FC2ブログ

商売だから仕方ない?


 21(月)

 午前中、高槻のSさんが住宅ローンの相談で事務所に来てくださいました。

 既に手付金100万円を支払い済み、23(水)契約予定。

 でも、ローン審査が通らなければ、契約はなくなり手付金も戻ってくる内容。


 諸事情でSさんは一般的にはローン審査がかなり通りにくいケース。

 それでも、いわゆる「提携ローン」で通ってしまうかもしれないケースです。

 個人的には通って欲しくない状況です。


 それは、貯蓄額・ご主人のお仕事の状況・今回の毎月支払額だと、

 もうすぐ3人目さんが誕生されることから考えて教育資金が圧倒的に足りなく

 なってくること・将来お互いの実家に住む可能性、などなどからです。

 Sさんにも納得いただけました。



 不安ばかりあおってしまうことになってしまったかもしれませんが、

 住宅ローンとは借金です。

 ほとんどの人の性分的には固定金利を望んでいるのに、

 金利の低さから変動金利を選択される人の多さ。

 そして、変動金利でないと毎月支払えないくらいのローンを平気で提案されている。


 株や投資信託、外貨など、いわゆる運用系の金融商品はよく分からない、

 元金が減るかもしれないから怖い。

 と、当たり前のように訴えられる人たちが、住宅ローンの変動金利には無頓着。


 運用はどちらかといえば余裕資金でやるでしょう。住宅ローンは借金ですよ。

 借金を市場の状況によって上下する仕組みにしてしまう。

 本当にそれで良いのでしょうか?


 知れば知るほど、住宅ローンは怖いです。

 住宅に関わっておられる方々の「安易な提案」も怖いです。