FC2ブログ

有料金融講座と「お金の知識を実践的に学べる場」


 今月初めにこんなニュースが出ていました。
 野村証券が有料金融講座、11月から 受講料は15万円

 取り組みそのものは最大限に称賛したいです。
 金融機関、しかも証券最大手が有料講座をきちんと力を入れてという部分はすごいことだと思います。


 ただ、怖い面もあります。

 野村証券さんは「大学に無償で提供してきた冠講座」で「社会人のための金融経済講座」を2017年に開講(寄附)されていました。
 この寄附講座は「2025年には超・高齢化社会を迎えると言われる日本では、社会保障の破綻や際限のない増税が懸念されております」という不安あおり系だったんです。不安をあおって金融商品の提案につなげる図式しかイメージできないのはもう残念すぎるわけです。


 今回の有料金融講座は記事によると「年金や介護、相続などお金の知識を実践的に学べる場」ということで、サイトも確認してみました。
 野村金融アカデミー

 「ビジネスに成功されて資金的な余裕もあり、経済知識も豊富な方からも、いざ自分のこととなると不安や疑問の声が寄せられることが多くあります」
 「親や自分の資産をしっかりと承継したいけれど、ポイントが正直分からない。」


 …。対象が見えてしまったわけです。90分×18回で15万円(初シーズンはアンケート回答があるので75000円)はそれなりに高額です。対象がそういうことだったということです。

 ねんきん定期便を「年金定期便」と記載したり、全カリキュラムを見てみると生活に密接するお金がテーマのときと、資産運用がテーマのときで明らかに文体が違ったり、個人的にはぶつ切りな講座になってしまう懸念を持ってしまうわけですが、次回以降の開講に向けて公開されるであろうアンケート結果をものすごく楽しみにしています。

 <過去参照記事> 社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用


 ちなみに第8回「保険の再設計」では友人(すみません!)の後田亨さんが登壇されるようです。

 <過去参照記事> ”生命保険は「入るほど損」?!”読みました。



逆の立場ならそう思うからです / ブログ更新 丸9年!


 このブログを開設し、更新を続けるようになってから今月で9年が経ちました。気づけば10年目に突入していました。自分でもびっくりです。


 好きなことを好きなように書いていますので義務感はありませんし、ストレスも小さいです(ゼロとは言い切れないですが…

 よく聞かれるので例に出すのですが、メーカー勤務時代には仕事として社内ブログの更新が義務付けられていて仕事としてストレスがものすごく大きかったです。(社内の理解をしてもらいにくい部署におりましたので、大事な位置づけとしては理解していましたが、いかんせんやらされてる感の強い業務でした(すみません) 

 でもそこで鍛えられた習慣というのはありがたいものでした。今は制限のない自由なことが書けますので、続けるのは苦でなく日常となりました。

-----

 このブログは相談を受けることを生業(なりわい)としている私が日々きちんと活動できていますというPRの場です。
 ウェブサイトがきれいに作ってあっても、実際にどんな相談スタイルや人柄なのかは伝わりにくいケースを見てきて感じたことです。

 私の相談対応ではかなり深く立ち入ったお金のことや考え方をお聞かせいただく必要があります。そういったことを話せる相手・伝えて良い相手だと思っていただくためには、こちらのことをある程度知っていただくことが大事だと思っています。私が逆の立場ならそう思うからです。


 日記や日報のように日々をつらつらと書いていて、相談記録も専門的なことも日常もごちゃまぜのブログにも関わらず、ご愛顧を本当にありがとうございます。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


「(感想を)文章で書きたかったのですが、たくさんありすぎて書けません。 とにかく、ありがとうございました」


 10(月)滋賀リビング新聞社カルチャークラブさんで講師を務めてきました。

 【2018年9月】滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部「”将来資金”のために知っておきたい年金の知識」

 同じ内容で15(土)も開催しますので現時点で詳細は書けませんし、アンケートの結果は土曜の分もまとめてと思っていますが、口頭でお聞きしました嬉しい感想をご紹介します。

