FC2ブログ

広がるFP技能士の活躍フィールド?


 FP技能士検定を管轄する金融財政事情研究会(きんざい)による全面広告が某全国紙に掲載されていました。

 181124_01

 この見出しのまわりに7人の体験談が出ています。学生4人、銀行にお勤め3人の計7人で、このうち3人が金融志望のため取得、1人が金融機関への就職内定後に取得、1人が入行後に取得という、非常に金融機関に偏った体験談だったことが印象的でした。

 残り2人も、1人は会計ファイナンス学科で学ぶ学生さんで「学んだ知識を社会に役立てる形で還元していきたい」という志の高さ。最後の1人も無理矢理でしょうか。就職活動で損保会社の話を聞いたとありました。

-----

 FP3級資格取得講座の全6課目を受け持っている立場としてお伝えしたいのは、決して金融機関で働くための資格であったり働くことが有利になることに限った資格ではないということです。

 「生活に役立つ基礎知識」に間違いありませんので、自分自身のため家族のためだけに学んでみるという緩やかな向き合い方も存在しますし、専門学校ではなくリビング新聞社で講座では実際にその傾向が強いと日々感じています。


 資格付与団体は資格を取得してもらわないと団体を維持できませんし、維持するためには受検者が増え、資格保有者が増え、受検料や会費を払ってくれる人が増えないといけません。手っ取り早いのは就業者や志望者の多い銀行・保険・証券を中心とした金融機関であることも間違いありませんし、その視点からはこの全面広告に異論はありません。

 でも独占業務が存在せず、国家資格として1級・2級・3級、民間資格としてAFP(2級相当)・CFP(1級相当)という複雑かつ幅広い層を対象とした区分が存在するFP資格はすでに100万人以上が資格を持っています。いわゆる簿記や英検並みに身近でチャレンジしやすい存在になってきていると感じます。


 すみません、私の勝手な感じ方かとは思いますが、簿記や英検のように「専門性」を打ち出すよりも基礎知識として裾野を広げる位置づけであって良いと思うんです。
 専門家としての位置づけを強くPRしたい意図はわからなくもありませんが、「広がるFP技能士の活躍フィールド」という見出しにもかかわらず、金融機関(しかも銀行)に偏った内容になってしまう記事であることで、「金融機関に広がるFP技能士の活躍フィールド」にしてもらう必要性を感じてしまうほどです。

-----

 私が個人開業したのは2010年4月、33歳のときでした。早いものでこの記事を書いている時点で41歳になりましたけれど、金融機関にお勤めの方々による保有者を除けば、いまだに私も若手のままのように感じますし、実際に若手ですし、気持ちも若手のままです(すみません。
 FP関連での交流が(私は)多くないとはいえ、全国的に見ても新しい人がほとんど出てきていないように感じるんです。

 開業を強くPRしたいわけではありませんし、勧めるわけでもありません。
 個人的にはFP(ファイナンシャルプランナー)が存在しなくても、何も困らない世の中が理想なのかなと感じる私もいます。

 全面広告ではもっと幅広い選択肢を打ち出してもらいたいと感じた次第です。


カーシェア利用1年


 ちょうど1年前、マイカーを手放しました。

 マイカーといっても近所の実家と共用でして、以前は私の父も時々運転していましたが最近は運転しなくなり、諸々折半していた費用を全額私が負担することになるのを機に決断しました次第です。

 とはいえ、わが家はご存知の通り子どももいますので車を使う機会があります。ということで話題のカーシェアを契約しまして、以降は1年の赤裸々な記録です。

-----

 2017年12月  8時間50分  49km  6,492円
 2018年 1月  8時間35分  50km  7,210円
 2018年 2月  3時間25分  21km  2,266円
 2018年 3月 12時間43分  74km  9,788円
 2018年 4月 20時間23分 105km 17,104円
 2018年 5月 10時間42分  69km  8,034円
 2018年 6月 12時間20分  75km 10,300円
 2018年 7月 10時間40分  71km  8,652円
 2018年 8月 16時間54分 133km 12,160円
 2018年 9月 12時間13分  65km  8,552円
 2018年10月 13時間23分  64km 10,406円

