎え、8年目に突入します。

 いつもご愛顧くださっている皆さま、温かく見守ってくださっている皆さま、関係者の皆さまに感謝を申し上げます。ありがとうございます。

 180201_01
 (写真は2018年初です。今シーズンは道路に積もるほど降っていません)


 あっという間の7年でした。いろいろと備品・書籍などを運び込んだのが7年も前だとは信じられないです。早いです。

 私の子どもたちで考えると、隊長(長女1年生)の7年前は生後4ヶ月半、次男(5年生)の7年前は4歳、長男(中学1年生)の7年前は6歳で幼稚園の年長さんでした。そう考えると、長い年月ですね。


 社会の仕組みは少しずつ変わり、金融商品は変わるもの変わらないものの差が大きいように感じます。

 私の主張は変わりません。社会の仕組みを知り、金融商品の活用は最小限にし、お金のことはできるだけ考える時間を少なくできるよう、家庭・趣味・地域活動・自らのスキルアップなどにいかに多くの時間を使ってもらえるかという方針を大事にしています。お役に立てる機会がありましたら幸いです。


 次の8周年、そして10周年に向けて地道に前に進んでまいります。
 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


メールの受信設定


 2018年の後半くらいから docomo・au・softbank など携帯キャリアメールのメール受信設定や、 gmail・yahoo・hotmail などフリーメールの迷惑メール設定が厳しくなったのではないかと感じるケースが出てきています。

 私は常に s-ito*money-2nd.com (*を@に!)からメール発信します。いわゆるPCメールアドレスです。このアドレスからのメールがエラーで発信者に戻ってこず届かなかったり、これまでは問題なかったのに迷惑メールに入るようになり、相談者さんがメールに気づけないという件です。


 LINE・ツイッターのDM・facebookのメッセージなどのSNSの機能でのやり取りを希望されることも少しずつですが増えてきています。でも、それなりに多くの相談をお受けしている私としましてはメールは記録にもなっていますので過去データを検索できないことは困りますし、そもそも個人情報を扱いますのでSNSを使うのは良いことと思えません。(もちろんメールも100%安全とは思っていませんが、SNSより大いにマシだと考えています)

 というわけでまとめて調べてみました。

-----

docomo 受信リスト/拒否リスト設定

au 受信リスト設定

softbank 受信許可・拒否設定


gmail 迷惑メールのマーク付けとマークの解除
 gmailは各サイトよりもブログなどでの解説が丁寧です。
 Gmailの迷惑メール対策まとめ | 自動設定解除方法・振り分けフィルタ・連絡先リスト

yahoo [迷惑メール]フォルダーに振り分けられたくないメールがある フィルターを設定する

hotmail ブロックまたは許可 (迷惑メール設定)

-----

 ちなみに京極・出町FP相談オフィシャルサイトのお問い合わせフォームでも次のような注意書きを入れています。

 190108_02

 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。


京極・出町FP相談「お知らせ情報」2017年まとめ


 京極・出町FP相談オフィシャルサイトのトップページ下のほうに「お知らせ・イベント情報」コーナーがあり、年に1回整理しています。

 2016年末にオフィシャルサイトを改訂し「お知らせ」と「イベント情報」を分けるようになりました。
 改めまして今回は2017年分のまとめ「お知らせ」編です。

-----

2017.12.30 2017年を振り返る

2017.12.29 ブログ「約1.2L / 骨髄バンクのドナーになりました」書きました

2017.12.26 ”貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方”読みました

2017.12.20 京都リビング新聞社カルチャークラブ「FP3級資格取得講座」最終講義のアンケートでいただいた感想をまとめました

2017.12.15 年末年始の予定について(2017~2018年)

2017.12.08 ブログ「母と協力しながらきょうだいで預金口座の相続手続きをせっせと進められたのでしょう」書きました

2017.11.13 登壇してまいりました / 精巣腫瘍公開講座 in 吹田

2017.11.11 ブログ「商談と相談」書きました

2017.11.04 ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。加入者はまだまだ希少の域 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年9月末時点>

2017.10.24 2017年11月の毎週日曜11時(再放送13時)からのラジオ番組にゲスト出演し「公的年金」についてお話しします!

2017.10.17 【40歳未満(39歳以下)限定企画!】10/22衆議院議員総選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。

2017.10.06 第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年8月末時点>

2017.09.30 ブログ「社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用」書きました

2017.09.26 ブログ更新 丸8年!

2017.09.06 「生活に役立つ知識を身につけたい」が今回も圧倒的1位! / 【2018年1月検定向け】京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座」事前説明会アンケート結果

2017.08.18 ブログ「「初心者のためのマネープラン基礎講座」というタイトルで私が講師を務めるのであれば」書きました

2017.08.12 ブログ「子ども2人の教育費は手取りの12%が上限?四大支出は手取りの7割が目安?」書きました

2017.07.29 お盆期間等、夏期の相談対応について(2017年)

2017.07.14 ブログ「長期の基準」書きました。

2017.06.27 ブログ「設問の結果を出しているだけなのに、それらしくロボアドバイザーと呼ぶのは金融業界としてやめておくほうが良い」書きました。

2017.06.06 コラム「京都市では平成30年4月1日から自転車に乗る場合、保険の加入が必要です」書きました。

2017.05.30 資産運用の考え方についてのブログ「そもそも興味がないから」書きました。

2017.05.16 骨髄提供までは進みませんでしたがドナー候補として経験したことをまとめます。

2017.05.09 ブログ「終末期医療に関する事前指示書と終活」書きました。

2017.04.25 「年金といえばマイナスのイメージしかなかったけれど、今回講座を受けて変わりました」 / 公的年金1日講座、無事に終了しました。

2017.04.19 2017年GWの予定について

2017.04.01 個人開業7周年!

