FC2ブログ

今を明らかにすることを省略して将来が明らかになるわけがない


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 右京区のHさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 家計で大きな割合を占める積立型の保険を整理したいというご要望です。生命保障と遺族年金・団体信用生命保険・児童扶養手当→医療・がん保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金・所得補償保険→シンプルな家計管理と家計の資産表・収支表といった流れの初回相談となりました。

 何にお金をかけたいのか、どこで資金を積み上げていくのか。人それぞれですし、正解はありません。優先順位を考える際に、第三者である専門家を介することで客観的な判断につながるケースもあるでしょうし、1人で考えたいというケースもあります。どんな方法が合っているのかは、選択肢としてさまざまに知ってもらわないと体験してもらないとわからないというのが実際のところだと思います。

 結果として積立型の保険をこれまで続けてこられたことで今の選択肢が増えているのであれば、やはり積立型の保険が原因だったと思いにくいですし、思わなくても良いと感じる次第です。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 左京区のRさんが事務所へお越しくださいました。

 ご家庭の状況・保有資産の配分・これまでの経験を通じた資産への視点、正直に言いまして私も初めてのかなりレアケースなご相談でした。

 とはいえ、主たる質問は強い営業を受けておられることでしたので、その商品単独で考えるのではなく他の資産や負債の状況から複合的な視点は知っていただくことができ、最終判断にはどういった情報が必要なのかはっきりさせることができました。

 その他にも「なんとなく」で進めてこられていたことも、とにかく正確に把握することが検討の第一歩になることも理解いただけました。「今を明らかにすることを省略して将来が明らかになるわけがない」というのが私の持論とも言えます。

 Rさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 先月、事務所の湯飲みを新調(追加)しました。

 190411_01

 店で見ているときは湯飲みに見えました。
 今までの湯飲みと並べてみると、ぐい呑みのような…
 事務所にお酒は置いていませんのであしからず…(笑)


 11(木)個別相談1件と打ち合わせ1件です。