FC2ブログ

朝日新聞日曜朝刊「仕事力」


 朝日新聞の毎週日曜朝刊に「仕事力」というコーナーがあります。
 登場される人によってはかなりおもしろい内容です。

 3月は、意図せず時の人になってしまわれた村木厚子さん。
 まっすぐに響いてきました。

 3回目4回目の一部を引用します。

----------------------------------
「綱渡りのような子育てを通り抜け、同じ立場の部下を持つようになって私が感じるのは、「まだ自分の部署の仕事が途中なのに定時退社しては申し訳ない」とか、「自分の仕事は不十分なのではないか」といった、思い悩んでいるエネルギーは誰の役にも立たないということ(笑)。会社の役にも立たないし、同僚の役にも立たない、そして本人も疲れるだけです。おまけに子どものためにもならない。客観的に見られる立場になって、それがよく分かるようになりました。」

「組織の中にいる一人ひとりの仕事は、目に見えにくいし、形になっているかどうかも分からないものですね。(中略)求められるうちに少しずつ熟練し、自分にできることが増えて、自分が育っていく。あなたのキャリアは組織のためであり、同時にあなたのためでもあります。」
----------------------------------

 実際に経験されたからこそ意味のある言葉なんだと思います。
 前者は先日参加したセミナー「子育てと仕事を当たり前に両立できる街に」に通じます。
 
 いずれも今まさにという方々にはとてもたいせつとなる経験なのですが、いかんせんリアルに身を置く方々には届きにくく、またそのリアルの周りにいる方々には届かないような情報であり考え方であるような気がします。この内容で救われる女性や夫婦が多くあるように感じました。

 今の私は良くも悪くも自由ですが、第1子の誕生したメーカー勤務時代、前者のような思い悩むエネルギーはかなり生み出してしまっていたように思い出します。嫁は専業主婦でしたが、1人きりで子どもと向き合っている時間を考えると、また自分も子どもや家族と接していたいと考えれば考えるほど、仕事とのバランスが難しかったです。
 皆さんのまわりではいかがでしょうか??


 
 余談ですが、関西版は1週遅れなのかもしれません。
 Webでの4月1日版は既に村木さんではありませんでした…