足を運ぶことのたいせつさ


 先日、某大手企業の労働組合の拠点長さんから打診を受け、打ち合わせをしてきました。

 この組合さんからは2010~2012年に多くのご依頼をいただき、たくさんの研修会の講師対応をお受けしました。

 ・公的年金
 ・企業型確定拠出年金
 ・グループ保険と生命保険

 研修が根付いてきて、規模が大きくなり数も増える見通しとなったとき、私1人での対応が難しいのと他の組合さんでの実績も加味され、他の団体さんへ依頼されることになり早いもので約5年たちました。

 この団体さんとのお付き合いはこれからも続くようですが、今回ちょっとニッチな検討があり「そういえば伊藤さんに聞いてみよう!」となったそうで本当に嬉しい限りです。


 私も数年前まではこの組合さんの近くへ行く機会があればお邪魔して情報交換していたりしたのですが、おかげさまで最近は事務所に張り付いていることが多くなったので足を運べていませんでした。

 今回久しぶりに打ち合わせしましたところ、あんなこともこんなことも「伊藤さんにお願いできることだったんですね」となりまして、不定期でも足を運ぶこと(営業活動)のたいせつさを改めて痛感しました。

---

 他の団体さんによる講演内容は理にかなった、かゆいところにも手の届く内容です。

 私の内容はベースとして日々の相談対応がありますので、理にかなっていないと思われる点があってもとにかく「とっつきやすい」面を重視しているところがあり、かゆいところにたどり着けていない方々に「まず知ってもらう」内容だったりします。


 やはり私は隙間を埋めるニッチな存在だと改めて感じました次第です。
 すべて1人での対応ですので当然と言えば当然です。

 今回、細々と継続していく自信になりました。ありがたいことです。
 がんばります。皆さま、よろしくお願いいたします。


3回の新年会


 1月後半~2月前半に専門家の方々との新年会が3回ありました。

-----

 社労士さんとの2人新年会。

 確定拠出年金(DC)との付き合い方のうち、「選択性」は取り扱いが本当に悩ましいです。

 住まいと仕事の拠点と移動時間の話題も印象的でした。

-----

 会計士・行政書士・次期経営者との4人新年会。

 独占業務のある専門家に発生する人を雇って前に倒さないといけない事務仕事と、とはいっても専門家が自ら行うことでそのあとの流れがスムーズに進む事務仕事。

 規模の拡大を目標にするなら後者は排除しないといけないんですよね。
 私の場合はすべて私が対応しているからこそ、相談者さんとのコミュニケーションは深まりますし、細かな資料チェックも自分でやるからこそ追加で出してもらいたい情報や数字だけでは見えない背景などもつかめたりします。
 良くも悪くも規模の拡大は不可能です。私はそれで良いと思っています。

-----

 某専門家さんとの2人新年会。

 1人の専門家が有能でも、数をこなすうえでは効率を考えざるを得ないのは仕方がない。でも、数をこなさなくても良い環境を自ら選んだのであれば、それに合わせたやり方でないと共感を得られない。

 人と接する商売ですからこそです。

-----

 こういうときはスマホだったらきれいな写真が撮れるんですよね。カメラを持ち歩くのは仕事以外は忘れますし、3店舗とも特徴あるまた行きたいと思えたお店だったので次回に写真撮ります。

 今回はたまたま同年代ばかりでした。
 家族の話やゲームの話やアホな話やここでは書けないような話も多々あるなかで、まじめなものだけ書きとめました。

 人と人のつながりって大事です。
 個人的に宴は4人までが嬉しいです。大人数は苦手です。


事務所開設6周年


 2018年2月1日をもちまして事務所開設から記念すべき6周年を迎え、7年目に突入します。

 いつもご愛顧くださってる皆さま、温かく見守ってくださっている皆さま、関係者の皆さまに感謝を申し上げます。ありがとうございます。

 180201_01

 1月25日、雪の降った翌朝の写真です。

 おかげさまでそれなりに傷まずに保てている外装なのですが、出窓より上は手が届きませんし、隙間の砂ぼこりは拭き掃除をしても取れません。ペンキの塗り替えも必要かもしれません。

 事務所内も壁紙は白いままとはいえ、タイルカーペットがへたってきているところもあります。基本的には何も新しくしていないので6年前と同じです。

-----

 「何かイベントやらないのですか?」と聞かれることもありまして、2月1日の事務所開設、4月1日の個人開業、他には1月10日の「伊藤の日」でしょうか(笑)

 毎日がお祭りです!とはなれそうにありません。特別のような波は無く、いつも変わらずそこにある穏やかな事務所でありたいと願っています。


 10周年に向けて地道に前に進んでまいります。
 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



京極・出町FP相談「お知らせ・イベント情報」2016年まとめ


 京極・出町FP相談オフィシャルサイトのトップページ下のほうに「お知らせ・イベント情報」コーナーがあります。年に1回整理します。
 2016年末にオフィシャルサイトを改訂し「お知らせ」と「イベント情報」を分けるようになりましたので、まずは「お知らせ」編です。

 改めまして今回は2016年分のまとめ「お知らせ」編です。

-----

2016.12.31 2016年を振り返る

2016.12.27 ブログ「痛みを分かち合う」書きました。

2016.12.24 京極・出町FP相談オフィシャルサイトをリニューアルしました!

