特集「マンガでわかる 家を買うお金入門」の雑感。


 SUUMO関西 新築マンション2017.4.18号「マンガでわかる 家を買うお金入門」という8ページの特集を読みました。

 170508_03

 特に気になった点を2つ取り上げます。

-----

 「年収で分かる!無理のない毎月のローン返済額の計算式」として、

 「年収(額面) × 25% ÷ 12カ月」 このように解説されていました。

 170508_01
 ※ クリックすると拡大します。


 よく私がお伝えする例を書いておきます。

 ・年収500万円と1000万円で同じ考え方で良いでしょうか。
 ・共働きで世帯年収1000万円あったとして、産休・育休やその後の働き方を考えた場合、年収は変わらない見込みで問題ないでしょうか。
 ・独身の年収500万円と子どものいる年収500万円の場合で、同じ考え方で良いでしょうか。

 もちろん考え出してみると答えはありませんし、正解もありません。一律にこういった指標のあるほうがわかりやすいですし、深く悩まずに進められることを望まれるケースもあるでしょう。

 でも、です。

-----

 「頭金を決める計算式」として、

 「貯蓄 - 引越し代など - 生活予備費 - 諸費用」 このように解説されていました。

 170508_02
 ※ クリックすると拡大します。


 2016年7月に取り上げた例から「引越し代など」が増えています。監修者が異なることで、変わってきているのかなと感じます。
 車の買い替えや子どもの教育資金など、想定されることがあるかどうかの確認は必須ですので、「5~10年程度以内に考えられるまとまった支出」を追加するのはいかがでしょうか。

 まとめるとこうです。
 「貯蓄 - 引越し代など - 生活予備費 - 諸費用 - 5~10年程度以内に考えられるまとまった支出」

---
 
 「資金計画概算書」に記載されている修繕積立金が最近の傾向と比べるとしっかり高めに設定されていたり(反対に修繕積立基金が少し小さめ)、極端に低い変動金利だけでなく固定金利の情報が出ていたり、繰上返済の効果を丁寧に解説されていたり、このあたりは好感が持てました。

 とはいえ「変動金利のリスクとして5年後に金利が1%上がる場合」では、変動金利が1%上がることで世の中がどんなふうに変わっていることなのかわかったうえで書いておられるようには思えなかったり、年収700万円の例なのに年収510万円以下の人が対象のすまい給付金を取り上げて「わーっいろんなおトクな制度がある!」とコメントを入れていたり、なかなか悩ましいものだと感じました次第です。


 すべての人に厳密な資産計画が必要かと聞かれれば必ずしもそうだとは思いませんが、世間やネットに飛び交う情報や不動産販売や金融機関の担当さんのトークをうのみにするだけでなく、自分自身に当てはめてみて本当にそれで間違いなさそうか考えてみるというワンステップをぜひ加えてみていただきたいです。

 手前味噌ではありますが、不動産販売および住宅ローン契約に直接的にかかわらない第三者的なアドバイスを求めてくださるのであれば、お役に立てることも多いかと思います。

 京極・出町FP相談 住宅購入資金計画相談

-----

 今回も特集の前後にあった「駅徒歩数分で探すのはもうやめよう。」という郊外型マンションの宣伝特集も興味深かったです。
 駅近物件はそろそろ飽和状態ということでしょうか。いろいろ考えさせられます。
 
 ブログ内検索にて全角で「SUUMO」と入力して検索いただくと、これまで7回ほど取り上げている記事が出てきます。何かの参考になりましたら幸いです。