いわゆる通訳


 3(金)午後、左京区のTさんと一緒に某金融機関さんへ行ってきました。

 もう少し時間がかかるかなと、Tさんご夫妻も私も予想していた物件選びがここにきて急展開となり、これまでお付き合いの深かった某金融機関さんで住宅ローンの説明を受けられることになりまして、私へ同行の依頼がありました経緯です。

 急ぎを強く配慮くださる担当さんはやはり一足飛びかつ専門用語を使ってしまわれる傾向にありますので、ここでも私の役割はいわゆる通訳です。専門用語が突然に出てくるわけですが、事前に私から説明していましたのですんなり進んだと思います。
 今回のケースで言えば、まずは建物の全貌が決まらないと何も進みません。金融機関さんの立場的にはどうしても審査の申込みなどの手続き優先でお話しくださいますが、希望の土地と建物があってこそですから、対応を進める優先順位の交通整理も私の役割です。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

---------------

 夕方、敏腕営業マンIさんが事務所へお越しくださり、確定拠出年金個人型についての相談をお受けしました。

 血と汗と涙の積み重ねで(いいすぎ!?)、収入(所得)を増やしてこられたIさんです。節税というとおおげさですが、税理士ではなくともファイナンシャルプランナー(FP)の視点でお伝えできることも実はいくつもあるんです。
 年初にお会いしました際に前振りをお伝えしていまして、具体的に進めてみようと思われるための情報整理を今回進めることができましたので、いよいよ本決定です。具体的な手続きを進めるうえでのサポートをあと一度お手伝いさせていただくことになりそうです。

 Iさんとのお付き合いも早いもので、5年半を超えました。振り返ってみると、Iさんとの出会いは私が京都リビング新聞社カルチャー倶楽部で初めて講師を務めた口座である「ねんきん活用法講座」。ようこそお越しくださいました!というご縁です。

 Iさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

---------------

 4(土)・5(日)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)