2011年を振り返る


 2011年の実績であり、私を大きく動かした出来事。
----------------------------------

 1つめ。

 6月3日、京極・出町FP相談オフィシャルサイトをオープンしました。

 事業に関して現在お伝えできる必要最低限の情報を言葉にこだわって載せています。
 多くはありませんがお問い合わせもいただき、何よりもこれまで私のことを知ってくださっていた方々がサイトを見てくださることで、ファイナンシャルプランナー(FP)としての私の対応範囲をより具体的に理解していただいているようです。ありがたいことです。

 元々はこのブログしかありませんでしたが、それでも問い合わせをいただいているというありがたい状況がありました。毎日のアクセス数は、ほんとこじんまりしたものです。なので見てくださっているのは私のことを気に掛けてくださっている方々です。いつもありがとうございます!!

----------------------------------

 2つめ。

 同じく6月の23日、京都新聞社主宰まちの専門家をさがせるWebガイド「マイベストプロ京都」に、年金重視「FP相談」のプロとして掲載がスタートしました。

 100名近い専門家が載っているなかでFPは3名。選んでくださった事務局さんに感謝感謝です。

 ここでの鍵になるのはコラムです。日々書いているこのブログと違って、いわゆるSEO対策と呼ばれる検索に引っかかりやすいシステムが手厚く導入されているようです。訪問くださる方々の検索キーワードを知るシステムのおかげでたくさんの興味深い情報を得ることができています。これを活かせるかどうかは自分次第です。

----------------------------------

 3つめはfacebookです。

 昨年のツイッターに続き、今年はfecebookを始めてみました。ツイッターは情報の速さや、新聞・テレビ・Webの一面には出てきにくい情報を集めるという点でとても優れていると思います。今もできるだけ欠かさずチェックしています。

 そして、facebookは知り合い(友達)の近況をつかめるということ。
 近況とは仕事の面も家庭の面も多種多様です。個人的には「グループ」という機能で専門家がやり取りできる仕組みに驚きました。その結果が、チャリティーイベント「東日本大震災復興応援チャリティーセミナー災害に備えるお金の話」だったと思っています。いい経験をさせていただきました。この大震災については、まさにその日は東京におりましたので、考えさせられることもたくさんありました。

 facebookでは、ひとくくりに「友達」となっていますが、たくさんの輪があります。
 本当に身近な友人、学生時代の友人や先輩、この仕事をしているからこそ知り合った専門家の方々、同じくこの仕事をしているからこその知り合いでありもはやお客さんとは呼べないような皆さん、そしてFPの諸先輩方。
 1つの”場”にあることがおもしろくて仕方ありません。

 直接的な業務に関わるものではありませんが、日々1人で活動していますので、コミュニケーションの基盤になってくるようなものだと感じています。

----------------------------------

 最後に講師業にかかわることを。

 2011年は初めて自主開催のセミナーを開催しました。
 「社会保障の仕組みを知って、自分に適した生命保険を考えるためのセミナー」
 自主開催って書くと響きがいいですが、世間的には金融機関等による無料セミナーの多い内容にもかかわらず、有料でありかつ大々的な広報活動は(費用的に)難しいので、ほんとこじんまりしたものです。

 それでも、有料だからこそお伝えできることがあると思って取り組んでみました。本当は個別相談を受けていただきたいんです。でも、相談はハードルが高い。だからこそまずはセミナーという第一歩もいいんじゃないかと考えました次第です。
 
 2012年も2月11日に同じ内容で開催します。
 「社会保障の仕組みを知って、自分に適した生命保険を考えるためのセミナー
 ご興味お持ちの皆さまはぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。


 講師業に関わることをもう1つ。
 とある企業内で、30分セミナーという企画をいただき対応しました。
 「女性目線で家計の見直しを!保険の見直しセミナー

 理想は1~2時間の勉強会なのかもしれません。でも参加者の層を考えると、なかなか参加が難しい。では短い時間でとなると、費用や距離の問題で講師を探しにくい。
 私はここを埋めることができたんだと思っています。事業規模が小さいので動きやすい、京都と滋賀を中心とした関西での活動に力を入れている。
 
 地域に根ざしたFPの活動の1つになっていくのではないかと感じました。

----------------------------------

 おかげさまで9月には第3子も誕生しました。
 日々活動していて感じるのは、相談くださる皆さまが子どもがいることによって信頼感・安心感というのでしょうか、共通の話題もどんどん出てきて嬉しいお話も聞けることです。がんばらねばと思う瞬間でもあります。 


 2010年4月の個人開業から1年と8ヶ月が経過しました。
 元来の出不精ですので家が大好きなこともあり、そしてWebでの情報発信で仕事をしたような勘違いをしてしまっていた時期もあり(今も時々あります)、もっともっと足を運んで直接的に会うということをたいせつにしなければと考えています。このあたりが課題です。


 というわけで、皆さま2011年もありがとうございました。
 2012年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 良いお年をお迎えくださいませ。