「今」を詳細に綿密に正しく把握する必要がある


 先週後半以降の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 大阪のNさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 物件探しの状況をお伺いし、生命保険の新規加入について最終的なプランを一緒に確認しました。
 生命保険は非常にシンプルです。これからの新居の購入検討に向けて、いかようにでも動きの取れる内容だと思います。
 住宅の件は気を長く、じっくり進めるしかありません。私のお手伝いする場面は適宜現れてくるものと思います。

 Nさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 長岡京市のMさんが事務所へお越しくださいました。

 相続の準備が最終的なゴールなのですが、そのためには「今」を詳細に綿密に正しく把握する必要があります。

 その把握にも将来の準備に向けて気持ちの部分も関係してきますので、ここまで半年以上かけてじっくりと進めてきました。
 今回で資産整理の見通しがつきましたので、次の段階として税理士さんと司法書士さんにも入ってもらって相続税の試算や遺言準備へ進みます。着実に進めていきます。

 相続は資産家の方々だけの問題ではありません。準備って大事です(不安をあおりたいわけではありません。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 右京区のTさんのお宅を訪問。

 ものすごく表現を選ぶことになるのですが、お見舞いではなく近況伺いです。時折、笑顔は見せてくださいますが、身体を動かすことはできません。私よりも若いです。
 まもなく丸7年のお付き合いです。今の状況となられてまもなく5年です。超専門家さんと一緒に、長くお手伝いをがんばっていきます。

 関係者の皆さま、引き続きよろしくお願いいたします。
 Tさん、諸々の事情により、なかなか伺えず失礼しました。久しぶりにお会いできてよかったです!

-----

 12(木)出たり入ったりの1日です。夜は某所で相続セミナーの講師を務めます。
 13(金)午前中は滋賀リビング新聞カルチャークラブ「FP3級資格取得講座」の11回目です。