漏れや抜けがあって当然


 28(月)と29(火)の記録です。


 月曜午前中、税理士さんと一緒に某法人さんを訪問。年初からの継続相談をお受けし、相続・贈与・事業承継と自動車保険についてアドバイスさせていただきました。

 当事者でお話しいただくことのたいせつさは何物にも代えがたいです。ただし、その場に専門家がいなければ漏れや抜けがあって当然です。当事者による話し合いに第3者である専門家が同席するためには段階が必要です。その機会が訪れるまで、地道にアドバイスを続けていく必要があります。
 ほぼ毎月の訪問により、本当に深い信頼を寄せてくださるようになったのがわかります。ありがたいことです。お役に立てるようにがんばらねばです。

 Sさん、Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 
 
-----

 税理士さんとランチを。
 150928_01
 この税理士さんからは何組もご紹介いただき、一緒に対応を進めている件がいくつもあります。私の役割は新たな価値の創造であり、グリップを強力にすることです。ご縁に感謝です。

----------

 火曜午前中、伏見区のHさんのお宅を訪問。現在加入されている生命保険に関する書類を一緒に整理させていただき、現在加入中の保障内容についてアドバイスさせていただきました。

 これまでは住宅購入に関する相談をお受けしていましたので、次の段階です。たくさんの書類をしっかりと保管されていましたので、まずは要るものと要らないものを仕分けました。「こんなことで!」と思われるかもしれませんが、知識と経験があるからこそお手伝いできる書類整理だと思います。
 もちろんこんなにも多くの書類であふれかえってしまわないシンプルな金融商品数の活用であることが望ましいことかもしれません。できるだけシンプルになるように交通整理することが私の役割ですし、私の主張はその通りなのですが、意向・希望というのはたいせつにしたいことですし、折衷案を探るのも私のもっとたいせつな役割だと思っています。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 事務所に戻る電車で偶然、土曜日のセミナーの主催者さんとお会いしました。
 たまたま座った席の真ん前におられて、まさに偶然。

 十数分でしたが、有意義な情報交換の時間となりました。
 驚きの偶然でした。
 
----------

 30(水)終日事務所の予定です。