2014年を振り返る


 2014年の実績であり、インパクトのあった出来事・取り組みのまとめです。
---------------

 まず1つめは選挙と投票にまつわる件です。

【45歳未満(44歳以下)限定企画!】2014年4月16日投開票の京都府知事選「投票済証明書」で相談料を割り引きます。
【45歳未満(44歳以下)限定企画!】衆議院議員総選挙の「投票済証明書」で相談料を割り引きます。

 私のイベントがあったことで投票が増えていたら素晴らしいことですが、現実的にはそんなことはなかなかあり得ません。正直に書きまして、この仕組みを使ってくださったのは2回で2組でして、いずれも元々相談の依頼をくださることになっていてたまたま初回相談が該当する期間だったので適用させていただくことになったというご家族でした。
 継続が何かを生み出すかもしれません。年に何度もあるものではありませんので、選挙のたびに取り組んでみたいと思います。

---------------

 そして2つめはファイナンシャルプランナー(FP)の定義とでもいうのでしょうか。次の3つのコラムが私の予想以上に反響がありました。

お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー
ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談する際に注意したいこと、確認すべきこと。
ファイナンシャルプランナー(FP)の役割とは

 もちろん「私の予想以上」というところがポイントでして、とにかく範囲は狭いと思います。でも、予想外だったんです。
 良くも悪くも金融商品の販売による手数料収入が多くのFPにとっての収益源です。収益を得ることは悪いことではありません。収益がなければ事業を継続できませんし、相談者さんをサポートし続けることができません。だからといって不要なものは不要です。無料相談はもちろん有料相談・顧問契約においても高コストな金融商品を提案されている事例も目にします。
 収益源を確認する、複数のアドバイスを比較する、もうこれしかないと思います。

---------------

 最後に、このブログの毎日更新を週7回から週6回に変更したことを挙げたいと思います。

 毎日更新が丸5年を超えたのが節目となったわけなのですが、これがまた驚くほどに気持ちに余裕ができてしまいました。もはやblog更新はハミガキと同じく日常と化していたのですが、1日あけられるというのは心の余裕が生まれた気がします。

 いや、そもそも週6日の更新も、専門的な内容ではないのでもっともっと少なくてもいいのではと言ってくださった知り合いもあるのですが、「日報」ですからこれ以上減らすことはできません。反対にこれ以上減らすと自分自身が気持ち悪くなってしまいそうです。

 ここに挙げましたこと以外では、オフィシャルサイトの「お知らせ・イベント情報」がトピックス代わりになりそうです。よろしければぜひです。

---------------

 さまざまな数字も集計できていますが、公開はせずに自分自身の糧にしたいと思います。
 例えば50や100と言う数字は、1が50個・100個あるわけです。1つひとつの積み重ねがあってはじめて数字が大きくなるわけです。それだけ依頼をくださった皆さまがあるわけです。感謝感謝です。
 
 2010年4月の個人開業から4年8ヶ月が経過しました。
 2012年2月の事務所開設から2年10ヶ月、まもなく3年です。
 これまでと同じく事務所にどっしり構えるスタイルでありたいです。


 おかげさまで、長男(9歳)は3年生でしっかりお兄ちゃんに、1年生の次男(7歳)も給食が苦手なようですが楽しそうに学校へ行っています。隊長(長女3歳)は女の子らしさ全快路線と三男のような雰囲気でそれはそれはにぎやかなわが家です。

 というわけで、皆さま2014年もありがとうございました。
 2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 良いお年をお迎えくださいませ。

---------------

 12/31(水)午後~1/3(土)お休みをいただいています。