2017年GWの予定について


 2017年のGWは、5/1(月)と5/2(火)に休みを取れれば4/29(土・祝)から5/7(日)まで、9連休ですね。

 なかなか9連休とはいかなくでも5/3(水・祝)から5/7(日)でも5連休ですね。昨年のように2日と6日に平日があったりすると、仮に親が休めても子どもは学校あったりしますものね。皆さまのご予定はいかがでしょうか。


 京極・出町FP相談のGW前後の予定を公開します。今シーズンも今のところ、GW前まではおかげさまで予定が詰まっていますが、GWには余裕がありますのでご遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

-----
 
 情報はすべて4/19(水)現在です。


・4/29(土) 終日×

・4/30(日) 要相談

・5/ 1(月) 午前〇・午後×

・5/ 2(火) 午前〇・午後×

・5/ 3(水) 終日×

・5/ 4(木) 午前〇・午後〇

・5/ 5(金) 午前〇・午後〇

・5/ 6(土) 要相談

・5/ 7(日) 終日×

-----

 「要相談」の日もお問い合わせいただければと思いますし、この記事の主旨は「GWは休みではなく相談をお受けしていますので、お問い合わせください」です。もちろん事前にご連絡をいただければ、これ以外の時間帯も対応可能です。

 せっかくの連休ですので余暇を楽しんでいただきたいとも思いますが、連休だからこそじっくり考えていただけること、確保できる時間があったりするかと思います。お役に立てそうなことがありましたら幸いです。


 <過去参照コラム>
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

-----
 京極・出町FP相談 -お金にもセカンドオピニオンを-
 http://money-2nd.com


ガラケー2台持ちから1台解約しました。


 事務連絡的な記事です。


 スマホ全盛な昨今、ご存知の方も多かったと思いますが、私はガラケー2台持ちという社会の流れに逆行する通信環境を続けてきていました。(ちなみに自宅のネット回線もいまだにADSLの有線のみです)

 170414_05

 090 ソフトバンク かんたんケータイ (オフィシャルサイトで問い合わせ用に番号公開)
 070 ワイモバイル (わが家では通称 白電話)

 この組み合わせでしたが、この度 070 を解約しました。


 思い起こせば、2011年の秋~冬。2012年2月から今の事務所に移ることが決まり、電話回線をどうするのか悩みました。固定電話を引いても私1人の事務所ですから使うことは想定できず…

 そんなときプロ野球でソフトバンクが日本一になり、グループ企業であるワイモバイル(当時はウィルコム)が月額基本料をずっと500円引きにするという契約期間限定の広告を目にしました。今でこそ通話し放題は当たり前に出てきていますが、当時10分以内は月500回まで無料というシステムは魅力的でした。

 というわけで、いわゆる発信専用のような意味合いで持ち始めて5年半。ソフトバンクにも通話し放題のプランが出ていることは把握していたのですが、これだけ使っていると愛着もわいてこの電話によくかけてきてくださる相談者さんもあり、なかなか判断できませんでしたがようやく重い腰を上げてみました。

 これでガラケー1台のみに戻りました。

-----

 なぜスマホを持たないのか、LINEができないから持ってほしいと言われることもあるのですが理由は簡単です。

 SNS依存症になる自信があるからです。


 SNSとはツイッターfacebookです。特にツイッターから得られる情報はおもしろすぎます。ずっととは言いませんが見ていて飽きません。
 オフィシャルサイト・blog・コラムサイトの管理もありますから、スマホ環境が常に身近にあれば他のことに確保したい時間も使ってしまいそうで、それぞれ操作するに際にはパソコンの比較的大きな画面でかつキーボード入力のほうが効率も良いと思っています。

 出先でスマホがないと困るという状況はほとんどありません。ガラケーでも最低限は調べられるわけですし、誰か一緒なら間違いなくスマホを持っておられるからです(すみません。


 ガラケーを使っている私にこんなDMが届きました。

 170414_03
 ※ 画像をクリックすると拡大します。

 「1日の生活が便利になります!」ということで、ニュースや天気を確認・写真撮影・声で乗り換え検索・家族とテレビ電話、どれも1つも魅力を感じません(苦笑)

