FC2ブログ

同じ30年。


 日本人の平均寿命(厚生労働省:平成21年簡易生命表)
 ・女性:86.44歳
 ・男性:79.59歳

 60歳の平均余命
 ・女性:28.46歳(88.4歳)
 ・男性:22.87歳(82.8歳)
 60歳まで元気に生きてこられた方々の平均余命なので
 平均寿命より長くなって当然ですよね。

 90歳までの生存割合
 ・女性:46.4%
 ・男性:22.2%
 
 平均寿命や平均余命って個人的に気にしていません。

 注目すべきは、今や(統計上)、
  女性の約2人に1人は90歳まで生きる、
  男性の約5人に1人は90歳まで生きる
 って事実です。

-----------------------------------

 ここで「90歳」を1つのキーワードにしてみます。

 仮にお勤めが60歳定年だとしましょう。
(徐々に引き上げられていて、近いうちに65歳とかになっていくでしょう)

 リタイヤする60歳から90歳まで生きる = その間30年。

 では、60歳から30年前を考えてみましょう。
 えっ??? 30歳です。
 
 30歳から60歳までの30年間とは、途方もない期間のように
 思えませんか??
 仕事でも主戦に立ち、家族を持ち、子どもが生まれ、家を持ち、
 そして孫が生まれる人だっています。

 そんなに中身の濃い30年と同じ30年が、60歳以降も待っているのです。

 そして、リタイアしてしまっていれば、その間の主だった収入は
 公的な年金となるわけです。

 公的年金は当てにできないから貯蓄でまかなう???
 ほとんどの人が無理でしょう。

 だって、
  30歳から60歳の30年間で、
  60歳から90歳の30年間の自分や家族を
 養っていけるだけの貯蓄が今の生活でできそうでしょうか??

 不安や不信や破綻など、怖い言葉が並びますが、リタイア後の
 収入を支えるベースとなるのは公的年金となってくるでしょう。
 とはいえ、確かに将来受け取る額が今よりも減ってしまうのは
 今からでは覆せない事実でしょう。

 だからこそ、もっともっと年金のことを知らないといけないし、
 欠かすことのできない年金の仕組みを支えあっていくことが
 たいせつだと思います。

 おんぶにだっこはいけません。頼りすぎてはいけません。
 だからこそ、貯蓄もたいせつです。

 本当に家を買わないといけませんか?
 そんなに保険に入っていて大丈夫ですか?
 その金融商品は将来を考えてあなたの役に立ちそうですか?

 将来のことが不安だからって、そればっかりを考えていては
 なんのこっちゃわからん人生になってしまいます。

 とはいえ、途方もない先を気にする人はほとんどいません。
 今の時代はこれが危ないと思います。

 家族や友人、たいせつな人と、遠い将来のことも話題にしてみませんか??