FC2ブログ

2019年6月18日(火)京都新聞の朝刊に掲載がありました。


 「まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都」の広告記事です。

 190618_02

 190618_01

 ※ 実際にはもっと小さな写真です。

 私の手元にある京都新聞では14面でした。ぜひ探してみていただきたいです。

 年に2回ほどこうして掲載があります。2011年から掲載を始めましたので、早いもので丸8年です。
 「あっ、また載ってる!」と思っていただけると嬉しいです。

 ※ 京極・出町FP相談が唯一利用している広告媒体です。


条件反射?


 ある国語辞典によると、
 「ある反射を起こさせる刺激と、それとは無関係な第2の刺激を同時に与えることを繰り返すと、ついには第2の刺激だけで初めと同じ反射を起こす現象。犬にえさとベルの音を同時に与えつづけると、ついにはベルの音だけで唾液 (だえき) や胃液が分泌されることなど。ソ連の生理学者パブロフが発見した」
 だそうです。


 現代は誰でも手軽に情報発信者になれます。ツイッター・facebook・インスタグラム・LINEなどのSNSからブログまで本当に自由です。

 何か気になるキーワードが目に入った瞬間に記事内容や背景などを確認せず、それまで持ってしまっていた印象だけで条件反射的に批判的な情報発信をする人を目にする機会も毎日のようにあります。

-----

 トランプ大統領の訪日中に日本政府が最新の戦闘機を105機(約1.5兆円?)を購入決定!
 (出てきているコメントは省略)
 でも実際にはなんと40年前から使っている機の買い替えで、今回の訪日中に決まったことでは無く昨年に閣議決定していたものだそうです。

 同じく、トランプ大統領とゴルフを楽しんだ安倍首相。ゴルフカートを安倍首相が運転。
 (出てきているコメントは省略)
 米国でゴルフの際はトランプ大統領が運転していて、ホスト国側が運転するのが普通だそうです。

 「年金など公助に限界、国民に「自助」呼びかけ」というニュース!
 (出てきているコメントは省略)
 元データの何をどう読み取ったらこんな見出しの記事になってしまうのか、報道としてまったく意味不明です。そもそも公的年金保険は公助ではなく共助です。
 参照ツイート


-----

 社会保障はそれなりに詳しいつもりですが、自衛隊のことに詳しくありませんし、政治のこともよくわかりません。でも、流れてくる多くの情報をそのまま受け取って発信してしまわないように、実は異なる事実があるのではないかという視点は大事だと思うんです。

 単に間違いたくないってことではなく、誤った情報を自分自身が広めてしまうことで、また新たな良くない条件反射を生み出すことになってしまう可能性があると感じます。


 「発信情報は自分の見解ではない」
 「所属する団体とは関係ない」

 こういった逃げ口上も目にする機会がありますが、意味がないように感じますし、あおられた情報をさらにあおってなんぼのような風潮さえ感じますし、当事者の方々は本当にごく一部を除けば無意識的にあおりの片棒を担がされてしまっているようにさえ見えます。


 言論の自由、大事です。
 誰もが自由に発信できない社会なんて望みません。
 今は本当に良い時代なのだと思います。

 でも、です。
 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

42


 おかげさまで昨日で42歳となりました。

 190526_42

 皆さま、いつもありがとうございます。

 現時点での最新版である平成29年版の簡易生命表(基幹統計)によると、男性の平均寿命(0歳の平均余命)は81.09歳、42歳男性の平均余命は40.14年ですから82歳と2ヶ月弱です。

 統計上では「これまで生きてきた年数」より「これから生きる年数」が確実に短い年齢になってしまいました。(ちなみに42歳女性の平均余命は45.96年、約88歳でして、年齢が平均余命を上回るのは45歳での43.06年です)

----- 

 私に相談を依頼くださる家族構成の大部分はご夫婦です。20代から70代までおられます。お子さんの有無は年代を問わずです。この組み合わせは多岐にわたります。

 独身の場合はこれも年齢を問わずですが、女性が圧倒的多数です。年齢を問わず、独身男性からの相談というのはこれまで数えるほどです。


 なぜこの話題を出したかというと、先日お受けした相談が20代前半の独身男性からの依頼でした。
 いわゆる大卒ではなく早くから働き始めておられ、本を読み物事をよく考えておられる、ものすごくしっかりした若者でした。私があの年代だった約20年前。将来のことなんて何も考えてなかったです。


 相談対応ですから情報提供としてiDeCo(個人型確定拠出年金)の話題にもなりまして、この相談者さんが60歳に達したとき私は80歳前後であるわけです。この年齢まで長生きできたとしても、さすがにサポートは難しいと思うんです。

 私より年齢が上だったり同年代であれば、リタイア前後のサポートは若くで大変なことが起こらない限り可能だと思っています。でも、さすがに10歳以上、このケースで言えば20歳近く離れていると難しい。
 そして、これからも歳を重ねて、ありがたいことに若い世代の方々から相談の依頼をいただけることになっても、、、

----- 

 何よりも健康をたいせつにしたい、しなければならない、と日々感じるようになりました。もちろん日々そんなことばかり頭を覆いつくしているわけではなく、日によっては夜更かししたり、暴飲暴食したり、最近はめったにないですが強いストレスを感じて物事に取り組まないといけないときもあります。いわゆる健康オタク・マニアではありません。

