京都市「がんセット検診」2015【申込期間6月1日~】


 各自治体ではそれぞれにがん検診を実施しているかと思います。
 もちろん京都市でも実施されています。

 基本的には、胃・大腸・肺・乳・子宮それぞれについて単独で受診します。
 日時も会場も異なるので、なかなか手間だったりします。

 そんななか特にお勧めしたいのが「がんセット検診」です。
 150521_1
 ※ 画像は4月下旬から5月上旬にかけて町内会で配付された案内冊子です。

 女性は、胃・大腸・肺・乳・子宮頸がん検診を同日に、
 男性は、胃・大腸・肺がん検診を同日に受診できます。
 対象は2015年中に40歳以上になる市民だけとはいえ、毎年開催されていまして画期的だと思います。

-----

 でも、特に気をつけないといけないのは次の4つ。

 ①年間の定員が決まっていること。
   3000名(先着順)

 ②申込期間がかなり限定されていること。
   2015年度は6月1日(月)スタート
   会場と実施月によって申込期限が3区分ありますのでご注意ください。

 ③申込方法も専用の申込書に限っていること。
  150521_2
  ※ 画像をクリックすると拡大します。
  ※ 詳細は下の<参照web>をご覧ください。

 ④日程は希望に沿わないケースもあること。
  ただし、会場数はこれまでよりも増えています。2年前は3ヶ所でしたが、今回は5ヶ所です。

-----

 もちろんセットではなく別々に受診することもできます。
 その情報も案内冊子には掲載されています。

 男性は50歳以上であれば、前立腺がんの受診も可能です。
 これはセット検診に含まれませんので個別に受診が必要です。

 女性の場合、子宮(頸)がんは20歳から、乳がんは30歳から安価で受診できます。
 私もこの仕事を始めてから、妻には必ず受診させるようになりました。


 <参照web>
 ・京都市がんセット検診の実施について【2015/5/18更新】
 ・がん検診【京都市】

 このサイトの中段下あたりにあるリンクからPDFファイルで申込用紙をダウンロードすることができます。このPDFファイルは、写真を載せました案内冊子と同じものです。3~4ページ目を印刷して投函すれば切手も不要です。

 平日の受診が難しい場合には、休日(日曜)がんセット検診もあります。
 女性の乳がん・子宮頸がん検診は対象外ですのでご注意ください。

---------------

 私は常々繰り返していることとはいえ言葉は選ばないといけませんが、がんになってしまうのはどうしようもないことなんだと思います。でも、なってしまったなら早く見つかるほうが良いです。これは絶対です。ぜひがん検診の受診をお勧めしたいです。

 この記事を読んでくださっている京都市以外にお住まいの方々におかれましては、「がん検診 〇〇(自治体名)」で検索してみてください。必要な情報にたどり着いていただけるはずです。


 <参照カテゴリ> がんとFP
 <過去参照blog> ”人間ドックにだまされるな!”読みました。
 <過去参照コラム> がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)