FC2ブログ

おにごっこ・バスケ1と2


 親バカシリーズ(?)、最終学年の次男編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 おにごっこ

 3学期前半のとある日、次男(6年生)の担任の先生が諸般の事情で午後不在の際、教務主任の先生が余った時間運動場で遊ぼうということで、なぜかおにごっこが始まったそうです。

 次男「鉄棒で懸垂しててん」
 妻 「おにごっこちゃうやん」
 私 「誰もつかまえられへんから
    最初から追いかけてもこーへんのか…」
 次男「そやねん、めっちゃ懸垂しててん」

 妻 「一匹狼やなー
    ほんま誰に似たんや…」(ちらっと私を見る
 私 「やるなー」(話をそらそうとがんばる

 次男「一匹狼ちゃうで!
    一匹わんこ!」
 私 「…やるなー」

 超ニコニコで「わんこ!」と言い放った後、次男はリビングから去っていきました。
 俊足次男、最高です。
 あー、かわい^^

 ※ お年頃な次男ですので、この記事は大丈夫なのか心配になります…
 ※ 隊長(長女2年生)が「わんこちゃう。そんなかわいない」と冷静におっしゃっておられました。
 ※ 隊長だけでなく次男も長男(中学2年生)もまだまだほんまかわいいです。
 ※ 懸垂は23回したそうです。ほんまかいな。

-----

 バスケ【1】

 次男の3学期前半の体育はバスケットボール。
 めちゃめちゃ楽しかったようで、シュートを打ちまくって決めまくっていたそうです。

 身長もクラス(学年)で3番目の高さになった次男。
 圧倒的身体能力で幅跳びも高跳びもクラスで1番の次男。

 小学校体育館の低いリングとはいえ、授業の終盤ではなんとワンハンドダンクまでできるようになったと、めちゃめちゃ嬉しそうに話してくれました。

 いやー次男よ、あなたは最高だ。
 あー、かわい^^

 ※ 数年前に大人買いしたスラムダンク全巻を何度も読んでいた次男です。
 ※ この身体能力はすべて妻のおかげです。私は短距離走だけでなくバネもだめでした。
 ※ にもかかわらず次男は中学になったら帰宅部希望だそうです(苦笑)
 ※ 私に似た長男ほんまごめん。

-----

 バスケ【2】

 次男の3学期の体育はバスケでした。
 最後のバスケの日の前夜の会話。

 次男「あしたが人生最後のバスケの日やで」
 私 「おおげさやな」
 妻 「誰に似たんや」

 私 「よし、策を授ける」
 次男「??」

 私 「最初は一人でシュートを打ちまくる」
 次男「えっ?」

 私 「シュートばっかりしてくるなと相手が思い始めたら
    そこからは味方にパスを出しまくる」
 次男「えっ?」

 私 「ほら、流川さんもパスの選択肢を
    相手にイメージさせたやろ?」
 次男「そやな」

 私 「パスやと思わせたら
    終盤にまたシュートに切り替える」
 次男「わはは」

 私 「これでみんなが”すげぇ”ってなる」
 次男「なる」

 私 「パスのときはしっかり桜木花道みたいに
    スクリーンアウトや」
 次男「そんなんせんでもリバウンド取れる」
 私 「やるなー」

 次男、最高です。
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ 数年前に大人買いしたスラムダンク全巻を何度も読んでいた次男です。
 ※ この作戦は次男の身体能力があるからこそです。私にはこんなの1ミリも実現可能性がありません。
 ※ 実際には他の授業の関係でバスケ時間が短くなり、この作戦は実行できなかったようです。
 ※ 進学する地元の公立中学には男子バスケ部はありません。あったとしても帰宅部を宣言している次男です。

-----

 20(金・祝)個別相談2件お受けします。
 21(土)個別相談2件お受けします。