第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年8月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年8月末時点のものです。

 2017年7月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年7月末時点>

-----

 まず企業型。

 2017年7月末時点で約632.9万人です。
 元共済年金の方々を除いた厚生年金の被保険者は約3686万人です。企業型の確定拠出年金(DC)の加入者は17.2%ということです。約6人に1人です。個人型よりも圧倒的に加入者が多いです。10倍です。

 企業型DCの新規加入者81075名とありますが純増は約4.9万人です。
 差の約3.2万人は中途退職でしょうか。

 4月でもないのに新規加入者が8万人強というのも印象的です。
 どこか大手企業で新規に導入されたのかもしれません。


 次に個人型。

 2017年8月末時点で約62.0万人。60万人に到達です。
 2017年7月末と比べて、1ヶ月で約3.7万人増えています。

 今回は6.4%増です。
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 数のピークは2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人がピークでした。


 新規加入者3.7万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3545人  3.6%増
 ・第2号被保険者(会社員) 22885人 6.0%増
 ・第2号被保険者(公務員) 9886人 10.7%増
 ・第3号被保険者      1182人 9.7%増

 公務員さんの人数は2月の約2.3万人、3月の約2.0万人、4月の約1.7万人に続いての増え方です。改めて何か案内等が入ったのでしょうか。

-----
 
 公的年金の被保険者の数はこちらです。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約633万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3053万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


 新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.021%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.075%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.223%
 ・第3号被保険者      0.013%

 数でいえば会社員ですが、率は公務員さんが圧倒的です。
 これは覆ることがなさそうです。


 iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.602%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.324%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.308%
 ・第3号被保険者      0.146%

 割合を人数にならしてみると会社員は76人に1人、公務員さんは43人に1人です。


 改めましてiDeCo加入者の総数、約62.0万人の内訳です。

 ・第1号被保険者      100334人
 ・第2号被保険者(会社員) 404355人
 ・第2号被保険者(公務員) 102266人
 ・第3号被保険者      13384人
 
 第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました。
 何だか嬉しい同時の大台越えです。

 そして、被保険者数は約6121万人(2016年3月末)ですので、全体でついに1%を超えました!


 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして取り上げていますが、今月までの第5シーズン(2017年8~10月)は公的年金です。

 11月からの第6シーズンに再度iDeCoセミナーを開催することにしました。2017年11月~2018年1月です。申込みサイトもオープンしました。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報

<過去参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!