FC2ブログ

確認しながら慎重に進める


 今週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 上京区のTさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅購入に関する資金計画相談をお受けしています。物件の検討状況をお伺いし、住宅ローンと住宅ローン控除・借入額・住宅取得資金贈与などについてお話させていただきました。

 今年は制度の端境期です。10月に消費税が8%から10%へ上がる(予定)ということで、さまざまな制度を利用する場合には注意点がいくつもあると感じます。そして、こんな端境期は私にとっても初めての経験です。たくさんの関係者や役所や専門家などにも確認しながら慎重に進める必要があります。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 北区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 フリーペーパー掲載の無料のマネーセミナーを受講され、そのセミナーとセットになっていた無料FP相談を受けられ、その提案内容についてよくわからなくなったのでアドバイスを欲しいと有料相談を探されてご依頼くださった経緯です。
 Sさんが受講されたセミナーにはそれなりの受講者数がおられたようで、毎週のようにフリーペーパーに掲載のあるセミナーをたくさんの方々が受講されているのだろうと推察します。

 時々書いていることですが、無料セミナーや無料相談がダメだとかやめましょうとか言うつもりは一切ありません。大事な選択肢だと思っています。
 ただ、私が感じるのは無料セミナーや無料相談ではすべての解決を金融商品で考えておられるのだなと感じる点で「金融商品を最大限に活用する」スタンスに見えます。もちろんすべてがそうではないのでしょうけれど、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)の解説があってもデメリットを大きく強調されるケースもあるようで、外貨建ての生命保険商品や販売手数料・信託報酬の高い投資信託の組み合わせでの提案割合が多いのかなと感じます。

 私のスタンスは「金融商品の活用は必要最小限に」です。社会の仕組みを知り、資産の全体を把握し、金融商品に頼りすぎない偏りすぎないことも選択肢として知ってもらいたいと思っています。
 
 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 まもなく梅雨入りですね。おだやかな春がもう少し長かったら嬉しいのになーと勝手なことを思ったりしています。

 8(土)午後は事務所ミニセミナー第11シーズンの最終回「リタイアまでにいくら準備すればいい?ねんきん定期便の読み方を知って将来資金を考えるセミナー」です。