大きな割合を投じる先としては疑問を感じる


 23(金)の昼と夜、滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」の6回目の講師を務めました。

 滋賀では初開催ですが、FP講座としては今回で9シーズン目(計14回目)となる全13回の講座です。昼クラスは13時30分~15時20分、夜クラスは18時30分~20時20分の110分で、来年1月初旬まで4ヶ月の長丁場です。

 <第6回目の項目>
 リスク管理③
 ・損害保険の種類と商品2
 ・生命保険・損害保険の保険契約者の保護
 ・【番外編】生命保険の実務
 金融資産運用①
 ・単利・複利・利回り
 ・債券と格付け

 生命保険の加入内容を把握していない人も多いと思いますが、それ以上に損害保険はもっとわからないことになっていないでしょうか。最近では「自転車」で相手にケガをさせてしまったときなどを補償する個人賠償責任保険も話題ですよね。できるだけ身近な例を使ってポイントを解説しました。

 今回から3つめの課目、金融資産運用に突入しました。年間〇%で増える(減る)ことの意味というのは金融資産に限らず、日々の生活においても改めてつかんでおきたい考え方です。毎日・毎月の積み重ね、長年の積み重ねというのは一長一短にはかないません。
 デフォルト・流動性の各リスクは知っておくべきたいせつな視点です。講座ではリスクが高いから買わないでおきましょうということではなく、購入してももちろん何も問題ないわけですが、資産運用の中心だったり大きな割合を投じる先としては疑問を感じるという問題的をさせてもらっています。

 また。正直に書いて、日常生活ではまず使うことのない(検定でしか使わない)計算式なども出てきます。でも、計算式は結果です。どういう情報・項目をチェックすることで、その結論を導き出すことができているのかという視点を得ることががたいせつです。

 次回は金融資産運用の本丸、株式・投資信託・外貨建て商品です。
 皆さま、次回もよろしくお願いします!

----------

 帰宅時間はおおよそ21時30分です。普段なら既にもうぐっすり寝ています。
 ツイッターで話題のコウノドリというドラマをオンタイムで観ました。テレビドラマを見ること自体もいつぶりかわかりませんが、とにかく気になっていたので観ました。

 2回目の今回の内容は特に、私も思うところがあって改めて考えさせられました。
 おめでとうだけど、おめでとうだけではすまないんです。
 おめでとうではすまないんですけど、おめでとうなんです。

 3回目以降も観たいと思っています。
 原作があるのですね…取り寄せるべきか…しばし悩みます。

----------

 24(土)個別相談2件お受けします。
 25(日)お休みをいただきます。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)