FC2ブログ

石の上にも3年


 28(日)夕方のことを書きます。

 ライフネット生命社長の出口さん講演会
 テーマ「少子化対策について」in NPO法人ノーベルに参加しました。

 進行:ノーベル代表の高さん
 病児保育のノーベルさんのことは大応援しています

 いつもお世話になっている出口さんとのコラボということで
 迷い無く駆けつけました(おおげさ??)。

 いつものとおりポイントを書き出します。
----------------------------------
■少子化対策について

・日本という国は、高齢者といえる。
・異常な少子高齢化社会が到来することは20年前から
 予想できていたこと。なぜ対策を打たなかったのか。
  政治家の多くは田舎の大家族(母・妻は専業主婦)で育ち、
  女性が都会で働きながら子育てをすることが理解不能。
・政治とは税金の分配
  消費税は毎年1%ずつ10年間上げ続けるくらいの
  ことが必要と考える
・戦後の半世紀がうまくいきすぎた = ねじれ発生
 たまたま石油と鉄鉱石が安かった。
・人間の長生きはメガネと歯医者の責任。

・子どもを欲しいと思ったときに生める社会が必要。
・成長した子と同居する動物はいない。子が18歳になれば独立すべき。
 同居している場合は所得税の税率を上げるなども必要。
・日本の教育費はバカ高すぎる。
・日本における社会保障給付費の対GDP比率は主要国で中位。
 しかし、子育てと高齢者対策の比率が圧倒的に低すぎる。
・嫡出子と非嫡出子で相続の割合が違うことは、国連自由権規約
 委員会からも理解不能であり、日本はすでに勧告も受けている。

・国として夫婦の性が同じと定められているのは日本のみ。
  日本も明治までは夫婦別姓だった。
・「保守」とは、経験を活かすことであり、今の政治家が保守を
 名乗るのは、外国人からすると「クレイジー」。
・次回の総選挙前には、全議員にベビーカー通勤の体験を必須にし
 体験した議員にのみ、投票をするような運動が女性から起こると
 変わってくるのではないか。
・経営者以外でも当然のように単身赴任するのは日本だけ。
・日本人は単一民族ではなく異民族。
・これまでの製造業から観光・食事・農業。
・海を含めれば日本は世界でも5~6番目の広さ。

■質疑応答等
・選挙に行きましょう。投票率を上げましょう。
  投票率が20%上がれば、事前予測は意味を成さなくなる。
・ライフネット生命マニフェストは創業まもないころに作った。
  資生堂のコピーライターさん担当。
・やりたいことを見つけられない人ばかり。それが人間。
  迷い続ければ良い。石の上にも三年。
・仕事なんか選べるはずが無い。
  例:東京大学を1945年に卒業した優秀な学生は
    すべて石炭関連の企業に入った。先なんて誰にもわからない。
・ライフネット社では育休明けは10~16時の時短勤務。
・どの世代にも必要なのは体力。心身の健康がたいせつ。
  よく食べてよく寝て健康でいることがたいせつ。
  特に10代は何よりも体力。
  10代は考える力よりもインプット(詰め込み)
・1日に1つ学ぶ姿勢を。好奇心。
・自分の考えはブログやツイッターも活用してアウトプットすべし。
  まずは同年代を動かしましょう。

------------------------

 出口さんとは今年だけでお会いするのが5回目。
 12月にも「投資はじめ隊」でおそらくお会いします。

 何度も機会をいただいている私なんかよりも、初めてお話される方々に
 出口さんとの意見交換を経験していただきたかったのですが、なぜか
 ありがたいことに毎回直接お話させていただいています。

 今回も懇親会の会場に向かっているときに、高さんと企画検討中の
 病児保育サービスとライフプランを融合させることについて
 ありがたいご意見をいただきました。背中を押していただきました。
 ちょっとデータなどなども揃えて、9日に予定している高さんとの
 打ち合わせに臨む予定です。楽しみです。

 そして、懇親会でもまたまた機会が・・・。
 一人一票実現国民会議のこと、石の上にも3年のことなどなど
 貴重な時間でした。いつもありがとうございます!