FC2ブログ

きっかけがあることでお話しいただける / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート15回目


 19(金)

 2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。通算(連続)15回目の参加です。

 今回の患者会さんの案内はこちらです。いつも案内に名前を入れてくださっていますので、がんばらねばと思います。
 前回14回目6/14の記録はこちらです。

 今回は18名の参加がありました。先月の前回に比べると、入院治療中の患者さんのほうが外来で検査に来られた方々よりも多かったです。入院中の方々でも治療のステージが異なりますので、少しつらそうな方々とそうでない方々がおられます。皆さんそれぞれに大応援です。


 今日は私から「(FP相談は)こんな相談ができるんです」と案内したことで、いくつかの質問をいただけました。こうしてきっかけがあることでお話しいただけることが私の存在意義としてたいせつなことだと思っています。

 項目としては医療費のこと、勤務先(企業内)の保障(福利厚生)のこと、生命保険のこと、住宅ローンのこと、このあたりでした。
 生命保険の件では、私のこれまでの経験で一番「ひどい」と思えるお話が出てきました。もちろんひどいのは保険会社です。しかもトップクラスに規模の大きい保険会社の話でした。個人的に感じたのは、もちろん人(保険会社の担当者)によってスキルが異なることは仕方の無いことだとは思いますし、人に依存してしまう裏技のようなことは好ましいとは思っていませんが、今回伺った内容は担当者がまともであれば回避できたのではないかと思えた点のあったことが悩ましいと感じました。金融商品としての難しさですよね…。


 現在も定期的に検査を受けておられるサバイバーさんが経験を伝えていくという立場で京都府の臨時職員になられました。
 130719_1
 これはものすごいことだと思います。ほんまに大応援です。
 とはいえ、まだ体力が完全に戻っておられない中でのラッシュ時の通勤やフルタイムでの勤務ですので、焦らずゆっくりと続けていただきたいです。


 入院中の方々は前回イラスト書きにはまっておられましたが、今度はこんな作品ができていました。
 130719_2
 切り絵です。完成度がすごいです。


 そして、今回は2回目の開催となりましたハンドマッサージ・フットマッサージの先生がお越しくださいました。
 患者さん・がん経験者の方々は手先や足先の「しびれ」に悩んでおられるケースも多いのです。たいせつな取り組みだと思います。
 130719_3
 体験として、私も今回も施術いただいてしまいました。
 しっかりと疲れている部分を指摘いただいてしまいました(苦笑)
 R先生、ありがとうございました!!


 これまでいただいた質問のいくつかについては患者会さんのメルマガでも取り上げ、ブログに転載しています。こちらのサイトでまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かのお役に立ちましたら幸いです。

 患者会代表の改發さん、ピアサポーターの古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

------------------

 朝一番は、こちらも月1回開催されている有志の勉強会(8回目)に参加しました。

 今日の話題提供担当さんは肌と糖化に関する内容をお話しくださいました。
 夏場こそ、化粧水や乳液がたいせつだそうですよ!(誰に言ってる!?

 業種・職種のまったく異なる専門家の集まりですので毎回興味深いんです。
 皆さま、ありがとうございました!

------------------

 下鴨神社では毎年恒例の「みたらし祭」が今日19(金)から22(月)まで開かれています。

 足つけ神事といいまして、冷たい湧水に足をつけることで無病息災を祈るものです。
 私も家族で毎年行ってます。オススメです。下鴨神社のfacebookページに詳しい情報が載っていました。こちらです。


 20(土)お休みをいただきます。