FC2ブログ

これまでの書類をすべてお持ちいただき一緒に整理


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 京都市内在住のMさんが事務所へお越しくださいました。

 生命保険の見直し手続きが完了され、これまでの書類をすべてお持ちいただき一緒に整理を進めました。
 ご結婚やお引っ越し、生命保険や損害保険の相談でこれまでに3つの来店型保険ショップへ足を運んでこられたMさんご夫妻。最後に有料相談の私に行き着いてくださったという経緯です。

 3つの店舗のしっかりしたファイルを生命保険・損害保険・証券・その他、それぞれをまとめてファイリングできました。今回の対応で新たに届く保険証券や今後毎年届く契約内容のお知らせなども管理方法をお伝えし、すっきり喜んでいただけました。このファイルを見ればOK、この棚を見ればOKなど決め事も大事です。

 あとはつみたてNISA(少額投資非課税制度)で実際に積立購入が完了するのを見届けるのみです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 上京区のTさんが事務所へお越しくださいました。

 ご結婚とお子さんの誕生により、職場の同僚さんからの紹介で某生命保険会社の担当さんから提案を受けられたところ、その毎月の負担額(保険料)に驚かれ、以前から気にしてくださっていた私にその提案内容の妥当性を聞きたくお越しくださったという経緯です。
 これまでの対応で担当さんの提案と比べると月あたりで5分の1ほどのシンプルなプランで決着し、iDeCo(個人型確定拠出年金)を始められることになったり、直近で自由に使える手元資金の充実にも注力するという方向性で落ち着きました。

 いつも書きますけれど、個人的には月額保険料の大きな生命保険の活用が悪だとは思っていません。家計管理を意識せず結果として普通預金口座だけに残るお金だけが貯蓄で、残らなければ貯蓄ゼロというような最悪のケースに比べれば、途中で解約することもなく数十年もの長期にわたって支払いを継続できるとそれは何もしていなかったよりも良かったということになるからです。
 金融商品を最大限に活用するアドバイスは黙っていても(見込み客には)近づいてきてくれるケースがあります。さまざまな選択肢は自らアンテナを立てなければ得られません。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 今日で2019年の2月も終わり、3月に突入です。

 例年のことなのですが、毎年2月は相談件数が1年を通じて最も多いんです。
 そしてこれも毎年なのですが、3月は落ち着き、4月は1年で最も低調の傾向です。

 私は税理士ではありませんので相談内容的に確定申告が関係するようなこともありません。年明け1月に考えてみようと思われた方々が2月にお越しくださるというイメージなのかなとも思いますけれど、今年で言えば継続対応が活発に動いていた感もありますので本当によくわかりません。

 とにかく3月は今のところ余裕があります。ただし、土日祝は埋まりやすいです。
 お役に立てる機会がありましたら幸いです。


 28(木)個別相談1件と打ち合わせ1件です。