ねんきんネット


 「ねんきんネット」
  自分の加入する年金の保険料納付状況や将来受け取れる年金額などが
  インターネット上で確認できる日本年金機構の「ねんきんネット」
  2011年2月28日午前9時から稼働。
  現在も機構ホームページから納付状況を閲覧できるが、使い勝手の悪さが
  指摘されており、内容を充実させて使いやすくしたのが特徴。

 記事:「ねんきんネット」28日稼働=納付状況を分かりやすく-年金機構

 確かに今の仕組み(年金個人情報提供サービス)は使い勝手悪いです。
 普段からしょっちゅう見るようなものではないのに、パスワードの使用期限
 が短すぎる・・・とか。

 この仕事をしてる都合上、28(月)にはすぐに手続きしてみます。
 将来受け取れる年金額の試算など、使い勝手も含めて確認してみます。


 1つ気になったのは・・・
 今回の「ねんきんネット」も、これまでの「年金個人情報提供サービス」も
 無いにこしたことはありません。
 これまでブラックボックスだった年金を知るための仕組みとして、
 「ねんきん特別便」や「ねんきん定期便」を含めてたいせつなことだと
 思います。
 でも、これらの「サービス」構築のためにいくらお金を投じているのか・・・。
 年金は社会保障の仕組みとして、将来受け取る年金、遺族/障害年金という
 金銭的な面を助けてくれるものです。何でもかんでも始めてみるだけでなく
 きちんと活用されるようにそれぞれを意味あるものにしてもらいたいです。
 

 <参照>日本年金機構Web:「ねんきんネット」サービスが始まります