-----

 午前の公的年金・午後のiDeCo(個人型確定拠出年金)、両方を受講くださった受講者さんが最後にお聞かせくださった感想です。無記名式のアンケートを受講後にお願いしていまして、「短い文章しか書けてません」とおっしゃってくださって、その続きでお話しくださったのが、

 「文章で書きたかったのですが、たくさんありすぎて書けません。
  とにかく、ありがとうございました」

 この感じ、伝わりますでしょうか。

 私の話を1日で計4時間もお聞きくださった受講者さんです。もうそれだけで表彰ものです。たくさんメモもしてくださっていましたし、頭もパンク状態に近いのではないかと感じます。午前のアンケートにはしっかり書いてくださっていましたので、もう手も頭もお疲れだったのだと思います。

 嬉しかったです。

-----

 土曜日は4日後です。同じ内容で開催します。
 申込みはまだ可能ですので、ご興味お持ちの方々はぜひです!

 180910_01

 ちなみに会場の雰囲気はこんな感じです。私1人で準備から片付けまで対応していますので、受講者さんが会場へ入ってこられる前の写真です。

 滋賀リビング新聞カルチャークラブさんのwebサイトはこちら。
 公的年金1日講座&iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座


お盆期間等、夏期の相談対応について(2018年)


 いつもご愛顧をありがとうございます。

 この時期には「お盆期間は相談できますか?いつ夏休みですか?」との質問をいただく機会が増えてきます。

 例年通り、夏は長期休暇をいただく予定はありませんし、特定の夏季休暇も予定していません。お盆期間も対応可能です。

 この時期にしか時間が取りにくい、この時期だからこそ京都に戻ってきている/出かけてきている、反対にこんな時期は時間が作れない、人それぞれ事情がおありかと思います。

-----

 相談を検討くださる際に、できるだけお願いしたいのは「事前に予約をいただきたい」ことです。「明日あいてますか?」の場合には、既に予定が入ってしまっていて難しいケースもあります。

 事前にご連絡いただけていれば、お盆でも土日でも祝日でも大丈夫です。特に予定の入らなかった日に調整していますので無休でもありませんのでお気遣いも不要です。

 ご連絡いただく際にはできるだけ複数の候補日をいただけるとありがたいです。お役に立てそうでしたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


<過去参照コラム>
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは
 ・ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。

-----

 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com


37~39℃


 京都市内の最高気温を整理します。
 観測点は中京区だそうです。

 14(土) 38.5
 15(日) 38.7
 16(月) 38.5(祝日)
 17(火) 37.6(祇園祭の前祭巡行)
 18(水) 39.1
 
 19(木)も39℃の予報で、20(金)から23(火)が37℃、24(水)以降も36℃です。
 今のところ夕立の気配もありません。

-----

 17日の37℃台の日、すこし雲が出ていました。それだけで「えげつない暑さ」ではなく「かなり暑い」と感じました。
 わずか約1℃のことなのにすごいですよね。単に感覚がおかしくなってしまっているだけかもしれませんけれど。


 ニュースで目にするのは室内でもエアコンを使わない高齢者、炎天下で畑仕事の高齢者や部活の大会・応援、校外活動の子どもたちです。

 室内でもエアコンをつけること、35℃前後を超えたら(もしくは陽の高い時間以降夕方までは)外で活動しないこと、このあたりで十分に危険性は下がります。体力的に強いとは言えない高齢者や子どもたちには特に影響が大きいです。

 <参照リンク> 熱中症予防のために 厚生労働省

-----

 最近よく耳にするようになった「経口補水液」
 だいたいこんな割合で家でも作れます。

 ・水  約1リットル
 ・塩  約1.5~2グラム
 ・砂糖 約20グラム

 塩分が多いので、エアコンの効いた部屋にいる人はあえて摂取する必要はないようです。大量に汗をかく、熱中症の症状が出ている、こんなシーンです。味はかなりシンプルなのでレモン汁などを入れると良いそうです。


 日本の気候はもう温暖湿潤ではなく亜熱帯に近しいのではないかと感じます。
 月並みではありますが、皆さまどうぞご自愛くださいませです。