FC2ブログ

第5回投資はじめ隊・ライフネット生命社長の出口さん


 11(土)

 大阪で開催された:第5回「投資はじめ隊」投資の気軽な相談会です。
 今回のテーマは『生命保険』、13:30~16:30に参加してきました。
 14名の参加がありました。

 ゲスト講師:ライフネット生命社長 出口治明さん
 出口さんは何度と無くこのブログにも登場しています。
 また、つい2週間前もお会いしたところで、なんだか申し訳ないくらいです。

 前半は出口さんの講演、後半は自己紹介から質疑応答って流れでした。
 ポイントだけ書きます。
----------------------------------

【森の姿:背景】
・講演で挙手をお願いすると、
  日本を人に例えたとき50~60代という回答が多い。
・何も言わずにがむしゃらに働く世代ではなく、お金に働いてもらう戦略が必要。
  ただ、それができないのは、異常な借金があるから。
・今後10年くらいはインフレは起こらないだろう。
  裏を返せば、これからの10年がラストチャンス。
・日本は戦後、親(米国)の脛(すね)どころか骨までかじって成長した。
  繊維・自動車など製造業をことごとく奪った。
  今の中国は、1980年代の日本と同じ。
・戦後の50年は何事もうまくいきすぎた。

【保険業界】
・保険に限らず経営とは、何を売るのか、いくらで売るのかがすべて。
・1940年代、大蔵省に商品と料金の一元管理され、
 民間には経営権が無かったといえる。
  = 護送船団方式 =1940年代体制
・結果、
  1 比較する発想が消える
  2 乗合代理店の発想が生まれない。 = 一社専属
  3 業界の優劣は店舗数で決まった。 = 数がすべて、数が力

・そして、経営権の大政奉還が起こった。
・これまでの保険業界はめざすところが同じ「富士山モデル」だったといえる。
・これからは「八ヶ岳」モデルへ。
  FPによる中立のアドバイス等によって、市場を8つの業態で分け合う。
・ネット生保シェアは、12.5%が限界点となると予想する。
  機会は人間には勝てない。
  大きな代理店とは「激突」のしようが無い。

【保険商品】
・大きく4種類に分類される。(括弧)内は対象。
  1 (若い世代の)死亡保障
  2 (一生涯の)医療・入院保障
  3 (高齢世代の)年金・介護保障
  4 税制メリットを最大限に生かした節税対策

・医療保険は、低レバレッジ。
・がん保険は、低価格でも収益性が高い。
  シェアNo1の企業は、外資系だが利益の90%を日本で稼いでいる。
  米国では手数料開示が必須のため、大きな利益を取れない。
・個人年金保険は、低金利で意義が無くなっている。
  利率1%、経費1%で、増える要素が無い。

【ライフネット生命】
・加入者のうち、20~30代で80%。
  大手国内生保は、30%以下。
・売る人がいないことが強みでもある。

・死亡保障について、これまでは遺族保障。
  今は時代が変わり「生活立直し資金+教育費」と考えるため
  収入保障保険は作っていない。
・今年と来年は「働く人の保険」の認知度アップに力を注ぎたい。

【出口さんより】
・自分の頭で、腑(ふ)に落ちるまで考えることがたいせつ。
  数字とファクトをベースにロジックで考える。
・自分に投資して、健康に過ごすことが何よりもたいせつ。
  よく食べて、よく寝ること。
・将来の金銭的不安について
  世界を見回しても、国民年金より有利な年金商品は無い。(※)
  月1万円でも、国債や投信を買う意識が必要。
・選挙に行きましょう。
  投票率が10%以上上がれば、事前予測は意味が無くなる。
  <参照>一人一票実現国民会議

----------------------------------

 参加したくても参加できないような方々がおられるなか、
 私は今年だけで出口さんにお会いしたのが今回で6回目です・・・。
 今回は少人数の会だったので、本当に遠慮しようかと思ってました。
 でも、参加して良かったです。
 2度3度と聞かせてもらうことで更に理解が深まったこと、
 そして、もちろん初めて伺う内容もあり、ためになります。

 一番嬉しかったのでは、※の部分。
 出口さんから年金の話題が出たのは私は初めてかもです。
 影響力をお持ちの方々から公的年金の話題に触れていただけるのは
 本当に嬉しいです。

 日本で生きているからには、すべての基本は公的な社会保障です。 
 確かに将来は分からないかもしれない。
 だからといって、避けて通れるものではありません。

 出口さん、今回もありがとうございました!!!

----------------------------------

 投資はじめ隊。
 この会の主催は、かえるさんFP OASISの栗本さん

 夕方の勉強会と懇親会・二次会も盛況だったようで良かったです。
 いつもありがとうございます!