約4年ぶりの関東出張


 1泊2日で関東へ出張してきました。約4年ぶりの関東出張でした。


 1組目、Yさんのお宅を訪問。

 早いものでお付き合いがまもなく8年になるご家族です。

 医療保障、確定拠出年金、教育資金、住宅ローン、自動車保険、幅広くお話ししてきました。距離の問題や依頼の内容がありますので、常に端々まで一度にお話を伺う機会がないわけです。その都度、疑問に感じられたことを1つひとつ解決していく部分最適と、全体最適はバランスが大事です。

 久々にお会いできて良かったです。大方針を定めることができましたので、部分最適も進めやすくなりました。

 Yさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 2組目、Iさんのお宅を訪問。

 いわゆる相続に関するお話を。ご家族からの依頼でIさんとは初めてお話しさせていただきまして、相続の仕組みなどよりも私に興味を持ってくださってその話の時間が大半になってしまいましたが、ご家族には仕組みの話ができていますしIさんとはこれから大事な場面でのやり取りが重要になるわけですからこうしてコミュニケーションの取れたことが重要だったと言えそうです。京都と関東、遠いですものね…

 Iさん、ご家族の皆さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 相談対応は今回2組でした。他に4件、情報交換してきました。
 書ける内容と書けない内容が混在しすぎていて書けませんすみません。

 幅広い分野の執筆と講演が中心の専門家さん、1つの分野に特化した執筆・講演・相談を受けておられる専門家さん、今は諸々の事情で専門分野をお休みされている専門家さん、国の中枢におられる人、とにかく改めて強く感じたのは人それぞれ役割があるってことです。


 基本的に京都で事務所にこもって相談をお受けしている私です。金融関係やファイナンシャルプランナー(FP)関係のつながりは多くありませんので、どちらかといえば他の士業の方々とのコミュニケーションを大事にする日々です。金融やFPの最新情報は正直に言ってネットで得られます。(もちろん取捨選択や元データを確認するには一定のレベルが必要だと自負しています)

 でも、裏事情とか実際に動いている人の生の声は当事者の方々から聞かないと得られないわけです。これって京都にいては難しい。たまには関東へ足を運ばねばと思ったのはもちろんなのですが、でもそれらの情報って私に相談を依頼してくださる方々には必要性の高いものではありません。私自身の根底や奥深さにつながるものなのかどうかもわかりません。


 できることできないこと・やりたいことやりやくないこと・誰のためか何のためか何に向かうのか。私は相談を1つずつ1件ずつお役に立てるようがんばります。地道に前に進みます。

 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 今回お時間を確保くださった4組の皆さま、本当にありがとうございました!!