2015年6月1日からの自転車運転者講習


 2015年6月1日から自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと、自転車運転者講習を受けることになります。
 150506_01 150506_02
 というチラシを見ましたので取り上げてみたいと思います。

 PDFファイルはこちら → 自転車運転者講習 - 警察庁
-----

 次の14項目が危険行為とされています。

01. 信号無視
02. 遮断踏切立入り
03. 指定場所一時不停止等
04. 歩道通行時の通行方法違反
05. 制御装置(ブレーキ)不良自転車運転
06. 酒酔い運転
07. 通行禁止違反
08. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
09. 通行区分違反
10. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
11. 交差点安全進行義務違反等
12. 交差点優先車妨害等
13. 環状交差点安全進行義務違反等
14. 安全運転義務違反

 言葉ですぐにイメージできるものと、??と思うものがあるように思います。
 私が目にする機会が多いのは、特にこのあたりでしょうか。

01. 信号無視
 車と歩行者は止まっているのに、自転車だけ通り過ぎていくのを目にしません?

03. 指定場所一時不停止等
 見通しの悪い交差点に、よくそのスピードのままつっこめるものだと思うときがあります。
 車を運転する側からすると怖すぎます。

07. 通行禁止違反
 車道の逆走はほんまに危ないです。

-----

 こういった危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと、自転車運転者講習を受けるように公安委員会から命令されます。
 講習の受講は3時間で5700円(標準額)で、受講命令に違反した場合は5万円以下の罰金だそうです。

 自転車、摘発2回で講習 信号無視など危険行為対象に
 日本経済新聞の記事によると、「全国での対象者は年間数百人」という見通しだそうです。

 講習の受講や罰金があるから気をつける、というのは何とも逆説的なのですが、自動車のルールと同じように定められていないと、もはや制御できない域なのだと思います。
 私が挙げました3つも不謹慎ではありますが、運転者本人が自爆でもして大ケガを負わないと改められることはないんだろうなーという目でいつも見てしまいます。

-----

 今回の危険行為からは外れますが、幼児を乗せた二人乗り・三人乗りの際には必ず幼児にヘルメットの着用をお願いしたいと個人的にはお伝えしたいです。
 幼児は受け身が取れません。大人に比べて頭も重たいです。

 毎回の着用が面倒だと思われることも多いかとは思います。
 運転者である保護者の方々はご自身の運転に自信があるのかもしれません。
 でも、どんなふうに相手が突っ込んでくるか分かりません。
 不測の事態は突然に起こるので不測なんです。

-----

 ファイナンシャルプランナー(FP)の視点で1つ取り上げるのは、このチラシの裏面の一番下の小さな記述です。

 「自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の損害賠償責任が生じるおそれがありますので、生じた損害を賠償するための保険等に加入するようにしましょう。」

 いわゆる「個人賠償責任保険」です。警察庁・都道府県警察のチラシにこういった記述があるのは、どういうことなのか想像してみてもらいたいです。そして、加入の有無をぜひ確認してみてもらいたいです。


 というわけで、2015年6月1日から自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと、自転車運転者講習を受けることになります、という時事ネタを取り上げました。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)