FC2ブログ

単に投資や運用の話というわけではありません。


 9(火)午後、伏見区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 かれこれ4年ほどのお付き合いになるTさんです。
 今回はNISA(日本版ISA:少額投資非課税制度)についての解説と貯蓄・運用のバランスに関しての相談をお受けしました。

 Tさんの例というわけではありませんが、銀行口座をいくつもお持ちで、証券口座もいくつかお持ちでそれぞれに定期預金や投資信託や個別株式を保有されていても、お仕事などが多忙となって管理しきれなくなったような方々はそれなりにおられるのではないでしょうか。

 投資顧問業を営んでいないファイナンシャルプランナー(FP)は、個別の株式や投資信託や債券をお勧めすることはできません。しかし、今お持ちの資産内容を整理し、分散状況を確認したうえで、お考えをお聞かせいただき方向性を一緒に考えていくことは可能です。また、具体的な商品選定の前段階として手数料の考え方や投資先としての分散の考え方もお伝えできます。
 このことは額の大小に関わらずたいせつなことだと思います。緊急予備資金の確保や円資産(普通預金・定期預金)とのバランス、将来に向けた資産形成という面では公的年金の情報も必須です。単に投資や運用の話というわけではありません。

 ということで、Tさんにはとにかく改めて今の状況を整理していただくこととなり、そのためのチェックポイントをお伝えしました。通帳記帳やID・パスワードのことがありますので、今の状況を把握するためにはご自身で動いていただくほかありません。そのあとがFPの出番であると言えます。

 Tさん、ありがとうございました。次回もよろしくお願いします!

----------------------------------

 京都新聞社の主催しているマイベストプロ京都というサイトに登録しています。
 年金重視「FP相談」のプロ

 サイト全体では昨年から利用できたシステムがありまして、私も使ってみることにしたんです。

 無料通話でお問い合わせ(携帯・PHS可)
 0037-6060-72504
 ※IP電話、光電話からはご利用いただけません

 この電話にお掛けいただくと、私の携帯電話に転送されるシステムです。
 私への新規の問い合わせの9割はサイトのフォームか直接のメールです。
 でも、こうして無料電話があることで少しでもアクセスしていただく際のハードルが下がるならと採用してみました。

 が、、、なんとこのシステムは来月2日(2013年8月2日)をもって終了するそうです…。実運用期間1ヶ月。はてさて一度でも利用されることはあるのでしょうか…。

 というご案内でした。

----------------------------------

 10(水)午前中は事務所、午後以降は昼講座と夜講座の京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座」7回目です。