FC2ブログ

「家計簿が続かない人の貯金革命」読みました。


 「家計簿が続かない人の貯金革命」(2010年4月28日第2刷)を読みました。著者は野瀬公認会計士事務所代表の野瀬大樹さんと奥さまの野瀬裕子さん。ともに公認会計士・税理士さんというすごいご夫婦です。

 先日来、よく登場いただいています野瀬さんの著書を機会があり、2冊拝読しました。非常にシンプルに読みやすい構成でお勧めしやすい本です。
 これまでと同じく、いくつかポイントを引用させていただいての所感を書きます。もう1冊「20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方」の感想は別で書きます。
----------------------------------

■「残高表」を作る p46

 いわゆる「貸借対照表(バランスシート:B/L)」を家計管理に用いる手法です。ファイナンシャルプランナー(FP)でもよく用いますが、専門家の公認会計士さんがとてもわかりやすくシンプルに解説されているので、とてもいい感じです。FP的にはキャッシュフロー表をたいせつにされている方々が多いですが、個人的には貸借対照表の純資産(残高)の推移をたいせつに考えたい私でして、この本で一番嬉しかった部分です。この考えも一度コラム等で書きたいと思いますが、ぜひぜひ皆さま、この本を手に取ってみてくださいませ!(宣伝)


■仕事をがんばろう p180

 こういった意図の本は、ともすると細かな技術や手法を紹介しておしまいとなりがちです。もちろん貯金の本ですので、結論としてまとめられていることはありがちな内容かもしれません。でも、前後の解説や実践例(?)があるからこそ、日々の仕事を継続し稼ぐことがいかに大切かを再認識できます。


■あとがき p204

 野瀬さん、すみません。少し引用させてください。
----------
 貯金とは自分が本当に心の底から好きなことにお金を使うための「準備」であり、自分の「人生の優先順位」をはっきりさせるための行為なのです。
----------
 
 そうなんです。貯金とは支出の裏返しであり、人それぞれの”人生”そのものです。 
 私の想いは、こちらの記事「家計簿診断に納得できない!?」にまとめています。


■その他

 ・ATM月2回ルール p36
 ・「うっかり費」の管理④レシートボックスを作る p90
 ・「食」を節約する②お金のかけどころを吟味する p133

 このあたりも個人的に大推奨です。

 
 近しい距離にあり、私と近しい考え方のFPではない専門家さんがあって嬉しいかったというのが1番の感想です。学生時代に2年間だけ同じゼミでしたがまったく接点がなく、10数年ぶりの再会から数ヶ月。その間に、1冊も著書を読まずにいなかった自分に反省です。野瀬さん、こんな私ですがこれからもよろしくどうぞです。
 

----------------------------------

 長文を読んでいただいてありがとうございました。