FC2ブログ

「はじめての相続 ~たいせつな基礎知識~」「無料相談との違いを比較しよう!生命保険の有料セミナー」開催報告


 14(木)自主開催セミナー2本を開催しました。
 140814_1
 企画・会場設営・運営・講師・撮影をすべて一人で務めていますので、講座中の写真はありません。すべて準備が整った段階での撮影です。


 おかげさまで2本とも若干名のご参加があり、受講くださった皆さまは質疑応答も含めて少人数ならではの講師との近さを堪能いただけたのではないかと思います。

---------------

<10:00~12:00>はじめての相続 ~たいせつな基礎知識~
 140814_2
 内容は6月に京都リビング新聞社で開催した講座とほぼ同じです。取り上げているデータを最新版に差し替えています。
 配付資料のページタイトルも大公開です。 / 「はじめて学ぶ相続の知識」の講師を務めました。

 相続に関して一般的に開催されているセミナーとしては、銀行やハウスメーカーが主催のものがほとんどではないでしょうか。まれに税理士法人が自主開催されていたりもしますでしょうか。いずれも節税対策などに主眼をおいた、いわゆる富裕層・高所得者を対象にしているセミナーかと思います。
 私のセミナーは富裕層の方々が聞いてくださっても新たな発見はいくつも得ていただける構成にしていますが、中低所得者層を意識した基礎知識を知っていただける内容です。自分で書くのも何なのですが珍しいと思います。

 相続税の(基礎控除の)仕組みが変わる2015年1月1日まで5ヶ月を切りました。これから年末にかけてメディアを中心に情報発信は増えていくのでしょうか。もう出尽くしたのでしょうか。このあたりは何ともわかりませんが、もう1回くらい私も講座を開けないかなと検討しています。
 
---------------

<13:30~15:30>無料相談との違いを比較しよう!生命保険の有料セミナー
 140814_4
 内容は2012年11月の自主開催セミナーとほぼ同じなのですが、新しく加わった資料の関係で差し変わったものもありますので再構成にはかなり時間を使いました。資料の項目だけ書き出しておきます。 

-----

・ファイナンシャルプランナー(FP)とは
・何のための生命保険か ~ 人生は長い ~

■保険の役割を整理する
・保険の目的は? 何に備える?
・生命保険って本当に必要でしょうか。
・払込総額を知る ~毎月の負担が大きくなければ問題なし?~
・社会保障と企業保障の考え方をつかむ!

■生命保障を知る
・公的年金の保障を知る
・【夫】が死亡したときに ~遺族年金~
・【妻】が死亡したときに ~遺族年金~
・死亡したときに ~遺族年金~
・遺族厚生年金の簡易計算法
・教育費の平均【目安】を知る
・いわゆる「お葬式代」は誰のため?
・生命保障のまとめ

■医療保障を知る
・1ヶ月の医療費が大きくなってしまったときに ~高額療養費~
・病気やケガで働くことができない状態のときに ~傷病手当金~
・いくら払うことになるのでしょうか? ~終身型の医療(入院)保険商品~
・現役世代における金銭的リスクの大きさを改めて考える
・医療保障のまとめ

■具体的な商品選びのポイント
・自分で備えるべき保障を考える!  ~足りないことは何なのか~
・その保障、必要でしょうか?  ~セット商品~
・その保障、知らないことが多くないですか?  ~がん保険~
・メリットとデメリットを知る!  ~共済商品~
・将来に備えることができていますか?  ~個人年金保険~
・今を知る。
・保険相談で確認したい4つのポイント
・<参考>お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー
・<参考>相談するなら、どんな人に??
・セミナー参加者特典のご案内

-----

 有料セミナーに参加くださる方々ですので比較的意識が高く、今回の参加者の方々の多くは金融機関開催や各情報紙に掲載されている無料セミナーにも足を運ばれた経験をお持ちでした。

 無料相談や無料セミナーに対する考え方についての質問もいくつかいただきましたが、このあたりで私に思うところははコラムにもまとめていますので参考になりましたら幸いです。
 ・お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー
 ・生命保険の有料相談と無料相談

---------------

 決して多くはありませんが、こうして有料セミナーへのニーズがあることはわかっています。問題は集客です。私はblog・コラムサイト・ツイッター・facebook、そして関係者の方々への直接メールだけでの案内です。費用をかけて広告を出すことも簡単ではありますが、その費用をどのように回収するのかは難しい問題です。地道に継続して取り組んでいければと思っています。
 140814_3
 ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!!


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)