2016.12.12 年末年始の予定について(2016~2017年)

2016.11.29 「とても参考になった」が91%! / iDeCo(個人型確定拠出年金)勉強会の講師を務めました

2016.11.19 "一番やさしい!一番くわしい!個人型確定拠出年金iDeCo活用入門"読みました。

2016.10.25 ブログ「FPの分類」書きました。

2016.10.22 遺品整理士という資格を取得しました

2016.09.27 ブログ「国民年金の将来受け取る額は10年分だと満額の 10/40 です」書きました。

2016.09.20 ブログ「iDeCo 、決まったからには使って普及させねばなりません」書きました

2016.09.05 ブログ更新 丸7年!

2016.08.25 2016年9月の毎週日曜11時(再放送13時)からのラジオ番組にゲスト出演し「若い世代のがんとお金のこと」についてお話しします

2016.08.18 ブログ「2015年の平均寿命・平均余命・生存割合」書きました。

2016.08.06 ブログ「必要額を認識できていなければ資金計画のたてようもないし資金が確保できているかどうかもはわからない / 金融リテラシー調査結果2016年」書きました。

2016.07.26 お盆期間等、夏期の相談対応について(2016年)

2016.07.13 公正な第三者という立場を忘れない ~成年後見制度ってどんな制度?~2日目を受講してきました

2016.07.01 後見人に適した人材になり得る ~成年後見制度ってどんな制度?~受講してきました

2016.06.03 ブログ「"一流患者と三流患者"読みました」書きました

2016.05.18 ブログ「平成28年度 京都市すまいの助成制度」書きました

2016.05.04 ブログ「はじめての投資でラップ口座をお勧めすることはありえない」書きました

2016.04.25 2016年GWの予定について

2016.04.01 個人開業6周年!

2016.03.29 ブログ「ライフプランという表現」書きました。

2016.03.12 ブログ「大前提である社会保険を解説できる能力に付加価値が生まれる世の中に」書きました。

2016.02.29 「地域からつくる日本の明るい未来 ~人口減少社会で消費者が知っておきたいこと~」を受講しました。

2016.02.29 ブログ「保険の無料相談みたいなところで相談業務をするのがファイナンシャルプランナーかと思っていました」書きました。

2016.02.02 公的年金額についてのブログ「2016年度は調整されません」書きました。

2016.01.26 2016年2月の毎週日曜11時(再放送13時)からのラジオ番組にゲスト出演し、確定拠出年金についてお話しします。

2016.01.04 ブログ「平成28年度税制改正大綱を独断と偏見の塊で書き出しました」書きました。

2016.01.01 2016年、自身の見通しと目標

-----

 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com


2018年、自身の見通しと目標


 あけましておめでとうございます。

 2017年も本当にお世話になりました。出会いのご縁に感謝感謝です。
 2018年も変わらずよろしくお願いいたします。

 新年の自身の見通しと目標です。

-----


 今年のキーワードは「投」です。

 2014年からのNISA(少額投資非課税制度)、2017年からのiDeCo(個人型確定拠出年金)、そして2018年からは「つみたてNISA」が始まります。

 これまで普通預金と定期預金にしかお金を置いておられなかった方々にとって、iDeCoは投資・資産運用を知っていただくきっかけになっています。ここにさらに「つみたてNISA」が加わりますので、さらに増えることが見込まれます。


 「つみたてNISA」は、いわゆる高齢の資産家に使われるとは思えない仕組みです。若い世代が将来を見据えて(「老後資金」とは言っていませんよ!)、コツコツと資産形成していくうえで本当に重要な位置づけです。

 2017年に iDeCo相談が多かったのと同様に、2018年は「つみたてNISA」に関する相談が増えるのではないかと思っていますし、そのように期待していますし、実際に2017年の後半から増えています。

 もちろん全員が使わないといけないと言い切るつもりはありません。でも知らないのはもったいないです。


 投資・投資家・投資信託・投じる・遠投・(情報の)投下

 剛速球は投げられませんので、丁寧な制球重視の投球(相談対応)をめざしていきます。(すみません、意味不明ですよね…)


 ちなみに2017年「当」、2016年「健(すこやか)」、2015年「平」、2014年「芯」、2013年「尖」、2012年「拠」でした。

-----

 予定のある程度わかっているものは次の3つです。

 ■事業
 ・京都リビング新聞および滋賀リビング新聞FP3級資格取得講座やその他の企画
 ・某プロジェクト向けFP相談対応・経営者および資産家向け年間サポート

 ■ボランティア
 ・精巣腫瘍患者会ピアサポート「がん患者とその家族を対象としたFP相談」


 主要なところは変わりません。
 何よりも相談対応を重視している方針はこれまでもこれからも同じです。
 皆さまからのご相談、心よりお待ちしています。

 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> ご相談の流れ

 160101_01

 2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。