Yes/Noの単純な回答にはならない / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート35回目


 8(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第40回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算35回目です。前回4月の記録はこちら

 今回は11名の参加がありました。入院治療中の人、外来で定期検診の人、ピアサポートに参加するために関東や四国からお越しの方もおられ、たくさんの情報を得ておられたと思います。

 ピアサポート事務局(?)として共同代表のお二人と私の3人が久しぶりに揃いましたので、諸々の確認事項等の打ち合わせもできました。打ち合わせといっても硬いものではなく、近況の共有や今後のイベントの対応などについてです。3人ともボランティアですので負担が大きくなりすぎないようにしていくこともとてもたいせつなことです。
 京都やつくばや各方面で(毎月とは言いませんので)年に1~2回でも手伝えるよ!という方がおられましたら、ぜひぜひお気軽に申し出ていただけるとありがたいです。

-----

 今回は次の質問を受けました。
 ・がんになっても住宅ローンを組めるのか。

 組めるのか組めないかという、Yes/Noの単純な回答にはならないのがファイナンシャルプランナー(FP)の役割だと思います。治療・療養の期間を乗り越えられた後の状況によってしっかりと検討していかれることになるかと思います。ケースバイケースが多すぎてまとめにくいところではありますが、一度メルマガでも取り上げることを検討します。

 関連するものも含めて、これまでの主な質問への回答はこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

-----

 精巣腫瘍患者友の会のピアサポートは京都だけでなく、つくばでも開催されており、共同代表となられた古谷さんが名古屋からいつも行ってくださっています。

 京都のピアサポートも毎回報告blogを書いてくださっているのですが、今月のつくばの開催報告がとてもいい記事でしたのでご紹介したいと思います。
 《報告》精巣腫瘍ピアサポート筑波が開催されました
 
 想いが伝わってきます。たくさんの人に読んでみてもらいたいです。

-----

 次回は6/12(金)です。患者会さんはサイト(blog)だけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。何かのお役に立ちましたら幸いです。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 代表の改發さん古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

---------------

 午前中は京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座(全13回)」金曜朝講座の事前無料説明会の講師を務めてまいりました。来週12(火)夜にも開催しますので、詳しくはまとめて記事にしたいと思います。


 9(土)午前中は事務所、10(日)午前中は外出・午後は事務所、計3件の個別相談をお受けする予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)