-----

 1年間の合計は走行距離776kmで10万964円でした。時間で見れば長く使っている月もありますが、そのときはずっと運転しているというよりもちょっと遠出してずっと停めたままという記憶です。

 カーシェア以外では春にレンタカーを借りて静岡へ旅行しましたが、レンタカーもその一度だけです。これを加えても月平均の車の費用は13000円未満となりました。

 私の自宅近くの駐車場は月15000円かかります。ガソリン代・車検・自動車税などを考えると、相当なコストダウンとなりました。


 デメリットを書きます。

・カーシェアのステーションは最寄りで徒歩3~4分なのですが、4人乗りの軽しかなくわが家は5人家族ですから全員で出かけるときには徒歩10分かかるステーションまで行かないといけない。
・使用後の清掃をきちんとしない利用者が思っていたよりも多い。泥で汚れた靴のまま乗ってマットを盛大に土がついたままだったり、スナック菓子の食べこぼし、コンビニで買ったファーストフード系のごみがそのまま、個人情報の載っている薬情報の紙が落ちていたこともありました。
 そのままにしておくと、次に使う人からしたら直前に使った人(私)を疑いますよね。できるだけ清掃して、運営会社へ状況を記録として伝えました。これは手間です。

-----

 ジュニアシート(チャイルドシートの大きい子用)も1つ常備されていますし、おおよそ半分以下に減っているガソリンを入れたら15分無料になるし(もちろんガソリン代も利用料に含まれている)、カーナビも標準装備で、予定時間より早く返しても基本的には使った時間だけの利用料金です。次に予約が入っていなければ時間延長の手続きもカーナビでできます。

 週末など週に1回程度の利用でそれほど長時間使わないわが家のケースではそれはもう十分すぎるほどに利用価値があると判断できています。


 一応書いておきます。

 自家用車はコストが高いから手放してカーシェアにしましょうと主張する記事ではありません。ファイナンシャルプランナー(FP)は節約アドバイザーではありません。

 通勤で使う人、毎日のように使う人、お子さんが乳幼児で乳幼児用のチャイルドシートを使う人、車が趣味の人、運転が好きな人、地域柄車は必須の人、さまざまにおられると思います。

 選択肢がさまざまに存在するという視点で読んでいただければ嬉しいです。ご参考になりましたら幸いです。



有料金融講座と「お金の知識を実践的に学べる場」


 今月初めにこんなニュースが出ていました。
 野村証券が有料金融講座、11月から 受講料は15万円

 取り組みそのものは最大限に称賛したいです。
 金融機関、しかも証券最大手が有料講座をきちんと力を入れてという部分はすごいことだと思います。


 ただ、怖い面もあります。

 野村証券さんは「大学に無償で提供してきた冠講座」で「社会人のための金融経済講座」を2017年に開講(寄附)されていました。
 この寄附講座は「2025年には超・高齢化社会を迎えると言われる日本では、社会保障の破綻や際限のない増税が懸念されております」という不安あおり系だったんです。不安をあおって金融商品の提案につなげる図式しかイメージできないのはもう残念すぎるわけです。


 今回の有料金融講座は記事によると「年金や介護、相続などお金の知識を実践的に学べる場」ということで、サイトも確認してみました。
 野村金融アカデミー

 「ビジネスに成功されて資金的な余裕もあり、経済知識も豊富な方からも、いざ自分のこととなると不安や疑問の声が寄せられることが多くあります」
 「親や自分の資産をしっかりと承継したいけれど、ポイントが正直分からない。」


 …。対象が見えてしまったわけです。90分×18回で15万円(初シーズンはアンケート回答があるので75000円)はそれなりに高額です。対象がそういうことだったということです。

