最もたいせつな気持ちの面


 28(土)午前中、上京区のTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 生命保険に関するご相談でしたが、すでに無料の相談を3件受けておられ、結果としてよくわからないことになってしまわれたこと、いずれも最終的には(当たり前なのですが)しっかりと保険商品の提案があったので「カモになってしまっているのではないか」と疑問を持たれたことが有料相談に足を運んでくださったきっかけということでした。

 これまでの無料相談の経緯→医療保障と高額療養費・傷病手当金・団信の特約→死亡保障と遺族年金→将来資金と将来受け取る年金見込額の概算・確定拠出年金個人型→教育資金積立と保険商品といった流れの初回相談でした。

 商品ありきではない公的な保障の仕組みの解説は、これまでの3者からは耳にされていないことだったようで、とても喜んでいただけたものと思います。
 個人的には3つの異なる代理店・担当者さんの提案傾向が興味深かったです。そのうちの1人は無料セミナーの講師でお名前を見かけるFP資格保有者さんでしたので、講師を務めている人でもあれだけ保険商品に偏った提案をされていることに現実の厳しさというのでしょうか、裏を取れた気がします(すみません、他意はありません。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

----------

 午後、京都市内のAさんが事務所へお越しくださいました。

 住宅を購入される(住宅ローンを組まれる)にあたっての疑問や質問を中心に相談をお受けしました。金利種類・団信・共有名義・両親からの資金援助(贈与)など、それぞれ考え方をお伝えできたと思います。

 私がお手伝いできるのは数字の面です。最もたいせつな気持ちの面は私からの数字を基に当事者であるご夫婦でご判断いただくしかありません。でも、その判断のためにたいせつな数字の話だと思っています。

 Aさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

----------

 初めてお会いする依頼者さんの初回相談が1日で2件あったのは、ちょっと久しぶりだった気がします。最近は継続相談のご依頼もたくさんいただいていますので、ありがたい限りです。
 
 29(日)お休みをいただきました。
 30(月)終日事務所の予定です。