FC2ブログ

感染症による今後の相談対応について


 この記事は2020年2月29日(土)に書いています。

 京極・出町FP相談の主たる業務である相談をお受けすることにつきましては、不特定多数や多くの人が集まる場ではありませんのでこれまでと変わらずお受けします。


 相談前後にテーブルなどをウェットティッシュ(除菌・アルコールタイプ)で拭くのは今回の件に関わらず事務所開設当時より実施しています。

 相談をお受けする際にマスクをつけてくださるのは何も問題ありません。ご遠慮なくつけてください。

 基本的に私はマスクをつけません。ただ、鼻炎(アレルギー・花粉症)によりまれにくしゃみと(鼻水がのどに下りてくることから)咳が出てしまうことがあり、相談中の場合はハンドタオルで押さえています。
 気になられるようであれば、マスクをつけての相談対応も可能です。ご希望はご遠慮なくお申し付けください。

<追記>
 3月中旬以降、状況が変わってきています。こちらも原則的にマスクを着用します。また、事務所へお越しくださって最初に手洗いを実施いただきます。
 30分に1回程度、空気を入れ替えます。換気扇は常に回していますので、風が通って肌寒いと感じられることもあるかもしれません。

-----

 【緊急情報】新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための市立学校園の休校措置について 京都市教育委員会

 京都市立の小学校・中学校で2/28(金)に配付されました案内です。
 200229_01
 ※ クリックすると拡大します。

 3/5(木)から実質的に春休みへ突入です。期間としては夏休みと同じで約1ヶ月です。
 詳細は3/2(月)に再度案内があると書かれていますが、リンク先の「休校期間は,今後の状況により,短縮する場合もあります」ということです。

-----

 暖冬や手洗い・うがいなどによって例年とは違いインフルエンザの猛威も抑えられている現状、全国の学校で休校が必要であるほどのことではないように思いますが、新聞・テレビをはじめとした報道がここまであおり尽くしたことで結果として「政治的判断」となったのだと感じています。
 もちろん今回のことがきっかけで、働き方にも良い影響があって一気に収束できればなお良いことであるのは間違いないでしょう。遠い将来においてはさらなる別の感染症などの発生も可能性はゼロではないと思いますので、壮大な社会実験というとらえ方ができるのかもしれません。

 個人的には速報に対して条件反射的に専門でない人たちが批判を気軽に書き込むのは見ていてつらくなりますが、反対に言えば誰でも気軽に批判を書き込める健全な社会であることの表れで、平和の証であるとも感じます。


 基礎疾患をお持ちであったり高齢者の方々は十分に気を付ける必要があるのは間違いありませんが、新型とはいえ死亡数の多くなっていない感染症よりも、一般の肺炎や慢性疾患、交通事故などのほうが死亡数は圧倒的に多いわけですし、あおられすぎによる景気悪化が原因で自殺者などが増えてしまわないことを願うばかりです。

 新型ウイルス 売り上げ急減した中小企業の全額保証実施へ NHK
 こういった施策がこれからも出てくることでしょう。私を含む普通の人たちは過度に自粛することなく普通に生活することが大事です。もちろん人の集まる場所には出かけられませんから、結果として自粛になってしまうのは致し方ありませんが「過度な自粛」は意識的に避けたいものですし、根拠の不明なデマに惑わされない姿勢も持ちたいものです。

<追記>
 首相官邸 ご利用くださいお役立ち情報
 こちらのサイトに情報がまとめっていて良いと思います。ご参照ください。