不動産もできるだけ身近に感じてもらいやすい例を / 2018年5月検定向けFP3級資格取得講座<第11回目>


 13(金)、滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第11回目の講師を務めました。

 今回で13シーズン目(計21回目)、金曜午前10時20分~12時20分の115分(休憩5分)の講座で、5月上旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第11回目の項目>
 タックス(所得税)③
 ・源泉徴収票と所得税の計算
 ・税額控除
 ・確定申告と青色申告
 ・<参考>住民税・消費税・マイナンバー
 不動産①
 ・不動産の基礎用語と登記
 ・土地の価格(公示・基準地標準・路線価・固定資産税評価額)
 ・取引・媒介契約・手付金・報酬の限度額


 所得税は最後に住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)と青色申告のポイントを押さえます。
 実務で考えればそれぞれについて詳細な項目がたくさんありますが(繰り返しになりますけれど)3級では仕組みの存在と概要を知っておくことがたいせつです。


 5つめの課目「不動産」に突入です。この課目は特に興味の差が大きいように毎回思います。身近にあるかそうでないかなのでしょう。
 私の講座での到達目標は「不動産広告にある小さな字の説明書きを読んでみようと思えること」です。不動産に限らずできるだけ身近に感じてもらいやすい例を盛り込みながら進めています。

 不動産取引の目安の1つ公示価格の最新情報(3月下旬発表)でいえば、滋賀や京都で具体的な場所を挙げ商業地と住宅地の違いや価格の推移をお話ししています。

 最も身近に存在する自分自身や家族の情報を調べてみるというのは何においても幅広い理解への最短距離です。例えば固定資産税評価額は最も身近に存在する自分自身や家族の情報を調べてみるというのが何においても重要です。


 <参照ブログカテゴリ> 住宅購入・不動産

 皆さま、お疲れさまでした!残るはあと3回です!

-----

 14(土)お休みをいただきます。
 15(日)終日事務所の予定です。