人生の三大支出?三大資金?


 人生の三大支出や人生の三大資金という言葉を耳にされたことはありますでしょうか。

 ご存じの方はマネー関連の講座やセミナーを受講されたことがあるか、その関連の情報にアンテナが高い人、もしくは金融商品の提案をしっかりと受けたことのある人ではないかと思います。


 人生の三大支出とは、住宅ローン・教育費・保険
 人生の三大資金とは、住宅資金・教育資金・老後資金

 このように言われます。
 ただし、発信する人の立場によって使い分けされていると思います。

 人生の三大支出と発信する人は、保険商品を扱う人。
 人生の三大資金と発信する人は、運用商品を扱う人。
 
 この傾向が強いように感じます。
 個人的には「人生の四大費用」でいいんじゃないのかなと感じるときがあります。
 4つより3つのほうが見栄えはよさそうですね。
 
 
 この考え方は、人生において大きなお金がかかるのでしっかりと計画して考えましょうということなのですが、なぜに食費や光熱費や通信費は入らないんでしょう。これらも積み重ねればとんでもない額ですよね。

 毎月あたり前にかかる生活費は異なる存在なのでしょうか。
 その意味では住宅だって老後の資金だって、毎月あたり前にかかる生活費と同じですよね。

 残る2つは教育費と保険。教育費をどれだけかけるのか、どんな保険に入るのか、この2つだけが人によって大きく違うのでしょうか。
 住宅だって人によってお金の掛け方は違うし、老後だって同じですね。そんなことを言えば、食費だって光熱費だって通信費だって同じ。


 というわけで、メディアで発信される情報だけでなく、人から発信されている情報には常にポジショントークがあると思っておくことがたいせつですよね、ということかなと思います。

 もちろん私が書いているこの内容だってポジショントークです。各費用項目それぞれにとらわれることなく、全体から改善項目を見つけていきたいというのが私の発信したいことです。
 確かにきっかけは保険や年金や住宅購入かもしれません。でも、それぞれ単一の対応では足らずのケースもあると知っていただきたいです。金融商品の活用はたいせつです。金融商品と関わらずに生きていくことは現代社会において難しいことだと思います。でも、その活用は最低限がいいと私は考えます。


<過去参照コラム>
家計簿診断に納得できない!?<その1>
家計簿が苦手な人へ。毎月の収支をシンプルにまとめる家計の収支表をお勧めします。
ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できること。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)