矢羽根マークと自転車横断帯がない横断歩道


 京都市内では今年の夏の始めから車道に「矢羽根マーク」(下の画像参照)が増えてきています。

 新大学生の増える春に、河原町今出川や烏丸今出川の交差点では交通指導の警察官さんが「歩行者は歩道を、自転車は自転車横断帯を」と何度も何度も昨年も一昨年も案内されていましたが、このマークが導入されたことで歩道の横にあった自転車横断帯が消され、交差点によっては自転車がスピードを保ったまま歩道に入れないように柵が設置されました。

 ルールをよくわかっていなかった私は「この変更で自転車が歩道を渡るときはどうすればいいのかな」と単純に疑問でした。

-----

 交通指導の警察官さんからチラシを受け取りました。

 170816_01 170816_03
 両面印刷です。画像をクリックすると拡大します。

 驚いたのは左のページ。拡大します。

 170816_04

 「自転車横断帯がない横断歩道」は、歩行者の安全のため「自転車から降りて、自転車を押して横断しましょう」とあります。
 原則は横断歩道ではなく車道です。矢羽根マークを通るということは、当然ながら信号でも車(二輪)と同じ場所で停止するってことです。

 これはほとんどの人が知らないのではないでしょうか。歩道で自転車を降りて押してる人なんて見ることはありません。


 改めて左ページを確認すると、結局はこれまで通り「例外」で変わりがなさそうです。

 ・運転者が13歳未満
 ・車道を安全に走行できないやむを得ない事情
  ただし、歩行者優先で歩道の車道よりを徐行

 なので、この矢羽根マークの効用は自転車の逆走防止のように感じてしまった私ですが皆さまいかがでしょうか。逆走の自転車もめちゃめちゃ多いですし、ほんまに危ないですものね。

-----

 突然ですが以上です。

 <参照コラム>
 ・京都市では平成30年4月1日から自転車に乗る場合、保険の加入が必要です。

 <参照web>
 ・「京都市自転車走行環境整備ガイドライン」の策定について