 とりとめのない流れになってしまいましたが、先月の大腸カメラでも何もありませんでしたし、しっかり食べてしっかり寝て、そして適度に運動して、この相談をお受けすることを長く続けられるようにがんばります。
 
 お役に立てましたら幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
-----
 京極・出町FP相談 ~ お金にもセカンドオピニオンを ~
 http://money-2nd.com



京極・出町FP相談オフィシャルサイトをプチリニューアル<2019年5月>


 京極・出町FP相談オフィシャルサイトをプチリニューアルしました。

 リニューアルといってもデザインは変わっていません。

 ・京極・出町FP相談とはの内容をこれまでより手厚く
 ・各相談のページにブログカテゴリのリンクをしっかり入れる
 ・テキストを若干修正
 ・講師依頼ページの実績例を最新に更新

-----

 特にこだわったのが「京極・出町FP相談とは」です。

 190518_01

 次の2つを追加しました。

 1.相談者の純資産を適切に管理する。
  「京極・出町FP相談の考えるFPの役割」の挿絵を入れ替え、解説文を追加。
  「純資産を適切に管理」を切り分けてわかりやすい配置にしたつもりです。

 2.メディア掲載・原稿協力
  京都リビング新聞社・滋賀リビング新聞社でのFP3資格取得講座やその他の講座は除外していますので、こうしてまとめてみると方針として致し方ないとはいえ少ないことに改めて気づかされました。でも、全国区を狙っているわけではないことを考えると十分にも感じています。


 本当は頻度高く、少しずつでもそのときの最新の内容で更新されているほうが検索で考えると良いと聞きます。トップページの「お知らせ」と「イベント」は合計で月に2~4件は更新できるようにがんばっていますが、主たる部分は余程気になるようなことがないと手直しの機会がありませんでした。

 今回かなり時間を確保しまして、統一感も意識しながら全ページを改めてチェックしました次第です。ぜひぜひご覧くださいませです。
 お役に立てる機会がありましたら幸いです。

-----
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com
 

京極・出町FP相談の講師活動・メディア掲載実績(2018年)


 京極・出町FP相談 2018年の講師活動・メディア掲載実績

-----

■2018年 1月25日
 某有料会員様向けオンラインセミナー
 はじめての相続 たいせつな基礎知識【基礎編】

■2018年 4月12日
 某有料会員様向けオンラインセミナー
 はじめての相続 たいせつな基礎知識【事例編】

■2018年 5月
 某介護事業所様研修会
 iDeCo(個人型確定拠出年金)セミナー

■2018年 6月 毎週日曜 全4回
 京都三条ラジオカフェFM79.7
 自転車保険

■2018年 9月10日・18日
 滋賀リビング新聞社カルチャー倶楽部(草津会場)主催
 ”将来資金”のために知っておきたい年金の知識

■2018年 9月18日~2018年12月18日 火曜午後・夕方講座 全14回
 京都リビング新聞社カルチャー倶楽部主催
 【2019年1月検定向け】ファイナンシャルプランナー養成講座 ~FP3級資格取得講座~(全6課目担当)

■2018年10月13日
 精巣腫瘍患者友の会(J-TAG)主催
 患者・経験者・家族からの社会保険やお金に関する相談事例

-----
<京極・出町FP相談 自主開催>

■2018年 1月(第18回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  「運用や投資信託のことは何も知らなかったので勉強になりました」

■2018年 4月(第19回)
 ・自分や家族に関わる制度を把握!会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー
  源泉徴収票の読み方から「税計算の流れ」「控除の仕組み」「今できること」を知る / ミニセミナー第7シーズンスタート!

■2018年 5月(第20回)
 ・自分や家族に関わる制度を把握!会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー
  2回目の「自分や家族に関わる制度を把握!会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー」も無事に開催できました!

■2018年 6月(第21回)
 ・自分や家族に関わる制度を把握!会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー
  「厚生年金や健康保険の保険料の決まり方に納得しました」

■2018年 7月(第22回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  相続の「全体像」「仕組み」「税の仕組み」を知る / ミニセミナー第8シーズンスタート!

■2018年 8月(第23回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  「今を把握することが大事と何度もお話しされていたのが印象に残りました」 / 通算5回目の「はじめての相続 たいせつな基礎知識」セミナーも無事に開催できました!

■2018年 9月(第24回)
 ・知っておきたい!はじめての相続たいせつな基礎知識
  「家系図を見ながら改めて考えてみます」

■2018年10月(第25回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  iDeCo(個人型確定拠出年金)の「制度」「運用」「活用」を知る / ミニセミナー第9シーズンスタート!

■2018年11月(第26回)
 ・掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー
  夫が対象の企業型でも十分に使える情報 / 通算11回目のiDeCoセミナーを開催!

-----

 講師活動・メディア掲載実績 2009~2011年
 講師活動・メディア掲載実績 2012~2013年
 講師活動・メディア掲載実績 2014年
 講師活動・メディア掲載実績 2015年
 講師活動・メディア掲載実績 2016年
 講師活動・メディア掲載実績 2017年

 京極・出町FP相談 講師依頼

-----
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com