 ねんきん定期便を「年金定期便」と記載したり、全カリキュラムを見てみると生活に密接するお金がテーマのときと、資産運用がテーマのときで明らかに文体が違ったり、個人的にはぶつ切りな講座になってしまう懸念を持ってしまうわけですが、次回以降の開講に向けて公開されるであろうアンケート結果をものすごく楽しみにしています。

 <過去参照記事> 社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用


 ちなみに第8回「保険の再設計」では友人(すみません!)の後田亨さんが登壇されるようです。

 <過去参照記事> ”生命保険は「入るほど損」?!”読みました。



逆の立場ならそう思うからです / ブログ更新 丸9年!


 このブログを開設し、更新を続けるようになってから今月で9年が経ちました。気づけば10年目に突入していました。自分でもびっくりです。


 好きなことを好きなように書いていますので義務感はありませんし、ストレスも小さいです(ゼロとは言い切れないですが…

 よく聞かれるので例に出すのですが、メーカー勤務時代には仕事として社内ブログの更新が義務付けられていて仕事としてストレスがものすごく大きかったです。(社内の理解をしてもらいにくい部署におりましたので、大事な位置づけとしては理解していましたが、いかんせんやらされてる感の強い業務でした(すみません) 

 でもそこで鍛えられた習慣というのはありがたいものでした。今は制限のない自由なことが書けますので、続けるのは苦でなく日常となりました。

-----

 このブログは相談を受けることを生業(なりわい)としている私が日々きちんと活動できていますというPRの場です。
 ウェブサイトがきれいに作ってあっても、実際にどんな相談スタイルや人柄なのかは伝わりにくいケースを見てきて感じたことです。

 私の相談対応ではかなり深く立ち入ったお金のことや考え方をお聞かせいただく必要があります。そういったことを話せる相手・伝えて良い相手だと思っていただくためには、こちらのことをある程度知っていただくことが大事だと思っています。私が逆の立場ならそう思うからです。


 日記や日報のように日々をつらつらと書いていて、相談記録も専門的なことも日常もごちゃまぜのブログにも関わらず、ご愛顧を本当にありがとうございます。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


「(感想を)文章で書きたかったのですが、たくさんありすぎて書けません。 とにかく、ありがとうございました」


 10(月)滋賀リビング新聞社カルチャークラブさんで講師を務めてきました。

 【2018年9月】滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部「”将来資金”のために知っておきたい年金の知識」

 同じ内容で15(土)も開催しますので現時点で詳細は書けませんし、アンケートの結果は土曜の分もまとめてと思っていますが、口頭でお聞きしました嬉しい感想をご紹介します。

-----

 午前の公的年金・午後のiDeCo(個人型確定拠出年金)、両方を受講くださった受講者さんが最後にお聞かせくださった感想です。無記名式のアンケートを受講後にお願いしていまして、「短い文章しか書けてません」とおっしゃってくださって、その続きでお話しくださったのが、

 「文章で書きたかったのですが、たくさんありすぎて書けません。
  とにかく、ありがとうございました」

 この感じ、伝わりますでしょうか。

 私の話を1日で計4時間もお聞きくださった受講者さんです。もうそれだけで表彰ものです。たくさんメモもしてくださっていましたし、頭もパンク状態に近いのではないかと感じます。午前のアンケートにはしっかり書いてくださっていましたので、もう手も頭もお疲れだったのだと思います。

 嬉しかったです。

-----

 土曜日は4日後です。同じ内容で開催します。
 申込みはまだ可能ですので、ご興味お持ちの方々はぜひです!

 180910_01

 ちなみに会場の雰囲気はこんな感じです。私1人で準備から片付けまで対応していますので、受講者さんが会場へ入ってこられる前の写真です。

 滋賀リビング新聞カルチャークラブさんのwebサイトはこちら。
 公的年金1日講座&iDeCo(個人型確定拠出年金)1日講座