スリム化と適正化


 24(月)午前中、某法人の事務責任者Yさんを訪問。

 昨年末からおおよそ月1回訪問して進めてきました各種対応もいよいよ大詰めです。
 事業における損害保険の整理についての実際の段取りを改めて確認させてもらいました。これで担当さんに依頼を掛けていただき、手続きを進めれば完了です。相当にすっきりできることになります。

 個人に限らず、法人さんでも同じなのですが、保険商品の話=掛け替えの提案が出てくる、という印象をお持ちの方々も多いような気がしますがいかがでしょうか。私の場合は有料相談ですので、商品提案ありきではなく補償の適正化およびシンプル化が特徴です。

 Yさん、今回もありがとうございました!!
 次回もよろしくお願いします!!
 
---------------

 午後、別の某法人の経営者Tさんを訪問。

 ご依頼をいただいていました現在加入中の法人保険と個人保険の分析結果をお伝えし、こちらもスリム化と適正化をめざします。また目的の明確化もしっかり進みそうです。

 そして、Tさん個人の件としては、確定拠出年金個人型のについてのメリットとデメリットを説明させていただきました。効用の受け取り方は人それぞれです。始めてみないとその実感を得にくいのも当然のことです。ですので、一歩を踏み出していただくことがまずはたいせつになってきます。

 Tさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

---------------

 今回の2件とも会計士(税理士)さんからのご紹介です。顧客満足を高めるための差別化としてのFP。もちろんその効果を確実に得ていただく必要がありますが、実際にはさまざまに伺ってみないと効果を出せるかどうかはわからないわけでして、会計士の視点とは異なる切り口を評価していただいているものと思います。感謝感謝です。


 25(火)午前中は外出、午後は事務所、夜は京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座(全13回)」の最終回、13回目です。 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)