-----

 諸々ご迷惑をおかけしてしまっている皆さまにはお詫びを申し上げます。引き続きよろしくお願いいたします。

 なお、070 電話によくかけてくださっていた方々には別途直接ご案内していきます。

 170414_04
 170414_01
 170414_02

 上と中は本満寺、下は加茂川です。桜も終盤ですね。


ライフネット生命会長の出口さんから歴史を学ぶVOL.18「5000年史15」の主催者代行を務めました。


 8(土)ライフネット生命会長の出口さんから歴史を学ぶVOL.18「5000年史15」の主催者代行(事務局)を務めました。

 170408_01

 今回は20世紀後半~21世紀の世界の歴史講義でした。同じ内容を東京では1時間で講演されているのですが、京都では質疑応答を含めて4時間たっぷり聞けるわけですので、かなり希少な会かと思います。

 170408_02

 配付資料の見出しだけご紹介します。

 20世紀後半の時代 ~第二次世界大戦後から現在まで~
 ・大戦直後のアジアと冷戦の始まり①~③
 ・資料:1913年と1950年のGDP
 ・日本の独立とアジアアフリカ会議、 キューバ革命①~⑤
 ・べトナム戦争と文化大革命①~⑦
 ・ゴルバチョフの登場と冷戦終結①~⑤
 ・ソ連の崩壊と湾岸戦争①~⑤
 ・資料:1973年と1998年のGDP
 ・21世紀の世界

 170408_03

 第二次世界大戦後ですので1945年前後から今回はスタートし、配付資料のページ数も過去最大です。現代は情報が揃っているわけですからボリューム満点です。


 個人的に印象に残ったフレーズです。

 ・改革とは単に現状を壊すだけでなく後先どうするのかがあって初めて成立する
 ・何事も最初が肝心
 ・陸続き(欧州・中央/西アジア)の外交と島国(英国・日本)の外交
 ・2:6:2の法則=向上心あり:普通:何もしない
  何もしない2割をどうにかできたのは過去の歴史においてヒトラーとスターリンの2人
  経営者から質問を受けたときにもこう答えている。
 ・科学技術の根底は対抗心
 ・価格変動がなければ(小さければ)研究・技術は進歩しない。

 いつの時代も人があってこそなのですが、近代以前は気候の影響が本当に大きかったと感じさせられ、近代はより人の影響を強く感じた歴史の講義でした。

 
 これまでの講義に該当する出口さんの著書です。

 

-----

 この会の背景などを前回の報告記事の後半に書いています。 
 ライフネット生命会長の出口さんから歴史を学ぶVOL.17「5000年史14」の主催者代行を務めました。

 というわけで、今回が歴史の会ファイナルでした。出口さん、事務局をお手伝いくださった皆さま、ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。


 私が事務局(主催者代行)としてお手伝いを始めて5年も経ってしまいました。30代中盤だった私も40歳目前です(笑)
 そして出口さんも60代前半だったのが60代後半に。今月下旬で古希を迎えられます。出口さんおめでとうございます。時が経つのは早いものです。
 170408_04
 会の発端である第1回目は約7年前ということで、当時は出口さんも今ほど多くの講演をされていたわけではありませんが、今は何と年間300講演だそうで、もう本当に健康第一で(ものすごく健康だそうですけれど)お願いしたいです。

-----

 ファイナルということで、今回は出口さん+発起人2名+事務局メンバー2名+私というメンバーでお昼ご飯をご一緒しました。

 出口さんからこの話題を出してくださいました。 


 皆さま、本当にお勧めです。現代を把握するうえでの情報が満載です。

 そして最後に。この会は発起人のお二人がおられたからこそ始まりました。お二人は参加が難しい状況になられたことも途中にありましたが、こうして THE FINAL の場にお越しいただけて本当に嬉しかったです。


 せっかく満開の桜も雨で、もったいないことになっていましたね。でも、強い雨ではなかったので週明けも残ってくれることを願うばかりです。
 170408_05 170408_06
 写真は加茂大橋から、左が加茂川・右が高野川です。ちなみに合流後は鴨川です。



