8シーズン目も無事に終了しました。


 25(火)夜、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」の13回目、最終回の講師を務めました。今回で8シーズン目(計12回目)となる全13回、18時30分~20時20分の110分の講座です。

 <第13回目の項目>
 相続・贈与②
 ・贈与の基礎
 ・贈与税の仕組み
 ・相続時精算課税制度や贈与の各種特例
 試験対策
 ・検定に向けての準備と心構え
 ・過去問題の解法解説

 5月より始まった講座もいよいよ最終回となりました。

 住宅資金贈与、教育資金贈与、結婚・子育て資金贈与など、頻繁に仕組みの変わるものは3級検定ではほぼ出てきませんが、時事ネタとしては存在と最低限のポイントを知っていただける機会だと思います。

 試験対策は、学科の〇×や3択、例題の与えられる実技、それぞれ知っておくと問題文を見ても惑わされず余裕の生まれるチェックポイントがあります。また、検定会場の独特の雰囲気に慣れず落ち着かないまま受検するのももったいないですから心構え的なお話も定番です。

 まずはひとまずありがとうございました。
 検定日9/13(日)まで3週間を切りました。
 受検される皆さまを大応援です!!

----------

 舞台裏を少し。

 この2年ほどは1シーズンに2講座開講されていました。
 朝講座と夜講座、昼講座と夜講座という感じです。

 今回は久しぶりに1シーズン1講座でした。
 2講座を受け持つと、一番気を遣うのは進行です。合わせる必要があります。

 1講座の今回は気が緩むと言えばおおげさですが、自由度の高さを満喫してしまいまして、本来であれば最終講義では試験対策の時間をたくさん確保するはずでしたが、大幅にずれ込んでしまいました。皆さま、申し訳ありません。

 無駄に遅くなってしまったのではなく、丁寧に説明したり余談や周辺情報が若干増えてしまい、1回あたり5分の遅れでも12回では60分=1時間になってしまいますから、というような次第です。

 1回110分を13回ですので、合計1430分。これは23時間50分ですから、丸一日です。
 改めまして、受講くださった皆さまに感謝を申し上げます。

----------

 午前中は某所で2件の打ち合わせを。

 別の専門家さんと協力して進めていく必要のある相談対応の件、私を講師として売り込みたい(?)と思ってくださるありがたい専門家さんとの打ち合わせの件。

 普段は1人で仕事をしているわけですが、こうしてたくさんの方々のおかげで諸々を進めることができています。感謝感謝です。

----------

 26(水)お昼前後に外出しますが、それ以外は事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)