2017.03.31 2017年4月の毎週日曜11時(再放送13時)からのラジオ番組にゲスト出演し「iDeCo:イデコ(個人型確定拠出年金)」についてお話しします

2017.03.21 過去最大級にお勧めです! / ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

2017.03.08 ブログ「知識習熟度と知識意欲」書きました。

2017.03.03 とある有料会員さん向けのオンラインセミナーでiDeCo(個人型確定拠出年金)の講師を務めました

2017.02.18 平成29年度税制改正大綱を独断と偏見の塊で書き出しました

2017.02.07 2017年2月3日(金)の京都新聞朝刊に掲載!

2017.02.01 事務所開設5周年!

2017.01.28 京都リビング新聞2017/1/28号特集「2017年、年金改正のポイントをチェック」に掲載!

2017.01.01 2017年、自身の見通しと目標

-----

 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com


2019年、自身の見通しと目標


 あけましておめでとうございます。

 2018年も本当にお世話になりました。出会いのご縁に感謝感謝です。
 2019年も変わらずよろしくお願いいたします。


 新年の自身の見通しと目標です。

 今年のキーワードは「寝」です。

 身体的な部分と気持ちの部分があります。

-----

 まず身体的。

 ・”極論で語る睡眠医学”読みました。

 詳細はリンク先をお願いしたいのですが、成人には7~9時間の睡眠時間が必要です。

 若い期間に使える時間を考えれば多少は睡眠時間が短くても大丈夫だろうと考え、これまで平均的には21時~21時30分に(子どもたちと一緒に)就寝し、3時~3時30分に起床して仕事をしたり自分の時間として使っていました。
 でもこれだと約6時間です。休みの前後などに7~8時間眠ることはありましたが、平均で言えば間違いなく6時間台でした。これを何としても7時間台にします。

 実際にこの本を読み、秋くらいから就寝時間は同じでも起床時間を4時30分前後にずらして7時間を確保し始めています。体調が良くなったかどうかは(元々悪くないので)よくわかりませんけれど、もっと長期的な視点が必要なのだろうと思っています。


 ツイッターの世界で知ったのですが、漫画の世界でこんな話があるそうです。
 手塚治虫さん・石ノ森章太郎さんなどは若いころ2徹・3徹は当たり前で没年齢がいずれも60歳なんです。
 それに対して水木しげるさんは徹夜せず毎日10時間の睡眠時間を確保しておられ、93歳の大往生です。

 もちろん時代が違うと言われればそれまでかもしれませんし、そもそも私は2徹・3徹なんてしません(できません)が、長期的な視点で睡眠時間の確保を意識しようと考えました次第です。93歳までの長生きが私に必要かどうかはわかりませんが、今の役割で考えれば60歳までの人生だとよろしくないのは明らかです。


 この数ヶ月で困った点は1つです。明らかに本を読む量が減りました。これまで睡眠時間を削って読書時間を確保できていたようです。今の生活スタイルで何とか読書時間もしっかり作り出せるように試行錯誤中です。

 皆さまもぜひたくさん眠ってください。(ちなみに極端な寝すぎもよくありませんのでリンク先をどうぞです)


-----

 次に気持ち。

 これは私というよりも相談者の皆さんにお伝えしていく視点です。

 iDeCo(個人型確定拠出年金)やNISA(少額投資非課税制度)で活用している投資信託。年末時点の年単位で比較した場合、2018年の日本の株式市場は7年ぶりにマイナスとなりました。

 この数年、私が対応させていただいた場合には資産状況をいつ確認してもプラスという方々がほとんどでした。でも、2018年の10月以降は不安定ですし、2019年も不安定が続くような見込みで言われていますので毎月の積立購入している投資信託での資産状況のことは「寝ているがごとく」無視でも問題ないと思っています。

 当面は仕込みの期間です。成果・果実を得るのは少し先です。
 「果報は寝て待て」の気持ちでお願いします。


 参考書籍はこちらです。

 ・”お金は寝かせて増やしなさい”読みました。

 「寝」が出てきましたね(笑)


-----

 ちなみに2018年は「投」、2017年「当」、2016年「健(すこやか)」、2015年「平」、2014年「芯」、2013年「尖」、2012年「拠」でした。


 予定のある程度わかっているものは次の3つです。

 ■事業
 ・京都リビング新聞社および滋賀リビング新聞社「FP3級資格取得講座」やその他の企画
 ・某プロジェクト向けFP相談対応・経営者および資産家向け年間サポート

 ■ボランティア
 ・精巣腫瘍患者会ピアサポート「がん患者とその家族を対象としたFP相談」

 この数年、主要なところは何も変わりません。
 日々の相談対応を最重要視しています。


 皆さまからのご相談、心よりお待ちしています。

 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ

 160101_01

 2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。