今日の年金相談

 29日(火)


 ある会計事務所にお勤めのHさんから在職老齢年金(※)について教えて欲しいと電話。

 ※ 年金を受け取る年齢になったときに、現役でお勤め(厚生年金)の場合、
  報酬の額によって、受け取る年金の額が減額される仕組み。


 顧問先の社長さんが、今年の7月に60歳になり、65歳までは現役の予定。

 現在の報酬から考えて、年金も合わせた総収入が一番多くなるようにしたい。
 


 難しいんです。具体的なさまざまな金額は社会保険事務所に確認するしか・・・。

 この相談の方であれば、「ねんきん定期便」が届いているはずで、

 しかも年金を受け取る直前の情報ですから、かなり正確な情報に近い。

 なので、「ねんきん定期便」を見せてもらえれば、私が計算することができます。


 
 単純に年金をたくさん受け取れるようにするなら、

 報酬を少なくすればいいのですが、せっかく厚生年金を払っている期間。

 65歳以降に受け取る年金を増やすことにもつながります。



 このあたりの選択肢をお伝えすることまでで、セカンドオピニオンとしては

 十分な役割になっているのではないかと思います。


 私の現在のフィールドでは、この世代はそこまで多くないので、

 もっと経験を積まないといけません。

 

 Hさん、スパッと気持ちのいい回答ができず、ごめんなさいでした。

 とりあえず、7月誕生日で、今が9月。早めに動いてもらわないと。




-------------------------------------

 「ねんきん活用法」講座。


 副題:将来のためだけじゃない!

    「ねんきん定期便」の実物を題材に年金アドバイザーが読み解きます


 特にこだわりのある内容は、資料1ページ作るだけでも

 ものすごい時間がかかったりします。



-------------------------------------


 下の子(2歳3ヶ月)語録

 その4

  じーちん (機関車トーマス)

 使い方

  「じーちんのびでぃお、びるー!」(トーマスのビデオ、見るー!)

   ここ1-2週間で「トーマス」になりました。