個人開業7周年


 2017年4月1日をもちまして個人開業7周年となり、8年目スタートです。
 皆さまのおかげです。いつも本当にありがとうございます。

 
 例年通り、振り返ってみます。

 ファイナンシャルプランナー(FP)と年金アドバイザーの勉強を始めて約10年
 金融の世界に入って約9年
 ブログを始めて約7年半
 京都リビング新聞社さんで講師を務め始めて約7年半
 個人開業して丸7年
 ツイッターを始めて約7年
 facebookを始めて約6年
 ファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFP認定を受けて約5年10ヶ月
 オフィシャルサイトを開設して約5年10ヶ月
 事務所を構えて5年2ヶ月

 
 社会人としては18年目に突入ということで、ファイナンシャルプランナー(FP)としても10年・20年続けているのが当たり前だと思っていただけるように一歩ずつ前に進んでいきます。

 ありがたいことにさまざまなお声がけをいただく機会もあるのですけれどに大きなことはできません。手の届く範囲の方々や勇気をもって私の手の届く範囲に飛び込んできてくださった方々のご依頼を1つずつしっかり前に進める対応をしてまいります。

 170401_01

 改めまして、過去記事のご紹介です。

 ”お金にもセカンドオピニオンを”の生まれたエピソード

 今の私の原点はここです。たくさんの方々に読んでいただけると嬉しいです。


 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

-----
 京極・出町FP相談 ~ お金にもセカンドオピニオンを ~
 http://money-2nd.com


家計簿アプリ、あまりお勧めしていませんし使っていません。


 皆さんは「家計簿アプリ」と聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか。
 すでに活用されている人も多いかと思います。

 いわゆる家計簿として収入や支出の記録をスマホやパソコンで管理するだけでなく、最近は銀行・証券会社・クレジットカードの記録も自動的に反映されるという優れものです。

 手間ひまが圧倒的に少なくなって管理もラクで、見栄えも良くって過去の履歴との比較も良さそうです。

-----

 すでに活用されていて特に困っておられない方々はそのままぜひ続けていただければと思っていますが、私は個人的にこういったツールはお勧めしていませんし私自身は使っていません。

 できない理由を列挙するのはあまり好きではありませんが一応書いておきます。


 最大の理由は、撤退によってデータがそこで終わってしまう可能性です。

 便利であればあるほどに、多機能であればあるほどに、そのサービスが終わってしまうと移行などで悩ましい思いをしてしまわねばならない、こういったサービスは個人的に苦手なんです。最新を使いこなしていなくてすみません。

 だからといって驚くほど手間と時間のかかってしまう手書きの家計簿を勧めていますといったことではなく、手前味噌ではありますが私のお勧めはこれです。

 家計簿が苦手な人へ。毎月の収支をシンプルにまとめる家計の収支表をお勧めします。

 
 振り返ってみればこのコラムを書いてまもなく3年ということで少し懐かしかったりするのですが、現在においても日々の相談対応において根幹となっているのはこの方法です。

 どれが良いとか悪いとかではなく、もちろん私のポジショントークとも言えますけれど、この記事を読んでくださっている方々の多くは事細かに把握せずともおおよその管理で問題ないのではないかと思っています。背景として、資産家とか富裕層とかそういったことではなく、普通の会社員・普通の自営業者の方々に向けて発信しているのがこのブログです。


 毎月赤字でボーナスもほぼ残らない、貯蓄は年々取り崩すばかりというケースではなかなかここまでシンプルだとよろしくありませんし、そんなときに家計簿アプリのデータ数年分を見せていただくことができればスムーズに対応も進むかと思います。

 でも、おそらくそんなケースでは、そこまできちんとアプリを活用されているように思えることは少ないですし、人それぞれ千差万別だとは思いますが、何よりもまずは全体の把握が大事ですので、やはり「家計の収支表」がお勧めです。

-----

 あと、2016年12月の報道です。

 ・金融庁が家計簿アプリ提供事業者などの登録制を導入へ
 ・家計簿アプリ会社、登録制に 金融庁

 銀行・証券・クレジットカードの事業者等は金融庁の管轄で、個人情報の取り扱いを始めとしてとにかくルールが厳しいです。時に手間ひまが億劫になってしまうくらいです。
 こういった金融機関や事業者からの情報を集約する家計簿アプリ事業者にはルールがありませんので、それに対してある一定のルールを決めておきましょうという話です。良いことだと思います。
 
 家計簿アプリを利用されている皆さま、使用感など機会があればぜひお聞かせください。