本業に人手を掛けていただく


 8(木)午前中、伏見区のKさんが事務所へお越しくださり、ご実家と新たに始められる店舗の火災保険についての相談をお受けしました。

 どういった補償項目が必要か、その補償額はどうするのか。1つひとつ順番に確認させていただき、最大で考えられた保険料の6割ほどの額で進めることになりました。
 保険料が減るということは補償内容や保険金額も減るということです。その減った部分についてどれだけ理解できているのか、万が一の時にはどのように対処するのか。ここをしっかりと一緒に考えて進めていくのが私のスタイルです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

----------

 午後、介護事業を営んでおられるHさんの事務所を訪問し、自動車保険・火災保険・介護事業保険の更新にあわせて、現状と照らしてアドバイスさせていただきました。

 根拠となるデータの明確化であったり、提案を受けておられる補償項目がしっかりとした現状ヒアリングが行われないままのものであったり、確認項目は多岐に渡ります。
 そして、保険種類が増える=書類の管理が大変になる、ということで、次回は膨大なこれまでの書類を一緒に整理させてもらうことになりました。時々書いていますが、この整理にもそれなりに知識が必要なわけです。企業の担当者さんがご自身でされる場合には限界もありますので、こうして外注していただくことで本業に人手を掛けていただくことができるようになります。たいせつなメリットだと思います。

 Hさん、Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

----------

 夜、気の置けない固定メンバーでの不定期の宴を。
 会計士・行政書士・次期経営者・私の4名です。

 仕事の話からプライベートな話からディープな趣味の話まで、このメンバーは幅広く深いです。このゆるさは、利害関係のなさすぎる4人だからこそなのかもしれません。

 皆さま、またぜひ!

----------

 9(金)午前中は事務所、午後は毎月恒例の精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。私の参加は39回目です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)