専門家の集まるワンストップの窓口を京都の専門家で


 30(水)午前中、某専門家Hさんが事務所へお越しくださいました。

 専門家の集まるワンストップの窓口を京都の専門家で作りたいということで、ありがたいことにお声掛けくださいました。メンバーの中で私だけが突出して若いのが特徴かなと感じています。

 おそらくお手伝いさせていただくことになるかと思いますが、具体的にはまだまだこれからですので、このblogでいい報告ができるようにがんばりたいと思います。

 Hさん、ありがとうございました!!

------------------

 皆さま、続々と生命保険料控除のハガキがお手元に届いておられるころかと思います。
 2011年12月31日以前の旧契約と2012年1月1日以降の新契約で控除額の計算が複雑になっています。頭を悩ませておられる方もおられるのではないかと思います。

 専門家を大いに利用してもらって大丈夫なのですが、便利な世の中ですのでこういったツールもwebでは出てきます。一例です。
 【日本生命】生命保険料控除かんたんシミュレーション

 昨年は第一生命さんのサイトが使いやすいと思っていたのですが、今年アクセスしてみると閉鎖されていまして今はニッセイさんがいいかなと感じています。
 ブルーの「入力する」をクリックし、しっかりとハガキを確認しながら金額を入力してみてください。便利です。

------------------

 改めてなのですが、次の2つの記事をご案内する機会がよくあります。
 私の登場している京都リビング新聞の特集です。

 ・【2012年1月28日号】読者の体験談から考えよう 生命保険との付き合い方
 ・【2013年8月31日号】夫と妻の夏の陣 金銭感覚どう違う? 

 事務所に残っている掲載紙は在庫がほぼありませんのでサイトURLを案内することが多くなりました。ご容赦くださいませ m(_ _)m

------------------

 事務所で情報整理が中心の一日でした。

 おかげさまで夏以降(厳密には春以降)相談の依頼をたくさんいただいていまして、個別の対応はそれぞれに応じて進捗があるのですが、全体の管理がおろそかになっていましてようやく落ち着いて整理することができました。
 すでに対応の完了した相談、今まさに動いている相談、そして来年の3月末にかけて進んでくる住宅購入の相談。特に消費税導入直前の混み具合はしっかり管理しておかねばなりません。

 とはいえ、整理してみると年内は今のところ(いい意味で)余裕がありそうです。ご遠慮なくお問い合わせくださいませ、という営業・宣伝の書き込みでした^^

------------------

 31(木)終日外出の予定です。