FC2ブログ

キャッシュフロー(CF)表に思うこと。


 キャッシュフロー(CF)表というツールがあります。

 収入と支出の見通しを立てることで、収支の見通し、貯蓄残高の推移を知ることができます。
 将来資金、いわゆるリタイア後資金の計画を立てたり、私の相談対応で言えば家の購入を検討されている相談者さんが作成を依頼してくださることが多いです。

-----

 こんな記事がありましたので、私のツイートで紹介します。


 サンプルとしてきれいな表が出ています。一目瞭然でインパクトも大きいです。

 ファイナンシャルプランナー(FP)向けに専用のソフトなども販売されています。私は自作のexcelなので、ここまできれいな見た目にはなりません。
 でも、大事なのは見た目ではなく数字です。いくらソフトが優秀でも、反映するデータが相談者さんの実態に合っていなければ意味がありません。


 例えば、生活費。いくら優秀な(?)FPであっても、相談者さんが実際に毎月どれだけのお金を使って生活しているか何の情報もなしに推測できるわけがありません。相談者さんにまとめてきてもらうしかありません。
 そのまとめてきてもらった数字がどこまで正しいものなのか。私の場合は、逆算で突き詰めます。明らかな数字を基に不確かな数字に根拠をつけていきます。ここが腕の見せ所です。

 例えば、将来受け取る公的年金。ねんきん定期便、これからの働き方、夫婦の場合のプラスアルファや遺族年金。公的年金に詳しいFPは多くない実感があります(すみません、根拠はありません)。今の年収という情報だけで、これまでもこれからも確認・試算しないまま将来の受取額をざっくり決めてしまうのは乱暴です。

 例えば、貯蓄残高。預貯金の残高だけが貯蓄残高ではありません。実はお金の貯まっているもの(商品・契約)が他にもあったりします。漏れなくピックアップしていかねばなりません。関連するツイートはこちらです。


 相談対応でバランスシート(家計の資産表)を作ると、口座の残高しか気にしておられないケースがほとんどで、思ったより貯まってたってことはよくありますです(ありますです。

 家計のバランスシートを考えるうえでお勧めは竹川美奈子さんのこちらの本です。
 ”あなたのお金を「見える化」しなさい~ビジネスパーソンのための新お金管理術~”読みました。
 ただ、約7年前の本なのでバランスシート以外の情報は今に合ってない可能性が…とツイートしましたら、返信もいただきました。


 竹川美奈子さんのたくさんの著書の中で、私のランキング1位はこの本なんです。新版、いつの日か実現されることを心より願っています。

-----

 話を戻します。

 FP3級や2級でもCF表は学びます。AFP取得にはCF表を作ってみる提出課題があります。
 でも、実際に正確性の高いCF表を作ることの難易度は相当に高いです。

 ここでいう正確性とは、作成したCF表の通りの将来という意味ではありません。実際に今もしくは直近で生活してきたことを正確に反映したことを始まりとしたCF表なのかという意味合いです。


 将来のことはわかりません。今がわからないのに将来のことなんてもっとわかりません。反対にいえば、今を明らかにしなければ将来が明らかになることなんてありません。今を明らかにしないままでも、将来が明らかになっていて結果として正確性があったとしてもそれは単に偶然です。偶然は当然に起こりますが、あくまでも偶然です。多くの人に当てはまるものではありません。

 これはCF表だけに限りません。相続も生命保険も資産運用も、まずは今、現状を知り、把握することでしか将来のことを考えるなんてできないです。
 だから大変なんです。今を正確に明らかにするのはとても手間がかかります。

 こんな私ですが、できる限りのお手伝いをしていきますので、お役に立てる機会がありましたら幸いです。