FC2ブログ

大人の延長線上に無い


 3(土)

 午後、右京区のHさんが事務所へお越しくださいました。
 とあるご紹介のご縁で、自動車保険のお話を。

 単に安ければいいというご希望でもなく、しっかりとしたサポートが必要というわけでもなく、そしてちょっと特殊な事情をお持ちのHさん。シンプルな提案で問題ないだろうと事前に深くまで準備できていなかった自分自身に猛反省ですm(_ _)m

 Hさん、ありがとうございました!!

------------------

 とある医師のblog記事より引用します。

 ・小児科医の先生「子どもは大人のミニチュアじゃない」
 ・同様に「高齢者も大人の(直線的な)延長線上」にはありません。

 ・「子どもは病気の出方や治り方、薬などの代謝が大人と違っており、大人の医療をそのまま応用するのではうまくいかない。」
 ・「副作用に苦しみやすい高齢者ほど、お薬がたくさん出されているのは、皮肉な話。」

 私は医療者ではありませんので、記事自体の賛否はわかりません。でも、「高齢者が大人の延長線上に無い」という考え方は私にとって新しく、響いてきました。

------------------

 夕方、次男(6歳)の通う幼稚園で「夕涼み会」というイベントがありました。

 PTAと親父の会が主催で、焼きそば・スイカ割り・花火を子どもたちに楽しんでもらうイベントです。長男が年長だった2年前は私も運営側だったので、今回は参加するだけのラクをさせてもらうほうでしたが、役の方々本当にお疲れさまでした。

 職員室の前に貼り出されていました。
 130803
 先日書きましたコラムの件、京都市の掲示物として9月上旬に各町内でも掲示されるようです。先行して、幼稚園に貼ってあったのは何だか驚きでした。(良い意味で)こういった融通って利いてるんですね。

 <参照コラム>
 2013年9月より京都市の子ども医療費支給制度が変わり、より便利に!

------------------

 4(日)出たり入ったりなのですが、午後は外出します。